HOME   »  2013年10月
Archive | 2013年10月

Monocacy Creek 小散歩

10月30日(水)

アメリカ・ペンシルバニア州はBethlehemのHotelに無事に到着。少しだけ隙間時間ができたので、カメラを片手に小散歩してきた。Monocacy Creekはホテルから『安近短』の里川そのものだった。ウグイに似た魚影(20cm強?)も確認できただけに、釣りができないことが心底悔やまれる・・・

Bethlehemは本当に長閑で綺麗な街。取り急ぎ、写真だけ貼っておきたいと思う。

20131030_01.jpg
20131030_02.jpg
20131030_03.jpg
20131030_04.jpg
20131030_05.jpg
20131030_06.jpg
20131030_07.jpg
20131030_08.jpg
20131030_09.jpg
20131030_10.jpg

さて、明日はいよいよ仕事本番。綺麗な景色も見ることができたし、とにかく気合いを入れて頑張らねば・・・




スポンサーサイト

機内から初のブログアップ

10月29日(火)。

20131029_1.jpg

今日から三泊五日でNew York City経由Bethlehemという小さな街に出張。北海道のお客様とJFK空港にて合流し、共にLimoに便乗し3時間強のドライブとなる予定。

2009年以来のNYC。あの時は、名医でもありイトウ釣師でもあるM氏と同行だった。思い返せば、私の人生初の飛行機は1989年、大学を卒業式前の春休み、JFK行きのUnited Airline便だった。ろくに英語も話せず、しかも、到着した日のホテルしか確保せず、単身でアメリカを転々とした約3週間の旅は、文字通りのワクワクドキドキの旅だった。

さて今回、Bethlehemで宿泊するホテルの目の前に、どういう訳だか綺麗そうな小川がある。Google Mapで調べてみたら、Monocacy Creekという名前の模様。航空写真で見ても、小さな堰や瀬、トロ場等があり、一見では、Zacco FFが楽しめそうな場所と見受けられる。

Monocacy Creek

悩ましいのは、時間的余裕が全くないこと。しかし、万が一の可能性にかけて、ジョニー印・愛竿バンブーがスーツケースに紛れ込んでいる。到着したらホテルの人に聞いてみようと思うが、仮に釣りができるとしてもライセンスが必須だと思われるが・・・

最悪、早朝に愛竿と記念撮影だけでもできれば・・・くらいの軽い気持ちで出向いてみようと思う。

追伸)
今、搭乗しているJAL便には機内無線LANが装備。たまたまJAL会員限定キャンペーンみたいなものがあり、無料で使用できることになっているらしい。それにしても、恐ろしくスピードが遅い。しかし思い返せば、昔のネットのスピードってこんな程度だったかもしれない・・・

それにしても、便利なものに身体が馴染むのは速いなぁ・・・と再認識した次第。

国境を超えた友人の親切のありがたみ ~秋深まるソウルにて~

10月21日(月)

都内で仕事を終え、最終便で単身でソウルに移動。羽田のラウンジでシャンパンだのワインだの調子に乗って摂取し、ソウルに着いてからも小腹が空いてチゲ鍋など食べに出向いた夜。ふと空を見上げたら満月だった。
20131021_1.jpg

先週来の長期出張での暴飲暴食?が祟ったのか・・・、翌朝は下腹部の変な痛みを感じた。関節の節々が何となく痛い。超重要な仕事で来たのにマズイ・・・

それでも初日の仕事を終え、事務所に戻る途中のハン川(漢江:ハンガン)の夕焼け。
20131022_1.jpg

そして、夕陽をパチリ。
20131022_2.jpg

この後が行けなかった。事務所でフランスのチームと電話会議をした後、やり残したことがあることが発覚・・・そのまま夜に某国立大学病院に戻り作業再開・・・。そんな疲れもあり、おかげで翌朝は完全に熱発。

この日の昼食は、こんな状態の私を元気付けようということで、韓国の友人が参鶏湯を御馳走してくれた。目の前の彼はニンニクを10粒くらい入れていたので、私も控え目に入れてみた。この時点ではまだまだ美味しく食べることができたのだが・・・
20131023_1.jpg

それでも何とか無事に仕事を終えて、体調が優れないまま韓国チームと夕食。
20131023_2.jpg

最初の頃はコリコリの刺身に箸も進んだのだが、途中でお腹が痛くなりトイレに行ってからは体調急変・・・、悪寒が始まった。皆が心配してくれる中、ホテルと同じ方角に自宅がある我が親友とタクシーに乗り込んだ。

その親友の名前はJJ。韓国人の名前は難しいので、イニシャルで呼ぶことが多い。これは日本人にも言えることで、海外で仕事をする日本人は略称で呼ばれることが多い。Green CherokeeならGCという感じに・・・

タクシーの中での会話・・・

GC:体温計って英語でどうやって言うんだっけ? measure for body temperatureで通じるかな?
JJ:俺はKonglish(韓国風の英語)だからそれでわかるけど・・・本来の単語は知らないなぁ・・・
GC:ちなみに韓国語ではどうやって言うの?
JJ:オンドケ
GC:え~! 日本語と同じだ!
(※ちなみに正解は、clinical thermometerでした)

なんて会話をするくらいの空元気はあったのだが、JJはかなり心配だったようで、わざわざホテルで一緒にタクシーを降りてくれた。そして、フロントに体温計を借りるため、おまけに、薬がないか相談してくれているようだった(韓国語だからさっぱりわからないが)。

そして、”体温計は係りの者が部屋まで届けてくれるって。薬は無いみたいだから、隣のコンビニに買いに行こうよ”、と言ってくれたが、”部屋のカバンの中に確か解熱剤が入っていたような記憶があるから大丈夫”、と丁重に告げて、その夜はお別れした。

部屋に入った途端、急激に具合が悪くなった。しばらくしてチャイムがなり、ホテルのスタッフが体温計を持ってきてくれた。そして、なぜか薬も手にしている。

その薬を良く見てみたら・・・、なんとJJがわざわざ買いに行ってくれた物だった。
20131023_3.jpg

何とも優しく粋な心遣いではないか・・・

シャワーも浴びず薬を飲んで、そのままブルブル震えながら就寝。翌朝は関節が痛いながらも何とか起床。何より困ったのがお腹・・・前夜の夕食の時から完全なピーピー状態。だからと言って、韓国滞在最終日も仕事は休めない。

仕事場の某国立大学病院に着いて現地担当者に会うや否や、韓国の下痢止め薬と栄養ドリンク剤を差し出してくれた。きっと、JJが当日朝にでもこの担当者にこっそり伝えていたに違いない。彼の気遣いに再び感動・・・

この日の昼食は、同行の友人が仕事場近くのお粥のお店をわざわざ調べておいてくれた。病院の周りなので、こういうお店もそれなりにあるのだそう・・・。シンプルに安いお粥をオーダーしようとしたら、ゴージャスに行け!、とのことで、松茸入りお粥をオーダー。ちなみに、お値段10000KW(日本円で1000円くらい)。お粥も美味しかったが、写真右の水キムチ(スープタイプの白キムチ)がしみじみ美味かった。
20131024_1.jpg

その後、某国立大学病院の教授からも良い印象を得ることができ、今回の仕事も成功裏に終了。痛い腹をさすりつつ、疲れた身体を引きずりながらタクシーに乗り込み、金浦空港に向かった。

空港に到着し、金浦空港の目の前にあるロッテデパートを背景に、紅葉の楓をパチリ。後は帰るだけ・・・の余裕からか少し元気が出てきた。
20131024_2.jpg

・・・割には、帰宅した翌朝(今朝)、やっぱり身体が動かず今年初の病欠・・・

今回の韓国出張。終始、体調が優れない中、韓国の友人達の親切心が身に染みる滞在になった。仕事柄、様々な国の人と関わりがあるが、韓国人は日本人と同じ、”おもてなし”、の心を持つ人種だと思う。もちろんそれは、日本人でも韓国人でも個人によって異なるのだが、最高レベルの”おもてなし心”を持った我が韓国チームは、本当に誇れる存在だと思う。

彼らはこのブログを読む機会はないのだが、そんな彼らに感謝、感謝・・・







雪虫が舞う札幌にて

10月14日(月)祭日。

翌朝から札幌で仕事のため前日移動。こんなチャンスは滅多に無いので、本来は5泊分の着替えを持参するところを3泊分に減らし、代わりのスペースにジョニー印・愛竿バンブーを仕込んで出発。

とりあえず、羽田でビール休憩して搭乗・・・
20131014_01.jpg

久しぶりに新千歳空港からは北都交通バスにて札幌市内に移動。旧宅前を過ぎ・・・
20131014_02.jpg

今日訪れる予定の豊平川のポイント近くを通過し・・・
20131014_03.jpg

ススキノのバス停で下車。降りた途端に身体を刺す冷気・・・。完全に夏服で出向いてしまったが、とてもYシャツ姿で釣りができる気候ではないと判断し、そのままユニクロで1990円のジャンパーを購入。ここで30分以上の時間をロス・・・

ホテルにチェックインし、買ったばかりのジャンパーを羽織り、愛竿持参でポイントに直行。ジャンパーを羽織ったとは言え、革靴にスーツ姿でどんどん歩く。

旧宅と愛竿のコラボレーション。夥しい数の雪虫が舞っている。冬はすぐそこまで来ている・・・
20131014_04.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
(雪虫については、以下をご参照ください)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%AA%E8%99%AB
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

草地を分けてポイントまで伸びるまっすぐの道。犬と散歩中の人の後を歩く。
20131014_05.jpg

以前にもご紹介した当該記事の、革靴にスーツ姿でもOKな豊平川のポイントに到着。
20131014_06.jpg

ちなみに、こんな恰好で釣行開始・・・
20131014_07.jpg

虹鱒でも掛かってくれそうな渓相。
20131014_08.jpg
20131014_09.jpg
20131014_10.jpg

ドライを30投くらい流してみたが無反応。とにかく時間が限られていたので、すぐにウェットに結び替え、しばし旧宅を撮影。
20131014_11.jpg

程なくしてとても小さなアタリが。何度か繰り返すとようやくフッキング。そして札幌のウグイ(エゾウグイだろうか?)とご対面。
20131014_12.jpg

水に手を浸けてみたら何とも冷たい・・・。それもそのはず。水温は11℃程度。
20131014_13.jpg

その後も2匹を追加し、ようやく少し大きめなアタリが・・・。旧宅と愛竿の夢のコラボ。
20131014_14.jpg

釣れてきてくれたウグイ。期待した大きさよりは小さかった・・・。大きく感じたのは瀬の流れのせいか・・・
20131014_15.jpg

これにて十分。薄暗くなってきたので納竿。できればもっと良い季節に来てみたい。冗談抜きにヤマメ(北海道ではヤマベと言う)や虹鱒がかかりそうな気がする。
20131014_16.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

翌日の写真を少し。

札幌の南27条付近の仕事場のバス通り沿いの空き地にツチスギタケ(パサパサしていてあまり美味しくはない)を発見。
20131015_1.jpg

色づき始めた木々。この奥をどんどん進むと藻岩山にぶつかる。
20131015_2.jpg

この小路を分け入れば、きっとキノコも見つかるだろう。ちなみに、このあたりでも過去に、『クマ出没』、の事例があると言う。
20131015_3.jpg

昼食をとった回転寿司(美味しいと有名な、はなまる、を札幌郊外の仕事場付近に発見!)横の山ブドウ。
20131015_4.jpg

赤く見えるのは全て山ブドウ。
20131015_5.jpg

ナナカマドの実。果実酒にするとカンパリに似た苦味が出ると言うが、自分で試したことがない・・・
20131015_6jpg.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今週で唯一の休みだった今日は生憎の雨。釣りにも行けず、足りなかった睡眠時間を補った一日となった。
さて、明日からもずっと出張・・・。週末の釣行を夢見て、しっかりと成果を出して来たいと思う。


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥… 雪虫の動画発見 ━━━☆‥…━━━☆






旧友と久しぶりに再会 ~神戸空港にて~

10月19日(土)。

今週は10/14(月)祭日に出張に出て以来、札幌→岐阜→神戸・・・と5泊の出張になった。仕事疲れ(飲み疲れ?)で流石にかなり疲労したが、最終日の今日、神戸で我が大学時代の旧友のBroadBeanさん と久しぶりに再会。ちなみに、Broadbeanとは『ソラマメ』の英語。

毎度のことながら、仕事場のポートアイランド(ポーアイと言うらしい・・・)に迎えに来てくれ、神戸空港まで送ってくれた。そして、わずか一時間ながら、神戸空港内のカフェで楽しいトーク。

Broadbean(BB):Green Cherokeeは釣りに行き過ぎ!!
Green Cherokee(GC):いやいや、人のこと言えないでしょ。大体、何日くらい鳥を撮りに行ってるんだよ?
BB:天気が良ければ毎週かな・・・?
GC:それ、俺と全く変わらないじゃん!

彼は野鳥撮影、私はZacco FF・・・とお互いに対象こそ異なるが、『安近短』をテーマに趣味を日常に取り入れてQOL(Quality of Life)向上を目指し、40歳台後半の手習い・・・ではあるが結構真剣にハマりつつ・・・、おまけにブログも同じ時期に始めてみたり・・・

あんなこんなの楽しい会話をしていたら、あっと言う間にコーヒーを飲み干し・・・お別れの時。
20131019_1.jpg

疲労困憊で機内では熟睡。羽田に着いてからは、あるモノを楽しみにひたすら家路を目指した。
あるモノとは・・・これ。今朝採りたての丹波篠山の黒豆。BroadBeanさんのお土産。
20131019_2.jpg

美味しい枝豆と言えば”だだちゃ豆”だが、西の横綱の丹波黒豆。流石にすこぶる美味しかった!! ご興味ある方は、以下のURLをご参照ください。

http://tourism.sasayama.jp/association/kuromamedayori/-.php/

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

BroadBeanさん

今日はありがとう。久しぶりに楽しいトーク、そして、美味しい黒豆・・・、お蔭で帰宅後も相変わらず飲み過ぎてしまった・・・。次回は三宮泊まり込みで飲みに行こう!

という訳で懐かしい曲をアップしときます。






moZaic ~爽やかな秋空の下で~

10月13日(日)。

(意味不明なタイトルの理由は文末に・・・)

朝から爽やかな秋空。気温も少し下がってきた。farwaterさん にお声掛け頂き、ジョニーさん も交えての朝から小規模なオイカワミーティング。車が使えない日だったので、早朝の清々しい空気の中を自転車で走る。
20131013_01.jpg

程なくしてfarwaterさんから、『100円パーキング満車だよ・・・』、との電話。急遽、Y川に行先を変更。farwaterさんにはK川付近で待機頂き、川沿いに自転車を置いた後、二人で目的地に向かった。そして、早朝より竿を振るジョニーさんを発見。息子さんのために新たに製作された5ft少々で超小型リールが竿の根元に固定されたSuper special Rodで綺麗にキャストされていた。
20131013_02.jpg

お忙しいジョニーさんの残り時間は1時間強。ならば・・・ということで、三人で良さげなポイントまで移動。川沿いの大好きな小路でお二人をパチリ。
20131013_03.jpg

秋空の下を歩く三人の影。
20131013_04.jpg

ポイントに到着するや否や、いきなり爆釣のfarwaterさん。
20131013_05.jpg

ジョニーさんもオイカワをゲットし撮影中。
20131013_06.jpg

爆釣街道まっしぐらのfarwaterさん。
20131013_07.jpg

この日の私は、ジョニー印・愛竿バンブー。ミゾソバの花と一緒に記念撮影。
20131013_08.jpg

私にもこんなオイカワが。
20131013_09.jpg

時間の経過は速いもので、AM8:30となり、ジョニーさんがタイムアップ。再び三人でおしゃべりしながら駐車場まで戻り、ジョニーさんとはお別れ。今度はfarwaterさんと二人で、下流域を探索。大き目の瀬にドライを流すも無反応・・・とても小さな瀬にフライをポトッと落とした瞬間に・・・
20131013_10.jpg

ここでドライは終了。ウェットに結び替えて、いかにも・・・というような大きなポイントにフライを流すと、いきなり強いアタリで、こんなカワムツが二連発。
20131013_11.jpg

上流側を見ると、farwaterさんが、”おいでおいで!”、と手招きしている。近寄ってみると、こんなトロ場でドライで連発していたらしい。
20131013_12.jpg

試しにウェットを流してみたら今一つの反応・・・ 『これでラストにします』と宣言しキャストしたところ・・・
20131013_13.jpg

手のひらに載せてみると、シルバーが眩しい綺麗なオイカワ。
20131013_14.jpg

これにて納竿。駐車場に戻る途中、綺麗な富士山を見つけた。
20131013_15.jpg

釣りを楽しむ家族連れを、farwaterさんと共に笑えみつつ眺めた。それにしても、しみじみと良い川だなぁ・・・、と二人ともついつい呟いてしまう。
20131013_16.jpg

朝食もまだだった二人。上流の川沿いにある、farwaterさんお勧めのテラスでコーヒーが飲めるパン屋さんに向かった。開店早々、犬を連れた家族達でにぎわうテラスでパンとコーヒーの朝食。お値段もリーズナブルで味も最高!
20131013_17.jpg

秋空の晴天を眺めつつ、このテラス席の気持ち良いことと言ったら・・・。途中でコーヒーをおかわり(もちろん有償)したり、クリームパンを買い足したり・・・、farwaterさんと最高のロケーションで楽しいおしゃべり。気が付いたら3時間近く経過していた。それでもまだお互いに話足りないと感じてしまうのだから、何とも面白い。

その後、farwaterさんにK川までお送り頂きお別れ。K川沿いに自転車を置いていたので、真昼間ではあるが、ためしに少しだけ竿を振ってみた。ドライは無反応、ヘチに流すとカワムツが反応するがフッキングせず。ならば・・・ということでウェットに結び替えた後の一投目に・・・
20131013_18.jpg

こんな綺麗なオイカワだった。
20131013_18_2.jpg

そして二投目にも・・・
20131013_19.jpg

気を良くして、愛竿とK川の記念撮影。
20131013_20.jpg

カワムツも追加して納竿。実釣20分・・・
20131013_21.jpg

相変わらず満開のミゾソバの花。
20131013_22.jpg

流れの際で群生している。
20131013_23.jpg

鴨も大群が遡上中。見学者も多数。
20131013_24.jpg

自転車に跨り、久しぶりにK川上流部をサイクリング。抜けるような青空と、時折走る電車の音。水面には、キラキラとヒラを打つ小魚の群れ。
20131013_25.jpg

続いて、大好きなO川。河岸の草も刈られ、すっきりとした景色に変化していた。逆光で真っ暗な写真だが、河原のススキに秋を感じる。
20131013_26.jpg
20131013_27.jpg

いつも思うことだが、それにしても、この水の綺麗さは何なんだ・・・!!??
20131013_28.jpg

早朝から気の合う仲間と、釣りして、おしゃべりして、お茶して・・・最高に楽しい一日になった。帰り道、自転車のペダルを漕ぎながら、今日一日のタイトルを付けるとしたら何だろうか・・・等と色々と思考を巡らせつつ、最後に行きついたのが・・・

『moZaic:Mattari(まったり) Oikawa & Zacco And Interesting Conversation』

かなり強引ではあるが、この日一日の楽しかった出来事を網羅し、且つ、本来のモザイクはmosaicなので、あえてZaccoのZにしてみた。しかし・・・到底、farwaterさんやカチーフさんのセンスには敵わない・・・。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

farwaterさん、ジョニーさん
早朝から最高の一日でした。本当にありがとうございました。こんなゆるい感じで、また是非ご一緒に楽しみましょう!!













満開のミゾソバと秋色オイカワ

10月12日(土)。

AM5:30に自宅を出発して朝練釣行。早朝の東伏見稲荷。
20131012_01.jpg

早朝の川と鴨の集会・・・?
20131012_02.jpg

朝から豪快な焚火・・・、朝から火を燃やせる環境なんて何だか羨ましい・・・
20131012_03m.jpg

そして・・・煙に曇る我が愛しの川。
20131012_04.jpg

今朝の水温。いつもより増水気味の身近な川。
20131012_05.jpg

まずはドライで。結構渋かった。このサイズのカワムツ二匹でウェットに結び替えた。
20131012_06.jpg

すると・・・、小気味良いヒキで良型のオイカワ。
20131012_07.jpg

ミゾソバの花が満開。思わずパチリ。
20131012_08.jpg

再び・・・大きな口を開けたオイカワ。
20131012_09.jpg
20131012_10.jpg

今朝はジョニー印・愛竿バンブーで。
20131012_11.jpg

またまた強めのヒキで良型のオイカワ。シルバーが眩しい秋色のオイカワ。
20131012_12.jpg

AM7時近くなったので納竿。
20131012_13.jpg

ミゾソバとセセリ。
20131012_14.jpg

川面に少しだけ陽が射して来た。
20131012_15.jpg

河原のコスモスはまだ日陰に・・・
20131012_16.jpg

河岸の民家のザクロ。
20131012_17.jpg

そして、キンモクセイ。キンモクセイってどうにも綺麗に写せない・・・
20131012_18.jpg

カモ達がこぞって上流側に移動。
20131012_19.jpg

小型の魚のライズ祭りの中を鴨が泳ぐ・・・の画。
20131012_20.jpg

そして、皆で草を食べ始めた。良く見ると、先ほどのミゾソバ・・・??
20131012_21.jpg

実釣30分、散歩30分の朝練釣行・・・、やはり気持ちが良い。たくさんのミゾソバの花に囲まれ、朝から満ち足りた気分で家路についた・・・


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

※おまけ①

いつもの100円パーキングにて。

同じ柄の二匹の猫が、車のバンパーの穴で遊んでいた。(一匹は車の後ろに隠れてしまった・・・)
20131012_22.jpg

何してるの?、と声をかけてみたら・・・『何だよ・・・?』的な顔。ちなみに、この柄の猫が好き。昔、知人の家に同じ柄の猫が居て、名前はモモだった。もーもー、と鳴く牛にちなんで名づけられたらしい・・・
20131012_23.jpg

※おまけ②

今朝の釣行では、頭の中でずっとこの曲が流れていた。
15歳のあの頃、特にこの曲は、メロディもアレンジも好きだった。今でも歌詞を見ないで歌える自分が少し笑える・・・

『風は秋色』 松田聖子(1980年)












雨のY川 ~旧友Kの人生初Fly Fishing~

10月5日(土)。

以前から決めていた旧友KとのZacco FF・・・、しかし朝から生憎の雨。午後から雨が止むかと思いきや、いつまでもしつこく降っていた。

朝10時頃にメールで、『どうする?延期にする?それとも雨の中でマネごとでもやってみる?』、と聞いてみたところ、『マネごとだけでもやってみようかなぁ~』、との返事。ならば、最悪、夜の飲みがメインになるかもしれないけど行ってみようか・・・と相成り、わざわざ田園都市線とJRを乗り継ぎ三鷹までやってきた。

まずは身近なO川をご案内。傘もささずに橋の上から川を眺めた。相変わらず草ボウボウの状態だったが、さすが、湧水メインの川、水はしっかり澄んでいた。都心近くでは奇跡的に綺麗な川であることをKに訴求。彼も勉強熱心で、フライを流すとしたらどのあたりを狙うの・・?、と質問を受け、しばし二人で雨に濡れながらイメージトレーニング。

続いてK川へ。生憎、まさかの濁流&増水・・・。霧雨レベルの雨だったので密かに期待したのだがNG。ならば、ダメ元でY川も見てみよう、ということに。

K橋近くのY川を恐る恐る覗き込む・・・すると、濁ってはいるが、所々釣りが成り立ちそうな流れも見受けられた。ならば・・・ということでカッパ着用で釣行開始。Kはウェーダー着用・・・もはや怖いものはナシ。

今日の竿は二人ともBlue Heron。私は#1-2,7pc、Kは#2-3,3pc。濁っていたので迷わずウェット(mihiro100均special改)を結んだ。Kにとって人生初のFF、勘が良いのだろうか・・・程なくしてラインが綺麗に伸びるキャスティングができるようになった。

竿先に感じる『コツッ・・・』というアタリに熱くなるKの勇姿。何となく大きなてるてる坊主に見えるのはご愛嬌・・・(笑)
20131005_01.jpg

私は幸先良く大きなカワムツをゲット。これにて納竿。その後、Kはライントラブルに見舞われ、私の柔らかい方の竿を差し出した。
20131005_02.jpg

そして・・・
20131005_03m.jpg

記念すべき人生初FFの一尾目はオイカワ。既に雨で濡れている手をしっかり川に浸けてから魚を触るところなど、さすが我が旧友K。
20131005_04.jpg

魚をリリースするKと愛竿Blue Heron。
20131005_05.jpg

その後、KB川に佇むサギや鴨を見ていたら、Y川よりも濁りが少ないことを発見し、少し上流側まで歩いてみた。何となくドライでも楽しめそうな感じだったので試しに結んでみたところ、良好な反応が・・・

『よし、これなら行ける!』、と確信してKに竿を手渡す。そして・・・、何度目かのキャストでアワセが決まったところ。愛竿Blue Heron #1-2が綺麗にしなっている。
20131005_06.jpg

Kにとって、ドライで一尾目の良型のオイカワ。おめでとう!!
20131005_07m.jpg

続いて・・・、ちょっと難しい流れにフライを乗せて、更に一尾釣り上げた。
20131005_08.jpg

結局、薄暗くなるまで釣り続け、Kの人生初FFは、ツ抜けにはならずとも7-8匹というところ。最近釣れないことに慣れ始めていた彼にとっては、十分過ぎる大漁、とのことだった。

夜は、吉祥寺に二人で繰り出し、まずは、めちゃうまホルモン焼きのカッパにて小腹を満たした後、日本酒を飲みたい・・・というKのリクエストで、これまた古くから吉祥寺にある須弥山に。サンマと御新香をツマミに、冷だ、燗だ・・・で久しぶりに酩酊。

日高見(宮城)の燗。冷でしか飲んだことがなかったのだが、燗も良い感じ・・・
20131005_09.jpg

生憎の雨だったが、旧友Kにとっては、記念すべき人生初FFでオイカワを釣り上げた日に、そして、おまけの飲みも加わり、小規模ながらTNKバージョンの楽しい一日になった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

旧友Kへ。

生憎の雨の一日だったけど、とても楽しい一日になったね。来年は是非、昔通った渓流に一緒に行こう!
次回は、澄んだ水の状態の我が身近な川にもご案内したいな・・・





秋空の下でプチ・ハスミーティング

9月29日(日)。

禁漁間近の日曜日。farwaterさん からお誘い頂き、今年最後の渓流へ・・・の予定だったのだが、何だかお互いに、”まったりしたい”、という気持ちが強かったようで・・・、ということで、いつものハスのポイントに向かうことになった。

この日はわざわざ、farwaterさんに拙宅にお迎えに来て頂いた。JICKYさん、ダブルさんも便乗で、朝から4人で楽しい車内。車中では、ダブルさん作成の超コンパクト(仕舞寸法は筆箱サイズ)なダブルテールロッドを拝見させて頂き、その精巧さに溜息・・・。そんなことをしている間に、ポイントに到着したのはAM7時過ぎ。まさにあっと言う間だった。

まずは、ベースキャンプ(というか、椅子を4脚並べて、小さなテーブルを置いただけ・・・)の整備を終了次第、皆、速やかに釣行開始。

秋空の下で竿を振るメンバー。前回の釣行時に比べると圧倒的に渇水で厳しい状況(・・・という噂は事前にあるにはあったのだが・・・)だったが、わずか数投目でJICKYさんが良型のオイカワを釣られていた。
20130929_01.jpg

私も数尾の良型のオイカワをゲット。
20130929_02.jpg

しばらくして、Blue Heron Userのもりもりさんも大型バイクでご到着。オイカワカラー(永谷園お茶漬けカラーとも呼ぶらしい・・・)のBlue Heronで綺麗にキャストされていた。
20130929_03.jpg

テンポ良く釣り続けるJICKYさんの勇姿。
20130929_04.jpg

時折釣れてくるオイカワは、相変わらずのイワシサイズ。
20130929_05.jpg

しかし、どういう訳か反応は今一つ。程なくして、なんとなく自然な流れでコーヒータイムに。毎度ながら、farwaterさんご自慢のストーブでお湯を沸かして頂いた。
20130929_06.jpg

コーヒーブレイクでリフレッシュ。気持ちも新たに竿を振り、本日、最大サイズのオイカワを釣り上げたfarwaterさん。”でかいーっ!”、という声が響いた。
20130929_07.jpg

思わず、駆け寄るダブルさん。
20130929_08.jpg

一方、私はアタリがすっかり遠のいてしまった。ある時、なぜかラインが前に伸びて行かなくなり・・・あれれ?と思ってフライを見てみたら、なんと、ヨシノボリが掛かっていた!! 大好きなこの魚を網で掬ったことはあれど、釣った(いや、釣れた・・・)のは生まれて初めて。
20130929_09.jpg

皆もアタリが遠のいてしまったご様子で昼食タイムに。ダブルさんがスウェーデン式飯盒を持参され、お得意のストーブでご飯を炊いて下さった。何でも、この日のために予行演習して下さったらしい。
20130929_10.jpg

頃合いを見計らうために超真剣なダブルさん。果たしてメンバーは美味しいお米にありつけるのだろうか・・・?
20130929_11.jpg

そろそろかな・・・、ということで、ひっくり返して蒸らしているところ。
20130929_12.jpg

さて、メンバーの目の前でOpen the 飯盒!! その出来は如何に・・・??
20130929_13.jpg

そして、皆で、『お~っ!!』、と歓声が上がった!! さすが、ダブルさん!!
20130929_14.jpg

皆でカップの味噌汁や豚汁を楽しみつつ、いざ、ご飯タイム。
20130929_15.jpg

ご飯のおかずに、ヌカ漬け(スーパーで購入したもの)、中川食品の割り干しキムチ(私の大好物、これは真面目に美味しい!!)、そして、ちょっとお値段お高めの梅干しを持参させて頂いた。ダブルさんはいつの間にかレトルトカレーを温めていて、少しだけお裾分けしてもらった(写真はカレーを食べてしまった後・・・)。
20130929_17.jpg

お腹も満ちた後、再び、皆で川に繰り出した。太陽は真上に上り真夏のような陽射し。お蔭で顔も腕も真っ黒になってしまった。そんな天候の折、開始早々にテンカラに持ち替えたJICKYさんが念願のハスをゲット。その詳細はご本人のブログをご覧頂きたい。

ダブルさんは、なんとヤマメのような虹鱒(?)もゲット!! (←ご本人の爆笑ブログをご参照ください) 虹鱒のような外道ならカッコイイのだが、私のヨシノボリっていったい・・・!!??

秋空とは言え、日中は夏日のような陽射しの下、恐らく今年最後のハス釣行の結果は、惨敗に終わった・・・、しかし、文字通り皆でまったりとでき、楽しい釣行になった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

farwaterさん、JICKYさん、ダブルさん、もりもりさん

先日は本当にありがとうございました。皆様と和気藹々、とても楽しい釣行になりました。釣果はいま一つでしたが、来年はベストなタイミングで、皆でハスを楽しみましょう!!





休日出勤の合間の安近短釣行

9月28日(土)。

どうしても会社に行かないと出来ない仕事をいくつか抱え、ひっそりとした会社に出社。この日も気持ち良い秋空の日・・・、こんな日に会社に篭っている程、もったいないことはない。そこで、向かったのは、会社近くのA川。車でわずか10分。ここに、お気に入りのポイントがある。

久しぶりのA川。かなり増水していて、以前のポイントが完全に埋まっていた。
20130928_01.jpg

とても川の中に入れない状況だったので、岸からウェットで探ってみた。
20130928_02.jpg

このままウェットで数尾追加し、ジョニー印・愛竿バンブーと記念撮影。
20130928_03.jpg

次はドライで・・・
20130928_04.jpg

面白いくらいに入れ掛かり・・・それも良型ばかり。
20130928_05.jpg

フロータントを塗って、ラインを繰り出す途中に手前にポチャンとフライが落ちた時でさえ・・・良型が飛びつく。セリの上で記念撮影。
20130928_06.jpg

別の角度から・・・
20130928_07.jpg

どれだけ釣れただろうか・・・ キャストごとに一尾・・・という感じだった。実釣30分で納竿。
20130928_08.jpg

次に来る時も、休日出勤の日になるだろう・・・きっと。
20130928_09.jpg

そして・・・手のひらに残るほのかな魚の香りを楽しみつつ、再び、仕事に明け暮れた一日になった。



秋空の下で今年ラストの渓流釣行

9月27日(金)の釣行記。

この日は以前よりカチーフさん と渓流釣行の日と決めていたが、午後に重要な仕事が入ってしまったため午前半休。wind knotさんもご参加されることになり、3人で賑やかな今季ラストの渓流釣行と相成った。

目指す渓流での待ち合わせはAM7時。私は午後早い時間帯の客先仕事があり、遅くともAM10:30には家路に付く必要があった。今年最後の渓流釣行で、どうしても『ボ』は免れたかったことも手伝い、お二人に抜け駆けして、私だけAM6時に別の沢に降り立った。

この日の日の出はAM5:30過ぎ。まだ薄暗い感じの景色の中で月を見上げた。
20130927_01.jpg

入渓の途中、里山沿いの民家の脇の光景。身近に常に綺麗な水が溢れている幸せ・・・って素晴らしい。山から引いた清らかな水で夏野菜やスイカなどを冷やして、きっと美味しく食べていたことだろう。
20130927_02.jpg

この沢での制限時間は30分。まだ薄暗くてフライが見えにくいことこの上ない・・・。それでも早速、2回反応があったがスッポ抜け。三度目の正直で釣ることができたチビヤマメをネットイン。すぐにフライが外れてしまったので、口元にそっと添えてみた。しげさんのブログに影響されて、黄色のエルクヘアカディスを巻いてみた。
20130927_03.jpg

手のひらに乗せると、オイカワサイズであることが良くわかる・・・。つい先日釣ったカワムツの方がずっと大きい・・・それでも一尾は一尾!
20130927_04.jpg

このチビヤマメに出会えたポイント。まだ沢には陽が射していなかった。
20130927_05.jpg

AM6:30を過ぎたあたりで車に戻り、集合場所を目指してドライブ。そして、AM7時前にはお二人に合流。既に濡れたウェーダー姿の私を見て、お二人が、『えっ???』、って顔をされている。抜け駆けしてしまい、申し訳ありませんでした・・・(陳謝)

車2台で入渓ポイントまで移動。お二人が釣り支度をされている間、私だけ呑気に、wind knotさんがご登場された雑誌を眺めて、『カッコ良いーー!!』、と叫んだりしていた。
20130927_06.jpg

秋空に映える桜の木。まさに抜けるような青空。
20130927_07.jpg

川に降りる途中の道はキノコの宝庫。思わず、私だけ足が止まり、お二人に出遅れてしまった・・・ イグチ系のキノコをパチリ。
20130927_08d.jpg

さて、いよいよ釣り開始!しかし、私は竿を持たず、お二人の綺麗なキャストを見学。いきなり反応があるもフッキングせず・・・
20130927_09m.jpg

未だにキャストもせず、川沿いのキノコが気になる私を、wind knotさんに撮られてしまった・・・
20130927_09_2_WN_1m.jpg wind knotさん撮影

ちなみに、こんなキノコを撮影していた。見た目はヤマドリタケ風のニガイグチの種類か・・・?
20130927_10.jpg

しばらく歩くと、良さげなポイントを発見。カチーフさんがすかさずライズを見つけた。作戦会議をするお二人。
20130927_11.jpg

カチーフさんが先行され、wind knotさんと私で見守る。そんな私をwind knotさんがパチリ。
20130927_11_2_WN_2m.jpg wind knotさん撮影

抜けるような青空。本当に気持ちが良い!
20130927_12.jpg

そして・・・、狙い通りにヒット!! 狙って仕留めたカチーフさん、やっぱり流石!!
20130927_13.jpg

カチーフさんより先にヤマメをカメラに収めさせて頂くチャッカリ者の私・・・
20130927_14_2_WN_3m.jpg wind knotさん撮影

この時に何となくそんな予感していたのだが・・・この日、これが私のカメラに収まった最後のヤマメだった・・・・・・・・・・・・・・
20130927_14.jpg

満面の笑みのカチーフさん。
20130927_15m.jpg

wind knotさんも続いてヤマメをヒット!!
20130927_16.jpg

そして、このすぐ上の一級ポイントを私にお譲り頂いたが、残念ながら反応なし・・・

そして、どんどん釣りあがる。
20130927_17.jpg

この頃は私も、下手くそながら負けじと果敢に竿を振っていた。いかにも!というポイントを譲って頂き、一発でポイントにフライが決まればきっと出てくれるであろう魚も、ついついポイントを荒らしてしまう私・・・
20130927_17_2_WN_4.jpg wind knotさん撮影

反応はあったのだが魚はかからず・・・。ちなみに、背後に障害物がある右岸からのキャストは大の苦手な私、フライが思うように飛んでくれない・・・
20130927_17_3_KF_1.jpg カチーフさん撮影

少し先でwind knotさんの竿が大きく曲がっている。良型のヤマメか・・・!!?? その結果は・・・
『ウー様だぁ!!』、と叫びつつ、魚を指さすwind knotさん。
20130927_18m.jpg

ウグイ様を撮影させて頂いた。wind knotさんにはこの後、通称『ウグイ祭り』が始まる・・・
20130927_18_2WN_5.jpg

私の持ち時間は刻々とカウントダウン・・・。気持ちばかり焦ってしまう。超一級のポイントを譲って頂き、懸命に竿を振る。お二人の目の前で明らかにヤマメと思われる魚がフライを追ってくれたが、私はそれに気づかずフライをピックアップしてしまった・・・痛恨のミス。『あ”~っ!』というお二人の声が秋空の渓に響いた・・・
20130927_18_3_KF_2.jpg カチーフさん撮影

いよいよ私の納竿間際、カチーフさんが綺麗なアワセを決めてゲットした一尾。『ウー様だぁ・・・!』と苦笑いされるカチーフさんをパチリ。カチーフさんがポツリと一言・・・『それにしても良い出方をするなぁ・・・』。私もそう思って観ていました・・・
20130927_19m.jpg

ここでタイムアップ。結局、通称『ウグイ祭り』にも一人だけ参加できず、朝駆けしなければ『ボ』で終わっていた私・・・。

しかし、最高に気分の良い秋空の下で、渓流釣行の割にはマッタリと、とても楽しい時間を共有することができた。そして、たくさんのアドバイスも頂戴でき、とても有意義な釣行にもなった。来季はもう少しマトモに渓流釣行を楽しめるように精進したいと思っている(そういえば、昨年最後の渓流釣行時も同じことを思ったことを思い出した・・・)。

お二人に別れを告げ一目散に家路を目指し、帰宅後はササっとシャワーを浴びて仕事に旅立った。今期においては最重要レベルの客先プレゼンテーションも無事に終了、その後はチームメンバーと会議に・・・、結局帰宅したのは22時過ぎ。1時間睡眠で渓流釣行&仕事は少々身体に堪えた模様。しかし、こんな日が年に一日くらいあっても良いかも・・・と思っている。もちろん、翌日が休み・・・という前提ではあるが・・・

カチーフさん、wind knotさん
今季ラストの渓流、楽しく有意義な釣行になりました。本当にありがとうございました!!
さて、いよいよZacco FF本格シーズンの到来です。
Zaccoはもちろん、来季の渓流も引き続き、何卒よろしくお願いします!!








プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク