HOME   »  Zacco Fly Fishing
Category | Zacco Fly Fishing

祝・喫茶うおのめ開店!!

大好きな我がHome Riverの河岸に素敵なカフェがオープンした。その名も、『喫茶うおのめ』。
20170129_5.jpg

まずは1/29日(日)

喫茶マスターのうおさんからお店オープンのお知らせを受けていた。この河岸喫茶は、状況に応じて臨時店が河岸のあちこちにオープンするという素敵な特長を有している。

一畳ほどの狭いお店ではあるが、気持ち良いことこの上ない。早速、至極の一杯を頂戴することに・・・。開店祝いとあってかコーヒーは無料提供。それでは申し訳ないのでお茶菓子代わりのコンビニスィーツを持参。
20170129_3.jpg

てんからくんも交えてまったり。ちなみに、私は未だロッドすら繋いでいない。
20170129_2.jpg

それでも一応、釣りも愉しんだり・・・
20170129_1.jpg

寒くても着実に大きくなってきているカラシナを撮影したり・・・
20170129_4.jpg

続いて、2/4(土)。

激渋のHome River。最近比較的調子が良いと言われる上流部にて。
20170204_2.jpg

この日も素敵な喫茶うおのめの営業の噂を聞きつけ、Zacco FF仲間も集結。皆でワイワイとコーヒータイム。皆それぞれが色々な御茶請けを持参。
20170204_3.jpg

一応、釣りも少しだけ・・・・ 何とかぎりぎり『ボ』逃れ。
20170204_1.jpg

更に、2/11(土)。

薄曇りの何とも極寒の一日。それでも、喫茶うおのめは営業中。凍える身体に熱いコーヒーが沁みる。
20170211_5_20170224182510af7.jpg

河岸には春らしき気配。気の早いオオイヌノフグリ。
20170211_3.jpg

水中のミズハコベも、緑が寂しいこの時期に綺麗に映えていた。
20170211_4.jpg

この日は何と、私は2017年初の『ボ』・・・ 釣友の皆様は釣っていた(ような・・・)。
20170211_1.jpg

加えて、2/12(日)。前日と打って変わって綺麗な晴天。しかし強風でかなり寒い。カップラーメンで温まるメンバー。
20170212_4.jpg

喫茶うおのめの新メニュー・抹茶。茶筅まで用意され(※この日は常連客のmattさんが持参)、皆で仄かな甘みを愉しんだ。
20170212_2.jpg

抹茶を立てるGran Lussoさんをパチリ。
20170212_3.jpg

その後、ぎりぎりのタイミングで何とか一尾。
20170212_1.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こうして2017年の真冬を振り返ってみると、釣りに行っているというよりは、ただ、喫茶うおのめの常連客なだけ・・・のような気がしないでもない。

真冬の激渋のHome River。そんな中でも、こんなまったり&ほっこりした時間の使い方ができる身近なFieldとZacco FFの友達は、本当にありがたい存在。

ちなみに、今春は山菜溢れる渓流にも臨時店がオープンするとのこと。せせらぎを聞きながらのコーヒーも間違いなく美味しいに違いない。

うおマスター
いつも美味しいコーヒーをありがとうございます!! 常連客の一人として、今後もご贔屓させて頂きますね!!





スポンサーサイト

2017年初のZacco Fly Fishing

1月15日(日)。

既に2月に入ったにもかかわらず・・・、遅れに遅れて、今頃に2017年初のZacco Fly Fishingのアップ。

初釣り自体が遅れたのには明確な理由がある。大晦日にカンボジアから帰国し、ダラダラと年越しして爆睡して目覚めた元旦。朝風呂でリラックスした後、床に置いてあった物を取ろうと前かがみになった瞬間に腰に激痛が走った・・・

腰椎5番と仙椎1番の間に重度の椎間板ヘルニアを患う私。20歳の頃から幾多の腰痛と共に時間を過ごしてきた私だが、ここ数年は比較的調子が良かった。思い出す限り、2年以上振りの酷い腰痛。

しかし、今回の腰痛はいつにも増して重かった。歩けないどころか寝返りを打つのも大変なくらいに・・・。釣友の愉しげな初釣り報告を横目に見つつ文字通り寝正月を凄し、結局、まともに身動きが取れるようになったのは三連休の最終日。この日、初めてほんの少しだけ外出できた。

そんな苦い思い出の冬休みを経て、ようやく巡ってきた初釣り。極寒の一日だったが、自転車のべダルを漕いでいると身体はポカポカとしてくる。釣友が待つ上流部。初めて訪れるポイントだったので、いつもとは異なる道を進む。

すると突然、こんな沢のような小川が現れた。我がHome Riverに向かう途中でいつも横切る小川。下流域はあまり魅力的ではないのだが上流部は素敵な流れ。気になって色々と調べてみたらTN川という名前が付いていた。縄文時代から集落があったとされるこの地域。きっとこの小川の水を利用していたのだろう。
20170115_01.jpg

程なくして現れた愛しのO川。今後も釣りをせず、眼で愉しむことにしよう。
20170115_02.jpg

そして、今年もたくさん通わせて頂くであろう我がHome Riverに新年のご挨拶。
20170115_03.jpg

釣友が待つ上流部を目指す折、気になる光景が見つかる度にすぐ止まってしまう・・・(笑) これが自転車の良いところ。意識しなくても自然にペダルが止まる。ちなみに、ここにはZaccoが溜まっているのだろうか・・・?
20170115_04.jpg

ようやく仲間の姿が見えた。早速、皆様に新年のご挨拶。そして、最下流部を釣っていらしたトッキーさんをパチリ。
20170115_05.jpg

“年始はドライで行きたい”・・・と、うおさんに告げると、とにかく小さなフライじゃないと厳しいとおっしゃる。最小でも#18しか持っていなかったので、うおさん特製パラシュート#21を1つ恵んで頂いた。

そして、小さなオイカワを二尾続けて手元ポチャンした後に、ようやく良型のオイカワと巡り合うことができた。2017年初オイカワを愛竿Blue Heron #0-1 7pcと共に記念撮影。そして、うおさんに感謝・・・
20170115_06.jpg

安堵して水温チェック。さすが湧水の川。何とも温かい。
20170115_07.jpg

ロッドを振る面々。上流から、じゅんさん、うおさん、トッキーさん。対岸には、じゅんさんの奥様が野鳥観察&川辺散歩中。お話を伺うと、カワセミを見ることができて嬉しかった・・・とのこと。良かった、良かった・・・
20170115_08.jpg

小休止を兼ねて、皆のロッドを並べて記念撮影。
20170115_09.jpg

なんとmattさんも極寒の中をバイクでやってきた。彼のHome riverでは冬季自主禁漁とのことだったが、我がHome Riverは真冬こそ真骨頂。愉しんで頂かない手はない。そして、めでたく2017年の初オイカワを釣り上げた瞬間をパチリ。テンカラくんもmattさんを見守る。
20170115_10.jpg

日陰は極寒なので、ついつい日向を探しては暖を取る。日向ぼっこ中のじゅんさんとうおさん。実は、期せずして日陰でロッドを振るはめになったmattさんに、日向に来るように指南している。
20170115_11.jpg

この時点で、私はソウルへの出張のために時間切れ。皆にお別れした後、帰りしなに、川沿いの工場からの排水を眺めた。
20170115_12.jpg

工場側によれば、川の水量維持のために貢献しているとのこと。最高レベルで浄化されているとのことで、排水直下の流れはクリアそのものだった。

しかし、湧水の水質とはかなり異なることだろう。私がにわかに勉強した限りでは、ブロック上の緑色の苔の生え方が生物処理をした排水特有のものらしい。活性汚泥処理をした排水は綺麗に見えるのだが、有機物やリン・窒素の量が多いので、深緑色の糸状藻類が発生するとのこと。

水質だけでなく高水温(実際に湯気が出ていた)のせいもあるのか、排水直下の100mくらいの川底には一切の水草が無く、明らかに様相が異なっていた。しかし、逞しいZaccoにとってはどんな感じなのだろうか? むしろ真冬でも温かい水を好んでいるかもしれない。何とも複雑な気持ちだが、機会を見て是非とも調査釣行してみたいと思う。

家路への途中、以前から気になっていたうどん屋に立ち寄ってみた。
20170115_13.jpg

肉汁うどんの中盛りをオーダー。以前に訪れたことがあるHome River近くのお店と比べると、かなり少なめの中盛り。けど、また訪れてみたいと思える味だった。
20170115_14.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

めでたく無事に、『ボ』逃れ、できた2017年・初釣り。 
真冬でもしっかりと愉しませてくれる愛しのHome River。今年もたくさん通わせて貰いたいと思う。








2016年最後のMy Home River

12月23日(金)。天皇誕生日。

恐らく2016年最後になるであろうHome River・・・と、この時はおぼろげに思っていた。だからと言って、齷齪(あくせく)する訳でもなく、まずはもう一本のHome RiverであるY川にご挨拶に。上流側に工事があるのだろうか・・・川の水は濁っていた。

すぐ近くのお気に入りの雑木林に出向いてみた。落ち葉をカサカサと踏みつけて歩く初冬の雑木林は実に気持ちが良い。
20161223_01.jpg

キノコ類はこの程度・・・
20161223_02.jpg

この雑木林の横には、とても素敵な湧水の小川が流れている。
20161223_04.jpg

オオカワジシャも青々。クレソンも混じっていた。共に外来種で微妙ではあるが、この時期にこの緑にはついつい眼を癒されてしまう・・・
20161223_05.jpg

小さな橋の下にちょっとした淀みというか水が溜まっている場所があるのだが、事もあろうに、ここにニジマスを放流した輩が居る。ざっと見た感じでは10尾程度。二畳くらいのスペースしか無いので、一尾あたり0.2畳。半数くらいは口や背びれ部分が白カビ病にやられていた(以下の写真の通り)。
20161223_03.jpg

ここに放流した輩はいったいどういう意図で放したのだろうか? 毎日新鮮なニジマスを食べたい・・・という晩飯のオカズ用の生簀として放したのだろうか?(だとしたら、0.1%くらい許せる・・・訳ないか・・・)。 近所の子供がニジマスを見て喜ぶから・・・などと偽善を装ったのだろうか・・・? どの魚も意外に太っていたが、底に居るヨシノボリでも食べているのか?

いずれにしても、ニジマスは悪くない。逆に気の毒だと思う。美味しいツマミになって成仏してもらうべく翌朝に一網打尽に掬いに行こうかと思ったが、結局、起きられなかった(・・・という後日談付き)。

さて、気を取り直して、我がHome Riverへ・・・という割にはやっぱり齷齪することなく、再び、以前から気になっていた雑木林に立ち寄った。
20161223_06.jpg

この雑木林は我がHome Riverから徒歩圏内。
20161223_09_201612312146510c7.jpg


ここでもキノコ類はこの程度。いずれにしても、このような雑木林が近所に存在してくれることは嬉しいことだと思う。
20161223_07.jpg

さて、ようやくHome Riverに到着。先行されていたNORIさんに、橋の上から大きく手を振った。
20161223_08.jpg

ロッドの準備の前におにぎりを頬張りつつNORIさんに色々とお話を伺うと、それなりに好調だったとのこと。確かに、目の前にはヒラを打つ魚の姿がある。ならばドライで・・・とフライを投じてみたが苦戦・・・。業を煮やしてヘチを狙い、ようやく、カワムツとご対面。
20161223_11.jpg

時合を逸したのか、NORIさんのフライへの反応も今一つらしい。
20161223_10.jpg

陽もかなり傾いた頃に、うおさんがご登場。うおさんも、釣りというよりは散歩程度の気軽さでお越しになっており、ヒップウェーダーすら持参しておらず、スニーカーでの陸っぱりスタイル。それでも着実に魚を掛けていた。さすが、百戦錬磨・・・
20161223_12.jpg

時間切れのNORIさんを二人で見送った後は、うおさんは既に納竿気分だったのだが、『もう少しやりましょう!!』、と、無理矢理、川へと引きずり込んだ(笑)。

うおさんは上流側にて、ドライで頻繁に魚をかけていた。ウェットの私は魚の反応の悪さに苦労していたのだが、最後の最後で、うおさんに見守られつつ、2016年最後のオイカワとご対面できた。
20161223_14.jpg

久しぶりに薄暗くなるまで川に立っていた。2016年最後のZacco FFも毎度ながらお気軽ZFFだったが、私にとってはこのスタイルが最もしっくり来る模様。きっと、2017年も変わることなく続けていくだろうと思う。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2016年も辺境の拙ブログをご訪問頂きました皆様。
今年もご多忙の中、拙ブログにご訪問頂く時間を割いて下さり、本当にありがとうございました。

もはやライフワークと化したZacco Fly Fishing。今年も年間を通じて、暑い日も寒い日も良く通ったものだ・・・と我ながら思います。

そんな日々の中で、国内の素敵なZaccoのみならず、久しぶりに韓国のオイカワにも再会できましたし、また、つい昨日のことですが人生初のカンボジア・プノンペンのZaccoにもご対面できました。

更に、例年以上に渓流にも出向き、生涯の中で最も頻繁に渓流FFを愉しむことができた素敵な年になりました。恐らく10回は出向いたであろう渓流FFにおいて、『ボ』の日が一度も無かったなんて・・・、これははっきり言って出来過ぎでした。私の渓流ガイドをご担当頂いた方々のお蔭に間違いありません。numassan(さん)、うおさん、マッキーさん、本当にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

愉しく、且つ、気取らない、幅広い年齢層でのZFF仲間も着実に増えて、そんな皆様と素敵な釣行をご一緒させて頂きました。夏のハス釣り、寒い中でのBBQ、そして、皆様の笑顔・・・、そのいずれもが、とても愉しい思い出です。

もう一つのライフワークでもある、非公開のfacebook Group・EZFF(Easy Zacco Fly Fishing)もそれなりに賑わっており、今年は韓国やカナダのメンバーも増えました。台湾語、日本語、英語が飛び交う不思議なZFFファンのご縁。せっかくご参加頂いたメンバーの皆様が今後も更に愉しめる場として運営できればと思っています。

もう一つ、私の人生の宝物の一つとなった釣行記が、とある雑誌に掲載されるという嬉しい出来事もありました。ZFFの魅力が一人でも多くの読者に広まる機会になってくれたのなら、こんなに嬉しいことはありません。

改めまして、皆様のご訪問に感謝申し上げます。来年もマイペースで続けて行こうと思いますので、引き続き、ご訪問頂けましたら幸いに存じます。

では、残すところあと少しですが、良いお年を。そして、2017年も、Tight lines !! (良い釣りを!!)

Green Cherokeeより

クレソン摘みついでのZacco FF

12月11日(日)。

クレソン炒めが食べたくなったので、摘みついでのZacco FF。
20161211_01.jpg

久しぶりの鉄板ポイントでの一尾。
20161211_02.jpg

煌く湧水。
20161211_03.jpg

水温もこの通り。
20161211_04.jpg

餌釣りの初老のご夫婦。良型のオイカワがバケツの中に入っていた。『オイカワですね』、と声をかけてみたら、『これ、オイカワって言うんですか!!』、との返答。夫婦でのんびりと釣りに来るなんて、二人してなかなか良い趣味だと思う。
20161211_05.jpg

大好きな湧水ポイントでの一尾。
20161211_06.jpg

クレソン発見。見るからに美味そう・・・
20161211_07.jpg

取敢えず、釣りの方も好釣。
20161211_08.jpg

湧水の水温とほぼ同等。
20161211_09.jpg

ミントも摘んで、今宵はモヒートにでもしてみよう。
20161211_10.jpg

帰宅してモヒートを作ってみたが、ダークのラムは失敗。やっぱりホワイトのラムにライムをしっかり絞って飲んだ方が美味しい模様。ちなみに、クレソンはパリで購入してきたドライソーセージと炒めてみた。こちらはすこぶる美味だった。
20161211_11.jpg

※おまけ
この記事はカンボジアのプノンペン空港でアップ。これから帰国する。カンボジアのZaccoに出逢うことができたので、一枚貼っておきたい。釣行記は年明けになってしまうのだが・・・
20161230_4.jpg




カラシナが青々と育つHome River

12月4日(日)。

午後遅い時間帯。少しだけ川に散歩に出てみた。日当たりの良い場所にはカラシナがしっかり成長していた。
20161204_01.jpg

開始早々、魚の反応は悪くない。
20161204_02.jpg

数尾かけたあたりで、うおさんがご登場。ロッドを河岸の草の上に置いて、うおさんの釣りを見守る。
20161204_03.jpg

このカラシナはこの時期で最大級の大きさだった。
20161204_04.jpg

陸っぱりで魚を釣り上げたうおさん。セピア色にレタッチしてみた。
20161204_05.jpg

テンカラくんもご登場。面白いように魚をかける。
20161204_06.jpg

私も納竿前の一尾。
20161204_07.jpg

こんな束の間の川散歩でリフレッシュ・・・こんな時間の過ごし方が何とも心地良い。日も短くなったので、帰宅してもまだ17時前。これは、釣り、というよりは、まさに散歩の類。

こんなフィールドが身近にあり、本当にありがたいことだと思う。




プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク