HOME   »  Meeting
Category | Meeting

(年は明けてしまったが・・・) 楽しかった忘年会

年末はバタバタと過ごし、そのまま家族で長野に旅行に出かけてしまい、しかも大晦日は予想外に家に帰れず、元旦に帰宅するも体調を崩し・・・

という訳で記事にアップするタイミングを完全に逸してしまったのだが、やはりこれだけ楽しかったイベントはどうしても記事に残しておきたい。ということで今更ながら、去る2013年12月28日(土曜)に開催された、kaz川、Y川でZacco FFを楽しむツワモノが一同に会した大忘年会の記録。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当日の参加者は・・・、

kaz川チーム:jetpapaさんしげさん
Y川チーム:farwaterさん(幹事)、カチーフさんwind knotさんジョニーさんJICKYさんダブルさんmihiroさんナシオさん、farwaterさんとお知り合いのspecial guestのTさん、そして、Green Cherokeeの総勢12名。

まさに、リンクを貼るだけでも大変な数・・・(笑)

当日の状況は皆様のブログで既にご紹介されているので、ここでは、楽しかった当日の様子をご紹介するべく、二次会の写真を貼っておきたいと思う。と言っても、当の本人も酔っぱらっているので、ほんの3枚だけなのだが・・・

N駅前の居酒屋で開催された二次会にはなんと、突然、プラントFさん も遅れてjoinされ、名だたるRod Builderが一同に会し熱がこもったDiscussion。最近、Rod Buildingを始められたwind knotさんも真剣な表情で会話にご参加されているシーンもあれば・・・
2013_1228_2.jpg

・・・大半は皆で大笑いしつつ盛り上がるシーン。
2013_1228_3.jpg

そして最後は、駅前を歩いていた若き女性を無理矢理私が捕まえて、皆で記念撮影。顔にモザイクをかけるのが憚られるくらい、皆さんは最高の笑顔。左から、プラントFさん、ジョニーさん、ダブルさん、jetpapaさん、カチーフさん、farwaterさん、JICKYさん、しげさん、wind knotさん、そして、私。特に、wind knotさんと、今にも前にこけそうなJICKYさんが代表して、この会の楽しさを大いに物語ってくれていると思う。
2013_1228_1.jpg

遅くなりましたが、当日、幹事の労をお取り頂いたfarwaterさん、そして、師走のご多忙な折に、『farwaterさんのお声掛けに誰一人とも欠席しなかった素晴らしき仲間(写真には写ってないですが、mihiroさん、ナシオさん、special guestのTさんも)』、に厚く御礼申し上げます。こんな素敵なメンバーに囲まれ、本当に私はシアワセでした。今年も一年、皆様と共に楽しいことの優先順位を上げて、もっと貪欲に人生を楽しみたいと思います。

今年もご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。





スポンサーサイト

関西Oikawa Meeting 前夜祭 ~伊丹の夜~

6月28日(金)。

愛知県尾張一宮で仕事を終えて、大阪に移動。
20130628_1.jpg

大阪で仕事を終えて、兼ねてから楽しみにしていたItami nightに繰り出す。6/29の関西オイカワミーティングを前に、jetpapaさん宅にリョウさん がお越しになり前夜祭が開かれるとのこと。どうにか無理矢理、大阪の仕事を入れて、前夜祭に参加できることになった。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、気付いた時にはAM1時頃。明朝は6時頃から関西オイカワミーティングが開催される。私は一時間しか参加できないが、猪名川のオイカワの顔を拝むことができれば、本当に嬉しい。
20130628_2.jpg


外は、しとしとと雨が降っている。どうにか楽しい釣りができる状況になってくれると良いのだが・・・・





小畔川の皆様と至福の合同交流会

12月22日(土曜)。待ちに待った小畔川での初FFの日のはずだったが、朝から生憎の雨。

午前中は娘の中学校最後の授業参観。生命科、というカテゴリーの授業の中で、『たった一つの命だから』、という題目でクラス全員の作文の発表を拝聴する。担任の教師曰く、中3だから・・・という歳の差は関係なく、彼ら・彼女らが考えているピュアな気持ちに触れることで多々学ぶことができ、教師という職務は良い仕事だと思う・・・とのこと。授業は40分の延長・・・しかし全く苦になることもなく、私自身、一人一人の発表を傾聴し、我が娘も含め、小さな頃からずっと見ていた娘の友人達の成長を感じることができた。

午後もそう簡単には雨が上がらない様子だったので、同行をお約束していたfarwaterさんとも相談し、釣行は諦め、夕方の交流会から参加することに。釣行は叶わずとも、jetpapaさん、toy storyさん、しげさんプラントFさん、という小畔川に通うツワモノメンバーとお会いできるとのことで、まさにウキウキ気分。ちなみに、しげさんは、私の実家がある鳩山の住民!鳩山をこよなく愛するお一人。里山に住むことにご興味ある方は、しげさんのこの記事を是非ご覧ください。

交流会の会場は、東武東上線の霞ヶ関駅近くの食堂。名前はあえて伏せておくが、街の中華屋という感じなのだが、とにかく、味は一級。あっと言う間に満員御礼のお店だった。

farwaterさんと私は早く到着。しばらく待っていると、toy storyさんが到着。この寒風の中、小畔川で、”一時間一本勝負”、を敢行されてきたとのこと。toy storyさんは年始の釣り初めの時(私だけ『ボ』だった・・・)、貴重なウェットフライを進呈してくださった。精巧でとても綺麗なフライで、未だに、私のFly Boxの最上段に、御守、として貴重に保存させて頂いている。

程なくして、しげさん、プラントFさん、そして、大御所のjetpapaさんが登場。これにてフルメンバー。全員で6名。夢にまで見た方々と一同に介しての会。楽しくないはずがない!

しげさん、プラントFさんは、バンブーロッド製作の名士。プラントFさんは、100均で有名なダイソーで売っているリリアンラインを活用したフライライン製作の発案者でもある。お二人が様々な試行錯誤を経て製作された多々のバンブーロッドの逸品を、座敷の上で繋いで皆で振ってみる。他の客から見れば異様な光景かもしれないが、川で竿を振らないまでも、座敷でチョンチョンと振っているだけで、竿の特性の違いに大いに盛り上がり、楽しいことこの上ない。もちろん、楽しいだけではなく、感心・感嘆と、そして、秀逸な竿にヨダレをたらしつつ・・・(ほ・し・い・・・ヤバいくらいに・・・)

お腹も空いていたし、いきなりお酒も良い調子で飲み始め、料理の写真はなかなか撮影するタイミングを逸してしまったが、最初の三皿だけ撮影できた。

レバニラ炒め。見よ、この包丁細工!
20121222_1.jpg


唐揚げ。美味い・・・ シンプルな料理ほど、美味しいものに出会えた時はシ・ア・ワ・セ。
20121222_2.jpg

そして、いわゆる、Egg and Shrimp。安易に、海老と卵の炒め物・・・とはいえない逸品。プラントFさんから、”これ美味いですよー!”、と勧められる。見た目からして、美味しくないはずがない、という感じ。椿を模した細工がまた素晴らしい。
20121222_3.jpg

素敵な街の中華屋さん(というカテゴリーには収まらないが)。横浜中華街などに行かなくても(いや、実は横浜中華街が美味しいとは絶対に限らないと思う、美味しいお店はあるのだろうけど・・・)、美味しいお店がたくさんあるような気がする。この霞ヶ関のお店も素晴らしかったし、千葉県稲毛にある、”まんぷく”、という中華屋は、私の中のベスト。ここの、まんぷく炒め、は最高の逸品。私は店主から、”あの、まんぷく炒め好きなお客さん・・・”と呼ばれている。

酒と料理を満喫しつつ、釣り談義に没頭するメンバー。
20121222_4_no_face_1.jpg

ピンボケ写真になってしまったが・・・
20121222_5_no_face.jpg

気が付けば21時過ぎ。皆で語らい続け、あっと言う間の4時間。”えっ?もう21時?”、という感じだった。皆さんも同じ気持ちだった模様。

最後に、お店の中で記念撮影。女将さんに無理やり撮影をお願いする私。左から、しげさん、私、farwaterさん、jetpapaさん、プラントFさん、そして、toy storyさん。皆様の笑顔をお伝えしたいところだが、拙ブログは顔出しNGにしているが故に・・・申し訳ありません。
20121222_6_no_face.jpg

いやぁーーー、楽しかった。結局、この4時間では物足らず、近くのガストで珈琲を飲みつつ、再び2nd roundを1時間強。さすがに遠方組の私は帰れなくなるので名残惜しくお開きとなった。

Zacco FFというジャンルがあるとしたら、その火付け役は間違いなくjetpapaさんと小畔川フリークの皆様だと思う。そして、更に盛り上げたのは、farwaterさんを始めとするY川・K川フリークなのでは、と思っている。

愛竿のBlue Heronだけではなく、オイカワ専用ロッドが市販品でも出回る時代となり、このMovementのベースには、きっと小畔川・Y川・K川の情報もきっかけになっているのでは、と勝手ながらに思っている。

我がHome RiverにもFFを楽しむ方々が増えた。皆、マナーを守って釣りを楽しんでおり、トラブルが生じたことは皆無。しかし、都心の川でもあり、様々な住民が周辺にいらっしゃるのも事実。特に野鳥観察の方々にとっては、ターゲットとなる野鳥を散らしてしまうきっかけになる可能性もある。一度だけ、O川を散歩中のオジサンから、一方的な言い分で罵声を浴びせられたことがある。

しかし、わずかな気遣いさえあれば、皆で楽しめると信じている。”共に楽しもう”、という気遣い。そして、思いやり。野鳥を観察している人が居れば喜んで遠慮し別の場所で釣りを楽しみたい。

愛しき身近な里川であるが故に、どうしても人が多くなる。しかし、その里川を楽しみたい、大切にしたい気持ちは皆同じなのだから、マナーを持って共存したいものである。

川を楽しもう、という人が増えることは良いことだ。これが一番、環境保全にも繋がると信じている。川の大切さやありがたさが解らない人は、川を守ろうとは思わない、いや、思えない。単なる、金を生み出す題材、としか思わない役人もたくさん居る。だから、素晴らしさを感じている人が伝えなければならないと思っている。胡桃や桑などの愛すべき河岸の木々も、解らない人にとってはただの木々でしかない。しかも、川が氾濫した時に流れて危険だから伐採しよう、とのたまう。しかし、その人達のほとんどは、その木に宿る鳥や動物の存在を知らない。

昨夏から始めたZacco FF。お陰で、愛しきHome Riverを四季を通じて見ることができ、様々な魚や動植物に対面できた。改めて声を大にして言いたいことは、こんな身近で素敵なFieldは他にはないだろう!! だから、大切にしたいと心底思っている。

小畔川フリークの皆様、そして、farwaterさん。
昨日は、本当にありがとうございました。ご一緒できて大変光栄でしたし、皆様の造詣の深さと、釣りに取り組む姿勢に感服致しました。近いうちに皆様と共に竿を振れる日が来ることを楽しみにしています!今後ともよろしくお願い致します。
いやーーー、本当に楽しかったです!! (← しつこい・・・?? だって本当のことですから!!)

(追記 2012.12.25)
一番間違えてはならない人の御名前、そして、小畔川の漢字を誤記してしまいました。プラントFさん、大変申し訳ありませんでした。そして、farwaterさん、ご指摘ありがとうございました!


プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク