HOME   »  雑記
Category | 雑記

ロッド不携帯で川散歩

3月11日(土)

あの未曾有の大震災から早6年の日。被災者は未だに辛い生活を送られている。被災者ではない私は、未だに釣りを愉しみながらブログに駄文をアップしつつ“のほほん”と過ごしている訳だが、改めて自分の境遇に有難みを認識しつつ、午後2時46分頃には細やかながら、北の方角に向かって黙祷を捧げさせて頂いた。

比較的暖かかったこの日。ロッド不携帯で、身近な雑木林にカタクリの状況を見に行ってみた。まずは自宅からわずか20分の距離の雑木林。予想していた通り、カタクリの開花にはまだ早過ぎて、雑木林入口は施錠されていた。
20170311_01.jpg

続いて、我がHome River近くの雑木林。
20170311_02.jpg

開花にはまだ早いが、雑木林の至るところに元気な葉を覗かせていた。
20170311_03.jpg

アマナの華麗な姿があちこちに点在・・・
20170311_04.jpg

雑木林横の湧水の小さな沢。以前にも記したことがあるが、今回もやはりニジマスが10尾程。2畳のスペースなので0.2畳/尾。この部分だけ水が溜まっているが、上流も下流も水深は1cm程度で、ニジマスはおろか、オイカワやカワムツも住める環境ではない。
20170311_05.jpg

こんな張り紙が・・・
20170311_06.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
川鵜さん、川鷺さん。ここの魚は食べないでくださいね
皆が楽しんでいます。ここの魚を捕らないでください。
ここの魚に石を投げないでください。
友だちも犬も猫も鳥も魚も、皆んな仲良くしましょう。
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

拙ブログの読者は、この張り紙を見て、どのようにお考えになるだろうか? 

私個人の考えを強要するつもりは毛頭無いが、この張り紙を読んで、“偽善”の間違った大人の言うことを素直に信じてしまう子供たちが不憫でならない。

以前にここのニジマスを見た時は、大半が酷い水カビ病にやられていた。今回見た魚達はまったく水カビ病が無く、自然治癒した訳ではないと思われるので新しい魚に入れ換えたのだと思われる。仮に自然治癒していたとしたら、ニジマスの水カビ病を治せるくらいの水質(調査の結果はAA。渓流とほぼ同等の水質)がこんな都心近くに存在していること自体が物凄く素晴らしいと断言できる。

この沢の横には住宅が密集しているが、もしも私がここで庭付きの家に住めるとしたら、この水を自宅の庭に引いて(あくまでも許されるなら・・・の話だが)生簀を作りたいと思う。良い季節には近所の子供たちに掴み採りをさせて、魚の捌き方や焼き方を教えてあげたりしたい。何より、常に新鮮なニジマスを晩酌のツマミにできる自分自身も愉しいだろうと思う。

しかし、ここは公共の沢。本来はここには住めないニジマス達は、水温の上昇と共に病気となり、ゆっくりと死に絶えていくのではないかと思われる。そして、その一部始終を近所の子供たちは日々目の当たりにするはずである。そんな子供たちを何とも不憫に思いつつ、再び、ニジマス達を眺めた。いっそのこと、一網打尽に捕まえて、美味しく食べて成仏させてあげたいと思う・・・
20170311_07.jpg

ニジマスが溜まっていた橋の上流部の沢。クレソンが茂り(これも人工的に植えられたクレソン)、青々とした姿が散歩の人達の眼を和ませている。既に至るところにクレソンは蔓延している現実を認識しつつも、公共の場所に“敢えて”植えてしまうことに対しても、一抹のやるせなさを感じる。
20170311_08.jpg

さて、せっかくの晴天の休日。ここまで来たので、春の風物詩を見学しに行くことにした。河岸は満開・・・
20170311_09.jpg

SM橋を訪れたら、見覚えのある青年が・・・。なんとテンカラくん!! 春の風物詩であるマルタ狙いで来たとのことだが、フッキングしたものの、敢え無くバレてしまったとのこと。

『このあたりにマルタが溜まってますよ』、と彼に案内されて見つけることができたマルタ達。 『そうか、そうか・・・。今年も遥々遡って来たか・・・』、と話しかけてみた。
20170311_10.jpg

そして、K川に移動したテンカラくんの一尾を見届けた後に、家路に付いた。






スポンサーサイト

愛しのHome Riverでゴミ拾い ~後編~

我が釣友の間で自発的に行動を開始したゴミ拾い。

1_20170311.jpg

しかし、拾えるゴミの量は、あくまでも、バイクや自転車で自宅に持ち帰ることができる程の少量に限られる。更に、バイクの場合は荷台にゴミを括り付けて走っている間に外れてしまったりしたら、周囲の車に対して極めて危険となる・・・

『やはり、川の近隣の公共施設でゴミを預かってくれるところを見つけることが理想的』・・・。これが私の当初の持論だった。

早速、この川が位置する東久留米市のゴミ対策課にメールで問い合わせてみた。そして、釣友有志で拾ったゴミを、川周辺に存在する市の施設に捨てさせて欲しい、という希望を伝えた。
1_20170218_07.jpg

市役所からは比較的速やかに返信を頂けたのだが、その内容は極めて“お役所的”だった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Green Cherokee様

市ホームページからのお問い合わせ、ありがとうございます。
K川でのボランティア清掃のごみ処理についてですが、河川でのごみの取扱いについては、東京都建設局の北多摩北部建設事務所の管轄となります。
こちらに管理課河川管理担当(042-540-9508)という部署があり、清掃活動を行うための届け出を提出するなどしていただいたうえで、ごみの回収を行っているそうです。
今回の件は、ご面倒でも同所へご相談いただきますよう、お願いします。
今後とも市清掃行政にご協力賜りますよう、よろしくお願いいたします。

 環境安全部ごみ対策課
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

決して盛大にボランティアグループを創設する訳でもなく、あくまでも小規模のメンバーで、市の施設に断りを入れて、月に数回のペースで持ち込める量だけのゴミを預かって頂く・・・という目的だったのだが、随分と堅苦しい返信に気を落とした。

アドバイスされるままに、東京都建設局に相談のメールを投げかけてみた。しかし、約3週間以上が経過した現在も返信無し。敢えて返事を催促しないのは、『ゴミはうちの管轄ではない』、という“お役所的”な返信をかなりの高確率で予想できるが故のこと・・・

ここまでは、ある程度想定した通りの、いわゆる『たらい回し』。
2_20161202_04.jpg

そこで、この川の清掃を定期的に行われている有志の団体である東久留米・川クラブさん(WEBで検索し、この団体なら相談に乗ってくれるかも・・・と期待)に相談を投げかけてみた。すると、クラブ代表のAGさんより、『市役所のNさんに相談をしてみると良い、自分からも伝えておく』、と神がかりなご連絡を賜ることができた。

そればかりではない。その直後、AGさんは私の希望に基づき、その御方と具体的に進めて下さった模様。そのご報告を受けて、必要に応じて私も説明に伺わせて頂く旨をお伝えした。

AGさんとはまだ直接お会いしてはいないが、既にメールで何度かやり取りさせて頂いている。私もこの川のことが相当好きだが、私の何十倍もこの川を愛していらっしゃる御方だと確信した。そして、拙ブログのいくつかの記事にも目を通して頂き、『この川を良く理解されていることがわかりました』、と何とも光栄ながら嬉しいメッセージを頂戴することができた。
4_20161202_08.jpg

私の最初の問い合わせに対し、AGさんから御返信頂いた文章の一行目には、『K川の清掃活動をして頂きありがとうございます』、と書いてあった。

我々はただ、『綺麗な場所で釣りを愉しみたい』、という素直な気持ちだけで、決して善行を意識している訳ではない。事実、メンバーは楽しんでゴミ拾いを行っている。従って、感謝される・・・というようなことは全く不要なのだが、そのように自然とメールにしたためて頂いた理由として、『この川を綺麗にしたいというAGさんの御気持ち』への理解に対する感謝の現れだと思っている。
3_20170129_5.jpg

これはあくまでも私見だが、川はあくまでも公共の場・すなわち皆の物であり、そこに捨てられたゴミを綺麗にするのは行政の役目だと思っている。そのためには、ゴミを捨てた者を罰するルールを作るのも一考である。

川のゴミを市の公共施設のゴミ置き場に置かせて頂く・・・、これについては賛否両論の意見があるだろう(ゴミを持ち込まれる側の立場になれば)。しかし、決して無断で捨てる訳ではなく、あくまでも事前に筋を通して、且つ、例えば施設の守衛さんや担当者に一言お断りを入れて捨てさせて頂くつもりだった。もちろん、地域のルールに基づき、分別してゴミ収集し、後で誰かの手を煩わせることは避けたいと思っていた。
5_20161202_11.jpg

そんなことを考えていた矢先に、AGさんから再び連絡が届いた。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
ゴミの収集の件、川クラブで処理する事にします。○○○(川沿いに位置する“とある”市の施設)、市役所は残念ですが『柔軟性』を持ち合わせていません。川に関しては基本的に「東京都建設局北多摩北部事務所」の管轄で、東久留米市は都からの依頼によって作業するシステムになっており、市役所にお願いしても『筋違い』になってしまうのが現状なのです。川のゴミを片付ける善意100%の事なのに『情けない』ことで申し訳ありませんと、市役所のNさんもおっしゃっていました。
行政はともかく・・・まあー少しでも「楽しく」やりましょうや。大量の場合、私が車で引き取りに行きます!!
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

『大量の場合、私が車で引き取りに行きます!!』・・・有りえないレベルの返信に鳥肌が立った。AGさんがこの川を綺麗にしたいと思う気持ちは、『本物』以外の何物でもない。今までゴミを見て見ぬ振りをしていた自分が更に恥ずかしくなった。

AGさんに、『まずは我々レベルで細やかながらできることから始めます』、とお伝えさせて頂きつつ、同時に感謝の気持ちを御伝えさせて頂いた。
7_20170115_03.jpg

水に流してさっぱりするのは、過去の人間関係的トラブルなど・・・。この場合、お互いにさっぱりでき、且つ、前に向いていくことができるだけでなく、当人以外の周囲で携わる人々にもプラス効果を齎す。

ゴミを水に流しても、あくまでも当人の手からゴミが離れるだけ。当人はさっぱりするかもしれないが(捨てることに違和感や罪悪感を持たない悪輩の場合)、土に戻ることができない種のゴミは流れ着いた場所に永遠に残る。そして、当人とは関係ない多々の人々や動植物までも不快にさせる。こういう悪輩でも、もしも自宅前に他人からゴミを捨てられたりしたらきっと猛烈に怒るだろう。自分も同じことをしているくせに・・・
6_20161016_01.jpg

はっきり言えば、少数の釣り人が拾えるゴミの量などタカが知れている。それでも我々は少しでも綺麗な環境で釣りを愉しみたいと思っている。そういう気持ちを、行政側は前向きに汲む必要があると個人的には思う。
8_20161202_10.jpg

都心に近い割には湧水豊富で奇跡的に綺麗な我がHome River。この価値は他市や他県に誇れる程に絶大なものであるはず。水質調査の結果は『AA』。山間を流れる渓流と同等とのこと。
水質調査 modified

こんな奇跡の川に対して、不要な護岸工事などに血税を使わず、特筆すべき特長こそに価値を見出し、より良くするための具体的な行動を起こして欲しいものだと切に思う。






3・11から6年

2017年3月11日(土)。

早いもので、あれからもう6年・・・ しかし、被災された当事者やご遺族にとっては、癒されるどころか、むしろ、毎年この日がやってくる度にきっと脳裏に悪夢が蘇ってくるのかもしれない・・・

決して風化させてはいけない・・・。そんな想いを込めて、毎年この時期は仙台空港の屋上を訪れるようにしている。この日は2月24日。ソウルから仙台に移動した日だった。今しがた搭乗していた便が韓国に戻るのを見届けた。
20170224_1.jpg

未だに残る廃屋。この家屋を見る度に津波の恐ろしさを想像する。
20170224_2.jpg

すっかり木々が減ってしまった海岸線。防潮堤も見える。本来は海岸に沿って松林が存在していたのだが・・・
20170224_3.jpg

昨年のことだが、とある映画がNHKで放映された・・・ それは、Vegalta Movie この映画には、拙ブログにも何度か登場する釣師数名、そして、私がとてもお世話になり、残念ながらも星に成られた御方の御写真も登場する。
20170224_4.jpg

被災された方々を想いつつ、今後も可能な限り、この時期に仙台空港の屋上に立ち続けたいと思う。



チュオタンに癒された夜

1月17日(火)

韓国は忠清北道(Chungcheongbuk-do)で目覚めた日。この仕事場での最終日だったが、いわゆる”最低”で”最悪”な結果を迎える仕事を余儀なくされた日。

韓国の相棒であるKと肩を落として仕事場を後にした。もうすっかり意気消沈したKが運転する車の助手席で彼を慰めつつ、別れ際にせめて元気が出るものでも食べよう・・・ということになった。

そして、彼が連れて行ってくれたレストラン。韓国語だらけなのでまったくわからないのだが、どうもメニューは極少。そして、出てきたのがこれ。

チュオタン。
2017_Jan_Korea_2.jpg

いわゆる、どじょう汁。こんな解説が載っていたので参照用にリンクしておきたい

最後の客となった我々2名。店員のおばさんが人懐っこく見送ってくれた。親戚の娘が京都大学に入学した・・・と嬉しそうに話していたおばさん。そんな笑顔とどじょう汁で少しだけ元気が出たのか、車中では少しだけ明るい会話をしながら、KTX(Korea train express:韓国高速鉄道)の駅までKが送ってくれた。 『元気出そうよ、僕も頑張るからさ・・・』。 そう伝えて握手をして別れた。

あろうことか指定席完売。最初の30分くらいはデッキに立ったまま移動。終日立ち続けの疲れた身体に堪える。酔っ払いのオヤジがふらふらと目の前を通り過ぎつつトイレに入り、中から嘔吐(えず)く声が聴こえる・・・ 嗚呼、勘弁して欲しい・・・

Seoul駅に降り立ち、タクシーを拾って市内のホテルに到着したのは日付もすっかり変わった頃。そのまま寝付ける訳もなく、深夜のコンビニにふらふらと出向き酒を入手・・・

翌日は帰国するのみ。ゆっくり起床してしばらく仕事をした後、少し遅めの昼食を取りに近くのレストランに出向いた。途中で横切る小さな川。良い時期にはオイカワのライズも見られそうだが、ここはSeoul市内なので釣り禁止。
2017_Jan_Korea_3.jpg

自分の鼻の感覚を信じて、一件のレストランに入った。写真メニューなし、英語もまったく通じず・・・、しかし、店員のおばさんが一生懸命何かをしゃべってくるので、まったく意味もわからないまま、”ok”、と伝えてみた。

しばらくして運ばれてきたメニューは極めてオーソドックスなキムチチゲだった。これが、しみじみ美味いこと、美味いこと・・・
2017_Jan_Korea_4.jpg

ここでも最後の一人の客となってしまった。会計を済ませて、「맛있어요.」(マシッソヨ:美味しかった) 、と伝えると、後片付けに一生懸命だったおばさん2名が手を止めて、笑顔で色々と話しかけてきた。 まったく意味もわからないのだが、再び、マッシソヨと伝えて笑顔で別れた。

何とも辛い出張だった・・・が、チュオタンとキムチチゲとおばさんの笑顔に癒されたことがせめてもの幸い・・・と強引に思いつつ、家路に向かったのだった・・・


タイ人兄弟との不思議な出逢い ~後編~

7月25日(月)

時刻は19:30頃。タイはバンコク市内のEkkamai(สถานีเอกมัย)というBTS(鉄道)の駅を降り、大渋滞でほとんど駐車場化している道路脇でタイ人兄弟を待つ自分が居た。

前編でご紹介させて頂いた通り、その後、タイ人兄弟の兄Tと弟Bはフェリーと夜行バスに乗ることができ、翌朝には無事に東京に到着できた。そして羽田空港を離れる際、『貴方が居なければ帰国できなかった。心から感謝している。バンコクに来ることがあれば必ず連絡をして欲しい』、と半ばしつこいくらいに何度も何度も感謝メッセージを送ってくれた。

バンコクへの出張が決まった後に出発間際に彼らにメッセージを入れてみたところ、ピンスポットでしか空き時間がない私のために、わざわざ二人とも時間を空けてくれた。本当はホテルまで迎えに来てくれるとのことだったのだが、何せ大大大渋滞のために、急遽、彼らの職場の最寄駅までBTSで出向き、落ち合うことになった。

交差点近くでぼんやりと佇んでいると、窓全開で大きく手を振る一台の白いワゴン車が近づいてきた。すぐにこちらも大きく手を振って返した。ワゴン車の後部座席の自動扉が開くと、そこには何とも美しき女性が1歳児を抱えにこやかに座っていた。

早速、隣の席に座らせて頂き再会を祝うご挨拶。出逢って間もない彼らではあるが、懐かしい話題に花が咲いた。この美しき女性は兄Tの奥様のPさん。そして、彼女も流暢な英語をしゃべっていた。

不思議な出逢いを経ての再会。当然ながら旧知の仲ではないので、彼らが何の仕事をしているのかすら理解していない。色々と聞いてみたところ、そこで衝撃の事実を知ることになる。兄Tは青年実業家として9店のガソリンスタンドと現在バンコクで最先端の話題を提供しているカフェを経営するツワモノ。弟Bはそのカフェのパティシエだった。

『だったらお金持ちじゃないですか!! あの時、無理せず新幹線で帰れば良かったのに!!』

そう告げてみたところ、『北海道は貧乏旅行しようと決めたので初志貫徹したかった。けど、夜行バス移動はとても疲れたので二度とやりたくない・・・』、と返してきて全員で大笑い。

『まずは我々のカフェを見てください!!』、と兄弟が強調するので早速お邪魔させて頂いた。Facebookページも持つ『SHUGAA』というお店。
20160725_01.jpg (今回の写真は全てiPhoneで撮影。この写真は食事後の23時頃に撮影。訪れた時は店内は賑わっていた)

Ekkamai付近は高級住宅街で知られているらしいが、その界隈に何とも相応しく、私の想像を遥かに超える本当に素敵なカフェでびっくり・・・
20160725_04.jpg

早速、二階席に通され、しばらくは奥様のPさんと二人だけで歓談。椅子に捕まり立ちしながら、お店で流れる音楽に合わせてダンスの真似ごとをする兄Tの長女を微笑ましく眺めつつ、『これから色々と悪戯を始めるので大変になるよ~』、などとアドバイスして笑いあう。
20160725_07.jpg

そして、兄Tが料理の皿を持ってやってきた。ゴイクンというタイ風の生春巻き。
20160725_02.jpg

このカフェに似つかわしくない料理だな・・・と思っていたら、特別ソースも含め、何と兄弟のお母様がわざわざ私のために作っておいてくれたと言う・・・何とも嬉しい取り計らい。
20160725_03.jpg

そして、今度は弟Bが、『飲み物を何か選んでおいてね。後でカフェの名物料理を味わってみて欲しい。けど、この後は皆で食事に行くから全部食べないでね・・・』、と話しかけてきた。

こんなメチャウマのオシャレなドリンクを頂き・・・(酒飲みの私が言うのも何だが、真面目に好みの味だった)
20160725_05.jpg

カフェの名物料理(Meat Ball Kra-Pao)を堪能。美味しくて全部食べたかったのだが、次が控えているので我慢我慢・・・
20160725_06.jpg

そして、すぐ近くのタイ宮廷料理のレストランを訪れた。そこで、メチャウマの『トムヤムクン』や・・・
20160725_08.jpg

カレーに似たタイの名物料理『マッサマン』等の大量の食べ物を摂取しつつ・・・
20160725_09.jpg

皆で楽しく語り合った。私があまりにタイ料理を知らな過ぎるため彼らも面白いらしく、どの料理も一生懸命説明してくれた。

すっかりお腹もいっぱいになり、私から、『皆で記念撮影しようよ!!』、と切り出したら、せっかくなのでカフェで写真を撮ろう、ということになり、皆で夜道を散歩。

そして、店員さんにお願いして撮って頂いた写真。左が弟B、右が兄T。そして、モザイクをかけるのが憚られるほどの美人の奥様Pさん。
20160725_10.jpg

カフェの名前をバックにもう一枚。何気に長女ちゃんと握手している私・・・
20160725_11.jpg

結局、全てにおいて兄Tが奢ってくれて、私は一円も払わせて貰えなかった。とても明るく素敵な笑顔の店員さん達にもお礼を述べてカフェを後にし、ご丁寧にもホテルまで送り届けて頂いた。

愉しい時間はあっという間に終わり、とうとうお別れの時。時刻は23時を回っていた。最後に3人と固い握手を交わし、大きく手を振って白いワゴンが去っていくのを見送った。

翌朝からは不眠不休の怒涛の三日間の仕事を無事に終えて、いざタイを離れる際に、彼らにLINEでお礼のメッセージを送った。そして、彼らは最後にこんなメッセージを送ってくれた。

『Thank you so much too. We are glad to know guy like you !!』
※和訳:こちらこそどうもありがとう。貴方みたいな人と知り合えて嬉しい。

何とも嬉しいではないか・・・

人と人との出逢いは何とも不思議で面白いと思う。釣りとは全く関係ない内容になってしまったが、実はZacco FFも同じで、様々な人との偶然の出逢いが繋がり広がって、現在の愉しい仲間との釣りに至る。

すっかり仕事疲れした身体ではあったが、そんなことをホンワカと微笑みながら思い返しつつ、一路、シンガポールへの機上の人となった。







プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク