HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  身近な川の源流散歩 ~後編~

身近な川の源流散歩 ~後編~

前回の後編。

身近な川の源流部分はこんな感じだった。とにかく、湧水の小川がたくさんあり、そんな小さな流れが集まって、この愛する川を形成していたことが確認できた。クレソンに囲まれた源流。
20130217_18.jpg

さて、めでたく源流をこの目で見ることができたので、気持ちも新たに川を下り、釣行できるポイントを探してみた。途中、すぐ川に下りることができる箇所を発見。しかし、どうにも釣りのポイントとしては良さ気ではない・・・しかし、クレソンを摘むには最高の場所。皆さん、美味しい山菜ですし、放っておくとどんどん増えますし、積極的に利用しましょう。しかし、独り占め的な採り方はやめましょう。
20130217_19.jpg

途中、こんな場所を発見。流れの上に自然の木の止まり木があり、そこにサギが佇んでいた。ちなみに、このあたりも全く釣りになりそうにない。
20130217_20.jpg

結局、先週来たポイントまで戻り、ようやく竿を繋いだ。しかし、先週反応があった場所もことごとく生命反応がない。千葉から来られた先行のFly Fisherと話をするが、同様に反応が渋いらしい。
20130217_21.jpg

菜の花を見つけた。既に夕陽を浴びて露出オーバー・・・
20130217_22.jpg

あまりに反応がないので、ずっと上流の自転車を停めたところまで散歩気分で戻った。このあたりも水深が浅く、ポイントとして今一つ・・・
20130217_23.jpg

しかし、天気の良い日に佇むには最高の雰囲気。春になったら、さぞや綺麗なことだろう。
20130217_24.jpg

再び自転車に跨り、ずっと下流に下る。下流のポイントではまだnishiくんが独りで頑張っており、ちょうど魚をかけて撮影しているところだった。『おめでとう!』、と声をかけつつ、上流側は全くダメだったことを報告して、そのまま更に下流を目指した。

慣れ親しんだ合流地点のポイントに到着したのは、既に17時近く。ここで数投だけ竿を振ってダメならあっさり帰ろうと思った。mihiroさんが結果を出しているハックルを巻いただけの水面直下ウェットを結ぶ。しかし、このフライは最初だけ浮いてくれるので、ドライとして試してみたら、いきなり反応が・・・ それも結構派手目な反応だった。気を取り直してもう一投。そして・・・しばらく忘れていた強いヒキ。
20130217_Oikawa_1_20130222233019.jpg

釣れてきてくれたのは、こんな良型のオイカワ。
20130217_Oikawa_3.jpg
20130217_Oikawa_2.jpg

この後は、ウェットとして流して小型のオイカワをもう一匹追加。この二匹で十分。さくっと納竿し、夕暮れの中を家路を急いだ。

さて、既にmihiroさんの記事でご紹介されている通り、この愛すべき川に工事が入り、いまカフェオーレ状態になっている。悲しい現実だが、明日、この目で見てきたいと思っている。





スポンサーサイト
Comment
またまた、夜分遅くに失礼します
明日、O川に行ってみます(^-^)
リーダー7X、ティッペット7,5で大丈夫でしょうか?
ariさん、おはようございます。
大丈夫ですよ。そして、水草の際にフライを投げ込む感じです。
O川釣行の場合、拙記事の場所を除いては、どうしても柵を越える必要がありますので、お気を付けくださいね。
私は午前の野暮用を終えてから、午後早めの時間帯からお邪魔させて頂きたいと思います!
おはようございます。

僕も今日、釣行&工事を聞きに行こうと思ってます。

なんでしょう。最近、もはや黒目のほうが良かったりして・・

渡せなかったお返しを持って行きますね。
nishiくん、今日はお疲れ様でした。そして、フライのプレゼント、ありがとう! 早速、記事にまとめさせて頂きました。
工事・・・とても残念ですが、こちらも詳細の写真を撮影して来たので、近日中にアップしますね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク