HOME   »  海外FF事情  »  Bamboo rods ... Message from Mr.C in England

Bamboo rods ... Message from Mr.C in England

4月19日(金)。久留米発、京都経由で、東京に戻る新幹線にて。

昨夜、久留米市で仕事を終え、ホテルに着いてメールをチェックしたら、久しぶりに英国の釣友Mr.Cよりメールが届いていた。

そこには、身内と近しい友人がこの数週間の間に亡くなられたとのことで、傷心の思いが綴られていた。心より故人のご冥福をお祈りしたい。彼の悲しみを表してか、英国は寒い悪天候の日々が続いている模様。

しかし、そんな状況の中でも拙ブログを読んでくれていた模様。ジョニーさんお手製のバンブーへの賞賛のメッセージと共に、彼が所有する素敵な竹竿(日本製)の写真が添付されていたので、是非、ご紹介させて頂きたい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
I love your bamboo rod, it is very beautiful. I have attached photos of my Japanese bamboo fly rods.
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

彼の愛竿への解説メールを原文のまま掲載させて頂きたい。やはり、繊細な竿がお好みのご様子。Rain After Troutなんて、なかなか粋な命名だと思う。たまたま、拙ブログの前記事のタイトルは、『雨後の爆釣』。釣り人が考えることは、万国共通らしい。

My favourite is the 'Rain After Trout' Izch Fairy #1, I use it with a silk line for wild trout. The Yokota rods are #3 is 'Black Finish' used for small stream trout fishing and #1 is a 'zacco' style rod.

Mr_C_20130418_1.jpg

Mr_C_20130418_2.jpg

MR_C_20130418_3.jpg

MR_C_20130418_4.jpg

いずれも本当に素敵な竹竿だと思うし、英国で日本製の竹竿で楽しく釣行している友人が居るなんて、ちょっと嬉しい出来事だと思う。

メールに最後に、こんな文章が綴られていた。これからの三か月が良い季節とのこと。Mr.Cが釣り上げた綺麗なZaccoやグレーリングの写真を楽しみにしていたい!

I'm happy you are still fishing with the rest of Team Blue Heron and enjoying nature, the next three months are the best for wild flowers(and trout!) in England so I will send you lots more photos soon.

最後に・・・、Baby Mothra(モスラの赤ちゃん)。前回と同様に、きっと幼虫から羽化させたものだろう。

Mr_C_20130418_5.jpg

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

My dear friend Mr.C,

Thanks for your email. I'm so sad at this time of sorrow around you .... I know you'll read my blog after the funeral ceremony today.

May your adopted mother's and your friend's soul rest in peace.

"Time tames the strongest grief" ... I think we would be able to say same thing for fishing and beautiful fish around you. I wish the great seasons will come in a couple of weeks and I really look forward to seeing your beautiful photo ... and I believe it would help you to get past your huge grief also.

Tight lines as always !!

Best regards.
Green Cherokee

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

追伸)
遠い極東の異国の小さな河川に、英国で、こんな思いを抱いてくれ、そして、励ましてくれる釣友が居ることも、幸せなことだと思う。20年前のTaff川も、昔の我が身近な川も、死の川同然のような同じ歴史を辿り、今では見事な復活を遂げている。都心を流れる河川としては奇跡的に綺麗な川。改めて、大事にしていきたいと思って止まない。

I've been following your blog and was very upset for you after seeing the photos of engineering work on your favourite stream. I'm sure it will recover quickly, 20 years ago my River Taff was black from the pollution of coal mines and contained no fish or insects!!




スポンサーサイト
Comment
こんばんは。

おっしゃる通り、遠い地で日本製の竹竿を使われているなんて、面識のない私でも嬉しくなります。

ご友人のご冥福をお祈りいたします。
co-dropさん、こんばんは。
私にとっても、まだ出会ったことがない釣友なのですが・・・そんな彼が英国でオイカワやウグイに似た魚釣っていたり、日本製の竹竿やてんから竿を振っていたり・・・何だか不思議ですよね。だから、余計に愛着が沸いてしまいます。
今日は、彼のご友人のお葬式だそうです。共に、ご冥福をお祈りしましょう。
こんにちは^^
Green Cherokeeさん
こんにちは。今日はあいにくの雨で。。。
朝練もできないので竿作り(笑)
異国の方からのメールから、その背景にいろいろな要素がふくまれていましたね。日本のロッドを会えて使うあたり。
決まった釣りではなくそれぞれ自由なアプローチでたのしめ多時、自分の釣りが見えてくると思います。
その彼のご友人のご冥福をお祈りいたします。

ジョニーさん、こんばんは。
生憎の雨も、竿作りの良い機会になりますね!
Mr.Cは、Blue Heronや日本の竹竿の他、テンカラも持っているようです。この手の繊細な竿って、海外にはあまりないのかもしれませんね。
そして、ジョニーさんお手製の竹竿、彼もとても気に入ったようですよ!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク