HOME   »  渓流FF  »  渓流釣行にはたくさんの楽しみ方が存在する

渓流釣行にはたくさんの楽しみ方が存在する

4月26日(金)の釣行記。

以前よりこの日は、ジョニーさん と渓流への平日釣行と決めていた。お互いに多忙の日々が続き、週末の休みもままならない状況だった。そんな経緯もあり、ジョニーさんから送られたスケジューラには、『代休釣行』、とタイトルが付いていた!

そして、ひょんなことで、ダブルさん にもご一緒頂けることになった。ダブルさんとは身近な川で一度しか共に釣行したことがないのだが、その後も色々と連絡を取り合っており、吉祥寺のもつ焼き屋『かっぱ』でご一緒させて頂く機会を得た。生の焼酎をぐいぐい飲みつつ、たまたま彼も平日釣行を計画していたことを知り、ならばご一緒に、ということに相成った。

今回は、我が緑チェロキー号での釣行。ダブルさんとジョニーさんをピックアップし、一路、憧れの渓を目指した。皆、ほとんど寝ていないのに、スタートからテンション高め。お互いに爆釣を夢見つつ、車中はワイワイと大いに盛り上がった。

下道だけで行く、それなりに遠くの渓だったのだが、あっと言う間に到着。大石だらけで良さげなポイントばかり、おまけに、超クリアな水質。流行る気持ちを抑える必要もなく!、期待を込めて竿を振るダブルさんを後ろからパチリ。
20130426_01.jpg

ジョニーさんは終始、我々に良いポイントを譲って下さり、二人で至極恐縮した次第。竿を振る貴重なジョニーさんの勇士をパチリ。
20130426_02.jpg

途中の滝壺。私だと絶対に届かないようなポイントに、フライを岩にぶつけた自然落下スタイルで、フライを的確にポイントに投入するジョニーさん。
20130426_03.jpg

しかし・・・、どういう訳か、三人ともに反応すらない。渓相も天候も気持ち良く、まさに気分は最高なのだが、どうも魚の食い気がないのか、そもそも魚が居ないのか・・・

という状況下でも、渓流の楽しみ方はたくさんある。半ば強引に、『ぐりちぇろ山菜講座』、を開講。という訳で、釣りすがら見つけた山菜をご紹介したい。

まずは、ウワバミソウ。東北では、ミズ、と呼ばれ人気の山菜。東北のミズは30cmくらいの背丈となる。アクもなくシャキシャキとした歯ごたえと共に楽しめる山菜。根をたたくと粘り気が出てきて、ミズトロロ、となる。
20130426_Uwabamiso.jpg

こちらも渓流でお馴染み。まだ小さなイワタバコ。たくさん生えていたが、どこにでも生える山菜ではないので、私は採らないことに決めている。
20130426_Iwatabako.jpg

ツルアジサイ。どこにでもあって、それなりに美味しくて、たくさん採れる山菜。
20130426_Tsuruajisai.jpg

モミジガサもたくさん見られた。小型のものばかりだったが、ちゃんとアクを抜いてお浸しで食べると最高。
20130426_Momijigasa.jpg

これも渓流の定番。ワサビ。至るところに点在していた。
20130426_Wasabi.jpg

ワサビとモミジガサの解説を終えて後ろを振り返ったら、ダブルさんがカメラをこちらに向けていた。小さくてわからないが、実はかなりの満面の笑顔でカメラを見るジョニーさんと私。ダブルさん撮影。
20130426_Double_san.jpg

脱渓中の道すがらでもいくつかワサビを見つけた。興味を示されるダブルさんに、嬉しくて妙にニタニタしている私。
20130426_Johnny_san_2.jpg

車に戻る道中の山桜。この季節が一番好きだ。。。と言いつつ、秋にもきっと同じことを言ってしまうだろう・・・
20130426_04.jpg

さて、お待ちかねの今回のもう一つの目玉イベント。野点コーヒータイム。それも、ジョニーさんお手製コンロでお湯を沸かす、というもの。このシンプルな構造で、かつ、大胆で柔軟な発想。。。お手製ロッドだけでなく、元々この手のグッズにも目がないダブルさんが大興奮でご満悦の表情。
20130426_05.jpg

100均で購入した、というスポイト代わりの注射器で燃料を入れ、風防を設置し・・・
20130426_06.jpg

五徳も兼ねたコンロの上に小さなケトルを置き・・・
20130426_07.jpg

ドリップコーヒーにお湯を注ぎ・・・イーオンのお徳用でも良い香り!!
20130426_08.jpg

ジョニーさんに持参頂いたチョコを頬張りつつ、コンロのネタで話題が弾んだ。野点の最高のコーヒータイムのヒトトキ。飲み終えた後は、コーヒーカップもこの通り。
20130426_09jpg

コンロも風防も、そして燃料も、片づけてみると、こんな大きさに・・・ 燃料入れのペットボトルが、ちょうどコンロの形状が潰れないように一役買っている。このコンロを発見した方は凄い!!、とダブルさんの鼻息は相当荒かったが、私も大いに感化されてしまった。
20130426_10jpg

さて、このままでは帰れないよね・・・、ということで、そろそろ出発準備。その前に、我が愛車に皆の竿を立てかけて記念撮影。左から、ダブルさんお手製。ジョニーさんお手製のバンブーの三角ロッド、当日ジョニーさんが使用されていたバンブー、同じくジョニーさんお手製の私の愛竿、そして、ジョニーさんが見本とされているカワガラスさんお手製の極短リール付きバンブー!! これだけ並べても、既成のいわゆる”普通に売っている”竿が一本もない、という現実を凄いと思う。
20130426_12.jpg

同じ竿の写真でも、ジョニーさんが撮影するとこうなってしまう・・・・ 私の愛竿への愛情もかなりのものだが、ジョニーさんの想いは桁違いに大きそう。そんな気持ちが現れている素敵な写真。ジョニーさん撮影。
20130426_Johnny_san_3.jpg

次なる渓流を目指す前に昼食タイム。長野県風のかつ丼を皆で楽しんだ。良かった・・・カツ二枚入りにしなくて・・・(実はオーダーする気まんまんだった私)
20130426_13.jpg

時刻は15時頃。ポイントに到着した頃から空には暗雲が・・・そしてあっと言う間に雨が降り出した。それでも怯まず、カッパを着込んで竿を振る。『イチとゼロの差は大きい・・・』、皆が百も承知のこの事実。貴重な一匹を目指して果敢に竿を振るダブルさんを、激励の気持ちを込めてジョニーさんが撮影。
20130426_14.jpg

ジョニーさんは、何とか我々にその貴重な一匹を・・・ということで完全にガイド役に徹されており、遠慮なく私も竿を振らせて頂いた。何とか3回だけ反応があったのだが、フッキングに至らなかった。とにかく残念・・・

という訳で、ちょっと悔し紛れに、再び、山菜観察など。 こちらもお馴染みのコゴミ。アクがなくて美味しい山菜。
20130426_Kogomi.jpg

ニリンソウ。とても可憐な花をつける人気の山菜。夏に青い花をつけるトリカブトに葉が似ているので要注意。
20130426_Nirinso.jpg

ダブルさんも最後まで頑張り、我々の目の前で惜しいチャンスもわずかにあったのだが、どうにも魚の反応が渋く。。。周囲はすっかり夕暮れの様相となり、しぶしぶ3人で納竿。

しかし、どんより沈むどころか、3人とも更にハイテンションに。そのまま夜のダイソーに駆け込み、竿作りの材料探しで盛り上がったり、アイスを頬張ったり・・・ 早朝からの長時間、釣りも含めて様々なものを大いに楽しむことができた。こんなに一日中楽しめる趣味って他にあるだろうか・・・と車中でも話題になった。

結局、ダブルさんとお別れしたのは22時頃。朝4時過ぎに合流したので、実に18時間もご一緒させて頂いたことになる。自宅に着いた時の走行メーターは、こんな距離を示していた。愛車でかなり久しぶりの長距離ドライブだった(・・・と言う程の長距離ではないかもしれないが、少なくとも私にとっては間違いなく長距離)。
20130426_15.jpg

ジョニーさんとの別れ際、お手製の三角ロッドを、『しばらく使ってみてください』、と差し出して頂いた。何とも光栄な出来事。我が愛竿より柔らかめで、オイカワにも楽しい、とのこと。ということで、早速、この翌朝に釣行し竿の感触を満喫してしまったのだが、この釣行記は追ってまとめてみたい。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ジョニーさん、ダブルさん
先日は本当に本当にありがとうございました。
釣りの結果は残念ではありましたが、極めて実りが大きく、そして、何よりもとても楽しい一日になりました。3人の釣行の場合、待っている2人もたくさん語れて楽しい、という面白さも発見できました。
次回、リベンジ兼ねて、また絶対に行きましょう!!



スポンサーサイト
Comment
当日は色々お世話になりました。
鼻息を荒げる機会の多い、楽しい釣行でした。
コーヒーの時などは興奮が頂点に達して鼻血が出るかと思いました。
こんばんは。
オオモノの出そうな素晴らしい渓相ですね!
このところ天気が不安定なので、魚のご機嫌もいま一つだったのでしょう。
三人で平日の渓流を楽しめたなら、それが一番だと思います^^
おはようございます。

なんて楽しそうな釣行でしょう(^ ^
皆さんハンドメイドで、いろいろと工夫をされているんですね。

実は同じ日に、私もariさんと西の方へ行ってきました。
風がビュービュー吹いていて、「Green Cherokeeさんのところはどうでしょうかねぇ。」なんて話していたんですよ(^ ^
ダブルさん、こんにちは。先日は本当にありがとうございました。鼻血が出そうな程の興奮度がひしひしと伝わってきましたよ。
そして、ブログも拝読しました。いやはや、読んでいて何度も爆笑してしまう程、面白い内容でした。相変わらず、流石ですね!! 
また、釣りに、モツ焼きに、ご一緒しましょう!!
しげさん、こんにちは。
渓相はばっちりなんです。しかし、肝心な魚が・・・。何と言いますか、歩いた時に走る魚すらあまり見えなくて・・・。
とは言え、そんな状況下でも、平日釣行を楽しんだレベルは300%くらいでしょうか・・・ ^^;; 早朝から夜まで、良くぞここまで・・・ってくらいに楽しんでしまいました!!
co-dropさん、こんにちは。
実は、ほとんど無風状態で、何とも釣りやすい日だったんです。残念ながら、釣果は付いてこなかったですが・・・ ^^;;
実は釣行前日も、まるかつさん、にお邪魔し、当日も、T師匠から釣行中にメールを頂戴しました。できれば、爆釣!って返したかったんですが・・・
それはそれとして、本当に楽しく、実りの多い釣行になりました!!
こんばんは^^
Green Cherokeeさん
こんばんは^^
渓流釣りの奥深い楽しみを再認識したように思います。
陽気も良く条件的には。。。だったのにというところはありましたが、これも釣り。全て現実ということで(苦笑)。
ともあれ次回また別のところでリベンジしましょう。
お疲れのところ行き帰りの運転までお願いする結果になり大変ありがとうございました。
よろしければ次回またよろしくお願い致します。
ジョニーさん、こんにちは。
『釣れないことも含めて、釣りを楽しむ』でしたね! 負け惜しみに聞こえてしまうかもしれませんが、釣れないことがきっかけで異様に盛り上がってしまった話題もたくさんありましたよね。^^;;
しかも、釣り以外もたくさん楽しめて、本当に楽しい一日でした。本当にありがとうございました!
当然、また行きましょう!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク