HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  春の陽射しの美しい身近な里川

春の陽射しの美しい身近な里川

4月28日(日)の釣行記。

文句なしの晴天。いつもの身近な川に向けてペダルを漕ぐ。今回は久しぶりのO川。水草の緑が美しい里川。
20130428_01.jpg

最近、O川では全く釣行していないが、釣りをするなら上流側で・・・と決めている。上流に向かう途中の綺麗な湧水を見ることも楽しみの一つ。美味しそうなクレソンが繁茂していた。
20130428_02.jpg

そして、ポイントに到着。早速、フライを結ぶ。このあたりは川幅も狭く、川沿いには散歩を楽しむ方々も多いので、キャストには細心の注意が必要。
20130428_02_1.jpg
20130428_03.jpg

いきなり、カワムツの入れ食い状態。
20130428_04.jpg
20130428_05.jpg

ポイントを移動。春の陽射しを浴びて、本当に美しい里川。惚れ惚れと眺める。
20130428_06.jpg

キイチゴを発見。結実が楽しみ。
20130428_07.jpg

桑も青い実を付けている。こんな楽しみ方をK川ではできなくなってしまったことは、本当に残念に思う。
20130428_08.jpg

水草の際にキャストし、再び、カワムツとご対面。綺麗な水草をバックに記念撮影。この水草、ハコベの葉に似ていると思い後で調べてみたら、ミズハコベ、もしくは、ミゾハコベとのこと。花で区別が付くらしいが、もしもミズハコベだとしたら絶滅危惧種らしい。いずれにしても、不用意に水草を踏みつけてしまうようなことは避けたいと思う。
20130428_09.jpg

小川を囲う木々。やっぱり河岸には木がないと川らしくない。
20130428_10.jpg

オオカワジシャと水草(前述のミズハコベ or ミゾハコベ)のコラボレーション。
20130428_11.jpg

そのオオカワジシャの花が落下し、まるで、水草から青い花が咲いているように見える。元よりオオイヌノフグリに似ている花だと思っていたが、このように写真に収めてみると、水生オオイヌノフグリと呼びたくなる。このコラボは美しい。今後の観察も楽しみにしたい。
20130428_12.jpg

これは、キショウブだろうか・・・? カキツバタかとも思うのだが黄色の花はない、という話もあり・・・
20130428_13.jpg

釣り開始早々、早くも納竿。上流部をサイクリング。河岸はBBQを楽しむ人々がたくさん。良く見ると、外国人のパーティーも居た。皆、春の陽射しの下で、とても楽しそう。
20130428_14.jpg

『寒い~っ!!』、と叫びながら、身体を拭く小学生達。どうやら泳いでいた様子。やるねぇ~、君たち!! 川遊び、大いに結構!!
20130428_15.jpg

美しい里川に写る、私と自転車の影。
20130428_16.jpg

やっぱりオイカワにも会いたい・・・、と思い、今度はK川に移動。久しぶりに工事エリア下流のいつものポイントに到着。最初の小気味良いヒキの一匹は追星の出たカワムツだった。
20130428_17.jpg

続いて、フライをほぼ丸飲みしたアブラハヤ。バーブレスなので簡単に外れてくれて安堵。それにしても、なかなかオイカワが出ない・・・
20130428_18.jpg

しばらくキャストを繰り返すと、派手な水しぶきをあげてフライに飛びついた一匹。愛竿Blue Heronが大いに曲がる。
20130428_19.jpg

そして、やっと顔を見せてくれたオイカワ。
20130428_20.jpg

たくさん餌を食べている模様。かなりメタボなお腹。
20130428_21.jpg

これにて完全に納竿。お約束のクレソンを摘んだ後(写真の白いビニール袋)、しばらく川面を眺める。
20130428_22.jpg

時刻は18時頃。雨のようなライズが始まった。小型の魚ばかりだが、時折、空中ジャンプして捕食する魚も見える。そんな光景をしばらく見入っていた。
20130428_23.jpg

久しぶりに2つの里川での釣行。春の陽射しを満喫できた一日になった。


スポンサーサイト
Comment
あの辺りでカワムツが入れ食いとは、目から鱗が落○川です。(←久々に)
あ~、BBQしながら釣りとかしたいですねぇ・・・。
こんばんは。

O川の風景を満喫しました。
どうしても解禁以降は渓流に足が向いてしまいますが、近場の川の美しさを再認識しました。
川の中から風景を撮る
こんばんは。こんどはO川ですね。
遊歩道から見慣れた風景を川の中から見るのもいいですね、長靴を履いて、撮ってみようと思います。水草の写真も新鮮でした。川に降りないと見られませんね。
O川はアブラハヤが多いのではないかとおもいます。K川はオイカワが多い。水質の違いでしょうか、流れ方の違いでしょうか。水の透明度や清らかさはO川の勝ち。オイカワはきれいすぎるのは好きではない、という話を聞きましたが、はてさて…。
ダブルさん、おはようございます。
目からウロコが落○川・・・既に私の中では大流行りですよ!
BBQ&FF、良いですね! 私は大抵の場合、Beer>>FFになってしまうのですが・・ ^^;;
wind knotさん、おはようございます。
どちらも美しいですよね。季節が良いうちに、双方を存分に楽しみたいですね!
今年は、昨年以上に渓流に繰り出したいと思っています!
kuromeさん、おはようございます。
川に下りると鳥は逃げてしまうかもしれませんが、代わりに、今までと違った光景が撮影できるかもしれませんね。 kuromeさんが撮影される河岸や水際の写真とかも是非見てみたいです!
オイカワの方が水質が悪くても順応性が優れているようですね。私の過去のわずかな経験から言えば、O川上流側はカワムツやアブラハヤが主体で、なぜかオイカワはあまり見られなくなるようです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク