HOME   »  2012年11月
Archive | 2012年11月

束の間の平日釣行

11月29日(木曜)。

当初より予定していた本日の埼玉での仕事がキャンセルに。キャンセルが決定したため、昨夜は最終の新幹線で名古屋から無理やり帰宅した。もちろん、釣行を狙っての帰宅。

昨夜はかなり遅くに寝て、今朝はちょっと遅めに起床。午前中は自宅にて溜まったメールや電話仕事。14時過ぎには何とか一区切り付けることができた。

先週の三連休は丸つぶれだったので、ちょっとくらい釣行してもバチもあたるまい! しかし16時には自宅に戻る必要があったため、ならば一時間だけでも釣行できるかな・・・、ということでO川に向かった。O川では初の平日釣行となった。

14:30くらいには到着したが、上流にも下流にも誰も居ない。しかも(!!)水面はライズ祭り。こんな独り占めは中々できないので、せいぜい一時間くらい、贅沢に楽しませてもらおうと竿を繋ぐ。

20121129_00.jpg
20121129_01.jpg

この川での釣りは、とにかく短めのリーダーとティペット。水草のないスペースにフライを投げ込むポイントがとても限られているので、そこに、”スパッ!”、と投げ入れるためには(特に私の腕では・・・)この方が良いと思う。初回釣行時には無意味に長くしてしまい、あちこちに引っかかり全く釣りにならなかった。以前、御同行頂いたBlue Heronさんのアドバイスが超的確だったことが思い返される。

数回の釣行を重ね、O川の魚が出るポイントは何となく理解でき始めた気がする。ここに流せば出るかな、というポイントではほぼ百発百中だった。それも、良いサイズの魚ばかり。

20121129_02.jpg

20121129_03.jpg

20121129_04.jpg

20121129_05.jpg

20121129_06.jpg

20121129_07.jpg

20121129_08.jpg

20121129_09_20121129212058.jpg

・・・という訳で、短期決戦ながら『超』爆釣を楽しませて頂いた。

大満足で早々に納竿し、改めて周辺の光景を楽しむ。ブルーベリーの紅葉。
20121129_10.jpg

釣人が独りだとあまり警戒しないのか、鴨も多数。良く見ると、水草や岸辺の草を食んでいた。注意して見ると、様々な種類の鴨が居るものだ・・・と感心。
20121129_12.jpg
20121129_13.jpg

柿の木。誰も採らないのだろうか・・・? いくつか下に落ちていた。
20121129_11.jpg

菊の一種・・・?
20121129_15.jpg
20121129_16.jpg

わずかな時間の釣行だったが、とにかくギャラリーが多数。60歳台の二人連れがずっと私の釣りを見ていた。

”フライングで釣っているのか?良く釣れるね。魚が飛びついて面白そうだな。けど、針が草にひっかかって大変だろ・・・?”
”はい、『フライ』で良く釣れますよ。今が一番良い時間帯みたいです”、

と答えたが、とにかく、フライング、フライング・・・とあまりに何度も言われてしまい・・・ ”思い返せば、自分は確かに、今日は仲間にフライングして釣りしているのかも・・・”、と思ったりしてしまった。

対岸のおばちゃん達からは、”釣れたねぇ~。唐揚げにすると美味しいよ!”、と言われたり・・・O川での釣行は、何かとギャラリーとの語らいが多い。何せ両側に散歩道があるから仕方ないのだが、散歩の人達も、ほぼ日課のように散歩と会話を楽しんでいる訳なので、ここは楽しくお付き合いする方が面白いに違いない、と思う。

本当は、”よっ?また会ったな!”、なんて言われるくらいに、もっと遊びに来たいのだけど・・・




スポンサーサイト

秋空の下のO川釣行 ~楽しい仲間との至福のひととき~

続・11月25日(日曜)。

東京都日野市A川釣行の後に、顔馴染みの仲間が集まるO川に移動。A川ではそれなりに爆釣だったが、河川としても、より愛着のあるO川に仲間が集まっているとなれば行くしかない。いや、行かねばならない。
20121125_19_Oikawa_Mtg.jpg

O川に到着したのは14:30頃。仲間が居る上流を目指して歩いていたら、蛍光イエローのラインを綺麗にループさせ、真剣にヘチ際に打ち込んでいる中学生と思しき釣人の姿。この歳からフライを始めたら、大人になったら(いや、高校生くらいになったら)ベテランの領域だな・・・、mihiroさん二世の出現かな・・・、などと、微笑ましく拝見していた。

すると、上流側から、”あっ?もう来てたんだ・・・”、という聞き慣れた声が。その声の主は、farwaterさん。そして、JICKYさん、Nさんのお姿も。何だかお三方揃ってお目にかかるのは久しぶりなので、ついつい嬉しくなってしまう。

そして、farwaterさんから、その中学生こそ、Nishiくん、であることを知らされた。mihiroさんのブログを通じて知ってはいたのだが、こんなに小さな子とは・・・ 彼には、K川&O川のRiver Keeperとなるべく、たくさん通って欲しいと思う。Nishiくん、よろしくね! 次回の同行時には、拙・ゴミみたいなフライを進呈させて頂きますので、嫌な顔をせずに受け取ってくださいね。

さて、私が到着時、お三方はすっかり納竿ムードだったのだが、もう少しお付き合い頂けるということだったので、私も再び竿を繋ぐ。もちろん、ドライを結んでキャストを開始。すると、開始早々に幸運な一匹目のカワムツをゲット。
20121125_O_1.jpg

続け様に、今度はオイカワ。
20121125_O_2.jpg

更に、またオイカワ・・・
20121125_O_3.jpg

カワムツ再び。元気が良く、水滴がレンズに付いてしまった・・・
20121125_O_4.jpg

続いて釣れたオイカワ。ちょっとフライに手が触っただけで、スルッと抜けてしまうバーブレスのフック。
20121125_O_5.jpg

またまたオイカワ。良く釣れるなぁ・・・(実は、単に上流の美味しいポイントを皆様からことごとく譲って頂いているが故の結果か・・・)
20121125_O_6.jpg

1時間くらい楽しんだだろうか。陽もかげってきたので、一人下流で頑張るNさんのところに皆で再集結。再び会話を楽しむ。
20121125_O_7.jpg

ずっと上流ではNishiくんが川の真ん中に立ち入り、一人で頑張っている。写真では解りにくいが、ポツっと写っている。”わんぱくでも良い。逞しく育って欲しい・・・”、どこぞの食品会社の古すぎるCMのセリフだが、そんな気持ちで見守っていた。
20121125_O_8.jpg

皆と再会を約束してお別れし、帰り品に自宅付近で信号待ちをしていると、横の柿の木にたくさんのオナガの姿が。BroadBeanさんのように綺麗な鳥の写真を真似しようとして撮影してみたが、完全な逆光で全くモノにならなかった。
20121125_O_9.jpg

これでは鳥が写っていることすら解らないので、トリミングしつつ色もレタッチしてみたところ、こんな感じになった。イカサマの写真ではあるが・・・画像処理って凄いな、と思った次第。ちなみに、この家の柿は今日明日にでも食べつくされるであろう・・・
20121125_O_9_2.jpg

三連休の最終日。少しだけ仕事しなければならなかったが、昼前から夕方までしっかり釣行でき、二河川で楽しく釣行ができた大満足の一日となった。秋空の下で爆釣できて本当に良かったと思う。

随分と寒くなってしまったが、今年あと一回くらい、こんな素敵な思いができることを祈りつつ・・・ また近日中に竿を振ってみたいと思っている。


祝・やっと脱禁断症状 ~秋空の下で大満足の一日~

11月25日(日曜)。三連休の最終日。一昨日・昨日の下関出張に続き、本日もまさかの出社・・・

東京都日野市に本社がある弊社に向かう途中、日野バイパスの多摩川を渡る橋から、富士山が綺麗に見えた。愛車・Green Cherokeeのボンネットに逆さ富士が見える!
20121125_01.jpg

ちなみに、我がチーム員の可愛い後輩のPCのHDDが突然クラッシュ・・・ おまけに、次週月曜の本来は私の仕事を彼に無茶振りしてあった。更にどうしても本日中に対応必要な資料作成があり、朝8:30より彼と二人で作業。

『この後、釣りに行くんだけどなぁ・・・』、の私の冷ややかな一言が利いたのか、彼は最高スピードで仕事を片付けてくれて、目出度く、11時前に解放されることに。目論んだ時間よりかなり早い!

この可愛い後輩。彼の愛車は我が愛すべきCherokee。しかも白。こんなチャンスはあまり無いので、二台並べて記念撮影。休日出社も、こんな些細なことですっかり癒される。
20121125_02_noname.jpg

ガソリンが、走ることよりも横揺れとかノイズに使われてしまう不器用な車。しかし、なぜこんなにカッコ良く可愛いのだろうか・・・ (もちろん、賛同してくださる方はあまり居ないことを認識しつつ書いています・・・)
20121125_03_nonamae.jpg

さて、待ちに待った釣行。会社からわずか10分程度で目的地に到着。川面を覗いたところ、良さ気なポイントは温存されていた。逸る気持ちを抑え、竿を繋ぎ、フライを結ぶ。

最初の一匹を得るまでに、ほとんど時間はかからなかった。久しぶり(と言っても2週間振りくらいだが)のオイカワを愛でる。
20121125_04.jpg

ちなみに、釣れたのは前回と同じこんな場所。この後もがんがん釣れた。爆釣状態。
20121125_05.jpg

釣れたのは、こんな魚ばかり。オオカワジシャのベッドで、良型のオイカワをパチリ。
20121125_06.jpg
20121125_07.jpg

久しぶりに水中撮影にTry。明るさが十分だったので、こんな綺麗な写真に仕上がった。我が水中撮影史上の中では、結構お気に入りの一枚になった。拠れたラインが、我が未熟さを物語っているが・・・(汗) このあたりはあまり見ないでください・・・
20121125_08_20121125200955.jpg

ちなみに、この良型のオイカワ、こんなダダっ広いポイントにウェットを流していたら、ガツンと来てくれた。
20121125_09_20121125200955.jpg

この直後も同じ場所で、こんなオイカワも。
20121125_10.jpg

もうすっかりウェットはお腹いっぱい。少し風が強いが、ドライを結んでみたところ、すぐに反応があり、こんな魚が釣れた。やっぱりドライは気持ち良い!
20121125_11_20121125200955.jpg

あともう一匹・・・と欲張りつつ、結局、ドライでも10匹くらい釣って大満足。K川付近を先行しているfarwaterさんからちょくちょく連絡を頂戴していたので納竿を決意。脱渓(?)前に名残惜しく写真撮影。
20121125_12.jpg

贅沢過ぎる陽の光。写真撮影にはバッチリ。愛竿とmihiro100均specialを、オオカワジシャの瑞々しい緑をバックに撮影。それにしても、Blue Heron・・・ 最高に愛着を抱く竿。
20121125_13.jpg

写真撮影でしゃがんだ腰を伸ばすと、背景には雄大な富士山。これはまさに、出来過ぎな環境。
20121125_14.jpg

既に、冬の陽射し。日中なのに夕方のよう。こんな影絵を楽しんでみた。夥しいクレソンに私と愛竿の背景。竿はあまり写らないが・・・こんな影絵も楽しい一コマ。
20121125_15.jpg

これだけたくさんクレソンが生えていれば、多少摘んでも全く減らない。外来種なので微妙な気持ちでもあるのだが、これほど美味しい山菜はがんがん利用したいと思う。帰宅後、ベーコン・オリーブオイル・ニンニクと炒めて美味しく頂戴した。
20121125_16.jpg

夥しい量のクレソンとA川の一コマ。待望の秋空の元の釣行。仕事ついでとは言え、最高の釣行になった。
20121125_17.jpg

クレソンが生えていた湧き水の細く緩い流れ。水量が乏しく緑色のコケがたくさん生えていたので、”川耕し”、を試みる。瞬く間に綺麗になった川底に、嘘のように、小魚が寄って来た。写真では見えないし、単なる偶然かもしれないが、かなり嬉しい出来事。クレソンを摘んだ袋の陰が丸見えでちょっと笑える・・・
20121125_18.jpg

その後、farwaterさんJICKYさん、Nさん、Nishiくん、が待つK川上流(O川)に車を走らせた。14:30頃に何とか合流でき、秋空の下、顔馴染みの皆様ととても楽しい時間を共有できた。O川のレポートは追ってアップしたいと思う。

20121125_19_Oikawa_Mtg.jpg

仕事で丸つぶれの三連休だったが、何とか最後にぎりぎり、楽しい釣行ができた。仙台をはじめ各地で雪景色の今日この頃、これが秋空の下の最後の釣行にならないと良いが・・・





泡と消えた三連休・・・ ~秋空のZacco FFへの憧れ~

今週は韓国からゲストも来たりして、仙台→大阪と三日間の同行となった。夕食を彼が奢ってくれる、というので、コスト意識しつつ、大阪名物?の”がんこ寿司”で腹いっぱい食べさせてもらった。ちなみに、私が一番好きな魚は秋刀魚、次に鯖・・・コハダにも目が無く、とにかくヒカリモノが好きな私。
20121121_2.jpg

ほろ酔い気分で梅田から中津のホテルに戻る道中、こんなオブジェを見つけた。街はもうX'masの模様。
20121121_1.jpg

その後、一旦、木曜深夜に東京に戻り、急遽、金曜から下関に出張。下関と言えば・・・・
20121123_1.jpg

海響、という地酒と共に相変わらずの酩酊・・・
20121123_2.jpg

何だかすっかり食べログのようなスタートになってしまったが・・・ 宿泊したホテルは海の眼の前。ほろ酔いというよりはすっかり酔っ払いの状態で、海を見に行った。夜が明けたらどんな海なのだろう・・・?
20121123_3.jpg

海側から明日の仕事場を望む。海峡メッセの塔。
20121123_4.jpg

その後、部屋の明かりを付けたままの状態で寝入ってしまい、朝4時に喉が渇いて目が覚めた。水分補給後はすっかり目が冴えてしまい、そのまま仕事に突入。

陽も昇り始めた頃、窓の外に目を向けると、そこには綺麗な虹が・・・ 3連休返上のお返しと受け取り、有難く撮影させて頂く。
20121124_1.jpg

ちょっと早めにチェックアウトし、再び、海を臨む。瀬戸内らしい風景に癒される。
20121124_2.jpg

海面を見ると、そこには、下関名物の姿も・・・ (写真はクサフグだと思うが・・・)
20121124_4.jpg

更に良くみると小魚の群れ。こんな何気ない光景に、更に癒される。本当はオイカワを釣りに行きたいのだが・・・この光景で我慢。
20121124_5.jpg

仕事場に向かう道中、海峡メッセを臨む。ちょっと南国らしい雰囲気だが、それなりに寒い・・・
20121124_6.jpg

さて、明日こそはオイカワだ!、と思っていたのだが、なんと早朝から出社となってしまった。そのまま出社するのも悔しいので、愛竿Blue Heronを持参し、先日のA川に行くつもり。束の間の釣行時間を確保できると良いのだが・・・

宇部空港からの便は、久しぶりのB787だった。機内の照明はちょっとしたアトラクションのよう・・・
20121124_7.jpg

羽田に降り立って気付いたのだが、丸亀製麺が出店していた。これは嬉しい発見。夜9時頃に遅めの昼(?)食・・・
20121124_8.jpg

秋空の下のオイカワ・・・ 楽しい思いをしないまま、このまま冬空の下の・・・になってしまうのか?? そうならないように、とにかく明日は少しだけでも竿を振りたい!! かなり冷え込むみたいで、どうなることやら・・・



Home River初! 夜のZacco FF

11月10日(土曜)。朝から晴天だったが風が強かった一日。ちなみに、早朝から用事ぎっしりでまったく釣行の隙間が無い・・・

しかし、先週末は仕事だったし、釣り禁断症状がピークに。ダメ元で川に立とう・・・そう思い立ち、自宅を出発したのは18時過ぎ。初の夜釣りに挑戦。しかし、全く暗いと釣りにならないだろうから、街灯の明るそうな場所を目指し、車を走らせた。

向かった先は、Y川のK橋。橋の上は大渋滞。しかし、川に降り立ってしまえば静寂そのもの。この橋の真上が大渋滞だなんて微塵も感じられない。

しかし、何やら不穏な様相が・・・ 今年から勝手に作られた上流に向かって右岸の人口岸は勝手に潰され、左岸には土嚢がたくさん積んであった。これ以上、いったい何の工事をするつもりなのだろう・・・? 川底には泥が溜まり、今まで”期待を裏切らない”ベストポイントの一つが、ただのつまらない流れに変わっている。
20121110_01.jpg

それでも何とか気を取り直し、何とか明るそうな場所を選んで竿とフライをセットする。しかし、とにかくフライのアイが見えない・・・いつもの10倍くらいの時間をかけて何とかラインを通し、必死になってフライを結んだ。

いざ川に降り立つも、街灯の明かりが照らさない部分は真っ暗に近い状況。夜中に転んでずぶ濡れになるのも嫌なので、安全第一、で釣行開始。フライを流したのはこんな場所。いつもよりは泥が堆積し、あまり釣れる気がしないが・・・
20121101_02.jpg


それでもウェットを流すと、コツコツと小さなアタリがある。もしかしたら一匹くらい釣れるかも、と期待しつつキャストを繰り返す。すると、”えっ?”、というくらいのアタリがあり、続けて凄いヒキ・・・

”あれ?もしかしてナマズでも食ったか?”、などと想いを巡らせつつ、何とかラインを手繰り寄せた。いつものサイズの魚よりはなかなか水面に顔を見せない。そして、釣れてきてくれたのは・・・
20121110_04.jpg

カワムツのサイズ記録更新。メジャーはないので測定していないが、手のひらにはまったく載らない大物。ずっしりと重い(Zaccoの中では・・・)。
20121110_05.jpg

流れがない鏡のような場所に魚を移動し撮影開始。尾鰭から落ちる水滴が綺麗な波紋を作る。
20121110_08.jpg

久しぶりの水中撮影にも挑戦。秋も深まり、かなり水が冷たくなってきた。変な話だが、フォーカスを合わせるための補助光のお陰で、日中より構図を決め易い。夜釣りが故に初めて気が付いたことだった。二枚しか撮影しなかったが、これが一枚目の写真。
20121110_07.jpg

その後もしばらく魚に見惚れる。
20121110_09.jpg

実は、先日のjetpapaさんの記事にもあったが、カワムツとヌマムツの区別というものが以前より気になっていた。気になっていた割にはまったく調べもせず・・・だったのだが、これを機に調べてみたところ、大阪府環境農林水産総合研究所のサイトに分かり易い比較写真が掲載されていた。無断転用を禁ず、とあるので、『カワムツ ヌマムツ 区別』、で検索すると一発で見つかるので、是非、ご覧頂きたい。今回、私が釣ったのは、カワムツ、のようである。

この後、橋の下流の明るい場所でオイカワが一匹釣れたが、手元でオートリリース・・・写真なし。

実釣よりも、釣り準備していた(アイにティペットを通そうと苦闘していた)時間の方が長いような気がする釣行だった。19:30には納竿。二匹だけの釣果だったが、ダメ元での釣行だったので魚に巡り合えることができて良かったと思う・・・

しかし、何も夜釣りをしてまで・・・と突っ込まれてしまいそうだが、何とか釣り禁断症状は少し治まった(逆に増強された部分もあるが・・・)。

今朝、farwaterさんに昨夜の報告をしたところ、『え~? ホントに行ったの? 釣り○カ万歳!!』、と光栄なお返事を頂戴した。 どうも、私の、『Zacco FF熱』、は全く下がる兆しが無い・・・




鳩山付近での収穫

11月9日(金曜)。

埼玉県鳩山の父親から、恐らく初と思われる写メールが送られてきた。携帯なので粗い写真だが、アカモミタケ、ムラサキシメジを大量に収穫した模様。

うらやましい・・・・・・・

201211091605.jpg

今年は豊作なのだろうか・・・ キノコ狩り、行きたいなぁ・・・と、色づき始めた山を見る度に思う今日この頃。

仙台のエコなホテル

11月8日(木曜)。

大阪から仙台に移動。諏訪湖上空からの富士山がとても美しかった。
Mt_Fuji_20121108.jpg
Mt_Fuji_20121108_2.jpg

長野の山々が紅葉している。きっとキノコがたくさん顔を出していることだろう。
Autumn_Leaves.jpg

さて、なぜか仙台市内にホテルの空き部屋がない。何があるのか知らないが、ちょっとした学会か、ジャニーズグループのコンサートでもあるのか・・・??

毎度の楽天トラベルでホテルを探していたところ、名取市にオープンしたばかりのホテルを発見し予約してみた。
VTH_1.jpg
VTH_2.jpg
VTH_3.jpg
VTH_4.jpg

ここまでの写真なら、一見は普通のビジネスホテル。。。しかし、各部屋ごとに、こんな、”仕切り”、がある。
VTH_5.jpg

それもそのはず。実はこの二階建てのホテル。なんとコンテナでできている。
VTH_6.jpg
VTH_7.jpg

コンテナの中は、狭いものの、清潔で快適な空間。
VTH_8.jpg
VTH_9.jpg

津波の甚大な被害を受けた名取市。ホテルのロビーには、震災直後の写真や、復興を目指す人々のメッセージ等が記載されていた。その土地に行く・泊まるだけでも、復興支援の一つになることは間違いない。

そんなエリアに完成したエコなホテル。色々なエコの形があると思うが、なるほど、こういうスタイルもあるのだな。。。と感心した夜になった。



名古屋沿線・川散歩 ~庄内川・水野川・瀬戸川~

11月6日(火曜)。

土砂降りの中、東京・芝浦で仕事を済ませ、その後、愛知県瀬戸市への出張。名古屋はすっかり晴れていて、電車の乗客もまばら。前回に続き、車窓からの川の撮影を敢行。

まず始めに、庄内川。以前、ご紹介させて頂いた写真と線路の反対側を撮影。とても自然な奥行き感のある写真となった。電車のスピードと川の遠景がちょうど良い具合なのだと思う。この直後に、まるで渓流そのものの綺麗な川があるのだが、撮影タイミングが難しく今回も失敗・・・
20121106_Shonai_gawa.jpg

続いて、水野川。素敵な雰囲気の里川。Zaccoがたくさん居るに違いない。
20121106_Mizuno_gawa.jpg

瀬戸市駅に降り立ち、ほんの少し寄り道をして、瀬戸川を眺めてみた。向かって左は、悲しいかなドブ川の汚水が流れ込んでいたが、右側は清流の雰囲気。
2012_1106_Setogawa_1.jpg

ちょうど夕方の時間帯で、ライズも散見された。きっとオイカワだろう。
2012_1106_Setogawa_2.jpg

橋の下流側は、汚水と混ざってはいるものの、適度に水量があり綺麗な里川らしい景観だった。
2012_1106_Setogawa_3.jpg

良く見ると、写真上のプールの部分でライズ祭り。型は小さそうだがドライを流せば一発で来るかな・・・?、などと想像して見ていた。
2012_1106_Setogawa_4.jpg

Zacco FFを初めてからというもの、移動の道中の何気ない川が気になって仕方ない。竿を出さないまでも、こんな目線で川を眺めることはとても楽しい。

もちろん、竿が振れたら最高なのだろうけど・・・

関西Zacco Meetingを夢見つつ・・・

11月4日(日曜)。

神戸で夕方まで仕事の予定だったが、心優しいチームメンバーが代わりに残ってくれる、ということで、一足先に家路に付いた。

新幹線で帰るつもりだったが身体も疲れていて長い時間新幹線に揺られるのも嫌だったし、晴天だったし、そして時間に余裕もある。。。ならば、せっかくなので、jetpapaさん主催の関西オイカワミーティングの開催場所となっている猪名川近くのイオンの場所を確かめるべく、三宮から伊丹空港行きにバスに飛び乗った。

さて、イオンはどこかな・・・と思い、通い慣れた伊丹空港の、しかし今まで一度も行ったことがない展望テラスに足を運んだ。

すると・・・なんと、滑走路の眼の前にイオンがあった。写真だとわかりにくいかもしれないが、ほぼ中央に位置している。滑走路横に猪名川があり、その対岸にイオンがあった。
2012_1104_1.jpg

展望テラスから、初の試みで、高速連写で肩をスィングしながら撮影してみた。手ぶれや回転軸のずれが危惧されたが、2つの写真を並べてみたら良い感じの3D Photoに仕上がった。交差法(寄り目)でご覧ください。
2012_1103_Itami_AP_3D.jpg

その後、搭乗まで竹鶴のソーダ割りなどを飲みつつ、ブログやfacebookをチェック。いわゆる、アームチェアフライフィッシングというのを楽しませて頂いた。
2012_1104_2_noname.jpg
2012_1104_3.jpg

ちなみに、mihiroさんはO川で、farwaterさんも丹沢で爆釣だったとのこと。しかも、後で知ったことだが、jetpapaさんは、まさに同時刻に猪名川で釣行されていたとのこと!!??

私も釣りに行きたかったなぁ・・・ (先日、平日釣行したばかりではあるが・・・)


オオフサモのその後 ver1

11月3日(土曜)。神戸のポートピアで仕事。

昨日は三重県・松阪で仕事。有名な松阪牛の超高級ブランドの和田金の牧場の真横を通り過ぎた。たまたま牧場裏を通っただけかもしれないが、特に看板など何も無いところが、何となくニクい!

松阪 → 伊勢中川 → 名張・・・の道中の山間部を通過中に、オオフサモの件で東久留米市役所から電話があった。事前に留守電も入っていたのだが、結局、4回のコールがあった。私の肉声を聞くまでは電話をし続けてくれた市役所職人の方に敬意を表したい。

以下、mihiroさんが撮影したオオフサモの写真を貼らせて頂く。
オオフサモ_1

オオフサモ_2

電車移動中だったが何とか4回目のコールで繋がり、以下の内容をご報告頂いた。

・東京都の管轄部署に既に連絡を入れた
・速やかに対応する旨を直接伝えたかった
・大まかな場所を教えて欲しい。アタリは付くのだが・・・

メールアドレスを教えてくれれば地図と写真を送ります、とお伝えしたのだが、その辺はどうやらお硬いみたいで、結局、再度、市役所ホームページのご意見箱に、大体の場所を記入することをお約束して終了(別にメルアドを聞けたからって、クレーマーのようにメールしたりはしないのだが・・・)。

ちなみに、ご意見箱にはメルアドの入力が必須なので、今後、ご対応頂いた暁には、何らかのご報告を頂戴できると光栄だと思う・・・

*****
※ K川のRiver Keeperのmihiroさん
ご都合宜しければ来週末・再来週末くらいに、駆除の状況を見て来て頂けましたら嬉しいです!
*****

さて、松阪も寒かったが、ここ神戸も寒い・・・ 一気に冬に突入する感じ。神戸・ポートライナーの市民広場駅周辺のイタヤカエデが色づき始めていた。

2012_1103_1.jpg

2012_1103_2.jpg

こんな感じで寒くなった夜には、そろそろ鍋が似合う。ということで、今夜は、神戸市・福原という、その筋の方には有名な場所の一角にある、”はとや”、という店に出向いた。火鍋(と言っても、鍋の真ん中に仕切りがあるタイプのものではない)、そして、餃子が有名なお店。一見、町の中華屋という雰囲気。しかし、夜しか開いていない。

海鮮・肉・野菜満載の火鍋。ボリューム満点。鳥・豚・かき・ホタテ貝柱&ヒモ・海老・烏賊・野菜類がぎっしり詰まっている。おまけに味付けスープが絶品。
2012_1103_3.jpg

こちらは餃子。3人で出向いたが、4人前をオーダーしてしまった。ちなみに、写真は二人前。
2012_1103_4.jpg

さんざん食べた締めには、ラーメンを投入。これが、またすこぶる美味い。
2012_1103_5.jpg

それなりに飲んだのだが、胃に酒が入るスペースがほとんど無くなってしまい、サクっとお開きになってしまった。

ホテルに戻るポートライナーの車中から撮影した神戸港の風景の3D写真。遠景は立体感がないが、手前の照明がUFOみたいに宙を浮いていて、面白い写真に仕上がった。
kobe.jpg

オオフサモの話が、何だか食べログを中心に違うネタになってしまったが・・・ともあれ、オオフサモの進捗は適宜レポートさせて頂きます。

出社ついでのA川FF釣行記

11月1日(木)。早いもので11月に突入。
今年も残すところ、あとわずか2ヶ月。気持ち良く歳を越せるように、ラストスパートで頑張らねば・・・

昨夜は、岐阜での仕事終了が遅くなり、そのまま岐阜駅前のホテルに宿泊した。駅前は既にクリスマスの雰囲気。
2012_1101_00.jpg

本日、名古屋駅で乗り換える時に、こんな面白いポスターを発見。実は、名古屋はグルメな街。美味しいものがたくさんある。特に、写真右下の、”あんかけスパゲティ”、は絶品。。。というより癖になる味と言うべきか・・・?
2012_1101_01.jpg

昼過ぎに東京に戻ったが、今週末は土日ともに神戸で仕事なので、午後は半休を取りK川にリベンジに・・・、と思っていた。しかし、週末に使う大きめな荷物を会社に取りに行かなくてはならなくなり、ならば以前から気になっていた川を探索に・・・、ということで、竿持参で、車で会社(東京都日野市)に向かった。

自宅を出発し約40分強、目的の川に到着した。実は、今年の初春に休日出勤した際に、同じ場所で竿を振ったことがあった。フライを突付く魚が小さ過ぎて『ボ』に終わったが、本シーズンにはそれなりに魚が居るのでは、と予測できる釣行だった。

川原に下りたら、驚く程のクレソンの大群。オオカワジシャも至るところに美味しそうな大きさで群生していた。しかし明日からまた二泊の出張なので、本日はスルーした。
2012_1101_02.jpg

風が強かったので、まずはウェットで・・・、と、毎度のmihiro100均special改 #18を結ぶ。数投目から小気味良いアタリがあるが、なかなか魚が乗らない。しばらく粘ると、フライをひったくるようなアタリで、こんな魚が
お目見えした。
2012_1101_03.jpg

高尾山登山ついでの釣行以来のウグイ。あーら久しぶり、とご挨拶。
2012_1101_04.jpg

ちなみに、このウグイが出たのは、こんな流れ。写真の左のチャラ瀬。
2012_1101_05.jpg

その後も、頻繁にアタリがある。程なくして大きなアタリがあり、水面まで魚を寄せたがバレてしまった。大きなウグイか???

諦めずに数投すると、再び大きなアタリで強いヒキ。何とか釣れてきたのは、良型のオイカワ。考えてみれば、A川のオイカワとは初対面。ほぼイワシサイズで嬉しい一匹。
2012_1101_06.jpg

これでウェットは早くも終了。風はあるがドライに挑戦。すると、ウェット以上に入れ食い状態となる。
2012_1101_07.jpg

良型のオイカワを再び。
2012_1101_08.jpg

辺りはだんだん薄暗くなってきた。ドライが見えにくくなってきたので、再びウェットに戻す。今度は#21のmihiro100均special改を結ぶ。
2012_1101_09.jpg

すると、いとも簡単に釣れてきてくれたオイカワ。
2012_1101_10.jpg

実はこの後、本日最大のオイカワを釣り上げたが、撮影前に逃亡され写真なし・・・間違いなく今年一番大きなオイカワだったのだが・・・残念無念。

更に暗くなるまで大いに楽しんだ。小型のオイカワばかりだったが爆釣モード。最後は5cmくらいのオイカワがスレで釣れてしまい、ごめん、ごめん、と言いつつ納竿した。

気が付くと、こんなに綺麗な富士山が見えていた。昼間に見ると既に山頂は真っ白だが、夕焼けに映えて美しいシルエットになった。
2012_1101_11.jpg

ありがとう、A川。また会う日まで・・・
2012_1101_12.jpg

再び車に乗り込み、会社に到着したのはわずか15分後。無事に荷物を受け取り、しばらく仕事した後、仕事仲間4人を車に載せ豊田駅まで送り届けた。

Y川やK川に比べると大河的な雰囲気のA川。しかしポイントを探ると、Y川・K川規模の川で釣っている気分になる。魚が多いのか、単にスレていないのか、久しぶりの爆釣気分を味わうことができ、ラッキーだった。

次の釣行機会はしばらく先になりそう・・・今日の魚の感触を手に温存しつつ、しばらくは仕事に没頭しようと思う・・・

プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク