HOME   »  2012年09月
Archive | 2012年09月

来シーズンへの課題満載となった今年最後の渓流釣行記

9月29日(土)の釣行記。先週末のD川釣行の後、farwaterさんと今年最後の渓流行きを決めていた。

岡山や名古屋や仙台を回りつつ、前夜22時過ぎに3泊の出張からようやく帰宅。夕食も束の間、早速、釣行準備に取り掛かる。前回の渓流釣行でフライをロストしまくった後、その後一切巻いておらず、慌ててエルクヘアカディスとパラシュートをほんの少しだけ追加して就寝。

今回は、我が愛車の緑チェロキースポーツ(2000年式)で行くことになった。午前4:30にfarwaterさんの自宅前で合流。スタート早々、”この車、乗り心地悪いねー!”、というfarwaterさんの一言を皮切りに、早朝から楽しい話題で盛り上がる車内。あっという間に目的地に到着。farwaterさんが愛車を撮影してくださったので、貼っておきたい。
2012_0929_CherokeeJPG.jpg

前回同様、今回もお神酒と塩を持参。釣行中の安全祈願、ならびに、川と山の神様に感謝申し上げるべく、相変わらず意外に真剣に、お互いに塩を振りかけたりする二人・・・他人が見たらきっと面白い光景だと思う(笑)。

釣行開始後、あっという間に、farwaterさんが一匹釣り上げた。真っ黒にサビたヤマメ。こんな黒い魚は初めて見た。いったい、どんな理由でこんなに黒くなるのだろうか・・・? farwaterさん撮影の一枚。おニューのネットに今期中に入魂達成の画。farwaterさん、おめでとうございます!
20120929_yamame.jpg

ヤマメと一緒に一枚パチリ。
20120929_01_farwater.jpg

『幸先良く釣れた時は、たいてい後が続かないんですよね・・・』、不吉な一言を発したfarwaterさんだったが、実はまさしく現実となることを、この時点では知る由もなかった。

その後、二人でどんどん釣りあがった。ここぞ、というポイントに真剣にフライを流し込むが、まったく反応なし。farwaterさん撮影の2枚。撮影されていることなど全く気付かず、超真剣にフライを見つめる私。
20120929_FF_1.jpg

20120929_FF_2.jpg

途中で、品の良い初老の餌釣り師2名に遭遇。『なるほど、渋いのはこういうことだったか・・・』、とfarwaterさんと妙に納得し、下流側に移動するもやっぱりダメ・・・そのまま納竿。

夕方に所用があり午後早めに納竿しなければならなかったため、最初から気持ちの焦りも多かった。相変わらずフライをあちこちに引っ掛けてロスするは、ライントラブルでリーダーを交換するは(参考書を見ないとリーダーが付けられないド素人の私。farwaterさんに、アロンアルファで付けて頂きました・・・何から何までありがとうございました・・・)、途中、ヌルっとした岩に滑って転んで反動で首をひねってしまったりするは・・・、全く気持ち良い釣りができなかった。

今回で人生4回目となる渓流FF。全てfarwaterさんにご一緒頂いているが、過去3回は大満足の釣果。最初から上手く行き過ぎた私の心の中には、渓流FFを甘く見過ぎていた部分も少なからずあったと思う。そんな私を戒めてくれた『ボ』の結末。”有終の美”、なんて夢を見ていたが、『ボ』で終わることで、来年はもっと!、という気持ちにもなれた。強がりでも何でもなく、素直にそう思えた。もちろん、釣れる方が何倍も楽しいのだけど・・・

さて、話を釣行中の話題に戻したい。

釣行中は前述のような気持ちの焦りがあり、釣りの写真は、上記のfarwaterさんを撮影した一枚だけ。どれだけ、脇目も振らず真剣にフライを投げていたかが、自分でも笑えるほど。こういう時って、きっと釣れないのだと思う・・・

途中のライントラブルでリーダーがダメになってしまった時、初めて、目線が川以外に向かった。実は秋の釣行は私には二度美味しい。。。なぜなら、キノコのシーズンだから。ほんのちょっと探すだけで、いろいろな菌類が目に入る。シロハツ、ホテイシメジ、ホコリタケ、ドクベニタケ、などなど・・・ もちろん、名前の知らない菌類もたくさん。

そんな中、ちょっと綺麗な幼菌を発見。恐らく、テングタケの仲間か・・・? 黄色のゴツゴツとした傘。
20120929_02.jpg

上流のfarwaterさんに追いつく一歩手前で、こんな大型でしっかりしたキノコも発見。思わず、愛竿Blue Heron #2,3pcを置いてみる。
20120929_03.jpg

ロッドと比べても、その大きさがわかる。
20120929_04.jpg

上から3番目のキノコだけ持ち帰り図鑑(日本のきのこ、山渓)で調べたところ、アシグロタケ、と判明。
20120929_09.jpg

ネットでも調べてみると、固くて食べられるシロモノではないとのことだが、良い出汁が出るらしい。帰宅後にキッチンにて撮影。確かに、足が黒いキノコ。
20120929_08.jpg

帰路途中の林道脇にも、こんなキノコを発見。車を止めてしばし撮影。見て楽しく食べて美味しいカラカサタケの幼菌。。。と言ってもかなり大型のキノコ。直径20cm以上にもなる傘の部分だけをフライパンで丸ごとお好み焼きみたいに焼いて食べることができる。柄の部分も歯ごたえがあって美味しい。
20120929_06.jpg

もっと成長すると、ツバの部分が棒に通したワッシャーのように動かせるようになる。柄はまさに、棒そのもの。
20120929_07.jpg

無心でキノコをローアングルで撮影している私を、farwaterさんに撮影されてしまった・・・ farwaterさん、貴重な写真をありがとうございました! ちなみに、キノコはそのまま採取せずにそっとしておいた。
20120929_kinoko.jpg

何だか釣行記よりはキノコの話題が中心になってしまったが・・・(『ボ』はやっぱり悲しい・・・) 

今シーズンから始めた渓流FF。こんな形で幕を閉じてしまったが、最高に楽しい趣味の一つとなった。こんな楽しさを教えて頂いたfarwaterさん、本当にありがとうございました&お世話になりました。来シーズンもよろしくお願いします!

スポンサーサイト

名鉄(名古屋鉄道)の特急で流れる曲

9月27日(木)。名古屋と仙台の往復。

兼ねてから気になっていたのが、名鉄の中部国際空港に向かう特急の社内で流れる音楽。せっかくなので、移動中にちょっと調べてみたが、答えに行き着かなかった。昔のLP時代の誰かの曲、Big Sunsetという曲・・・なんて情報がInternet上に見受けられたが定かではない。

名鉄特急のミュースカイ。綺麗で明るい車内で椅子もゆったりしていて、名古屋~空港のわずかな時間を快適に過ごすことができる。空港に到着する頃から、こんな音楽が車内を流れ始める。You Tubeにアップされた方の動画を貼り付けさせて頂く。



名鉄の社員の方の発想か、どこかの専門業者の仕掛けか・・・ いずれにせよ、私のような乗客の誰かが、”このベース、心地良いな・・・”、とか、”このアコギのギターソロ、気持ち良いなぁ・・・”、などと思う人を狙ってやっているとしたら、なかなかイキじゃないか!、と思ってしまった。この曲、中部国際空港に到着間近の風景に溶け込む感じがする。

めっきり秋らしくなってきた気候。上空からの夜景も綺麗だった。
yakei.jpg

Team Blue Heron in D river

9月22日(土曜)。

朝5時に目覚ましをセットし、目覚めた瞬間に窓の外を覗き最初の落胆。その後、インターネットで天候をチェックしたり、TVの天気予報に見入ったりしているうちに、外は土砂降りの雨になり、更に落胆・・・

なぜなら、この日は、ずっと以前から決めていたD川にハスを釣り行く日、それも、チームアオサギのメンバーである、farwaterさんカチーフさんwind knotさんと愛竿Blue Heronの製作者であるI総師(愛着と尊敬を込めて、こう呼ばせて頂いている)ことBlue Heronさんとご一緒できる最高に楽しみな一日だったから・・・ (ちなみに、同じくBlue Heron愛用者のmihiroさんは所用があり、残念ながら欠席)

メンバーも皆、同じ気持ちだったようで、カチーフさんから続々と詳細情報が届き、D川の水位は1cmしか上昇していない、D川周辺には雨は降っていない様子、とのこと。farwaterさん、wind knotさんからも、そろそろ雨が止みそう!、と嬉しい情報も。早朝から携帯メールの嵐。何としても行きたい!、という気持ちが伝わってくる。

結局、朝8時くらいまで様子見しつつBlue Heronさんと相談し、2時間遅らせていざ出発と相成った。メンバーと駅で合流する頃には空はかなり明るくなってきていた。

実は以前、Blue Heronさんより、『河原で美味しい焼肉を楽しみつつハスを釣ろう!』、という超楽しげな企画をご提案頂き、当日までいろいろと打ち合わせさせて頂いてきた。愛竿も二本購入させて頂いたし、初めてお会いするのに、何だか以前から知っている人みたいな感じ。メンバーの皆も同じ気持ちのようで、Blue Heronさんの車に一同で乗り込んですぐに、釣り談義に花が咲いた。

遅い出発のためか週末の渋滞に悩まされつつも、しばらくしてD川に到着。皆で食材やBBQ道具などを運びつつ準備を開始。BBQ準備をしつつも、メンバーの目は自然とD川に・・・ このあたりをBlue Heronさんに見透かされ、”BBQ準備はやっておくから釣ってきてください!”、と神の声・・・ お言葉に甘えさせて頂きつつ、そそくさと準備開始。ちなみに、一番右のグラスロッドは新作の#1、半透明の見事な逸品。
2012_0922_01.jpg

釣り支度するチームアオサギの横で、手際よくBBQの準備をされるBlue Heronさん。
2012_0922_02_BBQ.jpg


さて、早速、釣りを開始したチームアオサギの面々。最初の一匹はカチーフさん。黒系のパラシュートで綺麗なオイカワをゲット。カチーフさんのこだわりは、『男は黙ってドライ!』。この日も最後までドライだけで通し、好釣果を上げていた。その後ろには、カチーフさんの勇姿を撮影するfarwaterさん。
2012_0922_03.jpg
2012_0922_05.jpg

程なくして、”BBQの準備ができましたよー!”、とお声がけ頂き、皆で再会し、近くの木に竿を立てかける。まるで、フライロッドが成る木、みたい。
2012_0922_11.jpg

Blue Heronさんが仕込んできて下さった超美味な焼肉に舌鼓を打つ。牛と豚でタレを使い分けるこだわり。飲兵衛の私(そしてwind knotさん・・・)は数缶のビールを飲み干した後は、wind knotさんにご持参頂いた旭川の日本酒も頂戴することに。適度な辛口の上品なお酒で更にほろ酔い気分に・・・
2012_0922_06.jpg
2012_0922_10.jpg

お腹も(心も)いっぱいになった頃、Blue Heronさんがカチーフさんの超スローな竿を持ち、その曲がり具合を確かめている。『良く折らないで使っていますねー!』、とのお言葉。この竿、メンバーからは、『ド』変○ロッド、と呼ばれている。大型のオイカワがかかろうものなら、満月にしなる逸品。
2012_0922_09.jpg

しばらくすると、自然な流れでキャスティング講習会に・・・ Blue Heronさんの新作二本を皆で試し振り。まずは、海や湖で使える遠投用の竿とシューティングラインを巻いたリールの組み合わせ。

第一投はカチーフさん。それはそれは見事なダブルホールキャストで、綺麗なループを作り、フライラインを遠方に飛ばしていた。見ていてとても勉強になる。
2012_0922_12.jpg

続いて、wind knotさん。渓流スタイルに慣れ親しんだ腕も、すぐに竿に馴染んだご様子。
2012_0922_13.jpg

そして、farwaterさん。同じく綺麗にラインを前に飛ばしている。皆、さすがだなぁ・・・
2012_0922_16.jpg

私も振らせて頂いた。お恥ずかしい話だが、フライラインがこんなにスルスルと前に伸びていく感触を初めて味わった。竿やラインが変わると、私の腕でもここまで飛ぶ、ということを認識した次第。1回ピックアップしてすぐに打ち込む練習、をさせて頂いた。ターンさせればさせるほどトラブルに見舞われる率が高くなる・・・なるほど! 為になる話が盛りだくさん!

そして、Blue Heron師匠のキャスティング。キャスティングってこういうものなんだな・・・とため息。
2012_0922_18.jpg

その後も、Blue Heronさんにアドバイスを頂くメンバー。
2012_0922_15_20120923170553.jpg
2012_0922_19.jpg
2012_0922_17.jpg

続いて、二本目のグラスロッド #1。しなやかな曲がりで、Zacco FFにはもってこいの一本。思わず、よだれ、が出てきた・・・ 半透明の明るい色。見ていて本当に美しい。

渓流スタイルを想定し、すぐにwind knotさんが本格的なキャスティングを開始・・・ 姿勢を低くしてのキャスティング・・・さすが!
2012_0922_20.jpg

farwaterさんも負けじと綺麗なキャスティング。素直にラインが伸びる・・・
2012_0922_22.jpg

私も振らせて頂いた。何とかラインが綺麗に前に伸びていってくれたので、ついついニンマリしてしまう・・・ (farwaterさん撮影)
Casting_20120922.jpg

しばし、キャスティング講習会を楽しんだ後、いよいよ実釣開始の運びとなった。メンバーで散らばって、それぞれの釣りに没頭する。一方、私は、美味しい焼肉と酒で、おなかいっぱいのほろ酔い気分で臨み、何でもないようなところで足が滑ったり・・・いつも以上にガサツな釣りスタイル。

その後、この写真の最上流に向かったfarwaterさん。見事にドライで一発決めたとのこと。
2012_0922_23.jpg

farwaterさんが撮影された写真を数枚貼らせて頂く。20cm強のハス。この獰猛な顔にずっと憧れていた。いつかは自ら釣り上げたいと思っている。獰猛な顔つきであるが、赤いアイシャドーはオイカワと同じ。
2012_0922_25.jpg
Hasu_2.jpg

その後、辺りが暗くなるまで釣りを楽しんだ。早々にフライをロストしてしまい、一足早く納竿した私は、川岸に腰掛けて、皆の釣りを拝見。
2012_0922_27.jpg

結局、Blue Heronさんはハスを7匹&オイカワもまずまずとのこと。カチーフさんはドライで、wind knotさんもウェットで好釣果だったご様子。

一方、私はといえば、ド素人の腕の癖に酒を飲んで釣りをしようなんざ100年早い。。。 こういう不真面目なFly Fisherは、やっぱり魚達にも見透かされ、結局、『ボ』、で終わったダメダメな私。。。腕の差歴然。。。

帰路の車の中でも、ワイワイガヤガヤの釣り談義。Blue Heronさんセレクトの素敵な音楽と共に、気持ち良く楽しいドライブになった。来た時と同じ駅で名残惜しくBlue Heronさんとお別れ。4人仲良く電車のシートに並んで腰掛け、それぞれの帰路についた面々。

天候が危ぶまれたが、実は、かなり良いコンディションで釣りを楽しめた一日。 (私以外は)たくさん釣り、たくさん食べ、たくさん語り、たくさん為になる話を聞くことができ、本当に有意義な一日になった。

最後に、素敵な企画をご提案くださり、食材も含め全てをご用意頂き、おまけに車まで出してくださったBlue Heronさん、そしていつも、楽しくない訳がない!、という最高の雰囲気にしてくれるfarwaterさん・カチーフさん・wind knotさん、本当にお世話になりました&ありがとうございました。

是非、また行きましょう!

飛び出す日本の川 ~仙台・広瀬川編~

9月20日(木)。再び仙台に出張。

仙台駅到着の少し前、いつも広瀬川を見るのを楽しみにしている。夏の間は鮎釣り師をたくさん見ることができる。きっと、Zacco FFも楽しめる川なのだと思うのだが・・・・まだ竿を出したことがない。

聞くところによれば、広瀬川沿いのビジネスホテルが1件あるらしい。タクシーの運転手さんに聞いたところ、まさに川の横に位置しているらしい。

もう少し涼しくなったら、そのホテルに泊まり、早起きして、一度は竿を振ってみたいと思っている。

hirose_1.jpg

Hirose_2.jpg

晩夏のK川・お散歩釣行記

9月15日(土)の釣行記。

午前中の時間の隙間をぬって、K川に釣行。入渓(?)地点の胡桃は、ほとんどが採り尽くされていた。
2012_0915_01.jpg

今回は、速乾パンツ(ワークマンで購入)&クロックス、で、如何に快適に釣りができるか、の検証も兼ねてみた。湧き水が多いK川、素足にとても気持ち良い冷たさだった。
2012_0915_02.jpg

早速、ここぞ、というところにドライを流すも、超小型の魚がフライを突付くだけ。大きい魚体が橋の上から見受けられたのに・・・と自問自答しつつ、更に投げ続けること数投目、フライが着水した瞬間、Zaccoにしては派手な水しぶきが。いきなり、竿が大きくしなる。

釣れてきてくれたのは、大きなカワムツ。ほぼ、自己最高クラスだと思う。
2012_0915_03.jpg

相変わらずの大きな口。
2012_0915_04.jpg

別の角度からの顔。
2012_0915_05.jpg

手のひらにずっしりと来る魚体。尾がはみ出ている・・・
2012_0915_06.jpg

顔のアップも。
2012_0915_07.jpg

その後、どういう訳か、さっぱり釣れなくなった。そのままどんどん下流まで釣り下ったところ、こんな光景を発見し、思わずパチリ。天然マテリアルとクレソンのコラボレーション。
2012_0915_08.jpg

下流では夏らしい一コマが。とても微笑ましい光景で、”もう一回泳いで・・・”、と、ついついリクエストしてしまった。元気に水に飛び込み泳ぎ始めてくれた子供達。夏の一コマのコミュニケーション・・・ 少年達よ、ありがとう。おじさんはとても癒されました。
2012_0915_12.jpg

この写真のすぐ上の綺麗な流れに、ツユクサが満開だった。綺麗だな・・・、と思い、つい撮影したのだが、後で、mihiroさんのブログでも紹介されていて、同じような場所に眼が行くものだな・・・とちょっと笑ってしまった。ちなみに、青い花、って、他を探してみると意外に見つからないもの。
2012_0915_09.jpg

2012_0915_10.jpg

梅花藻こそ無いが、安曇野のわさび田の清流にも負けない(・・・と個人的には思う)、綺麗な光景だった。
2012_0915_11.jpg

O川と合流地点、いつも絶対に裏切らないこの場所でドライを流すも、全くの無反応。ちなみに、この場所から水温が冷たくなった。O川の水量によるものか、O川自身が湧き水が豊富で冷たいのか?面白い発見だった。

ならば仕方ない・・・と、ウェットに結び換えたところ、小さなアタリがあるが乗らない。更に下流に下り、そのまま続けていたら、今度は自己最小クラスのオイカワが。写真を撮るまでもなくリリース。

この後、しばらく続けたが全くダメ。K川でも激渋の時があるんだな・・・、と苦笑いしつつ脱渓(?)。キクイモが綺麗な花を咲かせていた。ちなみに、この花も、mihiroさんは撮影していた。参考までに、地下茎は食べられる。
2012_0915_13.jpg

たった二匹の釣果・・・先日のY川と言い、本当に渋いのか、単に腕のせいか・・・? 一方、釣果が少ないと、色々なものを撮影してしまうのだが、それはそれで楽しい出来事。

ざくろ。もう少しで食べ頃か。
2012_0915_14.jpg

ゴーヤ。この実が割れて、種の周りの赤い部分が果物のような甘さ。
2012_0915_15.jpg

ムクゲの生垣。
2012_0915_16.jpg

こんな撮影をしつつ、脱渓(?)ポイントから歩くこと数分。空は雲がたくさんで陽は挿していなかったが、さすが速乾パンツ。ある程度は湿ってはいるが、あっという間に足にまとわり付かなくなるほどサラサラになってしまった。もちろん、帰宅した時点では完璧に乾いていた。
2012_0915_18.jpg

結論。速乾パンツは◎。何より着ていて涼しい。ポケットもたくさん付いていて重宝する。むしろ、問題はクロックス。涼しくて気持ち良いし、ポイントの水温の差を自ら感じ取れるのだが、とにかく滑る。ここを工夫できれば、夏の間は更に快適に釣りができそう。

そんなことを思いつつ、K川を後にし、息子を迎えに・・・、まさに、『安近短』、のZacco FFになった。
2012_0915_17.jpg

仙台で出会った職人Fly Fisher

9月14日(金曜)。午後から仙台に、Touch and Go、の日帰り出張。

数年来、お付き合い頂いている職人さんと共に、仙台市内のとある有名な脳神経外科の病院を訪問。この職人さんには、脳神経外科の先生方が血管病変の手術時に用いる特殊な台を設計・製作して頂いている。精巧な作りで評価はすこぶる高く、仙台発で、日本各地で使用されている特注モノ。

病院ロビーで久しぶりにこの職人さん(S氏)にお会いしたが、肩からどう見ても釣り用のポーチを下げている。そのデザインは私が所有しているモンベルのポーチと酷似している。

名刺交換を終え、二言目に、”それって釣り用のポーチではないですか?”、と聞いてしまった。”そうですよ”、との即答。

話を伺うと、仙台市内のご自宅から車で30分くらいの渓流で、FFだけでなく、テンカラ、餌釣りも楽しんでいらっしゃるとのこと。今年の最大サイズは45cmくらいのイワナ・・・? 嘘っ??、と言いたくなるような写真が、携帯に収まっていた・・・

さて、私がもっと驚いたのが、何とこのS氏、竿もリールも自作とのこと。リールはステンレス素材で、自ら設計し、会社の特殊機械を用いてレーザー加工されているとのこと。軽さを重視し設計し、ラインを巻いても180gくらい、とのことだった。

S氏と19時前くらいにお別れし、私が自宅最寄り駅付近を電車移動している時に、S氏から以下の素敵な写真が届いた。是非、ご紹介させて頂きたい。

Rod_Reel_Case_01.jpg

Reel_1.jpg

Reel_2.jpg

Reel_3.jpg

震災が起きた金曜日、翌日は釣りのご予定だったとのこと。すさまじい揺れの中で、もちろん、ご家族のことを第一に心配されたそうだが、二番目には、”明日の釣りは無理だなぁ・・・”、と思われたとのこと。釣りの魅力とは何と大きいものだろう。

更に驚いたのは、なんと、バイスまで手作り。お話を伺うと、Fieldでも必要な時にタイイングできるように、地面にテントのペグのように打ち付けて使用されるとのこと。
Vise.jpg

いやはや・・・、世の中、凄い人が居るものだ、と感心。

しかし、さすがのS氏も、フライラインを自作している方がいらっしゃることをご存知なかった模様。PCを開き、ブラントFさんのページをご紹介させて頂いた。このブログを見て、ダイソーにて、リリアンラインを3パック、買い置きしている。まだ製作したことはないのだが・・・

その後、もちろん、しっかりと完璧に仕事も終わらせて来たのだが、私にとっての重要度は、FFネタ>>>仕事、となった、喜ばしい一日であった。

Sさん、今日はありがとうございました! 引き続き、設計・製作の方もよろしくお願い申し上げます。そして、機会あらば、是非、釣りにご一緒させて頂きたく、よろしくお願いします。

England 便り ~Aburahaya in England~

My best friend in England ... Mr.Cからメールを頂戴した。そこに添付されていた写真。King of Minnows in 2012、というタイトルだった。

Aburaharya_in_UK.jpg

見れば見るほど、アブラハヤ、に見える。青いビーズに、オレンジのボディ、ハイカラなウェットフライにしっかり食い付いている。彼の愛竿、Blue Heronさんのラベルも見える。

Blue Heronさんの柔らかい竿で、遠い異国のEnglandで、こんな小さな(失礼・・・!?)ZaccoをFFで楽しんでいるMr.C。何とも愛すべき存在。

他にも、こんな写真が。こんなバッタ、日本には居ないと思う。綺麗だなぁ・・・何を食べたら、こんな色になるのだろう・・・? ルバーブの茎でも食べているのだろうか?(違うと思うが・・・)
Purple_grasshopper.jpg

そして、以前にも登場したBaby Mothra。今回は、とてもカラフル。この蛾と同じ形で緑色の個体が、日本に居たような気がする。記憶違いかもしれないが・・・
Baby_Mothra.jpg

そして、その子供。Mr.Cは幼虫を捕まえてきて大切に育て、成虫にしてリリースしているとのこと。
Baby of baby mothra

カブトムシを幼虫から育てて成虫にする人は多いと思うが、蛾を育てて楽しんでいる人を、私は他には知らない。蛾は一見、気味悪い存在かもしれないが、良く見ると、何とも可憐で、きめ細かな造形物を見ているような気もする。愛着を込めて呼べば、Mr.Cが言うように、モスラのあかちゃん、となるのだろう。

前回のヒバカリと言い、敬遠される方もいらっしゃると思うが・・・、ついつい私は、”かわいいなぁ・・・”、と思ってしまうのが正直なところ・・・

こんなブログですが、お許し頂きつつ、お付き合いの程、よろしくお願い致します。

貴重な生き物を育むY川

9月9日(日曜)。

このところ、週末に一度は竿を振らないと、何となく落ち着かない状況になってきている。この日は午後から釣行の予定が、午前中に息子がフラッグフットボールの練習中に指を骨折してしまったりで、昼間はバタバタしてしまった。

夕方からは時間ができたので、車でY川S橋に向かった。途中で試しにmihiroさんに携帯メールを入れたところ、”午前のK川は渋かったのでリベンジに行きたい!”、とのことで、途中でピックアップ。これが良くできたことに、mihiroさんの自宅は、拙宅からY川に向かう途中の道から10mくらい路地を入ったところに位置している。

Y川に到着したのは17時過ぎ。18:30には子供の用事で帰宅する必要があったため、1時間の短時間釣行。
2012_0909_1.jpg

さて、結論から先に言えば、激渋のY川。あのmihiro師匠ですらウェットで一匹、私に至っては、『ボ』、であった。年始初釣り以来、今年二度目の『ボ』。ウェット&ドライで粘ったが、アタリすらなし・・・ 魚っけのある写真は、mihiro師匠のこの写真のみ。
2012_0909_2.jpg

フライを木に引っ掛け、痛恨のロストとなり、18時前に納竿。下流で釣っていた私は、上流側のmihiroさんを目指して、とぼとぼと川を遡っていた折に、水際に小さなヘビを発見、もしや?、と思い近づいてみたら、何と、以前から憧れだったヒバカリが! すぐに、mihiroさんに声をかけると、わき目も振らず、駆け寄ってきた。

mihiroさんの手中に抱かれ、カメラ目線のヒバカリくん(さん?)。
Hibakari_2012_0909_1.jpg

私の手中で落ち着かないご様子。なにせヘビの頭が小さく、辺りも薄暗く、なかなかピントが合わない・・・
Hibakari_2012_0909_2.jpg

mihiroさんのヒバカリへの愛着はタダモノではない。こんな感じで別れを惜しそうに、ずっと戯れていた。傍らに放置された竿、足や石にまとわり付いているフライラインが、その愛着度を物語っている。
2012_0909_3.jpg

しばらく観察した後、そっと水際にリリースした。”長生きしろよ!、釣り人に踏まれるなよ!”、と声をかけてお別れ。

車に戻って気づいたのだが、手に少々キツめのアンモニア臭が。mihiroさんによれば、これも一つのヒバカリくんのささやかな抵抗の一つ(臭いで撃退?)だったとのこと。

日本古来の種らしいが、豊富に小魚やオタマジャクシ、水生昆虫が居ないと生きて行けないヘビらしい。環境の変化は、こういう小さな生き物からダメージを与えてしまう・・・

かわいいヒバカリが生息できるY川。ますます、大切にしなければ、と痛感した。『ボ』ではあったが、魚以上に貴重な出会いをもたらしてくれたY川の神様に感謝したい。

ちなみに、ただかわいいから・・・、という理由で、ヒバカリが捕獲され売買されてしまうことがあるらしい。自然が豊富な河川でさえ餌の調達が難しいのに、人間が飼育できる訳がない。そういうことを知っていて、捕獲し小遣い稼ぎしようとする輩の気が知れない。そういう人は、このブログの写真を見ても何も思わないのだろうが(そもそも見ないだろうが)・・・、けど、万が一、このブログを訪れた際に何か感じて欲しくて、あえて記事にさせて頂いた次第である。

美しいオイカワやカワムツ、鮎だけでなく、ヒバカリを育む、愛しいY川。大切にしたい川だと、つくづく思う。

昔、ギター小僧だった会

9月8日(土曜)。釣り以外の記事なので、ご興味無い方は読み飛ばしてください。。。

毎四半期に一度ずつ開催している、『昔、ギター小僧だった会』、の第五回。もう20年来の音楽仲間の家で開催。彼は会社の友人だが、裏の仕事?として、ギターの修理や調整を行っている。仕事と言うよりは趣味の一環ではあるが、腕は確かで、皆が楽器を持ち寄り、帰る頃には、音が洗練されたり、弾き易くなったりしてしまう。パーツ類はすべて諸外国よりダイレクトに輸入している。

同じく、彼は写真も趣味。先日は南アフリカまで野生動物の撮影旅行に行ってきたとのこと。サバンナのライオンやチーターの写真を見せてくれ、素敵な写真にため息を付いた。

その彼の愛用の一眼レフ(Sony)を貸してもらい、我が愛用の楽器を撮影してみた。これが意外に良くて、記録も兼ねて、貼っておきたいと思う。

愛しのOvation。
Ovation_2_2012_0908.jpg

張り替えたばかりの弦。
Ovation_3_2012_0908.jpg

音の広がりを作ってくれるいくつものHole。
Ovation_4_2012_0908.jpg

そして、そのギターを弾く私(友人が撮影)。
Ovation_1_2012_0908.jpg

この会は、いつも昼過ぎから皆で散々弾きまくり、18時くらいから近くの居酒屋へ2nd roundへ。飲兵衛の私には、まさに一石二鳥の会。

まるで、中学生や高校生のように知人宅に、”遊ぼーっ!”、感覚で楽器を持ち寄りお邪魔し、楽器のこと以外は何も考えずに、ただ楽しむ。弾けないフレーズを何度も繰り返して練習する光景は、きっと30年来、何ら変わらないはず。変わらないことも良いことだと思う。

という訳で、次回は年末開催か? 今から楽しみなイベントの一つである。

飛び出す日本の川 ~東京都・浅川編~

先週のいつだったか・・・ 久しぶりに中央線で浅川を渡った時に撮影。河岸の草木や右の建物が奥行きある写真になった。

八王子のこのあたり。会社から車で5分の距離であり、昔、休日出勤のついでに、夕方に少しだけ竿を出したことがある。と言っても餌釣りの経験しかないが、カワムツ、アブラハヤのオンパレードだった。

Asakawa.jpg

いつか、FFも試してみたいと思っている。

England 便り

9月6日(木)。岐阜駅前のホテルに宿泊。

先日、EnglandのMr.Cより、メールが届いた。Trout、GraylingのFFに出向いたようだが、相変わらずの雨による増水で、残念な結果に終わった模様。しかし、代わりに、こんな素敵な写真を送ってくれた。少し濁りがあるようだが、とても素敵な流れ。
River_in_UK.jpg

ついでに、色々な生物の写真も。まずは、トカゲ。どことなく、やっぱり外人っぽい顔をしているような・・・
Lizard_1.jpg
Lizard_2.jpg

この写真は、撮影者を見つめているようで面白い。
Lizard_3.jpg

思わず、アップに編集。
Lizard_3_Zoom.jpg

なぜだか、トカゲの類にはとても愛着を感じる。沖縄やGuamにはヤモリがたくさん居て、見つける度に立ち止まってしまう。Gekkoなんて書いてあるTシャツを見つけると、思わず買ってしまったり・・・

そういえば、昔、ヤモリを飼育してみたことがあった。餌は釣具屋で買ってきたサシなど。しばらくして痩せてきたのでリリースしてしまったが・・・ 今でも、夏の夜に白い壁の古い家を見つけると、ついついヤモリの姿を探してしまう。

ついでに、こんな写真も。バッタ(Grasshoppers)。
Grass_Hopper.jpg

Grasshoppers、というと、古いこんなアルバムを思い出してしまう。若き日の坂本龍一さんの1stアルバム『千のナイフ(Thousand Knives)』に入っていた曲。高橋悠治さんのピアノとのデュオ。アルバムタイトルのThousand Knivesは、1981年に、YMOの、『BGM』、というアルバムでセルフカバーされる。当時、高校生だった私は、巷で流行っていたYMOの代表曲のライディーンとかを聞かず、ひたすら、『BGM』、『Technodelic』の2枚のアルバムを聞き漁っていた。

さて、Grasshoppers。せっかくなので、You Tubeの動画を貼っておきたい。ちなみに・・・、Zacco FFにはマッチしません。念のため・・・




Dear Mr.C
Thanks so much for the lovely photo. Your photo of Grasshoppers reminds me an old song over 30 years ago. I enjoyed the song after a long interval.
Thanks again and tight lines !!

久しぶりのK川釣行記 ~9月2日~

9月2日(日曜)

しばらく振りに、オイカワと対面したい、と思い、早朝に起床し、AM6時前にK川に到着。自宅を出発した時はかろうじて朝陽が射し始めたが、K川に到着した時点では超土砂降り・・・、川の増水を確認し、そのまま、スゴスゴと帰宅し、不貞寝してしまった・・・

実は同日、小畦川のバス・バスターになるべく、釣行計画を立てていた。せっかく行くなら誰かと同行を、と思い、兼ねてから、オイカワと遊ぼう、のmihiroさんと同行予定をしていた。

小畦川のRiver Keeperであるjetpapaさんにも事前に連絡を取り、jetpapaさんのご厚情により何度か直接お電話を頂戴し状況確認を行った次第だが、どうにも天候が怪しく残念ながら次回に順延と相成った。

当日の昼までに予定していた二度の釣行が順延となり・・・、そのまま悶々と午後を過ごす。土砂降り~うす曇~土砂降りを繰り返していた当日、さすがに、今日の釣りは無理だな・・・と諦めていた。

そんな折、夕方近く少し天気が安定してきたので、mihiroさんに、”小畦には行けなかったねー、残念だけど超欲求不満・・・今頃、空が晴れてきたりして・・・”、みたいなメールを送ったところ、こんな返信が。

”K川なら透明度もすぐに復帰しますよ! Green Cherokeeさんが来るなら僕も行きます!”

まさに天の声。半信半疑ではあったが、とりあえず、K川に向かってみた。到着したのは17時過ぎ。道中に再確認のメールを入れたところ、”濁ってますが問題なく釣りできそうです!”、とのこと・・・ ホント?????

ポイントに向かって歩く川の風景。増水しているが、確かに、少し透明度は残っている。
2012_0902_01.jpg

2012_0902_03.jpg

さて、久しぶりのmihiroさんとのご対面。半カフェオーレのK川で、果敢に、『ドライ!!』フライを振っていた。信じられない・・・ なんでドライなの?、と聞いてみたところ、”だってライズがありますから・・・”、とのこと。オイカワって眼が良いのだろうか・・・?こんな濁った川でドライを振る、ということ自身、全く認識が無く、今までの概念が覆された。
2012_0902_04.jpg

2012_0902_05.jpg

しばらく、mihiroさんの釣りを見ていたが、確かにライズは散見されるものの、さすがに食いつきは悪そう。ということで、私は迷うことなく、ウェットのmihiro100均special改、を結んだ。型が小さそう、とのことなので、#21を結んでみた。

さすがに増水で、下手すると長靴も水没してしまう・・・ mihiroさんのアドバイスで上流側の浅い場所に移動する。そこで二人で仲良く並んで交互に毛鉤を流してみた。

10投くらい流してみて、反応はあるものの乗らないため、mihiroさんに交代。すると、わずか数投目で、オイカワをゲット。やっぱりmihiro師匠、何かが(何もかも!?)違う模様・・・
2012_0902_06.jpg

2012_0902_07.jpg

『ボ』を回避されたmihiroさんは、あっさりと私に場を譲って下さった。幸運にも数投目で、私も小型のオイカワにご対面できた。
2012_0902_08.jpg

二枚目のアップ写真を撮ろうと思ったら、見事に逃亡・・・ バーブレスのため、超あっさりと針が外れてしまった・・・ま、それも善しとしよう。
2012_0902_09.jpg

さて、気持ち新たに二匹目を・・・、と思った矢先、暗雲が近づき、ポツポツと振り出したのも束の間、一気に土砂降りに。二人で逃げるように川沿いの木の下に避難。しかし、あまりに酷い雨で、木の下で雨宿りしていても、雨宿りにはならず、このまま待機していてもただずぶ濡れになるだけ、と判断。mihiro師匠は果敢にも土砂降りの中をずぶ濡れ覚悟で帰宅された。
2012_0902_10.jpg

私はしばらく雨宿りを試みたが、限りなくずぶ濡れになってきたので、思いきって、土砂降りの中を飛び出した。途中、建物の屋根の下で更に雨宿り。しかし、その時点でほぼずぶ濡れ状態。一向に止まない暗雲を恨めしく撮影。
2012_0902_11.jpg
2012_0902_12.jpg
2012_0902_13.jpg

これ以上、雨宿りしても意味なし、と判断し、雨の中をとぼとぼ歩く。もちろん、超ずぶ濡れになって帰宅。と言いつつ、一夏のうちに1回くらい、ずぶ濡れになるのも悪くない、とバイク乗りの頃からずっと思っていた。ここまでずぶ濡れになったのは、何十年振りだろうか・・・?

さて、今回、面白いことを発見。雨後のK川、雑草やイタドリの藪を抜けて川に入ったが、さすがに、蚊の大群を連れてきてしまった。mihiroさんの周りに蚊柱が立っている。慌てて、自作のハッカ油虫除けをmihiroさんに差し出し、身体に吹き付ける。すぐに返してもらい、私も、丹念に吹きかけた。

その結果・・・、長袖を着ていた私は6ヶ所を刺され、半袖のmihiroさんは・・・何とゼロ! mihiroさんは、”Green Cherokeeさんのハッカ油のお陰で・・・”、と言ってくれたが、この歴然とした差は、明らかに何かが違うことは明白。

それは、きっとCo2排出量の差でも何でも無く、”血の味”、なのかもしれない。脂質に富み、程よくアルコール分が沁み込んだ血。都会に住む蚊とて、少しは刺激物が欲しいのかも・・・? きっと、私の血は、若き活力あるmihiroさんよりも、都会の蚊の趣向に合ったに違いない・・・(そして、たぶん田舎の蚊にも・・・)

そんなこんなの束の間のK川釣行。しかし、貴重な一匹のオイカワに会えて幸運だった。我ながらつくづく、”釣り○カ”、だと思う・・・ 何もこんな悪状況下で釣行すること無いのに、と思うのだが・・・Zacco FF、当面、止めらそうにない。

Music for Zacco FF Vol.1

9月1日(土曜)

昨夜は多量の日本酒を摂取し深夜に帰宅し、そのまま、バタンキュー。早朝の土砂降りの音で眼が覚めた。先日の、『天空の渓』、への釣行後に綺麗に洗って乾かしておいたウェーダーが干したままになっていたことを思い出し、慌てて外に出たが時既に遅し・・・

日本酒のせいで朝から頭が重く、子供を送り帰宅した後は、再び、眠りに落ちてしまった。

午後もダラダラと過ごしてしまったが、こんな時は、以前からずっとアップしたかった音楽ネタをスタートする絶好のチャンス。実は長い間、FC2 BlogへのYou Tubeの貼り付け方がわからなかったのだが、調べてみたら、超簡単だった。

音楽ネタのタイトルをどうしようか、と考えること、わずか10秒。Music for Zacco FF、という、超シンプルで、あまりにも、”そのまんま”、のタイトルに決定。

小学生の時にギターを弾き始め、中学・高校と当時全盛だったFusionに明け暮れ、大学以降は色々と幅広く聞きまくっていた。今でもどちらかと言えば、いや、圧倒的い古い音楽ばかりを聴いているが、つい最近、Zacco FFの長閑な雰囲気満載のアコースティックなデュオを発見。今回は、こちらをご紹介したい。

『羊毛とおはな』

これはプロモーション用のダイジェスト版で少々長い動画だが、私は最後近くの、『手のひら』、がお気に入り。

今後も、Zacco FFの時に良いかも・・・、と思われる音楽を、少しずつアップして行きたいと思う。たぶん、大多数は古いものになってしまいそうだが・・・



飛び出す日本の川 ~京都・鴨川編~

8月31日(金曜)の記事。

朝から暑いが綺麗な青空の中、大阪より横浜に新幹線で移動。jetpapaさんの新しいFieldである小畑川のStereo写真を撮る絶好のチャンス。

カメラをいつもの高速連写モードにセットし、新幹線のドア部分にカメラを近づけて待機。いざ撮影を試みたが、新幹線のスピードが速すぎたのか、遠くの雲以外は残念ながら、Stereoにならなかった。

という訳で、普通の写真だけ貼らせて頂く・・・ ところで、これは本当に小畑川で合っているだろうか・・・?
(もしかしたら、新幹線高架下がコンクリートだった川の方かも?)

小畑川_Rt

試しに、同じくjetpapaさんが繰り出している京都の鴨川もStereo撮影してみたところ、無事に奥行き感ある写真に仕上がった。

鴨川_Stereo

昨日は、保土ヶ谷の見た目は超B級、味は超A級の隠れ家的なお店で、とある脳神経外科の先生方とご一緒させて頂いた。その先生に面白いMovieを見せてもらったのだが、何と脳とまぶたに電気刺激を与え、3DメガネをかけずにStereo視できるような研究がなされているらしい。

とりあえず、このBlog上では、皆さん、寄り目で頑張ってStereo視してみてください!
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク