HOME   »  釣り全般  »  アカメ用ルアー ~Singaporeのお土産~

アカメ用ルアー ~Singaporeのお土産~

3月2日(土)。ようやく仙台のM氏にお土産を渡すチャンスがやってきた。

M氏が企画・主催する第6回を迎える研究会。毎度ながら早朝(今回は遅めの開始で、それでも朝5時55分!!)開始。毎回、日本の脳血管内治療を牽引するSpecial Guestを迎え、拝聴させて頂く私としても、とても勉強になり嬉しい。先に学んだことではあるのだが・・・ちなみに、釣りの対象魚にはなり得ないが、ナメクジウオ、をご存知だろうか? 脊椎動物の源・・・すなわち、我々の祖先である。

さて、会も滞りなく終了し、ようやく、例のブツ、をお渡しすることができた。例のブツとは、過去記事にも記載させて頂いたが、ちなみに、M氏から与えられたMissionは、

①バラマンディ(四国のアカメ)が釣れるルアー
②笑えるルアー

そして、お渡しさせて頂いたルアーは、以下の2つ。
20130228_5.jpg

まずは、バラマンディ用。M氏の反応は・・・ ”小っさ~!!”。 いつもながら大物狙いのM氏らしい反応。恐らく、Singaporeの釣具屋の店員は、私を見て、”この人ならこの程度のルアーが妥当だろう・・・”、と即座に見破られたのかもしれない・・・ ^^;;
20130228_6.jpg

そして、笑える(かもしれない・・・)ルアー。
20130228_7.jpg

フロッグの前にスピナーが付いており、あまり詳しくはないのだが、日本ではあまり見かけないような気がして即決したもの。今から30年も昔の古い話だが、私が中学生で雷魚釣りにハマっていた頃、ハリソンスーパーフロッグと呼ばれる、カエルルアーの名品があった。当然、お小遣いでは買えなかったが、こんなリアルなカエルではなかった記憶がある。ちなみに、当時の私は、ぽかん釣り・・・すなわち、カエルの尻掛け、の餌釣り。

M氏は、”確かに、これは珍しいね~!”、とのことだった。以前、ナメクジウオを教えて下さった脳神経外科の先生も交え(3人とも同じ歳)、束の間の釣り談義になってしまった。こういうのも楽しいハプニング。

それにしても、釣りって面白い。M氏とは、思い返せば、1月の電車の長旅でも、釣り以外の話はほとんどしなかった。お互いに早朝出発で疲れていたにもかかわらず・・・良い歳の大人も、釣りの話だと童心に返ってしまう。

やっぱり、釣りって良いなぁ・・・ 爺さんになるまで続けるために、足腰鍛えて、そして、健康で居なければ・・・

(おまけ)
今日の仙台は雪が舞っていたが、先日の鹿児島は20℃を越え、車やバスの中は既に冷房だった・・・
移動中の光景をいくつか写真に収めたので、せっかくなので貼っておきたいと思う。

火山灰が舞う鹿児島中央駅。
20130228_0.jpg

良くわからないが、とてもユニークな自動販売機。
20130228_1.jpg

鹿児島空港に早く着いたので、初の足湯。(汚い足で申し訳ありません・・・)
20130228_3.jpg
20130228_2.jpg

街を歩いていて変な目で見られてしまった、気候に不似合なダウンコート。
20130228_4.jpg

以上、鹿児島の写真のご紹介でした。



スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク