HOME   »  2016年07月
Archive | 2016年07月

韋駄天・夏色・極夏なオイカワ

7月17日(日)。

遠く離れてはいるものの、Zacco FFの大好きなフィールド。先発隊は早朝から釣行していたが、私は午前に仕事を済ませ、午後から独り電車で向かってみた。いつもと違い車窓からゆっくりと眺める緑は何とも瑞々しく、ポイントに近づくにつれて徐々に高揚感が増してきた。

かなり距離はある駅なのに、ワクワクしているうちにあっという間に到着。駅から川に向かう路地を通りつつ遥か向こうの川に目を向けると、愛すべき釣友達があちこちに点在していた。

この川はポイントが幅広く点在するため、距離を稼げる愛竿Blue Heron #5-6を持参。早速、アタリはそこそこあるものの竿が硬くて弾いてしまうのか(いや、腕だろう・・・)、想像以上にバレが多い・・
20160717_1.jpg

それでも、硬めの竿をブルブルと震わせて手元に来てくれた良型の韋駄天さん。最近は、“夏色”や“極夏”という呼び名もとても気に入っている。如何にも鮮やかな婚姻色オイカワを表現するのにぴったりの呼称に思える。

AMIYA印・渓流ネットに横たわるずっしり感のある魚体。
20160717_2.jpg

ここのオイカワに手で触れる度に、我がHome Riverのオイカワと遺伝子が異なるのではないだろうか・・・、とさえ思ってしまう。
20160717_3.jpg

遅れて参加した割にはそれなりに釣れたので満腹して、周りの仲間の釣りを見学。うおさんのBlue Heron Rodが良型オイカワに弧を描いているところを撮影されるHさん。台湾から遠征されたCさんのお父さん的存在の御方。色々と愉しいお話をたくさんさせて頂いた。
20160717_4m_201607302359228f0.jpg


釣り遅れた分を取り戻そうとして、これ以外はほとんど写真を撮らなかった自分に笑える・・・。何を隠そう、実はこの日は新たなゲストも含めて総勢12名が揃った愉しい釣行だったのに・・・

ともあれ、真っ暗になるまで皆で楽しく語り合えた至極の一日になった。





スポンサーサイト

束の間の癒しの時間

7月10日(日)。

朝から猛暑日。こんな日は身近な湧水の気持ち良い川でジャブジャブと水遊びしたい・・・などと思っていた矢先、『今からちょっと水に浸かりに行ってきます!!』、と何ともタイムリーなメッセージを下さった御方が・・・。そうとなっては、我がHome Riverに行かない理由など、全く見つからない。

そんな素敵なナシオさんにご製作頂いたナシオ印・オイカワネットを片手にポイントに到着。開始早々、すぐにオイカワとご対面を果たしたナシオさんを撮影。
20160710_0.jpg

私は少し上流側からウェットを流してみたところ、何とも嬉しいことに幸先良く韋駄天さんとご対面。我がHome RiverであるO川では2016初の韋駄天さん。
20160710_1.jpg

毎度の湧水ポイントの煌く水に魚を浸けてみた。ホウボウを思わせる何とも綺麗過ぎる鰭に見惚れる。
20160710_2.jpg

この一尾ですっかり納竿気分。満ち足りた気分で、愛竿Blue Heron #0-1と我がHome Riverを記念撮影。
20160710_3.jpg

季節遅れだが、青々としたミズハコベの上に落ちるオオカワジシャの花弁。名付けて、『水生オオイヌノフグリ』。いつもよりは2か月遅れだが、何とか目にすることができて良かった・・・
20160710_4.jpg

ミントの葉も見つけた。外来植物ではあり複雑な気分ではあるが、何とも清々しい香りにちょっと癒される・・・。いつか晩酌の時にモヒートでも愉しんでみようか・・・などと思ったりした。
20160710_5.jpg

ポイントを少しだけ休ませようと思っていたら、夏の子供たちがやってきた。しばらく見学していたら、餌で見事に魚をかけていて何とも素敵な光景。このポイントは彼らのもの。飽きるまで思う存分たっぷりと堪能して貰いたい・・・と思いつつ、上流側から微笑ましく眺めた。
20160710_6.jpg

その頃、何とGran Lussoさん(以下、GLさん)が愛車ヴェスパでご登場。なんでもロッド不携帯という何とも素敵な川散歩。しかし、GLさんにとっては本当に久しぶりのK川なので、ここは是非ともオイカワとご対面頂きたい・・・ということで、かなり強引にGLさんに愛竿を手渡した。

GLさんはジーパンの裾を上げて川にジャブン!! そんなホノボノとした光景をナシオさんが撮影。
20160710_7.jpg

程なくしてGLさんがまずまずの型のオイカワを釣り上げた。すぐにGLさんの元を訪れるナシオさんをパチリ。
20160710_8.jpg

この後のGLさんにはご家族とのイベントが予定されており、残念ながらすぐに御帰還された。こんなわずかな時間でも、わざわざお越し頂けたことが何とも嬉しい。釣果はさておき、少しの時間でも仲間との安堵する語らい・・・、これぞ『安近短』なZFFが持つ最大レベルの愉しみ方だと信じる。もちろん、『ボ』は心底嫌なのだが、数尾に出逢えればもう十分過ぎる・・・

ナシオさんもピンスポットのポイントを狙って、数尾のオイカワをかけていた。
20160710_9.jpg

まだまだ陽は落ち切っていなかったが早々に納竿。梅雨の晴れ間の清々しい青空をパチリ。
20160710_10.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ナシオさん、GLさん

束の間の川散歩、本当に楽しく心癒されるヒトトキでした。この気軽さが何とも本当に心地良いですよね。
また是非お付き合いよろしくお願いします!!




今年初のTH川でZacco FF

7月4日(月)。

前夜は遅い便で札幌入り。真夏日のような東京の気候とは真逆で、むしろ肌寒いくらいだった。そして、翌朝6時頃。せっかくの札幌なので久しぶりにTH川に出向いてみた。

ホテルの目の前からの光景。Door to riverはわずか1分未満。
20160704_0.jpg

毎度の橋を抜け・・・
20160704_1.jpg

ビジネスシューズの私に優しい舗装通路を通り・・・
20160704_2.jpg

毎度のポイントに到着。今年初のTH川。愛竿Blue Heron #0-1と共に記念撮影。
20160704_3.jpg

水温チェック。ただでさえ肌寒い気候が、更に寒く感じる・・・
20160704_3_2.jpg

小さな反応はそれなりに・・・。ウグイかと思ったら、『ヤマメの皮を被ったオイカワ』だった。小さな脂鰭が可愛い。5尾ほど釣った後、幼児虐待を止めるべく納竿。
20160704_4.jpg

自ら『3分』の制限時間を設定し、四つ葉探し。1分後くらいに見つかった四つ葉。
20160704_5_2.jpg

そして、五つ葉。三つ葉のクローバーが綺麗に重なりあってこんな風に見えることが多々あり、良く騙される。しかし、これは正真正銘の五つ葉だったことをしっかりと確認済み。
20160704_5.jpg

川を振り返り、大昔の拙宅を眺めた後、足早にホテルに戻った。
20160704_6.jpg







梅雨の真夏日の韋駄天さん

7月2日(土)。

梅雨の晴れ間。ただ佇んでいるだけでも汗が滴るくらいの夏日。夕方になって少しは涼しくなると期待しつつも、一向に気温は下がらない。そんな気候の中を懲りもせずにHome Riverに向かった。毎度ながら鮎師を避けて普段は行かない初めてのポイントへ・・・
20160702_1.jpg

夕まずめでもあるしドライフライで行けるだろうと思いきや、フライを突くのは小さな魚だけ。とりあえず小型のオイカワを一尾得たところで、時間も限られていたのでウェットに結び替えてみた。
20160702_0.jpg

小さなチャラ瀬にフライを流したところ、さっきまでの渋めな反応とは裏腹に盛んな反応。そして、瞬く間にまずまずのオイカワ数尾とご対面。

そして、そのポイントの少し下流のチャラ瀬にフライを流してみたところ、先程までとは明らかに異なる強いアタリ。“もしや?”、と思いつつ慎重にラインを手繰り寄せてみたところ・・・

これは問答無用に韋駄天さんと呼んで良いだろう。
20160702_2.jpg

そして、そのすぐ下のポイントで再び愛竿Blue Heron #0-1を大きく撓らせてくれた一尾。再び、“もしや?”、と思っていた矢先に夏色の鮮やかな魚体が見えた。ゴツゴツとした追星が猛々しく、見事な婚姻色に染まった韋駄天さん。我がHome Riverで韋駄天さん連チャンなんて・・・なんと嬉しいハプニング。
20160702_3.jpg

更に下流側の瀬で数尾のオイカワを得て、滴る汗の鬱陶しさを上回る程の満ち足りた気分で納竿。
20160702_5.jpg

小休止を兼ねて足元のクローバーをぼんやりと眺めていたら、“四つ葉のクローバー”、を見つけた。実は小さな頃からどうも“四つ葉のクローバー”をサーチする能力が人より優れているのかいないのか(敢えて書けば、四つ葉が発生しやすい生育環境に思い当たりがあると言うか・・・)、大抵の場合は探し始めて2~3分以内に見つけることができる。過去最高は七つ葉まで見つけたこともあるが、葉が多い分だけ更に幸せになれるかどうかは全く定かではない・・・。
20160702_4.jpg

汗を拭いつつ、梅雨の晴れ間の夕暮空を見上げた。梅雨が明けるまでにあと何日釣行できるだろうか・・・
20160702_6.jpg


(追記)
この記事の下書きを終えた後にfacebookで知ったのですが、この記事をアップした本日、同じ場所で同じ夕暮を見上げて写真に残した釣友が居らっしゃいました。そんな目線での一致はとても嬉しいですね・・・ \(^o^)/









Home riverで2016初の韋駄天さんとご対面

6月12日(日)。

前日は気持ち良い晴天でZacco FFと渓流釣りの二刀流ですっかり愉しめた一日だったが、この日は曇天。朝からダラダラと過ごしつつ、溜まった仕事を少しだけ片付けつつ・・・の冴えない時間の使い方。

時刻は既に15時過ぎ。それでも雨は何となく降らなそうな予感・・・となれば、夕練にはもってこいの隙間時間。そして訪れたのは我がHome Riverだが初めてのポイント。この時期、慣れ親しんだポイントには鮎釣りの面々が多数居るので、平日釣行ではない限り、あまり足が向かなくなってしまった。

下流ならではの雰囲気だが魚は居そうな感じ。取り敢えず、まずは愛竿Blue Heron #0-1と記念撮影。
20160612_1.jpg

まずはドライを投げてみたが反応ゼロ。ちょっと突く・・・という魚も皆無の状態。

 『この辺りには魚は居ないのだろうか・・・』。 

自問自答しつつウェットに結び替えてみたところ、瞬く間に小型ながら一尾を得た。そうか、やっぱり魚は居たのか・・・。ある意味、当たり前なのかもしれないが、そんなことが発見できると嬉しい。
20160612_2.jpg

その後、5~6尾釣り上げたところで、遥か遠くのプールにライズが散見されることに気付いた。もう納竿のつもりだったのだが、ドライを結んで可能な限りのロングキャスト(・・・と言っても私の場合はあまり飛ばないのだが・・・(笑))。

すると、着水と同時に見事なスプラシュを決めてフライを咥えてくれた魚。瞬間的に合わせてみたら見事にフッキング。良型のカワムツかな・・・と思いつつ、小気味良い引きを味わいつつラインを手繰り寄せてみたら・・・

なんと、我がHome Riverにて2016年初の韋駄天さん!!少々色は薄めだが、まぁ、韋駄天さんの仲間入りで問題ないだろう。
20160612_3.jpg

薄暗かったのでストロボを用いて撮影してしまったが、あまりに綺麗な鰭に見惚れつつ撮影。
20160612_3_2.jpg

今年初の韋駄天さんなので、愛竿と共に記念撮影。
20160612_4.jpg

釣行中に気付いていたのだが、下流が故にオオフサモがたくさん目についた。外来植物のクレソンやオオカワジシャも駆逐され、オオフサモだけになったアイランドが目立つ。下手に抜くと、切れ端が下流に流されて返って増殖する・・・という話を聞いたことがあるが、やっぱり可能な限り抜いておけば良かったと後悔・・・。次回はできるだけ抜いてみようと思った。
20160612_5.jpg

少し上流に向かったところに、こんな素敵な神社がある。このあたりは露地売り野菜がたくさん売られていて、晩酌のツマミ用の野菜入手を愉しみにしているエリアでもある。今回は新鮮なきゅうりとインゲンを仕入れて帰宅した。それなりの量があったが1袋100円。前回は、新鮮なチンゲンサイが2株で50円だった。帰宅後は、たたききゅうりのマヨネーズ味噌和え、そして、インゲンの胡麻和えを作り、それをツマミに晩酌開始・・・
20160612_6.jpg

いつも思うことだが、『安近短なZacco FF』は、一日の中の様々なイベントを両立でき、且つ、自分自身も釣行でリフレッシュできる。釣りに関しては比較的『小食』な私だが、こんな程度の身近な釣りが何とも心地良く、そして、自分自身に最も合っているような気がする。








Zacco FFのち渓流FFの欲張りな一日

6月11日(土)。

この日もZacco FFが大好きなメンバーがとあるポイントに早朝から集結していた。一方私は、午前中に溜まりまくった残務をある程度消化し終えてから、遅ればせながら向かってみた。

真夏日のごとく茹だるような暑い日だったが、峠を越える時だけは何ともキリっと気持ち良い冷気に包まれ、本当に気持ちが良かった。色んな柵(しがらみ)を放棄して森に囲まれて生活してみたい・・・などという現実逃避的な夢物語が、移りゆく景色と共に再燃した。

ポイント近くのコンビニで避暑を兼ねて小休止していたら、なぜか目の前で会計をしていたのが会社の同期・・・。恐ろしいくらいのあり得ない巡りあわせにお互い大笑いしながら、彼の車中でしばらくのんびりお茶タイム。その後、彼は都心を目指し東に消えて行った。

この日は初めてお目にかかるZacco FFファンの方が3名。それぞれにコダワリを持ち、それぞれのスタイルでハスやオイカワを見事に釣り上げていた。簡単にご挨拶を済ませた後、隙間のポイントに分け入らせて頂いた。

ポイントの目利き・・・というより、たまたま産卵活動を終えて食い気が強い個体が居ただけだと思われるが、あまりにあっさりと今季初の雄ハスとご対面できた。これにて、愛竿Blue Heron #5-6にハス入魂完了。普段愛用しているBH#0-1と比べるとほとんど曲がらないのだが、ある意味、サクっと魚を引き上げることができるとも言える。
20160611_1.jpg

それにしても、なんて美しい魚なのだろう・・・。今年も出逢えたことに感謝し、感慨深く綺麗な鰭を撮影。
20160611_2.jpg

過去に、撮影に夢中になっていて魚を弱らせてしまった苦い経験から、ハスを釣り上げた後は基本的に顔(エラ)を水面から出さないようにしている。正直に言えば、今回は初ハスだったので少しだけ魚体を持ち上げて撮影したりもしてしまったのだが、普段は絶対にやらないように肝に銘じている。

そして、段差となっていて水流のある場所を探し、撮影中はそこに魚の顔ができるだけ浸かるようにしている。本当はそんなことをしている間にとっととリリースすれば良いのだろうが、今回ばかりは初ハスだったが故に、少しだけ時間をかけて撮影を敢行させて貰った。その後、少し水深のある場所にリリースすると、手元から勢い良く泳ぎ去ってくれた。魚とこういう別れ方ができると何とも清々しい。逆に、ヨロヨロと去っていく魚を見ると、何となく後ろめたさが残ってしまう・・・
20160611_3.jpg

この一尾でほぼ満足。来たばかりなのに、心は遥か遠い上流の渓に思いを馳せつつ、ロッドを置いて皆の釣りを見学。遅れてきたうおさんもガッツポーズを決めて絶好調。周りの釣友から賞賛を浴びている模様。
20160611_5.jpg

お初にお目にかかったダンディな装いのKさん。ドライに拘った釣りで、私の目の前で見事にハスを釣り上げていた。
20160611_6m.jpg

既に夕刻。私と同様に渓流に行きたくてうずうずしていると思われたうおさんと二人、皆に分かれを告げて遥か上流を目指した。

気持ち良い山間の九十九折の道を抜け、行き着いたのは以前にも訪れた好ポイント。目を凝らすと所々にライズが見受けられた。ご親切にもうおさんより先行させて頂き、かなり期待を込めて、ライズからしっかりと距離を置いてドライをキャストしてみたのだが、キャストするごとに消え去るライズの波紋・・・(笑)

小さなポイントを丹念に叩いてみると、時折、ドルフィンジャンプを決めてフライに飛び付いてくれるヤマメも居るのだが、どれも小さい個体。そして、かなり薄暗くなった頃に、ヤマメの皮を被ったオイカワが飛び付いてくれた。こんなサイズが釣れないように、敢えて#12を結んでみたのだが・・・、良くぞフライを咥えたものだと思う。
20160611_7.jpg

その後、まずまずの良型(と言ってもせいぜい17-18cmくらいだろう)を目の前でバラし、その直後のライントラブルで納竿を決意。

私が散々叩きまくった後のトレースを余儀なくされたうおさんだったが、やっぱりヤマメの皮を被ったオイカワを釣り上げていた。私の後ろから遡上しているのに良型をバラしているあたり、やっぱりうおさんは攻め方が巧みなのだろう。この川を知り尽くしている・・・と感心しきり。
20160611_8.jpg

さすがにフライも見え難くなってきたので納竿。すっかり暗くなってしまった渓流沿いの道を二人で下り、T字路でうおさんは左へ、私は右へ。

『じゃ、また!! 気を付けて!!』

都心から遥かに遠い渓ではあるのだが、こんな一言で気軽に別れる瞬間の空気感がとても気に入っている。『じゃ、また!!』という言葉の中に、お互いの無事な帰宅を思いやる気持ちが込められつつ、後ろ髪を引かれるように愉しかった時間への名残惜しい気持ちをきっぱりと断つことができる瞬間でもあるから・・・

そして、真っ暗になってしまった峠道を越えて、家路を急いだ。




プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク