HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  愛しの我が竹竿との出会い

愛しの我が竹竿との出会い

3月3日(日)。 少々風が強い曇天。

少々天候が悪かろうが寒かろうが、今日だけはどうしても川に繰り出したかった。 何故なら、念願の竹竿のオーナーになれる日だったから・・・

その竹竿は、突然、私のところにやってきた。Rod Builderはジョニーさん。ジョニーさんとはまだ出会って間もないのだが様々な奇遇ネタも重なったり・・・、本当にひょんなことで、我が竿をご製作頂くことになった。竹竿の詳細スペックは上記リンクをご参照頂きたい。

正直言って、私レベルの腕と経験で竹竿なんざ100年早い!、と未だ自分自身で思っている。そもそも、竹竿に初めて触れたのも、つい昨年末の小畔チームとの交流会。今回、竹竿を手にするに至るまでには、正直、その交流会がきっかけとなったことも事実である。とても幸運な私・・・皆様との出会いに感謝・感謝・・・

いつもの身近な川でジョニーさんとお会いしたのは14時近く。水面を見ると、時折、魚がライズしている。そんな魚達をよそ目に、念願の竿とご対面。高鳴る鼓動を抑えることもできず、震える手でおっかなびっくり竿を繋ぐ。ジョニーさんがご多忙な仕事の合間に、恐らく、寝る時間を割いてご製作頂けたありがたい竿。愛する川をバックに、いざ竿を振り始める前に記念撮影。
20130303_01.jpg

さて、いよいよ初キャスト。まずは、エクステンションを接続しての試投。愛竿Blue Heron #1-2と比べるともちろんかなりシャキっとしているのだが、それでいて繊細な曲がり方をする竿。#2 Lineでオイカワを狙っても存分に楽しめる竿だと感じた。

そして数投目。入魂はドライで!、と決めていたが、ドライに元気に飛びついてくれたカワムツ。いつもと違うアングルで、竹竿と一緒にカワムツを撮影。
20130303_02.jpg

慎重に取り込み記念撮影。これにて、Zaccoの部は、無事に入魂完了。次なる課題は渓魚!!
20130303_03.jpg

何とか無事に入魂でき、安堵して、Rod製作者をバックに記念撮影。木製のリールと一体型になっている極短の竹竿を綺麗に操るジョニーさん。
20130303_04.jpg

そして、Rod製作者にバトンタッチして竹竿を渡し、試投して頂く。イメージ通りの出来栄えと満足のご様子!!
20130303_05.jpg

更に、瞬く間に魚をかけてしまう・・・
20130303_06.jpg

良型のカワムツ。うーーん、流石・・・ これにて、無事に、ダブル入魂完了!!
20130303_07.jpg

ちょうどその頃、お馴染みのNさんもご登場。少し下流で早速釣り上げ、状況を偵察に行かれるジョニーさん。
20130303_08.jpg

一方、私は河岸に上がり、次なるプロジェクト始動。そのプロジェクトとは・・・エクステンションを外して、6.4ft → 6ftの竿への変更。mihiro印のファールドリーダーが・・・
20130303_09.jpg

”知恵の輪”、を楽しみながら、この通り・・・。すなわち、竿全体にはラインを通したままで、エクステンションのところだけラインを外して抜き差しすることができる優れもの!!
20130303_10.jpg

改めて、手のひらをバックに再撮影。
20130303_11.jpg

6ftの状態でもジョニーさんに振って頂いたが、やはりイメージ通りの仕上がりとのこと。更にシャキっとするが、キャストしていて私自身も楽しかった。ジョニーさんが、実際の渓流を想定してサイドキャストで超ピンポイントに的確にフライを投げ込む姿を見て、しばし感動する・・・。ちょっと真似してみたが、なかなか思うように行かなかった。上達を目指して練習しなきゃ・・・と強く思った。

当日は夕方より家族のイベントがあったため、ジョニーさんと共に15時過ぎに早々に納竿。お互い一匹だけの釣果だったが、ダブル入魂を果たせて、そして、おしゃべりも楽しめて本当に嬉しかった。

帰宅後、家族で出かける前のわずかな時間を見つけて、早速、愛竿を撮影・・・の前に、同じくジョニーさんお手製のRod Caseを撮影。更に・・・ジョニーさんがくしくも2個ゲットしてしまった、”日本の清流シリーズ:ヨシノボリ”、まで頂戴してしまった。

ヨシノボリも私が偏愛する魚の一つで、以前、水槽で飼育していたことがあり、水槽内で産卵・抱卵・孵化してしまい慌てたことがある。
20130303_13.jpg

キャップ紛失を防ぐ紐の先には、ここにも竹細工があった。うーーん、芸が細かい!
20130303_14.jpg

そして、竹竿の全景。 Orvisのバンダナを広げて、その上に竿を優しく置いた。グリップは、流木を削って製作頂いたもの。エコで、そして、粋な計らい。しかも、フェルールは緑色で、Green Cherokeeに因んでの色。本当に本当に嬉しい!!
20130303_15.jpg
20130303_16.jpg

ちなみに、ジョニーさん直筆のメンテ解説書、および、メンテ材もあるのだが、もしかしたら企業秘密かもしれないので(?)、写真掲載はご遠慮させて頂く。

当日、自宅付近のフキノトウがこんな感じで開いていた。渓流は既に解禁。身近な河岸の光景が”春爛漫”に変化する日も間もなく来るだろう。釣師としても、山菜師(そんな言葉があるのかどうかわからないが)として、とにかく楽しみで仕方ない今日この頃・・・

20130303_17.jpg

ジョニーさん
本当にありがとうございました。生涯、大切に使用させて頂くことをお約束致します。と言いつつも、きっとまだまだお手を煩わせることがあるかとは存じますが、大目に見て頂きつつ、今後ともよろしくお願い致します。


スポンサーサイト
Comment
おはようございます。
そして、入魂おめでとうございます(^^)
緑のEXT渓流ロッドは、Green Cherokeeさんのだったのですね!
渓流の入魂も楽しみですね!
それに、オーナーさんがGreen Cherokeeさんということは、世界のあちこちに連れて行ってもらえる幸運なロッドにもなりそうですね(^^)
GreenCherokeeさん、こんにちは。
いよいよバンブーロッドオーナーですか!すご~い!
画像見てたら私も手元のバンブーロッド、振りたくなってきました。
こんにちは

バンブーロッドすごいですね!市販品のようです!

6ftという長さはO川のドライに向いてそうですね。

渓流、いつか是非連れていってください^^
媚びへつらう乞食そのもの
こんばんは。

おおー、かっこいいバンブーロッド!

エクステンションに知恵の輪スネークガイドってすごいです。
さらにはGreen Cherokee Colorのラッピングが泣かせます(笑)。

TNKでマルタには使わなくてもぜひ、持ってきてきてくださいね。
おはようございます。

バンブーロッドい~ですね~、うらやましいです(^ ^)
しかもスゴいスペック!

渓流での入魂もすぐですね♪
お世話様です
Green Cherokeeさん
おはようございます。
直進性の良さと軽さはカワガラス工法の特筆した良さです。
一般の工法は長年確立されたもので比較するものでは無いかと。
二枚合わせのロッドは後世に伝えていける一つの工法だと信じています。
できれば沢山のお仲間に触れて頂いて沢山の意見をフィードバックして頂き今後の竿作りに活かせたら嬉しい限りです。
こちらこそ宜しくお願いいたします。m(_ _)m

しげさん、こんばんは。
はい・・・ ^^;; 実はそうだったんです! 何とも光栄なことで、私は幸せ者です。
渓流での入魂、本当に楽しみです。ちなみに、私にバンブーの魅力を力説された最初の人は、しげさんなんですよ!
そうですね・・・ どこか遠くで竿を振れる日が来ると良いなぁ・・・なんて思ったりしています。
カチーフさん、こんばんは。
何だか私が思うより遥かに早く、バンブーのオーナーになることができました。
愛竿BlueHeronと同様に、作り手のジョニーさんは私を意識して造って下さった訳で・・・こんな嬉しい話はありません。世界に2本と無い竿ですから!
nishiくん、こんばんは。
そうそう! 短い竿でピンポイントに攻めるのは本当に楽しそう! あくまでも、投げられたら・・・の話なんだけどね・・・ ^^;;
nishiくんと渓流にご一緒できる日も、必ずや来ることでしょう! こんなオジサンで良ければ、いつでもどうぞ!
名無しの権兵衛さん、こんばんは。
記念に貴殿のコメントを削除せずに残しておきますね。
何年か先で良いので、是非、また拙ブログをご訪問ください。心よりお待ちしています。
wind knotさん、こんばんは。
そうなんです・・・まさに泣かせるロッド! 私が一番泣いています・・・ もちろん感涙ですが! ^^;;
私のテクニックでは、ちょっとマルタには使えそうになく・・・ ^^;; けど、もちろん持参させて頂きますね!
co-dropさん、こんばんは。
お近くの方から既に教えて頂きました。何だか素敵な解禁釣行をご経験されたとのこと! 羨ましいです!
渓流での入魂・・・のことを思うと、もう何だか上手く言い表せないくらいウズウズしています。この竿で渓魚をかけることができたら、何だか感動でしゃがみこんでしまいそうです・・・
ジョニーさん、こんばんは。
改めまして、この度は本当にありがとうございました。人と人のご縁をきっかけに、私は幸運にも市販品ではないジョニーさんお手製のバンブーのオーナーになることができました!
本当は、もっと気の利いたインプレとか書いてみたいのですが・・・、今はテクニックや知識で返せない分、素直な気持ちで精一杯お返しさせて頂きます。
生涯大切にさせて頂きます。本当にありがとうございました。今後、釣行にたくさんご一緒くださいね!
 バンブーロッドオーナーですね。

 この竿の途中で継ぎたせるところが凄い。
 ジョニーさんの技が光ります。
 僕はついでにリールまで付いているのが良いなーとお願いしています。
 
jetpapaさん、こんにちは。
期せずしてバンブーのオーナーになることができました!
おっしゃる通り、ジョニーさんの技が光っています。Extensionを付けると調子が変わって面白い竿ですよ!
リール付きも良いですよね。ジョニーさんがお使いの極短のロッドは、まさに、目から鱗・・・でした。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク