HOME   »  Zacco Fly Fishing
Category | Zacco Fly Fishing

春を待つ安近短な雑木林 & 2018年初の『ボ』

2月11日(土)。

朝から穏やかな土曜日。こんな穏やかな日は魚も好反応に違い無い・・・、などとタカをくくりつつ、春を待つ雑木林をちょっと様子見に出かけてみた。
20180211_01.jpg

滾々と湧く・・・毎分1トンの湧水量。
20180211_02.jpg

ハケから湧く湧水。
20180211_03.jpg

春を待つタラの樹。都心近郊のこんな場所なので、きっと誰かに摘まれてしまうのだろう。 安近短な雑木林の数少ないタラの樹・・・ 毎春の芽を眼で愉しむ方がよっぽど長続きして愉しいと思うのだが・・・
20180211_04.jpg

我がHome Riverに滾々と流れ込む湧水。季節が進むとクレソン畑となる。
20180211_05.jpg

昨年は桜を愉しませてもらった遊歩道。良く見ると、こんな看板が・・・
20180211_06.jpg

どうやら、この樹特有の新品種らしい。今春は、特別な気持ちで眺めさせて貰うとしよう。
20180211_07.jpg

少し離れた我がHome Riverへ今季最初のご挨拶。残念ながら応えてくれる魚はおろか、生命反応すら皆無だった。
20180211_08.jpg

早々に諦めて釣友が待つHome Riverへ移動。残念ながら、結局、ここでも応えてくれる魚は居なかった。ちなみに、釣友はしっかり釣っていたので、やっぱり腕の差か・・・(涙)

そんな傷心の気持ちを、うおマスターのコーヒーが癒してくれる・・・(笑) 我がHome River界隈にかなり昔からある洋菓子屋『菓人』特製のスイーツを持参。 恐らくウン年以上振りに訪れてみたら、商品ラインナップがすっかり変わっていた。 ちなみに、酒飲みの私が言うのも何だが、ここのショートケーキはかなり美味しかった(最近は未チェックだが・・・)。
20180211_09.jpg

という訳で、何ともお粗末ながら・・・、記念すべき2018年・初『ボ』の釣行記と相成った・・・ (^^ゞ







スポンサーサイト

我がHome Riverの湧水とクレソン

2月4日(日)。

前日の土曜日も晴天だったにもかかわらず仕事で潰れてしまった。『明日こそは川へ・・・』と思いつつ目覚めた晴天の日曜日に安堵。

そして昼下がり。いつもの我がHome Riverに到着。真冬とは言え、ポカポカの陽光を受けて開花したオオイヌノフグリ。この花を見る度に、春はすぐ近くにやってきていることを感じる。
20180204_01.jpg

毎度の湧水も、陽光を受けて輝いていた。
20180204_02.jpg

ここの湧水もいつもと変わらず。
20180204_03.jpg

拙ブログ上で対岸の湧水の写真を貼るのは初めてかもしれない。季節が進むと、むしろこちらの湧水の方が、クレソンやセリが多く自生している。
20180204_04.jpg

この湧水が小さな沢を形成している。
20180204_05.jpg

湧水めぐりをしてから、川に降り立った。恐らく投じられたばかりの空き缶・・・ 残念なことをする悪輩が居るものだ・・・ 釣人一人で拾えるゴミの量はたかが知れているが、回収しておいた。
20180204_06.jpg

とあるポイントで、小型のオイカワを三尾。魚の写真が無いのも寂しいので一応撮影。おざなりに撮影したので、構図もいまいち・・・
20180204_07.jpg

珍しく下流側でロッドを振ってみた。真冬とは思えない程に大きく成長したクレソン。
20180204_08.jpg

綺麗なミズハコベ。季節が進むと、中央に位置しているオオカワジシャが猛攻を仕掛けてくることだろう。
20180204_09.jpg

残念ながら、オオフサモも相変わらず勢力を増していた。抜いても抜いてもしぶとく生えてくる。しかも、更に勢力を増して・・・。どのようにしたら上手に駆除できるのだろうか・・・?
20180204_10.jpg

さて、気になる魚だが、反応は皆無だった。釣りは早々に諦めて、湧水横のクレソンを摘みつつ納竿。

帰りしな、雑木林の雪景色を観に行ってみたが、ほとんど溶けていた・・・(笑) 敢えてモノクロにしてみたが、ちょっとだけ雰囲気の良さが増しただろうか・・・(?) もうしばらくするとカタクリが開花する雑木林。今年も可憐な花を見に行きたいと思う。
20180204_11.jpg

帰宅後はクレソンをツマミに晩酌開始。おかかをかけたお浸し。そして、ツナ缶との和え物を作ろうと思ったら、残念ながら我が家に在庫切れ・・・。やむなく、ブダペストで購入したオイルサーディン(パブリカ漬け)を使用してみたが、まずまずの出来だった。
20180204_12.jpg

ここ数週間は寒い日が続く東京だが、あと一か月もするとだんだん水も温んでくるはず。今春も元気な魚達に出逢いたいものだと思う。








我がHome Riverの雪景色 in 2018

1月28日(日)。

先週の大雪で東京都内は大変だったらしい。“らしい・・・”、と書くのは、その場に居なくて実際に見ていないから・・・。 その時はもっと北に居てマイナス13℃の世界に居た。しかし、雪の量的には圧倒的に東京の方が多かったようだ。

毎年楽しみにしている我がHome Riverの雪景色。路面の残雪の不安もあったが、自転車で訪れてみた。

途中の、もう一本の眼で愛でるだけの我がHome River。初見(と思われる)のFly Fisherを発見。
20180128_01.jpg

水に濁りも無し。風もなく水温も十分に高いし、きっと魚に出逢えたことだろう。
20180128_02.jpg

私はいつもの鉄板ポイントへ。日陰の河岸にはまだまだ雪が残る。
20180128_03.jpg

さて、雪景色を愛でつつ、ロッドを振るとしよう。
20180128_04.jpg

しかし、予想通りに全く反応なし。雪の上に愛竿Blue Heron #0-1 7pcを置いて記念撮影。
20180128_05.jpg

敢えて雪道を歩きたくて、日陰になる側の河岸を歩いた。
20180128_06.jpg

とあるポイントで一歩も動かず、五尾のオイカワにご対面。どうやら、オイカワ達はそこで集会か何かを開いていた模様。近くにあった雪を横に置いてみた。
20180128_07.jpg

魚と出逢えると、水温を測定する気持ちの余裕が生まれる。水の中に手を入れると、ぬるま湯のようだった。
20180128_08.jpg

さて、上流の様子は如何なものだろうか? ゆっくり遡上するとしよう。
20180128_09.jpg

滾々と湧く湧水に、新年のご挨拶。
20180128_10.jpg

ところによっては、まだまだ雪深い・・・
20180128_11.jpg

この時期、日陰で魚にご対面するのは難しい。ここは夕方でも陽が射すお気に入りのポイント。
20180128_12.jpg

期待を込めてロッドを振るが・・・
20180128_13.jpg

全くの無反応。水温はそれなりに高いのだが・・・
20180128_14.jpg

河岸にかわいい足跡を発見。蛇行しているあたりが何とも愛くるしい。目をキョロキョロとしながら歩いている姿を想像してしまう・・・
20180128_15.jpg

魚達の皆無の反応にあっさりと諦め、雪の深さと共に愛竿を記念撮影。
20180128_16.jpg

納竿時、散歩中のNさんに御対面し、お久しぶりのご挨拶。もしも、Nさんが拙ブログを読んで下さっているようなら、ここで業務連絡です。会話の中のアメフトのT(苗字)くんは、まさに私が話題に上げたQBのYT(名前)くんでした。幸運にも小6の時に息子とフラッグフットボールで全国優勝を果たした無二の友人でした。

帰路の途中で、あまりの綺麗さにふとペダルを漕ぐ足を止めた。旧・石川島播磨田無工場方面の夕陽。景色だけ見ていれば、どこかの北国のよう・・・
20180128_17.jpg

大寒波だったが無風で思ったよりも寒くなかった。ペダルを漕ぎ続けていると少し汗ばんでくるくらいに・・・ 
久しぶりに足に心地良い疲労を感じつつ家路を急いだ。






2018年初のZacco Fly Fishing

1月3日(水)。

正月休み最終日。思い返せば、昨年の正月休みは、大晦日に帰国、元旦からぎっくり腰で動けない日々・・・と、最低の休暇だった。

昨年に比べれば極楽のような正月休み。おまけに、元旦から極めて穏やかな小春日和だったので、前記事の通り、気持ち良く歴史を辿る散歩まで愉しむことができた。

そしてこの日、2018年・初釣行の日がやってきた。山陰地方の高校から帰省しているヤマメ愛くんと、我がHome Riverでの釣り初めの約束。光栄にも、うおさんにもご同行頂けることになった。

しかし・・・あろうことか、朝からまさかの強風。前日の天気予報では12m/secの風が吹く・・・との予報もあり、最悪の場合はランチだけで終わろうと思い、三が日に営業していて、且つ、育ち盛りの高校生が美味しくモリモリと食べられそうなレストランを色々と物色していた。

・・・という訳で、そのレストラン前にて正午に集合。そして、謹賀新年のご挨拶。

早速、メニューを物色。老眼鏡がないと文字が読めず、ヤマメ愛くんに読んで貰っている私・・・(笑)
20180103_01.jpg  
(うおさん撮影)

話を聞くと、ヤマメ愛くんは朝から強風の中でもがきながら釣行していたとのこと。釣果は激渋だったようだが、既に懐かしい景色の中でロッドを振ることができていた安堵感から(いや、その安堵感が無かったとしても・・・)、思わず、大人はビールで乾杯・・・(笑)
20180103_02.jpg

おかわりの青島ビールの背景で微笑むヤマメ愛くんと私・・・うおさんに素敵な構図で切り取って頂いた。
20180103_03.jpg
(うおさん撮影)

さて、お腹もいっぱい。確かに強風とは言え、風速6~7m/secくらいだろうか・・・。せっかくの機会なので、ロッドを振ってみることにした。河岸を遡上するうおさんとヤマメ愛くん。
20180103_04.jpg

ヤマメ愛くんを見守るうおさん。
20180103_05.jpg

隙間ポイントにウェットフライを流していたら、交通事故的に釣れてしまった私・・・。極小サイズとは言え、2018年の一尾目なので記念撮影。
20180103_06.jpg

うおさんもロッドを振る真似をしているが、元旦に釣り初めを完了しており、2018年・初釣りの我々のために、ほとんどの時間をガイドに徹して頂き、感謝、感謝・・・
20180103_07.jpg

ヤマメ愛くんの背中にエールを送る。
20180103_08.jpg

『この流れに魚は付いているはず!!』。 そう言葉を発したヤマメ愛くんがウェットに結び替えて数頭目!!
20180103_09.jpg

『良かった、良かった・・・』。 小型サイズとは言え、ゼロとイチの差は極めて大きい・・・
20180103_10.jpg

せっかくの初釣り。良型の綺麗なオイカワで締めて貰いたい・・・
20180103_11.jpg

・・・とは言え、この強風と寒空。うおさんも最大限のエールを送っていたが、敢え無く時間切れ。
20180103_12.jpg

これから都内で開催される先輩達との建設的な会合に繰り出すヤマメ愛くんを、うおさんと共に見送った。大学受験を迎えるヤマメ愛くんと次回にご一緒できるのはいつだろうか・・・? 魚も川も逃げないので、まずはしっかり勉強して栄冠を掴んで欲しい。
20180103_13.jpg

釣果はともかく、ヤマメ愛くんの2018年釣り初めを見届けることができ、気持ち的には極めて朗らかだった。うおさんも全く同じ気持ちだったようで、二人とも何となく名残惜しく、そのまま居酒屋へ突入。
20180103_14.jpg

あまりに愉し過ぎて、良いペースで飲み進める二人だった・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

うおさん
この日は寒空の下でガイドに徹して頂き、本当にありがとうございました。お蔭様でヤマメ愛くんの釣り初めも見届けられましたし、私自身も初魚に出逢えました。
その後の飲み会が愉し過ぎて・・・ 今尚思いだし、ニヤニヤしている日々です・・・(笑)
重ねまして、本当にありがとうございました!!

ヤマメ愛くん
強風には泣かされたけど、懐かしいHome Riverで貴重な一尾に出逢えて本当に良かった!! 素敵なお土産も本当にありがとう。
文中にも書いたけど、川も魚も逃げないので、しっかり集中して勉強して、是非とも栄冠を勝ち取ってね。おじさん&おじさん『達』はいつでも応援しています!!





2017年の振り返り

12月31日(日)。

親愛なる読者の皆様へ。

2017年も辺境の拙ブログにお立ち寄り頂き、本当にありがとうございました。2011年に我がHome RiverでひょんなきっかけでZacco Fly Fishingを始めてから早6年。テクニック的な上達は遥か数年前から止まったままですが、それでもZacco達は愉しく付き合ってくれている今日この頃です。
2017_Final_01.jpg

2017年を一口に纏めると、個人的には、Work-Life Balanceが最悪の年でした。天候の良い週末に忌まわしいスーツ姿の自分を眺めつつ、釣友の釣果を横目に悔し涙を流す日々(大袈裟ですが・・・笑)でした。
2017_Final_02.jpg

海外出張にも頻繁に出向いた年で、月1回以上は何処かに行っていたような気がします。できれば、それぞれの国のZacco達に出逢いたいところでしたが、今年は韓国でのZFF一回のみに終わってしまい極めて残念でした。それでも、久しぶりに対面できた韓国のオイカワは相変わらず日本のオイカワと酷似しており、太古の昔に日本と大陸続きだった時代を彷彿とさせてくれました。
2017_Final_03.jpg

Work-Life Balanceの悪い一年とは言え、ごくごく一般的な釣人に比べたら性懲りもなくかなりの回数の釣行を愉しむことができましたし、購入した年券もしっかり元を取れたと思います。
2017_Final_17.jpg

台湾からのJさんをお迎えできたことも大きな喜びの一つでした。Jさんを歓迎しようとたくさんの釣友が集結し、小さなZaccoが国際的に繋いでくれる『人と人との輪』を皆で共感できました。
2017_Final_04.jpg

台湾のCさんとのZFFもなんとかギリギリで実現できました。暑い名古屋の夏の束の間の釣行でしたが、とても良い思い出になりました。
20170914_11_201712311251465a8.jpg

そのCさんと共に、協同管理人としてLifeworkで行っているfacebookの非公開グループであるEZFF(Easy Zacco Fly Fishing)も相変わらずマイペースで続けさせて頂いています。巷の世間では、ミサイルが飛んだり、多数の社員がリストラされたり(かく言う私自身の周りでも、この二年連続で超優秀な上司がリストラの対象に・・・)の世知辛い世の中ですが、国を跨いで釣人同士がZaccoと戯れることができているうちは、きっと世の中も大丈夫でしょう。

EZFFを『フライの雑誌』に取り上げて頂けたことも良い思い出です。そして、私が発案した台湾のZFFを掲載する案をH編集長にご賛同頂き、それはそれは見事に綺麗なページとしてご掲載頂くことができ心底光栄でした。全部で13冊の雑誌が海を越えて台湾に飛んでいきました。もちろん、台湾のEZFFメンバーから多大にご支援頂きましたことは言うまでもありません。ご支援頂きました台湾の皆様に感謝申し上げます。
2017_Final_05_2.jpg

渓流FFの釣行回数自体は激減してしまった年でした。それでも、私自身が安堵できる渓相にも数回だけ出向くことができ、ヤマメやイワナにも出逢うことができました。こんなサビヤマメに出逢わせて頂くべく、ロッドを振らずに渓流ガイドをして頂いた、numassan(さん)・うおさんには心から感謝申し上げます。
2017_Final_06.jpg

そして、念願だった北海道の懐かしい懐かしい『心の川』にも出向くことができ、且つ、渓魚と戯れることができました。ウェーダーや上着まで・・・、まさに、“おんぶにだっこ状態”、ですっかりお世話になりましたやまねったさんに、心から御礼申し上げます。
2017_Final_07.jpg

『心の川』では、懐かしい山菜にも囲まれ、とてもシアワセでした。
2017_Final_19.jpg

拙宅からは安近短ではないですが、安近短ZFFを愉しんでいらっしゃる遠方の新しい仲間も増えました。よしけいさんとは、憧れの京都でZFFをご一緒させて頂きました。懐かしいリョウさんにも御同行頂き、愉しい一日でした。
2017_Final_09.jpg

よしけいさんから、面白い本をご紹介頂きました。この本は1987年に出版されたものですが、既に台湾のオイカワのことが触れられていて本当に驚きました。Zacco釣りは国を跨いでも面白いもの・・・、そう再認識できた瞬間でした。
2017_Final_10.jpg
2017_Final_11.jpg
2017_Final_12.jpg

ZFF以外の『雑木林巡り』は、昨年以上に回数を稼ぐことができました。晩秋には飽くなき探求心を注ぐに値する雑木林に出逢ってしまいました。キノコの時期を逸してしまいましたが、綺麗な紅葉を愉しみました。今から来年が愉しみで仕方ありません。
2017_Final_16.jpg

2018年の週末もきっと業務で多忙を極めることは間違いない(いや、更に拍車がかかる・・・)ですが、この愛すべき雑木林と湧水が作る谷戸に、束の間の時間を見つけては可能な限り通ってみたいと思います。
2017_Final_15.jpg

ZFFを共に愉しむことができるメンバーもかなりの数になりました。ジュニアは高校生、シニアは既にリタイアされた面々まで・・・ その誰もが歳の差を意識せず同じ気持ちレベルでZFFを愉しまれています。そんな愉しい時間を共有できる仲間の存在に、今年も心から感謝申し上げます。
2017_Final_18.jpg

最後の締めくくりとなりますが、改めまして、拙ブログへの皆様のご訪問に心から感謝申し上げます。来年もしぶとくマイペースで続けて参りますので、御時間が許す限り、引き続きご訪問頂けましたら幸いに存じます。

では、残すところあと少しですが、良いお年を。

2018年も、Tight lines !! (良い釣りを!!)






プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク