HOME   »  2013年09月
Archive | 2013年09月

夏以降初のブーツで釣行 ~久しぶりの赤不動~

9月22日(日)の釣行記。

AM9時頃よりいつもの川で安近短釣行。
20130922_01.jpg

川底の石はピッカピカ!
20130922_02.jpg

これはどう見ても期待できそう・・・
20130922_03.jpg

しかし・・・、いつもなら必ず反応があるポイントにフライを投げるも沈黙が続く・・・。ならば、ヘチ際にキャストしてみたら、いきなりの反応。少し涼しくなってきたので、久しぶりのブーツでの釣行。ブーツと共に記念撮影。
20130922_04.jpg

再び、少し下流のヘチ際にキャストすると、もの凄く派手な飛沫を上げて飛びついてきた。愛竿Blue Heron #1-2, 7psが弧を描く。
20130922_05.jpg

そして・・・釣れてきたのは、久しぶりの赤不動様。
20130922_06.jpg

鮮やかなオレンジ色。
20130922_07.jpg

精悍な顔。大きな口。そして追星。
20130922_08.jpg

そして、Zaccoとしては手のひらにずっしりくるサイズ。
20130922_09.jpg

ドライはこれでおしまい。ウェットに結び替えて・・・
20130922_10.jpg

キクイモの花と一緒に記念撮影。
20130922_11.jpg

そして、愛竿Blue Heronと共に・・・
20130922_12.jpg

その後、ウェットで数匹釣って納竿。今回も実釣は約40分程度。水が澄んでいたので、上流の橋から川を眺めてみることにした。彼岸花が満開。この季節、彼岸花=サクラシメジ、という図式が小学校3年生の時から頭に刻み込まれている。野山に繰り出したらさぞや楽しいだろう・・・と思う今日この頃。
20130922_13.jpg

渓流かと見間違う程の透明度。亀がゆっくり浮上し、呼吸して再び潜って行った。右の砂地の場所に良型のツチフキと思われる魚体を発見。写真ではわからないが・・・
20130922_14.jpg

オイカワの群れ。良型も混じっている。
20130922_15.jpg

大好きな光景をそのまま眺め続け、かなり長い時間をボーっと過ごしてから帰路についた。
20130922_16.jpg

そして、いつものパーキングへ。朗報と言うべきか・・・最大料金が200円下がった。しかし、60分200円が40分200円に変更されてしまい、この日の駐車料金は600円・・・(どれだけボーっとしていたのか・・・笑)
20130922_17m.jpg

その後、自宅を18時に出発し、家族(但し、娘だけ部活のために留守番・・・)で箱根に向かい、息子の幼なじみ家族と楽しい時間を過ごした。翌日は面白いアトラクションも経験したので、またそのうちにアップしたいと思っている。

※おまけ
幼なじみの仲良し同士の足。小6になったが、どうやら、足のサイズは既にカミさんを超えたらしい・・・(ちなみに、小さい方が我が息子)。
20130922_osananajimi.jpg




スポンサーサイト

アサレンノススメ

9月21日(土)。

昨夜は札幌から遅くに帰宅し、結局、就寝したのは3時前・・・さすがに朝練釣行には行けなかった。3週間前の朝練釣行になるが、気持ち良い朝の出来事だったので、記事にまとめてみたい。

・・・ということで、9月1日(日)の釣行記。

自宅をAM5時過ぎに出発。そのわずか15分後にはいつものTimes100円パーキング。
20130901_01m.jpg

ちなみに、このパーキングは、こんなスーパーマーケットの向かいにある。それにしても、気持ち良い青空の日だった。
20130901_02.jpg
20130901_03.jpg

いつもの川までは徒歩5分。まだ、川には太陽が射しこんでいない。
20130901_04.jpg
20130901_05.jpg

すぐに釣れてきたカワムツ。
20130901_06.jpg

この日はジョニー印・愛竿バンブー。
20130901_07.jpg

青空に映えるキクイモ。これからの季節、この花がどんどん増える。地下茎は食べられるのだが、まだ食べたことがない。食感はレンコンに似ると聞く。
20130901_08.jpg

朝陽が作る私の影。
20130901_09.jpg

カワムツが飽きない程度に釣れる。オイカワがかからない・・・
20130901_10.jpg

夏日とは言え、朝の少しの冷気に気持ち良さげなおじさんと散歩中の犬。
20130901_11.jpg

水浴び中のワンちゃんのお楽しみを奪っては申し訳ないので、上流側に移動し、愛竿と記念撮影。
20130901_12.jpg

水面に射す陽が作る私の影。
20130901_13.jpg

この日、初めてのオイカワ。
20130901_14.jpg

伐採後もすくすくと伸びる桑の木。とうとう枝の上に竿を置けるくらいに成長した。
20130901_15.jpg

再び、オイカワ。
20130901_16.jpg

満開のツユクサ。
20130901_17.jpg

ツ抜けもできたことだし納竿。帰路につく前に再び川を眺めた。
20130901_18.jpg

以上、これだけ気持ち良い朝を過ごしZacco FFもしっかり楽しんでも、駐車料金はわずか200円。AM8時前だと1時間100円。
20130901_19.jpg

しかも、その15分後には帰宅し、美味しく朝ごはん。こういう一日のスタートって悪くないと思う・・・
ということで、『アサレンノススメ』、でした。

追伸)
花壇のスィートバジル。最近は、これを大量に投入するパスタがお気に入り・・・という訳で、この日はお昼も美味しく食べてしまった・・・
20130901_20.jpg






中秋の名月の日に・・・

9月19日。

神戸で目覚めた朝。神戸発で広島に日帰り出張。久しぶりの新神戸駅。駅舎から布引の滝を眺めた。秋空の下、清々しい朝の光景。
20130919_Nunobikinotaki_morning_1.jpg
20130919_Nunobikinotaki_morning_2.jpg

広島での仕事も無事に(?)終わり、駅前のお寺で恒例の義母の墓参りを済ませ、中秋の名月を眺めた。
20130919_hiroshima_Full_moon.jpg

その反対側には駅前に流れる川。
20130919_hiroshima.jpg

久しぶりに見る500系の新幹線。それも二台並んでいた。
20130919_hiroshima_500.jpg

その夜、新神戸駅に到着し、布引の滝近くまで歩いてみた。駅からわずか100mと言ったところか・・・。コンデジの割には、綺麗に撮れた気がする。
20130919_Nunobikinotaki_evening.jpg

今、この記事は新千歳空港で書いている。三連休前だというのに帰りの飛行機をおさえていなかった私は、全便満席で早々に東京戻りを諦め、しかし札幌や千歳のホテルも全く空きがなく、苫小牧にでも移動するか・・・と思っていた矢先に、たまたま一席だけJAL便が空いた。

搭乗ロビーは人・人・人・・・。三連休を前に帰省する単身赴任族、連休を東京やTDL等で過ごす人達なのだろう。そんな人達を見て急に、凄く昔のことを唐突に思い出した。それは、日航機墜落の話。

あの日、強運の持ち主の我が先輩は、東京から大阪に出張だった。機体が行方不明になりTVでは慌ただしく様々なニュースが報道されており、その時、先輩の名前がTVに映し出された。彼の名前が搭乗者リストに載っていた訳である。

大阪の事務所では、絶望に近い状態で皆が黙り込んでいたらしい。そこに、その先輩が何食わぬ顔で現れた。皆、一斉に、『オバケだぁ!』、と叫んだらしい。

先輩に聞くところに因れば、搭乗カウンターにどうしても一便早く乗りたいと懇願するサラリーマンが居たらしい。たまたま、その時にお腹が痛くなった先輩はトイレに行くかどうか悩んでいた折、その人を不憫に思ったらしく、ならばチケットを交換しようと申し出たらしい。

その結果、先輩は生き残り、そのサラリーマンは他界された。先輩曰く、その時のサラリーマンの嬉しそうな顔を忘れることができない・・・と言う。

さてさて、東京行き21時発でそろそろ搭乗。たまたま幸運にも一席確保できた私は、東京に無事に戻り、週末は竿が振れるだろうか・・・

安心の翼・JALを信頼して搭乗することにしよう。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※帰宅してから追記

もちろん、無事に帰宅致しました。 
さて、三連休の始まりですね。皆様、良い連休をお過ごしください!!








まだ見ぬGraylingに想いを馳せて・・・

9月16日(月)。敬老の日。

夕方には何とか落ち着いたが、台風18号の影響で大荒れの一日。先週金曜こそ平日釣行できたが、この3連休は釣行かなわず・・・だった。

少し前のことになるが、Englandの釣友Mr.Cより、兼ねてから憧れている魚の写真が届いた。
2013Aug_Cg_01.jpg

私の憧れの魚、Grayling。背びれが大きくカラフルで美しい魚。大昔、小学校の道徳の教科書に出てきた記憶がある。この魚、オイカワやハスとは異なるのだが、何となくオイカワやハスに通ずる親しみを感じてしまうのは、私だけだろうか・・・? 以下、こんなサイトを見つけたので、綺麗な背びれをご参照ください。

Mr.CがGraylingを釣ったのは自宅至近の川。まさに『安近短』Fishing。ちなみに、テンカラで釣ったとのこと!
2013Aug_Cg_02.jpg

もうワンカット。
2013Aug_Cg_03.jpg

ちなみに、こんな写真も・・・。この黄金に輝く鯉は、お化けが出る神秘的な池で釣ったらしい。お化けについては具体的に詳細を教えてもらったが割愛させて頂く・・・。むしろ、渋いタックルに注目!
2013Aug_Cg_05.jpg

綺麗な蝶の写真。
2013Aug_Cg_04.jpg

こんな綺麗な花の写真も。ちなみに、名前はFairy Flaxというらしい。
2013Aug_Cg_06.jpg

そして、同じく私の興味を引いたキノコの写真。遠い英国でも、同じようなキノコが生える模様。英国名でWEBでいろいろと検索して調べてみた。どのキノコも検索できたが、微妙にMr.Cが送ってくれた写真と異なるものもある。なので、以下は私の予想も含めて記載させて頂く。プロの目から見ると間違っているかもしれないので、あくまでもご参考程度に・・・

Chicken of the Woods:マスタケ(鱒茸)。鱒の身の色に似ているから・・・と命名されたキノコ。若いものは食用。
2013Aug_Cg_masutake.jpg

Common Funnel:WEBで調べてみたらホテイシメジ系?。だとすると、たくさん見かけるキノコだが、残念ながら私にはあまり縁がないキノコ。なぜなら、酒と共に食べると悪酔いするため・・・。ちなみに、彼の写真からは、カラマツチチタケか何かに見えなくもないのだが・・・
2013Aug_Cg_Common Funnel

Greasy Green Brittlegill:カワリハツ? この写真だけだと私レベルでは判断は難しい・・・。もしカワリハツなら食べられるが、この種は似た毒キノコも多いので要注意。
2013Aug_Cg_kawarihatsu.jpg

Panthercap:テングタケ。これはどう見てもテングタケ! 毒なので決して食べてはいけない!
2013Aug_Cg_tengutake.jpg

Common Earthball:ショウロの類? いわゆるトリュフの仲間。
2013Aug_Cg_shoro_gr.jpg

Lurid Bolete:ヤマドリタケ系? 老菌なので良くわからないが、日本でも良くみかける美味しいキノコ。フレンチやイタリア料理とかで有名なセップやポルチーニと同属。
2013Aug_Cg_iguchi_gr.jpg

英国でGraylingを釣りながら、時折、地面を眺めてキノコ鑑賞・・・きっと楽しいに違いない。できれば、味噌を持参して、美味しい味噌汁を作りたい・・・、日本から米を持参しキノコごはんも良いなぁ・・・。

いつ行けるか、いや行けるかどうかすら全くわからないのに、こんな想像をするのはとても楽しい!! 英国で釣りして、スコッチ醸造所巡りなんて、楽しいだろうなぁ・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Dear Mr.C

Thanks so much for sending me your great photo as always. Grayling is one of my yearning fish !!

I wish I would fish with you at this river and also ... want to enjoy the mashroom gathering after(during...?) fishing ... When the plan comes together, I'll bring Miso (Japanese soybean paste) and Japanese rice to make some typical Japanese foods with the mashrooms for you. And no worries!! You can enjoy Japanese whiskey as well.

Next time, pls show me a bigger Grayling with the beautiful back fin !! I look forward to seeing it !!

Tight lines !!

Regards.
Green Cherokee




朝日の渓に・・・ ~ 釣りのちコーヒーのち温泉・そしてZacco FF ~

9月13日(金)。

(まず始めに・・・ かなり長い記事になりますこと、ご了承ください・・・)

待ちに待った平日釣行の日。ジョニーさんとダブルさんとの4/26の渓流釣行をきっかけに、かなり以前より是非リベンジを!!、という話が持ち上がっていた。しかしご多忙のお二人。私も含めてなかなかスケジュールが合わず、9/13なら何とかなりそうだったのだが、あえなくダブルさん は仕事を休めない状態となり・・・、ジョニーさん と二人で朝日の渓に降り立った。

早朝の木漏れ日が美しい。
20130913_01.jpg

ジョニーさんの新作バンブーロッドを撮影させて頂いた。#1程度の柔らかさ!
20130913_04_2.jpg

そして早速、竿を振り始めるジョニーさん。
20130913_02.jpg

再び、木漏れ日。
20130913_03.jpg

さっそくのヒット! 竿が満月にしなっている。
20130913_04.jpg

幸先良いイワナ。カメラを忘れ、代わりにiPhoneで撮影するジョニーさん。
20130913_05_J.jpg ジョニーさん撮影。


朝日を浴びて撮影に嵩じるジョニーさんをパチリ。
20130913_05_G.jpg

私もイワナに出会いたい一心で竿を振る。
20130913_06_J.jpg ジョニーさん撮影。

そして・・・念願の一匹!! これにて、ジョニー印・愛竿バンブーにイワナ入魂完遂!!
20130913_07.jpg

撮影に嵩じる私をジョニーさんが撮影。
20130913_08_J.jpg ジョニーさん撮影。

上の写真でもお分かりかと思うが、見事なほど、オイカワサイズのおチビイワナだった。それでも、イワナはイワナ。私にとっては貴重な一尾。
20130913_09.jpg

その後もゆっくりペースで釣りあがるものの、私はジョニーさんの目の前で痛恨のバレ・・・、それ以降がなかなか続かない。一方、ジョニーさんは私と違って、一投目からピンポイントにフライが入る。こんな風にフライを投じることができる日が、私には来るのだろうか・・・? (溜息)
20130913_10.jpg

そして、すかさず、今度はヤマメをゲットしたジョニーさん。
20130913_11.jpg ジョニーさん撮影。

薄暗い渓だったので、ストロボ使用。
20130913_12m.jpg

一級ポイントを攻めるジョニーさんの後ろで、愛竿バンブーと製作者との記念撮影に嵩じていた時・・・、なんとジョニーさんの竿が曲がっている! 何とも絶妙なタイミング。
20130913_13.jpg

ハンドランディングして、こちらにポーズを決めるジョニーさん。この直後、良型のヤマメはするどい跳ねを決めてご帰還された。
20130913_14.jpg

その後、更に釣りあがるも、かなり渇水の状況。反応はあるものの小型ばかりでフッキングしない。とは言え、反応があるとついつい熱くなってしまう。しかし、もしや良型が潜んでいるかも・・・と果敢に攻めるジョニーさんを撮影。
20130913_15.jpg

そろそろ潮時。綺麗な滝の手前で納竿。苔むす岩の上で、最後にジョニー印・愛竿バンブーを記念撮影。
20130913_16.jpg

川通しで来た道を戻った。途中、綺麗なチシオダケを発見。如何にも森のきのこ風で可愛い。
20130913_17.jpg

途中、愛くるしいヒバカリと遭遇し、思わず捕獲。小型のヘビの撮影は難しい。このように持ち上げてしまうと、なかなかピントが合わない。オンラインのピンボケ補正アプリを用いて修正してみた。
20130913_18_J.jpg ジョニーさん撮影。

何とか愛竿バンブーと一緒の記念撮影にトライする私。
20130913_19_J.jpg ジョニーさん撮影。

薄暗いし、やっぱり撮影は難しかった・・・ 私のピンボケ写真を無理やり修正してみた。愛竿バンブー・ティペット・ヒバカリ・フライライン・リーダー・・・それぞれが川の字に並ぶ姿を思い描きながら撮影したのだが・・・残念。
20130913_20.jpg

さて、いよいよお待ちかね、『野点コーヒータイム』到来!! 二人とも、”今日はコーヒー飲みに渓に来た・・・ついでに釣り・・・”、と本気で語ってしまう程、このイベントの重要度は高い。ジョニーさんお手製のアルコールストーブで、沸騰するまで気長に贅沢な時間を過ごした。
20130913_21.jpg

野点で湧かすコーヒーは、なぜこんなに美味しいのだろうか・・・。おやつをツマミつつ、思わず、二人ともコーヒーをおかわり。
20130913_22.jpg

いよいよ車に戻るタイミングが来た。最後にジョニー印のバンブー2本を並べて記念撮影。
20130913_23.jpg

車に戻る林道脇に、マタタビがたくさん実を付けていた。早めに熟した実を一つだけ採取し、ジョニーさんと試食し、甘酸っぱい味を楽しんだ。既に渓流釣りシーズンは終わっているが、完熟するタイミングにまた採取しに来たい・・・
20130913_24.jpg

その後、ジョニーさんと温泉に立ち寄った。平日だったため空いていたので、ジョニーさんと二人で露天風呂を占有。早朝からたくさん話したのにまだ話題が尽きず、あーだこーだの歓談をお湯に浸かりながら楽しんだ。

野点コーヒーに温泉、そして釣り・・・、という超贅沢な時間もいよいよ終わり。温泉の駐車場で急に現実に戻る二人。恐る恐る携帯を眺め、”うわぁ~っ、○○通のメールが!”、とジョニーさんも苦笑いしている。会社の創立記念日でお休みだったジョニーさんだが、結局、仕事が佳境で休日出勤も危うい中、何とか帳尻合わせて下さったジョニーさんのお蔭で、とても楽しい一日を過ごすことができた。

ジョニーさん
早朝から盛りだくさんの楽しい一日になりました。そして、美味しいポイントをことごとく譲って頂いたにも関わらず荒らしてしまってごめんなさい・・・。 
とても贅沢で満ち足りた時間を過ごすことができました。すっかりお世話になり、本当にありがとうございました!! また必ずご一緒くださいね!!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、例外に漏れず、私も温泉の駐車場で約30分滞在し、緊急メール&コール対応をひとまず終え・・・、向かった先はこんなところ。帰り道の途中にある里川。
20130913_25.jpg

汗を流した身体に、再び、汗をかきながら、Zacco FFの部を再開。釣り○カに付ける薬はない・・・ (笑)
昨年はカワムツしか釣れなかったが、今回はオイカワ爆釣。
20130913_26.jpg

分速・約一尾・・・で、実釣20分で軽くツ抜け。そして納竿。
20130913_27s.jpg

色づいた稲の穂も首を傾げてきた。夕暮れの田んぼと里川、そして、緑チェロキーを、最後にパチリ。
20130913_28.jpg

渓流&Zacco FF、は以前より一度は経験してみたいと思っていたが、今回、目出度く実現できた。翌日(3連休初日)は早朝より福島出張を控えており、帰宅後は早々に就寝。普段の運動不足が原因で、渓流釣行の後は膝が笑っている状況だったが、適度な疲れのお蔭で、翌朝は気持ち良く目覚めることができた。

ともあれ、早朝から盛りだくさんの楽しい一日となった。人間の人生の時間は限られている。こんな楽しい時間を、もっともっと積み重ねて行きたいと心底思う。





我が旧宅を対岸から眺める・・・ ~後編~

前記事の続編。

まずは、9月6日(金)。ホテルの部屋から眺めた我が旧宅の風景。真ん中に見えるのが豊平川。ちなみに、我が旧宅は真ん中の茶色のマンション。
My old house_2

前夜の写真と比較。
My old house

ズームして撮影。建物だけ見れば昔のまま(当たり前か・・・)。
My old house_3

ホテル上階より中島公園を眺めた。右手前には、綺麗な水の滝がある。
My old house_4

その翌日、別のホテルに移動したが、到着してみて豊平川の真横のホテルであることを知った。いつもは自分でホテルを予約するのだが、この日だけは札幌市内のホテルが満室で、会社のアドミニさんにホテル探しを依頼していた。こうなると、翌朝は忙しかろうが何だろうが早起きして川を見に行かねばならない。

ホテルから徒歩1分。豊平川の河岸に立ち、南七条橋を眺めた。真ん中に見えるのは我が旧宅。
20130906_1.jpg

河岸にはイタドリの群生。本州のものと比べると随分背が高い。ちなみに2m以上ある。
20130906_2.jpg

もちろん、スーツのパンツに革靴、Yシャツの姿。しかし、全く問題なくこんな場所まで来ることができた。何となく癒される瀬。ここにフライを流したら果たして反応があるだろうか?
20130906_3.jpg

もし、ここにウグイでも居ようものなら、結構釣れそうな気がする。
20130906_4.jpg

このコンクリートの階段に、こんな植物が・・・
20130906_5.jpg

この瀬にも癒される・・・
20130906_6.jpg

河岸から旧宅を眺める。札幌在住時代、実は豊平川の河岸に立つ機会は無かった。里帰りで新発見・・・と言ったところか。
20130906_7.jpg

川の土手から河岸までは、革靴Fisherにとって、このような至れり尽くせりの道がある。
20130906_8.jpg

せっかくなので、水中にカメラを入れてみた。瞬く間に手が痛くなるくらい水が冷たかった・・・
20130906_9.jpg

河岸にスベリヒユを見つけた。都心のどこにでも生えている野草だが、山形ではこの栽培種が八百屋で売られている。酸味があるが、結構美味しい。
20130906_10.jpg

グミの群生。初夏に来たら食べ放題だろうか・・・
20130906_11.jpg

この後、ホテルの部屋に戻り、夕方の講演のための資料を必死に作成。チェックアウト時間までには到底終わらず、ホテルの駐車場横のベンチでひたすら仕事・・・。屋外にも関わらず、曇天で気温が20℃程度だったので、室内以上に心地良く仕事をすることができた。

何だか身体が圧倒的に落ち着く札幌。札幌在住時代にZacco FFに出会っていれば、きっと毎週末のように豊平川沿いに歩いて出向いていたことだろう。最も、ちょっと車で走ればヤマメに出会える渓があったので、灯台下暗し、だったのかもしれないが、一度くらい豊平川で釣りを体験してみるべきだった。

今年の間にまだまだ来る機会があるので、一度くらいは竿を振ってみたいと思っている。オイカワやカワムツが居るのか? やっぱりウグイが主体なのか? もしかしたらヤマメが釣れちゃったりして・・・(jetpapaさんに因れば、どうやら釣れるらしい・・・)。







束の間の朝練釣行&楽しみにしていた写真展 ~2020東京五輪決定の日~

9月8日(日)

長かった5泊の出張最後の札幌でのイベント(何と学会でトリの講演・・・(大汗))も無事に終了。その後、止せば良いものを、シンガポールから来日しているnice guyとススキノで飲み会。結局、最終便で疲労困憊して帰宅。ちなみに、最終便に乗るとしても、ススキノで20時まで余裕で飲めてしまう。

そのままブログやメールを見たりしてAM2時過ぎに就寝。このままゆっくり朝寝坊するまで寝ようと思っていた・・・が、AM4時くらいから時計のアラームが煩い。何度も鳴るので、ついつい目が覚めてしまった。そんな時間にアラームをセットしたのは娘。何でも、五輪決定の瞬間をTVで観たいとのこと・・・

私的には、そんなの後から知れば十分・・・だったのだが、目が覚めてしまったものは仕方ない。その瞬間を娘と迎えることにした。しかし、いざ決定の瞬間に皆が喜ぶ姿を見ていると、まんざらでも無い気分になった。

2020年。私は55歳。娘は23歳、息子は19歳。皆それぞれどのように成長していて、どんな暮らしをしているのか・・・、願わくば、子供達には気の利いた私の飲みに付き合ってくれるような彼氏・彼女が居て、そして、私は相変わらず、体力的にも精神的にも楽しい釣りができる状態と環境でありたいと思ったりしながら、TVを観ていた。

・・・の割には、実は、ちゃっかり釣り支度も整えたりしていた。朝連の絶好のチャンス。。。しかし、自宅を出発しようと思った矢先にいきなり土砂降り。止む無くそのままダラダラと時間を過ごしていたが、AM6時頃になって空がだんだん明るくなってきたので、いつもの川に向かってみた。

5泊の出張中、東京・埼玉はそれなりに雨が降ったのか、いつもの川はやや増水気味。しかも、川底はピカピカ。これはまさに、『雨後の爆釣』・・・などと独りニタニタしつつ竿を繋いでわずか3投目。水面近くで何となくカラフルな色を感じつつ魚を寄せると・・・祝・2020東京五輪versionの婚姻色の韋駄天さん!
20130908_01.jpg

別の角度から・・・
20130908_02_idaten.jpg

橋を潜って上流側に移動し、愛竿Blue Heron #1-2 7pcと記念撮影。
20130908_03.jpg

その後もこんなオイカワがちらほら。珍しく今日はカワムツがかからない・・・
20130908_04.jpg

実釣約50分。何とかツ抜けて納竿。そして、川底の石を撮影。
20130908_05.jpg

最後に、橋の上から上流と下流を撮影。
20130908_06.jpg
20130908_07.jpg

帰宅して朝食後、息子を塾に送り届けて、そのまま倒れ込むように再就寝・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして午後。最近の週末の日課であるスパゲッティナポリタン(多量の自家製スィートバジル入り)を作り、たらふく摂取し終えたのは14時過ぎ。兼ねてより、訪れたい場所があったので、愛車・緑チェロキーで独りで向かった先は東久留米市生涯学習センター。

実は、私が愛読させて頂いているブログ『東久留米みてある記』のkuromeさんが参加されている写真展の最終日。パソコンの画面ではなく、綺麗な高解像度の写真パネルの状態で、どうしても見てみたかった。

まず飛び込んできたのは、見覚えあるセミの羽化の写真。
Kurome_Photo_Gallery_2.jpg

写真を凝視していると、STAFFの名札を下げた初老の方が声をかけてくださった。kuromeさんのお仲間のお一人だが、kuromeさんの所在を尋ねてみたところ、お昼過ぎに一度帰られたとのこと・・・残念。その方としばしおしゃべりし、kuromeさんの写真を見に武蔵野市から来たことを告げた。

そのまましばらくの間、馴染みのある写真の数枚を再び凝視していたところ、その方がもう一人の方を連れて来て下さった。その方こそ、kuromeさんご本人だった!!

その後、たくさんおしゃべりさせて頂き、一枚一枚の写真に豪華解説付き、という何とも贅沢な時間を楽しみつつ、写真を満喫させて頂くことができた。ちなみに出勤途中、ご自宅から東久留米駅に向かうまで、いつも川沿いを歩きつつ、シャッターチャンスを狙っていらっしゃるとのこと。
Kurome_Photo_Gallery_1.jpg

馴染みのアオサギや猛禽類最小のツミをはじめ、カワセミや昆虫や花まで・・・、いつも素敵な写真で楽しませてくださるkuromeさんだが、先にもご紹介させて頂いたこの一枚も私の大好きな写真。
My Lovely small creek around me

こんな写真が撮れる方はきっと、眼の奥にスケールの大きな優しさが滲んでいるような方のはず・・・と勝手に想像していたのだが、当のご本人は紛れもなくドンピシャリの方だった。

kuromeさん
今日はお目にかかれて大変光栄でした。次回の写真展も、そして、日々のブログアップも楽しみにしています!!
そしてそして、河岸で日々成長を続けている桑や胡桃の木々も、お互いに見守って行きましょう!!


我が旧宅を対岸から眺める・・・ ~前編~

9月5日(木)

月曜より5泊の国内出張。昨夜まで大阪で多忙な日々を過ごし、本日は午後より札幌に移動。大阪ではウクライナ出身の女性と朝から晩まで仕事に明け暮れ、ようやっと札幌で彼女やシンガポールから来日したマブ友を交え一息つくことができた。

ちなみに、彼女の旦那はカムチャッカに親しい友人が居るそうな・・・きっとスレてない渓魚がたくん居ることだろう。しかも、イクラの味には慣れ親しんでいると言う・・・日本人だけの味だと思っていたが、新たな発見だった。

さて、何故かここ札幌では、ホテルがどこも満室。ようやく確保できた一部屋は、札幌の中島公園より更に少し南に行った場所で、豊平川の真横だった。釣竿不携帯が悔やまれる・・・

部屋に入り、ふと外を眺めると・・・、なんと、南九条橋と我が旧宅の賃貸マンションが見えるではないか!!
という訳で強烈な郷愁を感じつつ、思わず、ブログ更新した次第。明朝も撮影してみたいと思っている。

明朝は、釣竿不携帯でも付近の散策でも敢行したいところだが・・・体力が残っているかどうか・・・

My old house



2013夏休み・おまけ釣行記 ~ハスを再び~

8月28日(水)。

夏休み最終日。前夜遅くに、千葉への家族旅行から帰宅。先日の楽しかったハス釣行を再び・・・と思い、mihiroさんに海釣りタックルの返却ついでに誘ってみたところOKとのことで、二人で向かった。

現地には15時過ぎに到着。先日のハス釣行とは異なり、気持ち良い晴天。かなり暑い日だったが、川にじゃぶじゃぶと入ると何とも気持ち良い。

早速、竿を振るmihiroさん。私は彼を見学しつつ、オニギリをもぐもぐ・・・
20130828_01.jpg

今回は、”もしかしたら大きなハスが釣れるかも・・・”、という大いなる期待を込めてネットを持参。最初にネットに入ったのは、相変わらずのイワシサイズのオイカワ。
20130828_02.jpg

手のひらに載せてみたが、やっぱりデカい・・・
20130828_03.jpg

16時頃、Blue Heronさんもお越しになられた。『あそこに投げたら釣れるよ』、とアドバイスを得て、わずか数投目でハスをゲットしたmihiroさん。
20130828_04_m.jpg

先日よりは小ぶりだが、まずまずのサイズ。
20130828_05.jpg

すぐ横で、それも今しがた私がフライを投じたポイントで、素晴らしいサイズのハスをかけたBlue Heronさん。やっぱり、圧倒的に何かが・・・いや、何から何まで違う!! その後も、Blue Heronさんの釣りスタイルをしっかりと見学させて頂くことができた。ちなみに、右上に写っているのはBlue Heronさんのご友人。
20130828_06.jpg

一方の私は、その後も良型のオイカワはかかってくれるのだが、”またオイカワ・・・?”、という状況がしばらく続く。オイカワフェチの私も、この時だけはハス狙いが故に、イワシサイズのオイカワにも落胆してしまうこの上ない贅沢さ・・・

また良型のオイカワかな・・・、と思ったら、水面に見えたちょっと大きめな頭部に期待してネットに入れたところ、めでたくハスだった。愛竿Blue Heron #2-3 3pcと記念撮影。
20130828_07.jpg

この写真の後、見事なジャンプを決めて、ネットから逃走・・・。もう少し、口のアップ写真を撮りたかったのだが・・・
20130828_08.jpg

最後まで果敢に竿を振るmihiroさんの勇姿。
20130828_09.jpg

帰宅後の予定があったので、17:30過ぎに納竿。Blue Heronさんとご友人にお別れを告げて帰路に向かった。その時点でも既に数尾のハスをかけたとのこと。きっとその後も爆釣したに違いない。いつの日か、Blue Heronさんのように、オイカワ並みにハスをかけてみたい!!

さて、何とか約束の時間ちょっと過ぎに帰宅。その約束とは・・・先日の釣果を家族で食すこと!! ムニエル風の小魚達。右手前はニシキベラ。
20130828_10.jpg

こちらは塩焼きに。小さくても、鯛はやっぱり鯛だった。
20130828_11.jpg

短かった夏休みもあっと言う間に終わってしまった。思い返せば、毎日、釣竿を握っていた。こんなに釣りが充実した夏休みもかなり久しぶりで、しっかりリフレッシュできた。

※おまけ
この翌日の木曜は猛暑の大阪に、金曜はムシムシの大阪から雨の旭川に移動。その旭川空港到着時の気温がコレ。涼しいを通り越して少々肌寒い・・・
20130830_1.jpg

機内からも素敵な渓流が幾筋も見えた。釣竿持参で長逗留したい気持ちを抑え日帰り出張・・・
20130830_2.jpg







プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク