HOME   »  出張ついでの釣り
Category | 出張ついでの釣り

早くも秋色の川で朝練

8月17日(月)

前夜遅くにJR千歳駅近くのホテルに移動。当日は室蘭で朝から仕事があったが、電車に乗るまでに束の間の時間がある。ならば・・・ということで、既に馴染みとなったポイントを訪れてみた。

秋桜が咲く路地。この地では、秋はもうすぐ。
20150817_01.jpg

夏祭りの跡・・・だろうか?
20150817_02.jpg

徒歩数分で毎度のポイントに到着。
20150817_03.jpg

水温は意外に意外・・・ 結構高い。
20150817_04.jpg

ドライフライを結び期待を込めて第一投。いきなりフッキング。良く見ると小型のブラウントラウト・・・ 取り込む前にあえなくフックオフ。その後、毎度のお客様がお出ましに・・・
20150817_05.jpg

再び竿をぐいぐいと曲げてくれるブラウンとご対面。魚を寝かせてカメラを構えていたら、綺麗なジャンプを決めてご帰還された。サイズは20cm強だった。

更に一尾をバラしてポイント移動。プールのような場所にフライを投じると、ヤマメの皮を被ったオイカワをゲット。この魚がかからないようにあえて#14を結んでいるのだが・・・ どうもこのヤマメの皮を被ったオイカワは口が大きいらしい。ちなみに、このニセ・オイカワを狙うためには、本物のオイカワ用のフライを投じるときっと爆釣できるはずだが、幼児虐待になるのであえて自粛している。ちなみに天ぷらにすると美味しいらしく、地元の方々はこのサイズでも根こそぎ持って帰ってしまう。大昔に魚籠に入ったこのサイズのヤマメ数十匹を見て悲しくなった記憶がある。
20150817_06.jpg

水際に降りることができなかったので意に反してヤマメをぶら下げてしまったが、魚に触れずにリリースした後、初めて対岸に渡ってみた。なかなか良さげなポイントだが手前が草ぼうぼうでキャストしにくい。
20150817_07.jpg

再び、毎度のポイントに戻りウェットに結び換えてキャストしていたところ、かなりの大物がフッキング。しかし数秒後にバレてしまった・・・残念。この日は愛竿Blue Heron #1だったので、その曲がりは尋常ではなかった。私のテクニックを踏まえて、ロッドを守る意味ではバレてくれて返って良かったのかもしれない・・・(笑)

jetpapaさんが毎度通われているJR下のポイントも探索。時間切れで記念撮影だけで終了。
20150817_08.jpg

次回のチャンスがあれば、もっと下流まで探索してみたい。
20150817_09.jpg

ホテルに戻り朝食を取り朝風呂に浸かり・・・、それでもAM8時台の特急に乗れるこの余裕・・・ 北の大地の”安近短”・・・ 今後もチャンスがある度にチャレンジしてみたいと思う。




スポンサーサイト

ぶらり途中下車のZacco FF

7月17日(金)

(mihiroさん、先日のmihiroさんの記事に肖り、タイトルを付けさせて頂きました・・・ 

ほぼ予定通りに室蘭での仕事が終了。最近の北海道は何処に行っても外国人ばかり。別に北海道に限ったことではないと思われるが・・・。東室蘭駅で飛び乗った特急も外国人に埋め尽くされ満席で、やむなく通路にたったまま移動。そのまま東京に戻っても良かったのだが、せっかくなのでちょっと寄り道。前夜の室蘭も17℃程度。この日もすっきり爽快な青空だった。
20150717_00.jpg

RIMOWAのカバンをゴロゴロと転がしつつ、徒歩わずか10分で目的地に到着。昨秋に訪れてからすっかりご無沙汰のポイント。
20150717_01.jpg

RIMOWAにスーツをかけて、ちょっと一振り開始・・・
20150717_02.jpg

フロータントすら持参してなかったのだが、とりあえずドライフライを投じてみた。昨秋に比べれば反応は激渋。それでもしばらく経過した頃に派手な反応でかなり強いヒキ。もしや、ヤマメかブラウントラウトか・・・!?

お出ましになられたのは・・・
20150717_03.jpg

ウー様でした。
20150717_04.jpg

立派な尾鰭。道理でヒキも強い訳か・・・
20150717_05.jpg

その後はウェットに交換して、同サイズのウグイが手元に寄ってきたものの2バレ・・・ ジャンプしたりしてハラハラとさせてくれた。薄暗くなってきたので納竿。実釣は40分くらいだった。

駅前の夕暮。気温は20℃。このままこの場所に留まりたい・・・という気持ちを振り払い、再び、電車に飛び乗った。
20150717_07.jpg





我が望郷のCTS川よ、ありがとう!!

10月18日(土)の釣行記。

15日(水)は室蘭で仕事だったが、その際、急遽、17日(金)も朝から室蘭に再訪することになった。極めて効率は悪いが、16日(木)は以前より決まっていた兵庫県の外せない仕事があり、何とか無事に仕事を終えたもののかなり長引いてしまい、ギリギリに神戸空港に到着するも間一髪で最終便にアウト・・・

やむなく、翌日の始発便で新千歳空港に向かったのだが、滑走路が見え始めた段階でなぜか飛行機が急上昇・・・、機内に何とも言えない“やるせなさ感”が充満する頃に機長よりアナウンス。『着陸の段になり機体に不具合が発生し、上空で復帰を試みます』・・・そして結局、40分遅れで何とか無事に地上に生還できたものの、室蘭に向かう特急は、これまた間一髪でアウト・・・

そんな訳で、ぽっかり空いた空白の時間。やむなく、南千歳駅のアウトレットモール横の雑木林にて、週末に控えたキノコ狩りに向けて、『キノコ眼』を自ら養うべく、束の間の自主練。気温は10℃くらいか・・・。
20141017_01.jpg

すぐに見つかったベニテングタケ。有毒だが独特のアミノ酸を含み食べると相当美味しいらしい。世界共通のキノコで、その愛くるしい姿は様々な童話等に登場する。大昔に札幌郊外の山で落葉の中に無数に点在するこのキノコを見たことがあるが、そのまま森の妖精でも出てくるのでは・・・と思える程、何だかほのぼのとしてしまった・・・
20141017_02.jpg

さて、遅れに遅れて到着した室蘭の仕事も無事に終わり、再び、夜遅くに千歳駅前の馴染みのホテルに到着。・・・となると、やっぱり翌朝は行くしかない・・・

早朝に起床。ゆっくり朝風呂に浸かり朝食も終えた後に訪れたCTS川。先日と異なり見事な晴天。キリリとした朝の冷気も、陽が射し始めると共に意外にもポカポカ陽気になってきた。
20141018_01.jpg

ここまで、ホテルから徒歩2分。自然と街が隣接している北海道の川、とにかく色々と環境が違い過ぎる。
20141018_02.jpg

橋の上から川面を眺めると、ボサの際で小さなライズも散見された。
20141018_03.jpg

そして、革靴でもOKのマイポイントへ。
20141018_04.jpg

まずは#12のドライを結び、ここぞというポイントに流すも小さな反応があるだけでフッキングせず。ならば・・・ということで、ハス用に巻いた#16ウェットを流した一投目。『ボ』逃れの季節外れのヤマメ。ちなみに、ここではこの時期にヤマメを釣っても良く、且つ、入漁券も無い。
20141018_05.jpg

その後も爆釣状態。同じポイントでこんなヤマメ5~6尾とご対面。数尾目のヤマメにて、我が望郷のCTS川を背景にジョニー印・愛竿バンブーを記念撮影。
20141018_06.jpg

ちなみに、愛竿を曲げてくれたのはこんな小さなヤマメ。
20141018_07.jpg

小休止がてらに水温チェック。やっぱりそれなりに低い。水に浸けた手がすぐに痛くなる程。
20141018_08.jpg

引き続き、こんなヤマメが連発。
20141018_09.jpg

これ以上続けても状況は同じかと思い、ポイントを後にすることにした。フライをガイドにかけて愛竿を記念撮影。
20141018_10.jpg

先日、ブラウンが元気に反応してくれたプールのようなポイントも、かなり減水してきた。
20141018_11.jpg

すっかり紅葉したナナカマド。
20141018_12.jpg

少しだけ上流に歩いて、こんなポイントを見つけた。もはや、心の中では対象魚をウグイに変えていた私。
20141018_13.jpg

ウェットを流した一投目。着水と同時の反応。ジョニー印・愛竿バンブーが小気味良くブルブル震える。そして、期待とは裏腹にこんなヤマメとご対面。
20141018_14.jpg

そのまま小ぶりなヤマメを数尾追加して、ツ抜けした時点で納竿。結局、全てヤマメだった。

本州は既に禁漁なのですっかり季節外れのヤマメとのご対面になったが、CTS川のヤマメ(北海道ではヤマベ)はこんな時期でも、我が身近な川で愉しむオイカワ以上に元気にフライに反応してくれた。正直、オイカワよりも口が大きな分(いや、喰いが遅い分?)、かなり簡単に釣れてしまった。この川では自ら新たな課題や制限を課さない限り、腕を上達できそうにない・・・・

外来魚が勢力を増してしまい、前記事の青年の言葉のようにほとんどの釣人がこんな小さなヤマメでも根こそぎ持ち帰ってしまう状況にも関わらず、そもそもスケールが違い過ぎる我が望郷のCTS川。20年前はツ抜けなんか全くできなかった私だが、革靴スタイルの超イイカゲンな2014年現在の私に、北の大地のヤマメ達は大らかに付き合ってくれた。

既に氷点下の朝も多く、流石に、これが今年最後のCTS川釣行になるかと思う。我が望郷の川よ、本当にありがとう。来年も可能なら時々訪れてみたいと思っている。
20141018_15.jpg







CTS川で出会った青年

10月16日(木)。北海道は千歳市で目覚めた朝。



午前便で神戸に移動する必要があったが、せっかくなので少々早起きしてCTS川の状況を偵察。すっかり色づいてしまった銀杏の樹。気温は7~8℃だろう・・・、朝のきりっと冷えた空気が心地良い。
20141016_01.jpg

前回も訪れたポイント。ホテルから歩いてわずか5分。
20141016_02.jpg

ホテルを9時出発の空港送迎バスに乗る必要があったので、とにかく時間が限られている・・・。ササっとオイカワ用のドライを結びキャスト開始。すぐに小さな反応があり、数回繰り返したところようやくフッキング。さてさて、ウグイか? ブラウンか・・・?

結果は、小型のブラウン。先日のGran LussoさんのHome Riverのオイカワの平均サイズよりも小さいが、さすがにヒキだけは良型オイカワに匹敵する。
20141016_03.jpg

綺麗な脂鰭。本来はキープすべきだが、まだ二泊残っている出張が故に、やむなくリリース。
20141016_04.jpg

ここで念のため水温チェック。意外に温かかったが、手を浸けると極めて冷たかった。
20141016_05.jpg

少し下流には餌釣りの青年。私の釣行準備中に遠目からこちらを見ていたので、軽く会釈で挨拶していた。その彼が、魚が釣れたことを感じたのか竿を片手に走ってこちらにやってきた。

『こんにちは、釣れましたか?』、とこちらから挨拶したところ、堰を切ったように喋りだした。出会いがしらの雰囲気で気付いたのだが自閉症と思われる青年だった。

『ここに良く釣りに来るの?』、と質問を投げかけてみたところ、尾ひれはひれが付いた回答が止まらない。聞いてもいないのに、『ここにはヤマメでしょ、イワナにアメマス、ニジマス、ブラウントラウト、ブルックトラウト、ジャガートラウト・・・鯉、ウグイ、ドジョウ・・・そして、チョウザメも!!』。この河川に生息している全魚種を語ってくれた。

これがアスペルガー症候群の典型的特徴。私は医者ではないが、特定の分野に一般の人間では考えられないくらいの驚異的に優れた記憶力を発揮する、ただ、会話は一方的となってしまう・・・、こんな知識を経験上、たまたま有している。

『釣りはミミズに限るよ、土掘って採ったんだ』、と言って、そのミミズで釣った20cm強のブラウンを見せてくれた。『スーパーのレジ袋に氷入れておくに限る、これが良いんだぁ!、俺はブラウンの味が好きだな! 天ぷらか塩焼きに限るよ!』・・・、などとニコニコしながら止まることなく話しかけてくる。

この時点で私に残された時間はわずか20分。彼の会話に時折合いの手を入れながら、竿を振り続けた。一度、腹を見せて反応した魚が居た。すかさず、『今のはヤマメだよ!』、と彼が言う。私としては、このポイントはウグイでしょ・・・、と思いながらも、その時は、うんうんと頷いていた。

ようやく彼の前でフッキングに成功。小さなウグイにしては少しだけヒキが強い。手元に寄せる前に、彼が、『ヤマメだぁ!』、と叫んだ。そして、手元に寄せてみたら・・・
20141016_06.jpg

あれまぁ・・・、本当にヤマメだった。手のひらに優しく載せて記念撮影。

青年:ヤマメの天ぷらは美味いからみんな持って帰ってしまうんだ。おじさん、魚逃がすのかぃ?
GC:もちろん逃がすよ。大きくなって帰って来て欲しいからね。
青年:おじさん、ヤマメ釣れて良かったなぁ! 充実したっしょ!?

満面の笑みで、『充実したっしょ!?』、と北海道弁で語りかけられてちょっと照れ笑いだったが、確かに充実してしまった・・・。青年の御名答に拍手。

相変わらずの一方的な会話の中の一部分なのだが、青年の口から発せられたメッセージ。

『俺は小学生の頃からここで釣りをやっているんだ。その頃はヤマメがたくさん居たっけなぁ。けれども悪い奴らがブラウンを放しちゃったんだよ、したっけヤマメが減っちゃったさぁ・・・』

竿を振っている最中だったが、『本当にそうだよね・・・おじさんもそう思うよ』、と胸の中で答えた。

『じゃ、そろそろ帰らなきゃ。たくさん釣ってね!』、と別れを告げてCTS川を後にした。急に別れを告げられてちょっと困惑したような表情を示した青年だったが、すぐに自転車に戻り、大声で歌を歌いながら竿を片手に自転車を押しつつ上流側に移動して行った。
20141016_07.jpg

すぐ脇の公園のカエデ。燃えるような赤に紅葉していた。
20141016_08.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この二日後、再び、CTS川を訪れることになる・・・。この時点ではそんなことは露ほども思っていなかったのだが・・・

(次回の釣行記に続く)






望郷の川で出逢った魚 ~後編~

9月7日(日)のAwayでの朝練釣行記・後編。

20140907_11.jpg

前編の通り、いきなり良型のブラウントラウトと交通事故的にご対面できてしまい、様々な感情も相俟って、とにかくまずは一息入れるべく目の前の公園にて小休止。一段高くなっている公園から、改めてCTS川を一望した。

素敵な本流を前に、本来ならばあまり狙わないような、増水が故に柵越しにできたプール。しかし、良く見ると小さな流れの筋が存在し、且つ、ライズも散見されることに気付いた。
20140907_19.jpg

ならば・・・ということでフライを替えずに#14のドライのまま、このプールのど真ん中にフライを投じてみた。渓流釣りならではのストーキングも何もあったものではなく、そもそも散歩の人々が真横を行き来するような場所。すると、いきなりの反応でフッキング。20cmに満たないような魚が見事なジャンプを決めた後に痛恨のバレ・・・。

『な、何なんだ!? ジャンプするなんてニジマスか・・・?』・・・と思ってしまう程、小型ながらかなり良いヒキ味だった。

すかさず、微妙に上流側や本流側にずらした場所にキャストを繰り返したところ、今度こそ手応えあるフッキング。しかも、魚が素早く本流側に走る。これはニジマスかヤマメに違いない!! そう確信しつつラインを手繰り寄せると・・・

『あ~ら、ウー様、ご無沙汰しております・・・』  (笑)
20140907_16.jpg

本当にすっかりご無沙汰なので顔もアップ。アップしてもウー様はウー様なのだが、#14のフライが見事にフッキング。
20140907_17.jpg

手のひらに載せてみた。意外に体高もあり、立派なウー様。正直、これもかなりヒキ味を愉しめた一尾。以前、カチーフさんと渓流釣りに同行させて頂いたことがあるが、期せずして、いや予想通りにウー様祭りの状況となり、『それにしても、(ヤマメと思しき)良い出方するなぁ・・・・』とポツリと発したカチーフさんの一言(過去記事参照)を唐突に思い出した。
20140907_18.jpg

『こんなポイントだから、やっぱりウー様だよね・・・』なんて妙に自分自身で納得しつつ、ライズの正体が分かった安堵から、小休止ついでにフライを乾かした。
20140907_20.jpg

フライも乾いた頃合いを見て、再び、似たようなポイントにフライをキャスト。そして、瞬く間にフッキング。良いヒキ味だし先ほどより少しは大型のウー様だろうか・・・? その割には何だか魚の色が違うように見えなくもない・・

手元に寄せてみると・・・なんとブラウン再び!! 『魚から見れば人間の気配満載のこんなトロ場にブラウン!!??』、と驚きと共に呟きつつ撮影。食べて美味しいサイズなので、次回はちゃんとキープしようと思いつつ今回はリリース。
20140907_21.jpg

時折、本流側で派手なジャンプの音が聞こえる。ふと視線を向けると、樹の下あたりで大型の魚がライズしていた。ばっちりウェーディングして#8とかの大きなウェットでも流すと、とてつもなく大型の魚と綱引きができそうな気がする・・・・
20140907_23.jpg

そんなことを考えつつ、果たしてウェットはどうだろう・・・と興味が湧きフライを結び替えてみた。上流側に立ち、再び、同じような場所にフライを流してみると、今度はすぐに小型のブラウンとご対面。どうやら、こんなトロ場でも群れているらしい・・・。しかも、今しがた私自身が歩道を歩いたばかりなのに・・・
20140907_24.jpg

何だか、このまま釣りを続けるのもどうなんだろう・・・と思うようになってしまった。一息入れるべく、先日、ジョニーさんに素敵な銘を入れて頂けたにも関わらず、ろくな写真を撮影できていなかったので、我が望郷のCTS川をバックに記念撮影。
20140907_25.jpg

しかし、私も釣人の端くれ、やっぱりもう少し釣りたい・・・ということで、再び、良型のウー様とご対面。
20140907_22.jpg

最後にあと一尾だけ・・・と思いつつフライを投じ、結果的に少しはマシなサイズの魚を掛けたのだが、すぐに本流側に走られて杭にティペットが引っ掛かってしまい、魚に逃げられるは、フライもロストするは・・・で、これが納竿のタイミングと納得。時刻はまだAM7時。
20140907_26.jpg

『ボ』逃れどころか、予想外の数とサイズの魚達に出逢え、満ち足りた気分で河岸を歩きつつ、至るところに自生している梅花藻(バイカモ)を眺めた。

この水草が生育できる流れの水は本当に美しい。これぞ北海道の渓流・・・という気がする。ちなみにこの梅花藻、初夏には梅に似た綺麗な白い花を咲かせる。煌びやかな水面に映える梅花藻は本当に美しいと思う。しかも、食べられる野草としても有名。私は採取しないようにしているが・・・
20140907_27.jpg

日の出直後にCTS川を撮影した場所近くの橋から、再び記念撮影。
20140907_29.jpg

そして、橋からホテルを眺める。真ん中の丸っぽいビルがホテル。まさに川まで徒歩3分。ホテルに戻り、美味しく朝食を摂取し、ついでに大浴場で足を伸ばしたり・・・、空港送迎バスが出発するAM8:30までの束の間、朝から罰当たり的に素敵な時間を過ごすことができた。
20140907_28.jpg

二十ウン年振りの望郷のCTS川での釣行。ワイシャツに革靴というスタイルで臨んだ朝練。外来魚のブラウントラウトで複雑な想いもしたにはしたのだが、釣果そのものとしては出来過ぎの朝練になった。

千歳市内を滔々と流れるCTS川。街中を流れるとは言え、支笏湖を起点に、ヒグマが生息する広大な原生林の真ん中を流れる河川であり、水質はクリアそのもの。いつか昔のように、この愛すべき川で終日のんびりと竿を振ってみたい。きっと、我が身近な川でのZacco FFのようなマッタリとした気分で、愉しい一日を過ごせるに違いない。

ありがとう、CTS川。また逢う日まで・・・・
20140907_top_20140919212434512.jpg







プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク