HOME   »  野草/キノコ  »  秋田の山の実力...山菜の宝庫?

秋田の山の実力...山菜の宝庫?

5月9日。秋田への出張の帰り道の記録。

昨日は能代で仕事。八郎潟を過ぎた青森に近い町。秋田からの移動は、平坦な高速をひた走るだけで、あまり、特筆すべきTopicsは無かったのだが・・・

今朝の秋田は晴天。いつもは秋田駅前から空港バスに乗るのだが、少し時間に余裕があり、あまりに気持ち良い天気だったので、秋田の飲み屋街である川反(かわばた)近くのバス停まで歩いてみた。なぜなら、秋田で一番に賑わっているであろうこのエリアに、綺麗な川が流れているからである。
1_Akita.jpg

しばらく、ライズを探してみたのだが、雑魚の気配は全くなく、居るのは鯉ばかりで、残念・・・
2.jpg

さて、空港に戻るバスの道中。気になる川や野草が満載。まずは、この川。水が張った田園の中をのどかに流れる里川。きっと、雑魚達のパラダイスのはず。
4.jpg

バスの車窓から、高速連写で撮影してみたが、面白い事実を発見。後から気づいたことなのだが・・・それぞれの写真が、何とStereoになっている・・・原理的に考えればまさにその通りなのだが、ちょうど良いスピードでの移動だったのかもしれない・・・

4_Stereo.jpg

この記事を読んで頂いている皆様、頑張って、”立体視”、して頂き、楽しんで頂けましたら幸いです。いわゆる3Dです。平行法と交差法の2種類がありますが、平行法の場合、あえて視線のピントをぼかして、真ん中に浮かび上がった写真にFocusを合わせるような感じでしばらく見つめて頂くと、あるタイミングで写真が3Dのようになってきます(ちなみに、私は平行法しかできません・・・)。医用画像(特に、血管撮影)を読影する際には、良く用いられる手法です。

程なくして、あっと言う間に秋田空港に到着してしまったが、搭乗まで40分くらい余裕があったため、空港前を散策。スーツに革靴なので、空港前のこんな公園っぽい階段付近のみを散策。
5_park.jpg

階段の右下には、私の愛用の出張カバン(TUMIとRemowa)が見える・・・
6_park.jpg

この後、度肝を抜くような結果になるとは・・・私自身、全く想像だにしなかった。これが、秋田の実力なのかもしれない。完全にノックダウンさせられた感じがする。

まずは、フキ。別に何の感動もなし。
7_Fuki.jpg

続いて、オオバギボウシ。東北では、”ウルイ”、と呼ばれ、店頭にも並ぶ人気の山菜。これも、いわば普通の山菜。8_Oobagiboushi.jpg

まさに、食べ頃、であるが、そっとしておいた。
9_Oobagibousih.jpg

次は、ツリガネニンジン。東北では、”トトキ”、と呼ばれる。実家がある鳩山周辺にも、夥しく自生している。お浸しにすると美味い。慣れ親しんだものだが、今年は初対面の山菜。10_Tsuriganeninjijn.jpg

続いて、ぜんまい。胞子葉が付いているものだが、皆、あまり採らない。
11_Zenmai.jpg

見つかるかな・・・と思っていた矢先、すぐに見つかって嬉しくなった、トリアシショウマ。数ある山菜の中でも、私がトップクラスで好きなもの。ちなみに、鳥の足、に似ているから、こんな名前が付いたらしい。採取したい気持ちに駆られたが、楽しませてもらった感謝の気持ちを込めて、そっとしておいた。12_Toriashishoma.jpg

そして・・・私がノックダウンさせられた山菜がこれ。読者の皆様の中には食べたことがある方もいらっしゃるかと思う・・・

タラの芽のように重宝される(タラの芽よりは圧倒的に見つけるのが難しい)木の芽なのだが、最高に美味しく、バター炒めで食べると、いくらでも食べられるオツな山菜。13_Koshiabura.jpg

なんと、コシアブラ、である。それも、空港前の公園の横に・・・。それなりに山に入らなければ見つかったことがない山菜。これは絶対にありえない・・・ 注意深く探してみたら、他にも数本あった。

たまたまなのか・・・それとも、これが秋田の山の実力なのか・・・こんな場所で出会えてしまい気もそぞろで大いに動揺してしまったが・・・、優しく愛でて、もちろん採取せずに帰ってきた。

さて、冷静さを取り戻して眺めてみると、食べられないが、チゴユリ(稚児百合)が綺麗に可憐な花を咲かせていた。14_Chigoyuri.jpg

15_Chigoyuri.jpg

以上、わずか10分少々で散策した結果の愛すべき山菜達である。山全体が、山菜の塊に見えてしまい、平常心を保つのが難しい・・・スーツ姿の自分が嫌になる。

平日のブログのアップは、何か(仕事?睡眠時間?)を犠牲にしないとなかなか難しい・・・しかし本日は、興奮冷めやらぬ状況の中、どうしても記事にしたくて、時間を割いてしまった次第である。

恐るべし、秋田の山。いや、空港前の公園。本気で山に入ったら・・・想像するだけでニヤニヤしてしまう私であった・・・・
スポンサーサイト
Comment
コシアブラ、ちょうど食べごろですね。
油でいためて醤油で味付けし、ご飯に混ぜ込んで食べると絶品です。
ああ~食べたいなあ~。(笑)
 山菜の宝庫ですね。
 僕が知っいるのは、蕗とタラの芽ぐらいで、良い勉強になりました。
 以前はここに時々来てました。
 知っていたらウッハウハだったんですけどね。
 それにしてもいろいろ生えているもんですね。
おはようございます

皆どこかで見かけた事があるような、無いような。2~3年前にこのような知識があれば、山へ行くのももっと楽しかったと思います。
某事故のお陰で、子供には「おいしいよ」と安易に勧められないのが親の辛い所です。
Jickyさん、こんばんは。

コシアブラの美味しい食べ方をご存知ですね!油を使って料理して、葉と茎の異なる食感を楽しむのが、ベストな山菜だと思っています!
jetpapaさん、こんばんは。

そうなんです。気をつけてみて見ると、大抵はいろいろと生えています。

本日、山梨の渓流を散策してみました。秋田に負けじと、いろいろと生えていましたので、後でアップしますね!
siroyamasakuraさん、こんばんは。

私の場合、釣りに行っても、野草やキノコにも目が行ってしまって・・・釣れなくてもそれなりに収穫があったりして、楽しめてしまいます。すぐに覚えられますので、お勧めしますよ!

某事故の件、かわいいお子様のことを考えると、そういう気持ちになられるお気持ちも良くわかりますが、実は大丈夫です。

それより、子供が山菜を美味しい・・・と思ってくれるまでには、なかなか時間がかかるようですね、こればっかりは・・・ ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク