HOME   »  2015年02月
Archive | 2015年02月

湧水散策後の束の間のZacco FF

2月11日(水)の続編。

前記事の通り、大好きな湧水を訪れてすっかりリフレッシュ。湧水を後にして自転車でわずか2分後、豊富な湧水を集めるO川の橋を渡り、天然河畔林を眺めた。
20150211_P2_01.jpg

その後、初老の餌釣師としばし会話した後、お気に入りのポイントに到着。私は年に1~2回だけO川で竿を振らせてもらっているが、このポイント以外は入渓しないことにしている。
20150211_P2_02.jpg

その理由として、河岸の石段(写真右側)を降りて川にアプローチできること、そして、このポイントは遊歩道の通行人に危害を与える恐れが極力少ない、O川でも数少ないポイントの一つであること、が挙げられる。ただ、これはあくまでも私自身が勝手に考える理由であり、当然ながら他の釣人に強要するものではないことをお断りしておく。

実際に竿を振るポイント。
20150211_P2_03.jpg

この場所でFFを愉しむならソロ釣行に限られ、二人が入る余裕はない。川の左側に立ち入り、あくまでも川の上下流に向かってキャストすることで、遊歩道にフライが飛んでいくこともない。仮に強風にラインが煽られたと仮定しても、河岸の左側には適度に生垣が存在し、通行人も河岸の柵ぎりぎりまで来ることができる場所が限定される。右岸の柵までは距離があるからラインも届かない。

ポカポカ陽気に誘われ珍しくドライフライを結び、いざキャスト開始。わずか数投目でまずまずの型のカワムツ。極力、水草を踏まないように気を付けて歩きつつ記念撮影。このあたりはミズハコベが岸際に自生しているので、もちろん、入渓の時も細心の注意を払う必要がある。
20150211_P2_04.jpg

すぐに通行人のおじさんがやってきて色々と質問攻めを受ける。O川で釣りをする際には避けて通れないイベントだが、釣行される方は、決して通行人に無愛想にせず陽気にお付き合いして欲しいと思う。釣りに理解ある散歩の方々が増えることは、決して悪いことではないはず。

キャストする手を止めてお相手するものの一向に終わりそうにない。おもむろにキャスト再開して1投目。再び、良型のカワムツ。『さっきのより大きいね!』、と声をかけて、おじさんは去って行った。
20150211_P2_05.jpg

写真撮影を終えて、再び、キャストすること2投目。本日一番のサイズ。右岸の離れた場所から一部始終を眺めていたおじいちゃんとお孫さん。そのお孫さんから、『ねぇねぇ、あのお魚は大きいの? 小さいの?』、と聞かれて困惑しているおじいちゃんが可愛くて思わず、『この川にしては大きい方だよ!』、と代わりに答えてあげた。そして、撮影せずにリリース。

3尾を得て納竿を決意。キャスト数は恐らく20投に満たないだろう。しかし、私にとってのO川釣行では、この素敵な渓相の中で少しだけ竿を振ることができ、且つ、魚が居ることが確認できれば充分。次に来る時は春真っ盛りのミズハコベにオオカワジシャの花弁が落ちる頃。『水生オオイヌノフグリ』と勝手に名前を付けている。オオカワジシャは外来種なので微妙な気持ちでもあるのだが、『水生オオイヌノフグリ』は確かに美しい・・・
20130428_12_20150219212723b07.jpg (2013年4月28日撮影)

帰りしなに近くのジュズダマを撮影。冬枯れして、ドライ数珠玉とでも言うべきか・・・。『ハトムギ、ゲンマイ、ツキミソウ♪』の懐かしい”爽健美茶”のCMソングが蘇った。
20150211_P2_06.jpg

すぐ下流で餌釣りをしていた方と少し会話。練り餌で一投一尾の入れ食い状態。型は小さい魚ばかりだったが・・・。タナゴ用の短い竿で、この場所に腰かけつつ小型のカワムツばかり狙うのも、もしかしたら面白いかも・・・
20150211_P2_07.jpg

再び、自転車のペダルを漕ぎ、あっという間に大好きな湧水の小川に到着。『こぶし沢』という名前が付いていることを当日に初めて知った。ご興味ある方は是非WEBで検索してみてください。
20150211_P2_08_map.jpg

『こぶし沢』が大好きなO川に流れ込む。湧水が育むO川のO川らしい『そっとしておきたい絵本のような場所』の光景・・・前記事でも触れたが、実はwind knotさんの素晴らしい名言!!
20150211_P2_09.jpg

その後、O川下流でmihiroさん、すっかり御無沙汰のNさん、そして、新宿Tさんに再会。mihiroさんの釣りを学ばせて頂きつつ皆で会話を愉しみ、一足先にK川に行かれた新宿Tさんを皆で追った。合流地点にて、お得意のウェットで数尾のオイカワに出逢えたとのこと。
20150211_P2_10.jpg

いつものクレソンポイントで晩酌のツマミを採取。摘んでいるところをmihiroさんに撮影して頂いた。見苦しい私の姿はトリミングさせて頂いた。
20150211_P2_11_mihiro_san.jpg (mihiroさん撮影)

その後、うおさんも合流され、皆で緩く会話を楽しみつつも私は時間切れ。会話を続ける皆さんを撮影して、中座させて頂いた。
20150211_P2_12.jpg

振り返ってみると、竿を振っていたのは極々わずかな時間。ほとんどの時間は皆さんの釣りを見学しつつおしゃべりタイム。真冬のポカポカ陽気には、こんなスタイルで温かな陽射しを背中に受けつつ、緩く過ごすのが何とも言えず心地良い。

カラシナも成長し、日当たりの良い場所にはオオイヌノフグリも咲き始めた。あと少しで渓流も解禁になる。(そして花粉の季節本番もやってくるが・・・)春はすぐそこまで来ていると感じることができた一日になった。




スポンサーサイト

お気に入りの湧水 ~身近な川の源流の一部~

2月11日(水) 建国記念日。

朝から風もなく絶好のオイカワ日和。午前の野暮用を済ませ、愛車(この場合は自転車・・・)のカゴにロッドを載せて向かった先は、昔から大好きな湧水の一つ。
20150211_01.jpg

雑木林の間から滾々と湧き出ている。
20150211_03.jpg

夏にはゲンジボタルが舞う湧水。
20150211_06.jpg

湧水の解説がいくつか立てられている。
20150211_04.jpg

その一部。ご興味ある方はWEBで検索してみてください。
20150211_09.jpg

2つの湧水が集まり、川の原形のように変化してくる。
20150211_05.jpg

20150211_07.jpg

訪れる度に我が息子が乗って遊ぶ樹。こんな生え方をしながらも元気に生きている。
20150211_08.jpg

のんびり佇んでいたら、初老の方がやってきてバケツに水を汲み始めた。クーラーボックスの中は、すぐ近くを流れるO川で釣ってきた雑魚。かなり良型のカワムツも混じっている。アブヤハヤも釣れたよ・・・と掌に掬って見せてくださった。自宅で雑魚を飼育して愉しんでいるようで、『せっかくだから、川の水よりも綺麗な水を汲みに来てるんだよ。その方が魚も喜ぶだろうから・・・』、という印象的な言葉を残して、そのまま自転車で去って行かれた。
20150211_10.jpg

大好きな湧水を見てすっかりリフレッシュ。再び自転車にまたがり、すぐ近くのO川まではわずか2分。相変わらず豊富な水草の渓相に癒される。
20150211_11.jpg

先ほどの老人が堰堤の下で餌釣りの準備をしていた。川を跨いで釣り談義。何でも過去にこのポイントで5尾の鱒を釣ったとのこと。最大で40cm、最小で20cm。釣った魚はちゃんとお腹の中に収めたか聞いてみたところ、『鱒は全部食ったよ。この川にいちゃいけない魚なんだ。放した釣り人が自分で釣る前に俺が釣っちゃうよ』、と再び、印象的で、且つ、嬉しい御言葉を発せられた。
20150211_12.jpg

ここから下はO川らしい光景が続く。狭い河岸の至近に遊歩道。地元の子供達ならまだしも、こういう場所はFly Fisherは極力入るべきではないと個人的に思っている。以前、拙ブログの読者のお一人に、『そっとしておきたい絵本のような場所』、という素敵なコメントをされた超素敵な方がいらっしゃるが、まさにその言葉がぴったりだと思う。
20150211_13.jpg

さて、私も少しだけ竿を振ることにしよう・・・ 再び、自転車のペダルを漕いだ。

 ~ 続く・・・ ~



釣竿持参で安近短な湧水巡り ~後編~

1月25日(日)の釣行記。後編。

20150125_20.jpg

既に20km近くの距離をいわゆるママチャリで移動、日頃の運動不足が祟り膝が少し笑ってしまう状況で、ブーツに履き替える時もちょっと怪しい足取りだった。前記事の通り、橋の向こうで老人と話しているFly Fisherを眺めつつ、河岸のコンクリートに寄りかかりしばし休憩。程なくして、そのFly Fisherはこちらに向かってきてペコリと頭を下げた。やはり予想的中、ヤマメ愛くんだった。

若干・中学二年生とは思えない落ち着きを見せる彼(我が息子より一歳だけ上なのだが、この差はいったい・・・??)。日頃は部活が忙しい彼だが、最近、ブログを開設し微笑ましい釣行記を綴っていて、私も愛読させて頂いている。

部活やイベントの日々からようやく解放されて、やっとZacco FFに来ることができた、と嬉しそうに語る彼。しかも、同日夜に海にも出向くとのこと。『ならば時間勝負、思う存分釣ってから帰らないとね!!』、と声をかけて、私は上流側で休憩継続。Fly Fishingのテクニックはmihiroさん直伝、綺麗なループでピンポイントにフライを投じる姿を惚れ惚れ眺めていた。

そして、あっと言う間に、良型のオイカワを二尾ゲット。思わず記念撮影。
20150125_01_20150201102710129.jpg

反応は悪く無さそうだったので、私も橋の上流側に移動し釣行開始し、まずまずの型を一尾ゲット。
20150125_02_201502011027115dd.jpg

この一尾で気持ちは納竿モード。再び、ヤマメ愛くんのところへウェットを流しつつ下って行くと、釣りする手を止めて水底の大きなゴミを回収しようとしていた。彼もmihiroさんと共に、この川の立派なRiver Keeperに成長することは間違いない。
20150125_03_20150201102713ae5.jpg

反応も今一つになったところで、二人で上流側を目指した。途中、モクズガニの亡骸を発見。生きている姿にお目にかかりたいもの。この小さな生き物が、海から一歩ずつここまで遡上してきたことを考えると、とても愛おしく感じる。
20150125_04_20150201102714712.jpg

一級ポイントでフライを投じるヤマメ愛くん。しかし、どうやら反応は激渋の模様。
20150125_05_20150201102715c7b.jpg

順調な成長を遂げるカラシナ。既にトウが立っているものも一部存在した。
20150125_06_2015020110364041e.jpg

更に上流側で二人のフライマンが河岸でおしゃべりしていた。近づいていくと、永谷園お茶漬けカラーBlue Heron Rodの持ち主のもりもりさん。本当にお久しぶり!!もう一人はお初の顔合わせ、新宿からお越しのTさん。正統派Fly Fisherの装備で知識の泉のような方だった。

お二人に伺うと、どうもこの辺りのポイントは厳しそうとのこと。もりもりさん曰く、川鵜が増えすぎてほとんど食べつくされてしまった、とのご意見。ならば、まだ下流側の方がマシですね・・・となり、Tさんは下流に下って行かれた。残った3人は更なる上流側をチェックしようということになり共に遡上した。

写真では分かり難いが、竿を振るもりもりさん。
20150125_06_2.jpg

しかし、完全なる沈黙・・・。諦めて下流側のTさんのところに向かうべく来た道を戻った。ここで、ヤマメ愛くんは時間切れで帰宅。別れ際もしっかりと挨拶ができる好青年。

もりもりさんと二人になり、懐かしい話を愉しみつつ歩いていると、下流側から一人のFly Fisherがこちらに向かってくる。numassan(さん)の釣行記に載っていたFly Fisherに風貌が似ていることに気付いていたが、リールに巻かれたリリアンラインの色を見てうおさんだと確信。(うおさん、出会いがしらにいきなり手元を凝視してしまい大変失礼しました・・・)

既にnumassan(さん)やカチーフさんのブログを通じて存じあげていたうおさん。とはいえ、生身のうおさんとは初対面。いつも思うことだが、“初めまして”、のご挨拶への違和感。“初めまして”、の後にすらすらと過去の話題を語り合える関係・・・ブログの縁とは不思議なものだと思う。その後、うおさんにとってはお初となる上流側を探索したいとおっしゃるので、後程の再会を約束して、しばしのお別れ。

その後、合流ポイントでもりもりさんはフライを投じるも結果は出ず。
20150125_07_2015020110364379c.jpg

Tさんとも再会するも結果は今ひとつとのこと。3人ですっかりおしゃべりモードに突入。ここで思いがけないことが・・・なんとTさんはタナゴ釣り名士でもあることを大発見。フライだけではなくタナゴに関しても知識の泉だったTさんに、たまたま所有していたタナゴ仕掛けも見て頂き、いろいろとご教授頂いてしまった。思わぬところでタナゴ情報に出逢えてしまう・・・これも不思議なご縁。

ここでもりもりさんも時間切れ。電車でお越しのTさんは、帰りしな、駅の近くの上流ポイントで納竿したいとおっしゃる。うおさんもなかなか下りて来られないので、様子見を兼ねて2人で再び遡上。先程、沈黙の反応だったあたりでうおさんに再会。結果を伺うと、まずまずの型のオイカワが釣れたとのことで、良かった、良かった!! 既に日没直前だったが、うおさんもお誘いし、3人でTさんのポイント(私自身も初のポイント)を目指した。

ポイントに到着し、お手製のリリアンラインで綺麗なキャストを繰り返すうおさんを撮影。残念ながら魚には出逢えず終い・・・。
20150125_08_201502011036448d0.jpg

Tさんは慣れ親しんだ一級ポイントにてウェットでオイカワをゲット。私は川沿いの遊歩道から見学しつつ、釣れた瞬間を記念撮影。
20150125_09_2015020110364502e.jpg

遊歩道でぼんやりしていると、一人のFly Fisherが遠くを歩いていた。下流側で3人でおしゃべりを愉しんでいる時も一人のFly Fisherが釣りを愉しんでいる姿が目に入った。小春日和のおだやかな一日だったことも手伝い、午後からの釣行だけで7名、午前はmihiro師匠も釣行していたらしいので総勢8名のFly Fisherが居たことになる。

Tさんともお別れし、すっかり暗くなった遊歩道をうおさんと共に歩いた。直前に初対面した相手とは思えない会話を愉しんだ。光栄にもずっと拙ブログも読んで頂けていたとのこと、numassan(さん)同様、最近、Zacco FFを始めて以来、物凄いハマリっ振りのご様子。今後もたくさんご一緒できる機会があることだろう。

それにしても、我が身近な川も有名になったものだ・・・としみじみ思う。渓流とは異なり、マナー良く適度に散らばれば皆でまったりと釣りを愉しむことができるZacco FF。

都心近く、且つ、真冬でもFly Fishingが楽しめる湧水豊富な奇跡の川。この川の貴重さと有難さを皆で共有しつつ、共に末永くZacco FFを愉しみ続けたいと思う。


プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク