HOME

安近短な都心近くを流れる奇跡的に美しき里川、そこに生息するZaccoや野草をこよなく愛するFly Fisherのブログ。安近短なZacco Fly Fishing(ZFF)を中心に、様々なことにも気ままに触れています。

滔々と水と湛える別寒辺牛湿原 ~滔々と流れる釧路川・後編~

11月6日(日)。

STBQ二日目。前日は極寒の中で『ボ』に打ちひしがれ、前夜は悔し涙を飲んだ打ち上げを終えてベッドに潜り込んだ。

気持ちも新たに起床したこの日。ずっと心配だったM氏は、夜中の凍結道路を遥々と越えて、未明には無事にホテルに到着したとのことで心底安堵。行きの車中ではM氏を中心に作戦会議。そして、行き先は別寒辺牛湿原と決定。この時点で99%『ボ』を覚悟した。

別寒辺牛湿原。日本の光景とは思えない程に雄大な景観が広がる。滔々と水を湛える湿原には巨大なイトウが生息するが、年間を通じても数本しか上がらない。終日ルアーを投じても時合はまさに一瞬。その時にたまたまイトウの鼻っ面に巧みにルアーを流すことができた者だけが貴重な魚と対面できる。

ポイントに向かう車中で、牡蠣好きのM氏を中心に盛り上がる。何故なら別寒辺牛湿原は牡蠣で有名な厚岸のすぐ近くだから。しかし、M氏やガイドのTeddyさんによれば、それ以上に『仙鳳趾』、いや・・・『仙鳳趾』よりも断然美味い『***』があると言う。生涯の中で一度は賞味してみたいものだと心底思った。

そんな愉しい車中を経てあっという間にポイントに到着。昨日も極寒だったが、当日は風があり別の意味で極寒。そんな中、J嬢とHさんが出航。元気に手を振るお二人。
20161106_01.jpg

この日、J嬢は珍しく二本のタックルを用意していた。1mオーバーの巨大なイトウがかかった場合、ベイトリールよりもスピニングの方が上がる率は高いと言う。ラインの出方が自然で、結果的にスピニングに分が上がるらしい。

私は光栄にも、昨年の私の主治医になって頂いたK氏と共に出航。穏やかな口調と素敵な笑顔のK氏と共に、キリっとした冷気の中で気持ち良くロッドを振った。
20161106_02.jpg

何とも雄大な景色。これぞ北の大地が育む大湿原。いきなり目の前でShinさんが小型のアメマスを上げた。静寂の川面に拍手と歓声が響いた。
20161106_03.jpg

青空が出てきたが風が次第に強くなってきた。凍てつく風に手や頬を痛めつつも、雄大な光景に癒される。
20161106_04.jpg

突然、M氏から電話が鳴った。『Hがやった!!』と叫んでいる。『さすがHさん、やっぱり持つものを持っている!!』、と私も歓声を上げた。

・・・が、しかし・・・

小学生時代からHさんと行動を共にしていた心優しきM氏。川底のサルベージ活動に必死・・・。Hさんが悲しむのでこれ以上の描写は避ける。敢えて一言だけ言及すれば、Hさんがここ別寒辺牛で私の目の前で見事なイトウを釣り上げた、私自身もとても愛着を感じていたタックルである・・・(号泣)
20161106_05.jpg

Hさんの艇に追いついた。悲しさに心打ちひしがれて宙を見つめるHさん。『なんで、J嬢のロッドを持ってるんだよ~!?』、と傷口に塩を塗るM氏は、さすが幼馴染みが故に為せる技だろうか・・・(苦笑) そんな1コマを撮影してしまった私も私なのだが・・・(冷汗)
20161106_06.jpg

実績のあるポイントにアンカーを打ち、無心にルアーを投げる。
20161106_07.jpg

・・・が、もちろん反応なし。風が強く波打つ川面
20161106_08.jpg

しかし、広い日本の中で、きっとこの場所でしか味わえないこのExclusiveな光景。こんな場を経験できる自分自身をシアワセだと思う。
20161106_09.jpg

しかし、寒いものは寒い!! 思わずお腹の中から暖を取った。K氏とガイドのマサさんから自然に、『開高健ですね!!』、と声がかかった。昭和のあの頃の心躍るようなCMにはなかなかお目にかかれないね・・・的な話題で盛り上がった。
20161106_10.jpg

沈黙を続ける二艇。
20161106_11.jpg

風が強くて辛すぎる・・・ 再び出航ポイント近くに戻り風の弱い場所で小休止。そして昼食。実はここに至るまでに何気に多くの時間を要していた。
20161106_12.jpg

再び、気持ちも新たに風の強いポイントへ。JR花咲線の単線ディーゼル車が颯爽と走る。ちなみに、ルパン三世で装飾された車両。原作のモンキーパンチ氏のご当地が厚岸は浜中とのこと。浜中と言えば、ムツゴロウさんの動物王国があった場所で、別寒辺牛からも至近距離。
20161106_13.jpg

少しだけ立ち直ったHさんも果敢にロッドを振る。
20161106_14.jpg

しかし、無情にも無反応は続く。頑張る二艇を、早くも陰り始めた陽の光が差し込む。後から聞いた話だが、M氏は何気に小型のアメマスをゲットしていた。さすが、『ボ』では絶対に帰らないツワモノのM氏。
20161106_15.jpg

私は既に諦めの境地。そして、再び、開高健さんを気取って撮影。ちなみに、中学生の時に『河は眠らない』を読んで以来、開高健氏のファンである私。当時、我が父親(ちなみに釣りには興味なし)は良くもこの本を掘り当てたものだと今更ながらに感心する。
20161106_16.jpg

K氏も淡々とロッドを振っている。しかし、心の中は既に半ば諦めの境地だろうか・・・。まったりモードと化した我が艇の二名を記念撮影。
20161106_17.jpg

秘蔵のルアーに願をかけてみたが・・・ダメなものはダメ。ちなみに、もちろんバーブは潰してある。本当はバーブレスを使うべきだったのだが・・・慌てて船上で凍える手でバーブを潰した次第。
20161106_18.jpg

残念ながら脱渓ポイントが近づいてきた。そして上陸ポイントでお世話になったボートを我が手で引っ張った。
20161106_19.jpg

あれだけ強かった風も収まり、青空に生える低山の枯れ木が美しい。カメラを向けていたら、K氏が『ヤチハンノキですよ』とご丁寧に教えて下さった。激流でのカヌーを趣味とされるK氏は自然にも造詣が深い。
20161106_20.jpg

ヤチと言えば、釣りキチ三平のイトウの巻きで登場する谷地坊主。谷地とは、『沢の湿地』、という意味。そしてヤチボウズとは、湿原に出現する枯れ草の造形。十数センチになるまでに10年を要するという。同じ場所で人の手が入らず自然の形そのままでヤチボウズが過ごせるような湿原に住むイトウ・・・

そんなイトウには今年も出遭えなかった。いや、出遭えないことが普通だと思う。しかし、長年続けていれば、生きている間に一尾くらいは拝めるかもしれない・・・、とも身勝手に思ったりもする。

次回へのリベンジに燃えるメンバー達(左から、Hさん、M氏、J嬢、Shinさん、K氏)。厳しかった一日の割には皆共に会話が朗らか。まるで日本とは思えない雄大な自然の中に終日身を委ねたメンバー。 例え魚に出遭えなくても、自然とこんな朗らかな気持ちになれるのかもしれない。
20161106_21.jpg


そんなメンバー同士、帰りの車中でもやっぱり盛り上がる。メーターオーバーのイトウを釣ったらメンバー全員をハワイにご招待・・・とか(そのためにイトウ保険とか無いのか・・・と、かなり真剣に怯えつつ・・・!?)、70cmオーバーなら台湾で飲茶パーティーだとか・・・、とにかくあくまでも前向きに愉しいメンバーにいつも元気を頂けているような気がする。

リベンジ!!!と一年かけて心に誓った割には散々な結果だったが、これも釣りというもの。全てを真っ直ぐ受け入れて、また来年、気持ちも新たに挑戦したいと思う。

最後に、塘路の素敵なカラマツ林。紅葉のピークはとうに過ぎてしまったが、来年も素敵な時期にお邪魔させて頂きたいと思う。
20161106_22.jpg


















スポンサーサイト

滔々と流れる釧路川 2016 ~前編~

11月5日(土)。

待ちに待ったSTBQ2016。早いもので、今年で既に五年目に突入。(宜しければ、過去記事もご参照ください。2015年 2014年 2013年 2012年)。

STBQ:Study To Be Quiet。過去記事にも詳細に書いたことがあるが、あの名著『釣魚大全』の著者であるアイザック・ウォルトン氏による言葉。釣りの哲学を見事に端的に言い得た素晴らしい言葉だと思う。

STBQ2015を思い返すと、あの時の悔しさが昨日のことのようにリアルに思い出すことができる。わざわざ釧路まで出向いておきながら体調を崩してしまい、敢え無く愉しいメンバーとの釣行が叶わなかった。高熱に魘されながら、ただただビジネスホテルの天井を虚しく見つめることしかできず、他に例えようのないくらいの悔しさと虚しさを感じた日々・・・

だからこそ、『今年こそはリベンジを!!』、と一年も前から心に固く決めていた。そして、念願のSTBQ2016が直前に迫ったわずか二日前。たまたま出張で出向いた新千歳空港は雪景色。11月初旬としては異例の大寒波が近づいており、今年にかける心とは裏腹に、何とも不吉な予感がし始めていた。

自宅に戻ってからも心が落ち着かず、何とか少しでも天候改善してくれないか・・・祈るような気持ちで何度も何度も天気予報をチェックするも、確認する度に天候は悪化の一途を辿っていた。そしてとうとう、終日に渡り雪との予報に落ち着いてしまった。

そうとなれば、もう悪あがきをしても始まらない。水温が下がっても元気極まりないアメマスを相手にとにかく前向きに楽しもう!!・・・と覚悟を決めた。

そして迎えた釣行当日。ホテルを出発する頃は雪が舞い始め、塘路に近づくにつれて雪の量は次第に増してきた。ダルマのように防寒日を着込み、あくまでも気持ちは前向きに出航ポイントに向かった。

まずは当日のメンバー全員で記念撮影。逸る気持ちのお蔭で、この時は全く寒さを感じていなかった。
20161105_01_1.jpg

ここで左からメンバー紹介。岡山県からお越しのshinさん。その筋では超有名な本邦を代表する芸術家・・・にも関わらず、極めて気さくなNice guy。岡山ではshinさん秘蔵のお店で何度か愉しいお酒をご一緒させて頂いていたことが懐かしい。もちろん、釣り談義で盛り上がったことは言うまでもない。

続いて、仙台からお越しのJ嬢。我がお客様の一人なのだが、釣友であり飲み友でもあり、そして、恐るべき酒豪。釣りの腕はピカイチで、大型のアメマスも数知れず。挙句の果てにイトウも釣りあげた経験がある強者。更には、ワカサギやバス等の釣りも華麗に熟す釣り名士。

そしてHさん。釣りの経験はさほど無い割には、2年前は我が艇で見事なイトウを仕留めた御方。現在は仙台市内のとても(恐らく全国一に)お洒落な調剤薬局の社長さん。ちなみに、STBQメンバーの中でHさんと私は、”まったりモード”の代表ペア。滔々と流れる水の上をHさんとまったりしながら流されていく・・・、これはこれで何とも貴重で贅沢で、そして最上級にオツな時間だと思う。

ちなみに、shinさんもHさんも私と同じ1965年生まれ。本来はここに名医でありイトウ釣りの名士であり、そして、同じ1965年生まれでもある、拙ブログでは既に御馴染みのM氏も加わる予定だった。しかし、当日は東京都内で手術を終えて最終便で新千歳空港に入り、そこからレンタカーを飛ばして釧路入り(その距離なんと500km)・・・という何とも人間離れした強行軍で翌日から合流予定。相変わらずのM氏のバイタリティーには心底脱帽する・・・

出航準備をされている釧路川ドリフトボート3人衆の勇姿。左から、Teddyさん、ヤスさん、マサさん。今年も多大にお世話になります。
20161105_02.jpg

まずはHさんと乗り込んだ我が艇が出航。J嬢が手を振って見送ってくれる。
20161105_03.jpg

冷たい雪が降る釧路川にひたすらルアーを投げる。M氏が事前に巻き替えてくださった真っ新のラインの使用感が極めて心地良い。
20161105_04.jpg

丹頂鶴のつがいが雪原を舞う。その華麗な姿に癒される。
20161105_05.jpg

リールのクラッチを切ってもルアーが落下しない・・・。おかしいな、と思って良く見てみたらガイドが凍っている・・・(笑) ロッドを川の水に浸けて氷を溶かした。どのみち、すぐにまた同じ状況に陥ってしまうのだが・・・
20161105_06.jpg

魚の反応が渋い中、せっかく乗った一尾をボート際でバラしてしまった。その後もしっかりと魚は乗ったと思いきや、敢え無く途中でバレ・・・

『やっぱりシングルフックはダメかぁ・・・』と小声で呟いてみたら、ガイドのマサさんから、『シングルフックを用いるならもっと太いシャンクにしないと魚の口が切れてしまい、返って魚を傷つけることになりますよ・・・』と御注意を受け、深く納得しつつバーブレスの3本針に替えてみた。

後ろからTeddyさんが操舵されるJ嬢とshinさんのボートが近づいてきた。釣果を聞いてみたところ、shinさんが既に一尾のアメマスをゲットされていた。この渋い状況の中で何とも流石・・・
20161105_07.jpg

この頃から雪も強くなり、魚の反応もすっかり無くなり、だんだん寒さが沁みてきた。『釣り』という愉しい趣味のはずなのに、まるで過酷な修行しているかのような気持ちになる・・・

そんな過酷な状況の中でも、他の何にも代えがたい雄大な大自然の光景。そして、心を癒してくれるオジロワシ。普段はなかなか見ることができない鳥を目前にして、この時だけは寒さも忘れてカメラを向けた。
20161105_08.jpg

ちなみに、Hさんの長男くんは自然が大好きで、まるで学者のように物凄い数の草花や鳥の名前を知っていると言う。そんな長男くんに見せるために、iPhoneで超真剣にMovieを撮影されていたHさん。何処かで購入したお土産よりも、間違いなく長男くんは喜んでくれたことだろう。

それにしても、肝心な魚の反応が全くない。トイレ休憩も兼ねて一時上陸。ズボンを3枚履きしているのでトイレも大変・・・(笑) 体内から熱を放出してしまい全身が震えてきた・・・
20161105_09.jpg

雪原の中ですっかり黄昏る二人・・・自然とため息がこぼれる。敢えてモノクロっぽい写真に加工してみたが、読者の皆様にこの時の寒さが少しでも伝われば・・・と思う。
20161105_10.jpg

少し早めの昼食。私自身が毎年楽しみにしているTeddyさんの奥様お手製のお弁当。少しでも冷めないように・・・と、ヤスさんが林道脇から数百m歩いてわざわざ途中の河岸から届けて下さった(ちなみに、我々の艇が来るまでのわずかな時間に陸っぱりでアメマスをゲットされていた・・・流石はプロ)。そんなお心遣いが何とも嬉しい。実際には、食べる頃には弁当はキンキンに冷えてしまっていたが・・・それでも大自然の中で食べる弁当は本当に美味しい。そして、お腹の中から暖を取ることができる。
20161105_11.jpg

その後もそれなりに頑張ってみたのだがカスリもせず。心も完全に折れかかった頃、マサさんが、『オオワシが居ますよ!!』、と声をかけて下さった。

『で、でかい・・・』。そして、なんと精悍な顔つきだろう・・・
20161105_12.jpg

オオワシが舞う雪の釧路川。こんな光景を見ることができただけでも善しとするべきだろう。
20161105_13.jpg

結局、ボウズに終わってしまった我が艇。きっともう一艇も同じ状況だろう・・・と思いきや、なんと・・・

shinさん。
20161105_14.jpg

J嬢。
20161105_15.jpg

『あらら・・・実はやっぱり腕の差だったのね・・・』、という現実をまざまざと見せつけられた極寒の初日が敢え無く終わった。

その夜、昨年の私の主治医を務めてくださった名医のK氏も合流され、すっかり折れた心を、美味しい魚と酒、そして、愉しい仲間との会話が癒してくれた・・・

(後編に続く)




滔々と流れる釧路川 2016 ~プロローグ~

11月3日(木)。文化の日。

前夜は室蘭の超名店である『一平』で会社メンバーと二人だけでしっぽりと飲んでいた。そろそろホテルに戻ろうか・・・と思っていた矢先、隣席にいきなり見慣れた顔が・・・なんと、数時間前に面談したばかりの某・法人の理事長(笑)。そんな偶然の出遭いに恵まれ新病院建設秘話も含め愉しいお話をたくさん伺わせて頂くことができただけでなく、なんと奢って頂いてしまった次第・・・(謝)

思い出深い夜が空け、曇天の東室蘭から特急電車に乗った。新千歳空港に近づいた頃は車窓の景色は雪に変わり、南千歳駅に降り立った時はこんな光景になっていた。
20161103_01.jpg  (iPhone6で撮影)

毎年、このような雪景色を見ると、この楽曲を思い出す。個人的な意見だが、この作品はあまりに合致すると思っている。1978年にECMから発表されたアルバム(当時の私は13歳)だが、このアルバムを購入して聴いたのはそれより随分後のこと。今尚、このアルバムはかなり大好きな一枚に変わりない。

『Icefire』 ... by Pat Metheny


一旦、自宅に戻り、翌朝は防寒対策でパンパンに膨らんだ大荷物を持って再び羽田空港へ。そして、メンバーより一足先に釧路入り。今宵の宴の幹事役の私は段取りを全て整えメンバーの到着を静かに待った。

ホテルのロビーで皆との再会を喜び合いつつ、訪れた釧路駅前の居酒屋『釧路食堂』。メンバーと共に記念撮影。
20161104_1.jpg

ちなみに、ここのイクラ丼はかなり有名。客の掛け声の大きさに応じて、イクラを山盛りにしてくれる。このイクラの量で一杯で確か900円くらい。すぐ近くの和商市場で同じ量のイクラを買ってももっと高いはず。ちなみに、決して一人一杯なんてオーダーしてはいけない。一杯を二人で分けるのがちょうど良いと思われる。2年前に一人前をイクラ一粒残さず平らげて、最悪の胸焼けに苛まれたことがある・・・
20161104_2.jpg

宴を終えてホテルに戻る頃には、道路脇の水溜りは氷に変わっていた。前日に千歳で感じた不吉な予感が更に増しつつ、凍えながらホテルに戻った。

さてさて、翌朝からの釣りはどうなることやら・・・







キノコ不発でZaccoに癒される・・・

10月23日(日)。

今シーズンのうちにどうしてももう一度キノコ狩りがしたくて、Google Mapでアタリを付けた低山に出向いてみたものの、菌類の『き』の字もなかった。急斜面を登り息を荒げながら舐めるように地面を見たが、キノコの気配すら感じられず早々に下山。

そうとなれば、やっぱりZaccoに癒して貰うに限る。もちろん、カバンにロッドを忍ばせておいた。

初めてロッドを振った里川。反応は如何に・・・と危惧する必要は全く無く、一投目から・・・
20161023_1.jpg

その後も、まさに釣れまくり。
20161023_2.jpg

釣れ過ぎて小休止し水温チェック。
20161023_3.jpg

その後も一投一尾に近い状況は続き、実釣30分未満で終了。納竿前に、水面に自生していたフキと共に愛竿Blue Heron #0-1を記念撮影。
20161023_4.jpg

入渓から脱渓までの距離はたったの100mに満たない。まさに、カワムツに埋め尽くされた川という表現が最適かもしれない。きっと、フライなんて見たことが無い魚ばかりなのだろう・・・
20161023_5.jpg

本来の目的のキノコは散々。オマケ的に愉しんだZacco FFは想定外の爆釣。本当は双方にそこそこのバランスで締めくくりたかったのだが・・・ それは贅沢というものなのかもしれない。

キノコが不発に終わってしまい、返って、晩秋の身近な低山を歩いてみたくなってしまった。何とか時間を作ってみたいと思う今日この頃だが叶うだろうか・・・







ミゾソバオイカワ

10月16日(日)。

夕まずめ、自転車で我がHome Riverに安近短釣行。Zacco専テンカリスタくん(以下、テンカラくん)とほぼ同着。

ミゾソバが満開の河岸を歩く。相変わらず懇々と流れる湧水。愛竿Blue Heron #0-1と記念撮影。
20161016_01.jpg

早々に良型のオイカワとご対面。せっかくなので、そっとミゾソバの花を添えてみた。オイカワの銀色の眩しい腹に反射するミゾソバ。
20161016_02.jpg

別の角度からも撮影。日当たりの良い場所で、ミゾソバのピンクを綺麗に描出するのは難しい・・・。満開の桜の撮影チャンスは曇天・・・という話を思い出した。
20161016_03.jpg

テンカラくんと上流部を探るも、反応は今ひとつ・・・。テンカラくんを遠目に、満開のミゾソバに自分の影を落としてみた。
20161016_04.jpg

再び下流側に戻ると、仕事を終えたうおさんが合流。しかし、超珍しくロッド不携帯(当たり前か・・・笑)。せっかくなので我が愛竿を振って頂いた。しかし、ここは激渋の状況・・・
20161016_05.jpg

うおさんを眺めつつ、橋の上から綺麗な夕暮れを撮影。
20161016_08.jpg

どうしても、うおさんに釣って頂きたかったので、夕闇迫る中を少し下流のポイントに移動。そして・・・
20161016_06.jpg

見事に3尾を得たうおさん。まずまずの良型ににんまり。
20161016_07.jpg

満開のミゾソバが埋め尽くす我がHome Riverも、さすがに上着が恋しくなってきた・・・。 なんて書きつつも、この記事をアップしている今日は11月7日。もうすっかり寒い・・・(笑)

四季折々の表情を見せる身近なHome River。あと少しで河岸の草も綺麗に刈られ、下流から上流までのんびり歩ける河岸になるだろう。今週末にでも様子を見に行けると良いのだが・・・





プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク