記事一覧

一年振りの桧原湖でワカサギ釣り

12月6日(水)。一年振りの桧原湖(前回の釣行記はこちら)。わずかな仮眠の後に仙台市内を出発し、日の出と共に到着。途中の峠道は完全に根雪になっていた。キリリと冷える湖畔の空気。しばらく時間が経過しても、我々の足跡が付いたまま・・・さてさて、恒例のメンバー紹介。まずは、我らが隊長であるC師匠。シーズンを重ねる度に穂先の本数が増え、もう何本所有しているか自分ですら分からない・・・(と個人的に信じている)。...

続きを読む

やまねったさんのHome Riverで虹鱒との出逢い

5月13日(土)。 北海道の釣行記・後編。遠路遥々に車を飛ばして到着したポイント。如何にも北海道らしい長閑な光景が続く。川の中に立っているだけで気持ち良い川だったが、ここは、やまねったさん秘蔵のポイントが故に写真掲載は避けさせて頂く。やまねったさんのアドバイスでルアーに挑戦。かなり久しぶりにスピニングリールを操った。何回か投げて少しだけ感覚を掴んできた矢先、いきなり魚の反応。『えっ!? マジ!?』・...

続きを読む

人生初のワカサギ・ドーム船釣行

生まれて始めてのドーム船でのワカサギ釣行記。仙台市内をAM4時に出発。目指すは桧原湖。高速を降りる頃には雪が舞い始め、増え続ける雪に何となく嫌な予感を感じつつ目的地に到着。雪の坂道にビクビクしつつ、何とかワカサギ小屋に無事に到着。全員の無事を祝い、まずは乾杯。メンバー紹介を兼ねて・・・ まずはC師匠。モザイクの裏に素敵な笑顔!! ちなみに、年を重ねるごとに増え続ける穂先。今回も遠慮なく、私がその一本を...

続きを読む

滔々と水と湛える別寒辺牛湿原 ~滔々と流れる釧路川・後編~

11月6日(日)。STBQ二日目。前日は極寒の中で『ボ』に打ちひしがれ、前夜は悔し涙を飲んだ打ち上げを終えてベッドに潜り込んだ。気持ちも新たに起床したこの日。ずっと心配だったM氏は、夜中の凍結道路を遥々と越えて、未明には無事にホテルに到着したとのことで心底安堵。行きの車中ではM氏を中心に作戦会議。そして、行き先は別寒辺牛湿原と決定。この時点で99%『ボ』を覚悟した。別寒辺牛湿原。日本の光景とは思えない程に雄...

続きを読む

滔々と流れる釧路川 2016 ~前編~

11月5日(土)。待ちに待ったSTBQ2016。早いもので、今年で既に五年目に突入。(宜しければ、過去記事もご参照ください。2015年 2014年 2013年 2012年)。STBQ:Study To Be Quiet。過去記事にも詳細に書いたことがあるが、あの名著『釣魚大全』の著者であるアイザック・ウォルトン氏による言葉。釣りの哲学を見事に端的に言い得た素晴らしい言葉だと思う。STBQ2015を思い返すと、あの時の悔しさが昨日のことのようにリアルに思...

続きを読む

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

# Visit