HOME   »  Zacco Fly Fishing
Category | Zacco Fly Fishing

かなり気軽なドライブ&Zacco FF

6月3日(土)。

ハスの活性が上がってきた・・・という声が聞こえ始めるこの時期。そろそろ、綺麗なハスや、グラマラスな『夏色』オイカワを釣りたい・・・、なんて思っているところで、ひょんなきっかけで、Gran Lussoさん(以下、GLさん)とそのポイントまでドライブにご一緒させて頂くことになった。

ちなみに、このポイントには朝からNORIさん&テンカラくんが出向き、『夏色』オイカワやハスが好釣とのこと。自ずと期待が高まる・・・

GLさんのご実家近くで合流させて頂き、GLさんの愛車:Alfa Romeo GIULIETTAを記念撮影。とても綺麗にされていて、この車で川に行くことが憚られるくらい・・・。何年も洗車していない拙・緑チェロキーとはあまりに違い過ぎる・・・
20170603_4.jpg

高速道路を一っ跳び。決して大きな排気量ではないが、その割には心地良い加速感。車内にはJoni MitchellのLive Albumが流れる。彼女の懐かしいアルバムをお互いに思い出しつつ会話を愉しんだ。
20170603_8.jpg

目的のICで降りた頃、何と雨がポツポツ・・・。ハンドルを握るGLさんに苦笑いされるも、あっという間に天候改善。
20170603_11.jpg

この日はヒップウェーダーでの釣行。結構深い・・・
20170603_7.jpg (GLさん撮影)

入梅直前の晴天。確かに暑いが、風が乾いていて清々しい。
20170603_1.jpg

しかし・・・、肝心な魚の反応は今一つどころか激渋に近い。先発隊もピタっと魚の反応が止まっている模様。ようやく魚とご対面できたのは、AMIYA印・渓流ネットに小さく横たわるオイカワ・・・
20170603_2.jpg

午前中はNORIさんが爆釣だった『夏色』オイカワも釣れない・・・
20170603_3.jpg

GLさんも同様。河岸に腰掛けて既にお休み状態・・・
20170603_6.jpg

そんな状況の折、この川に『通勤組』のHさんがハスをかけた。やっぱり流石・・・。
20170603_9.jpg (Hさん撮影)

Hさんに促されるがままにポイントを譲って頂き、Hさんの釣法を真似てフライをリトリーブしていたところ、ハスがチェイス!! しかし、フッキング直後にバレてしまった・・・

もう既に諦めの境地・・・。 そして、釣友とまったり語らう・・・の画。この写真を撮影してくれたテンカラくんの竿も時折曲がっていた。反面、『今日はただのドライブだから・・・』、と茶化し合うGLさんと私・・・(笑)
20170603_12.jpg (テンカラくん撮影)

納竿して車に戻る。来た時よりも水位が増えており浸水ぎりぎり。ウェーダーの釣友達が浅いポイントを探してルート指南して下さり感謝。彼らのサポートが無ければ確実に浸水していたことだろう・・・
20170603_10.jpg (GLさん撮影?)

荷物を車に積み終わった頃はほぼ真っ暗。すっかり空腹で、思わず皆で毎度御馴染みのチキン南蛮に舌鼓・・・(笑)
20170603_5.jpg

そして、Chet Bakerを心地良く聴きながら、帰路に就いた。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

GLさん

何とも心地良いドライブでした。生憎、魚の反応は今一つでしたが・・・、『午後からちょっと出掛ける』的な何とも気軽で、且つ、楽しいヒトトキ・・・、とても充実した素敵な時間の過ごし方ができました。本当にありがとうございました!! 次回はお互いに爆釣目指しましょう!!





スポンサーサイト

祝・『炭火ダイニングうおのめ』 開店 !!

5月28日(日)

我がHome River近くに、素敵なお店がオープンした。そのお店の名は、『炭火ダイニングうおのめ』。

お店の椅子に座って眺める空と木々の緑が美しい。
20170528_00.jpg

一仕事を終えて休憩中のうおマスター。この店の椅子が何とも気持ち良い。一度座ると、立つのが億劫になる・・・
20170528_01.jpg

お店の営業時間外に訪れたにも関わらず、再び、竈に火を起こしてくださり・・・ サイコロステーキを供して頂けた。
20170528_02_r.jpg

せっかくなので、うおマスターも参加して頂き、乾杯の画。もちろん、ノンアルコールビール。
20170528_03.jpg

夕方と言うには遅すぎの時間帯。せっかくなので、釣りも愉しんだ。近日中にゲストがお越しになるので、その事前調査の意味も含めて・・・
20170528_04.jpg

うおマスターのロッドが大きく曲がっている・・・もしや!?
20170528_05.jpg

おぉ・・・ 今季初の『夏色』オイカワ!! さすが、うおマスターは“何か”持っている・・・
20170528_06.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

6月4日(日)

この日もお店がオープンすると言う。日によってお店の場所が異なるが、今回は完全に河原。我がHome Riverの水辺までわずか1m。
20170604_01.jpg

このお店名物の品・・・ それは、固形燃料で炊いたご飯。何でも『あきたこまち』を使用しているらしい。ここも、うおマスターのこだわりの一部。
20170604_02.jpg

あまりに美味しく炊けたので、うおマスターもご機嫌。
20170604_03.jpg

毎度のごとく、ノンアルビールを片手に、焼きウィンナーをおかずにご飯も頬張る。これがしみじみ美味い・・・
20170604_04.jpg

せっかくなので釣りも愉しむ。二週連続の事前調査で、来るゲストへのお迎え体制もばっちり。
20170604_05.jpg

この日はビーズヘッドの方が効果的だった模様・・・
20170604_06.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

うおマスターへ

開店と同時に二週に渡りお店にお邪魔させて頂きました。本当に気持ち良く、そして、本当に美味しく・・・ 何せ居心地がとても良いので、いつも思わずダラダラと過ごしてしまいます・・・ (^^ゞ
またお邪魔させて頂きますので、よろしくお願いします!!

追伸)
貴ブログに、口コミを集めてコメントアップさせて頂きました!!







わずかだけでも落ち着ける時間 ~安近短の極み~

5月21日(日)。

前夜遅くに岡山から帰宅し、疲労と飲み疲れのせいで朝からダラダラと過ごしていた日曜日。リフレッシュも兼ねて、自宅を出発したのは既に16時近く・・・

久しぶりに訪れた、もう一つの我がHome riverであるY川。愛竿Blue Heron #0-1と共に記念撮影。
20170521_5.jpg

しばらくは無反応だったが、オイカワの金脈のようなポイントを発見。コンスタントにアタリがあり、こんなオイカワが数尾。型が揃っていて気分もホクホク・・・
20170521_2.jpg

・・・のはずが、実はこの写真は全く好ましくない・・・というのも、背景にある水草はオオフサモ。昨夏にあれだけ一生懸命抜いたのに、その甲斐が一切なし・・・というくらいの勢力。これが特定外来生物というものの勢いなのだろう。

『焼石に水』なのだが、それでも抜かずにはいられない。もはや『オオフサモの森』と化したエリアから、文字通り『欠片』だけ抜いてみた。
20170521_3.jpg

痛くなった腰をさすりつつ釣り再開。一際強いヒキを愉しみつつ水面に姿を現したオイカワは『夏色』だった。色はまだ薄めだし追星もまだなのだが、今年初めての『夏色』の部類の魚体に顔が綻ぶ。
20170521_1.jpg

その後も釣れ続け、最後にこんなオイカワを撮影して納竿。
20170521_4.jpg

実釣は一時間くらいだろうか。それでもしっかりと癒してくれる我がHome Riverに感謝感謝・・・

(韓国はソウルでアップした記事。明朝は正午便での帰国前に、(起きれたら)ちょっとロッドを振ってみたいと思う。





Golden Week 2017 到来 ~里川・編~

5月3日(水)祭日。 里川・編。

大好きな雑木林で、狙い通りの憧れの野草に出逢え、カワムツともご対面でき、気持ち良くプラン②を遂行する場所に向かった。春真っ盛りの山々を抜けて、訪れたのは心癒される里川。

逸る気持ちで川面を覗くと、あちこちにライズが見られる。間違いなく、カワムツは爆釣だろう。

インド出張中に自宅に届いていたPROXのヒップウェーダーの進水式も滞りなく完了。 こんな便利なアイテム、なぜ今まで使わなかったのか自分でも不思議なくらい・・・
20170503_01_20170520231843e4d.jpg

早速、ドライフライを投じると・・・、やっぱりカワムツのオンパレード。
20170503_02_2017052023184419f.jpg

河岸のコゴミはかなり伸びてしまった。それでも注意深く探すと、食べ頃のものもまだまだたくさんあり、自宅で食べる分だけを採取。
20170503_03_201705202318463ce.jpg

相変わらず、カワムツは釣れ続ける。
20170503_04_20170520231847818.jpg

薄暗くなり始めた頃のこんなポイント。いわゆる鉄板と言われる部分にフライを乗せると、当日最大級の反応が・・・
20170503_07_201705202323094d9.jpg

瞬間的に合わせを入れると、どうやら特大サイズのカワムツ・・・にしては、ちょっとヒキが強過ぎる。愛用ネットを自宅に置き忘れて来てしまったこともあり、慎重にロッドを操った。そして、魚が寄り始めた頃に、カワムツと全く異なる色に気付いた。

『もしや・・・!?』

予感が的中。なんと良型のヤマメ!! バラさないように、ちょうど口が水に浸かるくらいの浅瀬にそっと寄せた。激しくなった鼓動を感じつつ、一息付いて気持ちを落ち着けてから、愛竿Blue Heron #2-3 3pc改め6pc と記念撮影。
20170503_05_2017052023184996b.jpg

今季一尾目のヤマメであり、且つ、この里川での初ヤマメ。せっかくの記念すべき魚なので掌の上に乗せてみた。このずっしり感・・・、やはりカワムツとは全く異なる。
20170503_06_201705202323062a4.jpg

ヤマメが元気良く流れに戻っていく姿を見送りつつ、思わず、『やった!!』、と独り言がこぼれた。

まだまだ十分明るく、カワムツの爆釣は間違いなく続くのだろうが、余韻を残して終わるくらいの方が気持ち良い。帰路の運転中も何となく口元に緩みを感じた。

帰宅後はもちろん、里川の美味しい恵みをツマミに、旨い酒を愉しんだ。
20170503_08_2017052023371821c.jpg

そんな折、釣友から連絡が入り、何と翌日も渓流FFに出撃する・・・という嬉しい事態に。
ともあれ、GWお愉しみDayの初日は、文句なしに大満足の一日になった。




初めてのTM川(中流域)でZacco Fly Fishing

5月1日(月)

前日午前にインドから帰国。その後は爆睡+家でゆっくり休養・・・となると、当然ながら翌日はどこかに釣りに行きたくてウズウズしてしまう。しかし、帰国後すぐに対応必須な仕事があり、それが片付いたのは遅い午後だった。

折しも気持ち良い晴天。ちょっとだけ散策に出てみようと釣友に声をかけてみたところ、たまたま近くまでお越しだったGran Lussoさんからレスポンス。

二人の居場所から程近い野川公園で集結。その後、GLさんのご提案で、TM川の様子を見に行ってみることにした。気持ち良い夕暮の空の下、TM川沿いのまっすぐの道をGLさんと並走・・・ 最高に気持ち良いヒトトキ。

さて、この日に訪れたSD橋付近のTM川は既に17時過ぎ。河岸は花畑のよう。
20170501_01_20170514123513eb5.jpg

カラスノエンドウの紫が至るところに満開。
20170501_03.jpg

この日、私はロッドを不携帯。しかしGLさんは、ロッドだけではなく、コーヒーセットまでご持参されており・・・
20170501_04.jpg

美味しいコーヒーを御馳走になってしまった。寒くはないがヒンヤリとする河原の気候の中で、コーヒーの温もりが身体に嬉しかった。GLさん、本当に御馳走様でした!!
20170501_05.jpg

せっかくなので・・・とGLさんに促され、少しだけロッドを振ってみた。少しだけバイトがあったのだがフッキングせず。そして、GLさんにバトンタッチ。残念ながら、魚とは出逢えなかった。
20170501_02.jpg

その後、すっかり暗くなったK街道のIG市の森を抜け、夜の帳が降りたKM橋を渡り・・・、あっという間にお別れの時。GLさんの愛車・ヴェスパ Gran Lussoのテールランプを追いかけるヒトトキが、名残惜しかった。

GW初日は、短時間ながら、こんな素敵な贅沢な時間の過ごし方ができた。

時は過ぎて、5月6日(土)。

前回のTM川の魚の反応の少なさはいったい・・・!? という疑問を晴らしてみたくなり、再び訪れた夕刻の河岸。前回よりは少し下流のKM橋直下。

ポイントを見る限り、オイカワがワンサカと居そうに見える。
20170506_2.jpg

早速、ウェットフライを流してみるが反応は皆無。

少し上流側にフライロッドを振っている方を発見し、ご挨拶。お話を伺うと、TM川は初訪問、そして、この日がオイカワを専門に狙う記念すべき初日とのこと。フライを見せて頂くと、かなり大きなフライ。せっかくなので、拙・ゴミフライを幾つか進呈させて頂いた。

『お互いに頑張って魚と出逢って帰りましょう!!』、と激励し合いつつ、二手に分かれてロッドを振った。その都度に情報を交換し合うが、お互いに反応ゼロ・・・

いよいよ夕闇迫るぎりぎりの時間に突入。フライマンは遠景から私に大きく手を振ってご帰還された。

一方の私は、ほんの数回だけアタリがあったピンポイント的な場所に再び戻り、残された最後の時間を真剣にロッドを振ってみたところ、ようやく気持ち良いアタリ。まずまずのサイズだったが、手元でバレてしまった・・・

いよいよ残り時間がなくなってきた。『あと10投だけ・・・』、そう決めてロッドを振った数投目に小さなアタリ。

そして、こんなオイカワとご対面。TM川中流域では初の獲物。
20170506_1.jpg

帰りしな、夕暮空を撮影。高校生くらいの外国人が河原で遊んでいた。
20170506_3.jpg

満開のカラスノエンドウ。
20170506_4.jpg

マツヨイグサ(メマツヨイグサ?)と混生。
20170506_5.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後、facebookで知り合った方からの情報だと、TM川のオイカワの活性が上がるのは、もう少し後らしい。しかも、今年は季節的にも少し遅れているとのこと。この日は川底の苔が酷かったが、大雨が来れば状況も一変するのかもしれない。

この記事をアップした5月中旬の今頃は、もう少し活性が良くなっているかもしれない。




プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク