HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  ジョニー印・三角バンブーロッドの感触 ~春の小川で竹竿満喫~

ジョニー印・三角バンブーロッドの感触 ~春の小川で竹竿満喫~

4月27日(土)。文句なしの晴天。

昨日の渓流釣行の疲れもあったが、息子の用事で無理やり起床。毎度ながらグランドに送り届けた後の空白の3時間・・・となると、例の三角バンブーロッド(4/26の釣行記の文末参照)を振らない理由が他に見つからない。

ジョニーさんの師匠であるカワガラスさんをお手本とした三角ロッド。2pcで我が愛竿バンブーよりは柔らかめとのこと。こんな貴重なチャンスはめったに来ない。そして、やっぱりオイカワで感触を確かめたい。
20130427_01.jpg

そして、やってきたのはいつもの川。
20130427_02.jpg

最近、活性の高い我が身近な川。『ボ』にならない自信99.99%・・・の信頼がおける川。そして、あっさりと良型のオイカワとご対面。小気味良いヒキ、というか、『ブルブル感』、がしっかりと手に伝わってくる。
20130427_03.jpg

せっかくなので、三角ロッドと共に記念撮影。
20130427_05.jpg

すぐに次の一匹。これまた良型。
20130427_06.jpg

連続ヒットに安堵して、改めて、三角ロッドをとくと眺めた。
20130427_08.jpg

もちろん、フェルールも三角形。ちなみに、引き抜く際は、捻りはご法度で、”平行に&慎重に”、を心掛ける。
20130427_09.jpg

極めて活性が高く、再び、良型の気配。三角ロッドが小気味良く曲がる。
20130427_10.jpg

そして再び、綺麗なオイカワ。
20130427_11.jpg

これにて大いに満足してしまい、再び、三角ロッドを撮影。イタドリにも協力してもらった。
20130427_12.jpg

撮影後、同じようなポイントにキャスト再開。そして、すぐにヒット。
20130427_13.jpg

その後も連続ヒットで軽々とツ抜け。しばらく岸にあがり下流に向けて歩いていると、こんな光景に出くわした。
20130427_14.jpg
20130427_15.jpg

途中の桑の木。着実に芽が成長している。
20130427_16.jpg

そして、先日の湧水の場所。再び、水温を計測すると、前回の寒い日と同じ温度。さすが湧水・・・と思わず唸ってしまった。
20130427_17.jpg

その後、少し下ったお気に入りのポイントで、こんなオイカワを追加。
20130427_18.jpg

いつもの胡桃の木のところまで来た。桑の木はどの株も新芽が出てきているのに、胡桃はどうにも厳しい模様。イタドリに埋もれる寸前の切り株。
20130427_19.jpg

それでも、お気に入りのポイントにフライを流すと、こんな魚が連続ヒット。
20130427_20.jpg

大満足の釣果で、この勢いなら、工事エリア下の通い慣れたポイントにも魚が戻って来ているのでは・・・と期待して、足早に川の中を歩く。程なくしてポイントに到着。フライを流すこと数投目。でっぷりお腹のカワムツとご対面。
20130427_21.jpg
20130427_22jpg.jpg

この写真を撮影し終えて腰を伸ばした時、河岸に、まだよちよち歩きくらいの可愛いお嬢さんを肩車した親子連れに気付いた。軽く会釈を返すと、そのままお嬢さんを抱っこして、草だらけの土手を降りて来られた。お話を伺うと、この川の光景が大好きで、和光市からいつも散歩に来られているとのこと。実はFly Fisherでもあり、Campanellaをお持ちとのことだった。

せっかくなので、ジョニー印の三角バンブーをお渡しすると、その軽さと柔らかさに驚いていたご様子。本当には川に向かってキャストして欲しかったのだが、お嬢さんもまだ人見知りで、知らないオジサンに抱っこされるのも嫌がって当然のお年頃だったので、実現せず・・・。

『この川は良いですよね。もっと子供達に川遊びも教えてあげたいですね・・・』、などと会話しつつ、時間切れとなり納竿。

実はこの日の午後、突風の中をサイクリングがてら、再び釣行することになるのだが、追って、まとめさせて頂きます。身近な川の源流部もご紹介させて頂きます。

スポンサーサイト
Comment
△!!
こんばんは^^
△って???ってどうよ?って思われる方が多いでしょうね。結果的に使えたようで良かったです。
カワガラス工法のぶれの無いブランクのキャスト性能と、△の押しと引きの力の異なる特性の良さを、オイカワ用にアレンジした1本です。私はこの△というブランクが大好きなので皆さんにも使っていただけたらと思っています。
もちろんkawagarasuロッドを私も所有していますが、こんなものではなく、渓流でしっかりとした作りのものがありますので、機会があればこちらも触れていただきたいと思います。








ジョニーさん、再び、こんにちは。
何だか特別な体験をさせて頂き、本当にありがとうございました。
先日教えて頂いた通り、できるだけ力を入れないことを意識して、『五木ひろしのコブシ』、でキャストしていました。 ^^;;
春の小川でちょっと場違いの『千曲川』を口ずさみながら・・・のキャスト、そして、魚の感触。”煙たなびく浅間山”、は見えなかったけれど・・・最高の気分でしたよ!
こんばんは。
どっぷりと竹竿の世界にハマってますね(^^)
一度かかると不治の病ですから^^;

地元里川も最盛期になりましたね。
写真も背景の緑とオイカワの鮮やかな色彩が素晴らしいです!
しげさん、こんにちは。
しげさんほどドップリではないですが・・・(^^;;)、様々な方々とのご縁で、幸運にも竹の世界に少しだけ足を踏み入れることができました(既に不治の病の域かも・・・)。
ジョニーさんの三角ロッド、とても繊細で面白い竿でした。なにせ、オイカワ対象の竹竿ですから!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク