HOME   »  海外FF事情  »  Abeletteという魚

Abeletteという魚

5月17日(木)。Paris滞在最後の日。明朝の便で帰国の予定。

本日、何気にWeb検索していたところ、なんとParis市内に、フライ専門店がある・・・という情報に行き着く。
もっと早く気づいていれば・・・

今日は最終日だし・・・ということで、仲間に別れを告げ、早々に仕事場を退散。こういう時に外人は、日本人と違って、あまり深く詮索してくれないので嬉しい。

Parisを訪れる度に立ち寄るBastilleにある酒屋でワイン2本を購入し、そのまま歩いて、Saint-Louis島の端にある、そのフライショップを目指す。途中、雨が降ってきたが足早に歩いて早々に到着。

1_La_Maison_de_la_Mouche_Dubos.jpg

実は、どうしても訪れたかった理由がある。というのは、以前、farwaterさんがご紹介された記事(元々は、Blue Heronさんの記事がきっかけ)に載っていた、『Dace』という魚が頭から離れず、同じ魚がFranceに居るのかどうか、どうしても確かめたかったのである。

店の扉を開けると、客は誰もおらず、店主と思われる優しそうな面立ちの方が出てくる。日本から来たことを告げ、しばし、お店の中を見せてもらう。写真を撮って良いかと尋ねたところ快諾頂けた。

2_shop_2.jpg
3_shop_3.jpg
4_Flies.jpg

ほぼ一周し終えたところで、店主に、”Daceって知ってますか?”、と尋ねてみた。残念ながら、”ごめん・・・知らないよ・・・”、とのこと。

自分が、Zaccoフェチ?であること、日本にはオイカワというこんな綺麗な魚が居るんだよ!、と、iPod touchに入っている写真を見せたところ、”本当に綺麗だねぇ・・・”、と、初老の店主が満面の笑みで写真を見入っている。

”DaceってEnglandには居るらしいです。フランスにも居るかと思って楽しみに竿を持参しました。Parisの人たちは何を釣っているのですか?”、と聞いてみたところ、”トラウトがほとんど。後はサーモンやグレーリング。セーヌでは、パイクやパーチも釣れるよ。French Sea Bassもいるし、海でも楽しめるよ”、との回答。

ParisではZaccoを狙う人は居ないのか、と聞いたところ、”Abeletteという魚が居るよ。小さな魚だけどフライで釣れるよ。ドライでしか釣れないんだ。口が小さくて、一瞬しかくわえないから釣るのが難しいんだよ・・・”、と、何とも気になる情報。”それは、まさに日本のオイカワの世界です!”、と、それから話が盛り上がってしまった。

さすがに、何も買わないで帰るのが忍びない状況になってしまい・・・以下のものを購入。しめて、18Euro。1800円くらいだが、安いのか高いのか・・・、得られた情報からすれば格安だろう。

6_what_I_bought.jpg

フライは、#20のオイカワ用を購入。こんなフライで釣ってみたい、というものを、あくまでも参考用として購入。これらを真似て巻けるようになりたい、と思いつつ・・・

7_Flies_2.jpg

フライは、こんなかわいい箱に入れてくれた。

5_box.jpg

さて、帰り品に、Abletteってどんなスペルなんですか、と聞いてみたところ、レシートの裏に、書いてくださった。

8_Abelette.jpg

そこでまた、話はZaccoに戻ってしまうのだが、なんと、セーヌ川に居るらしい! ”えーーっ?、今日が最後なのに・・・”、と悔しがる私を、微笑んで見てくれている。良い店に来たなぁ・・・としみじみ思った。

さて、そろそろ帰らなきゃ、という段になり、最寄のMetroの駅を教えてもらい(お店は、Line7のSully Moraland駅から川を渡ってすぐ)、後ろ髪を引かれつつ、”Merci Beaucoup, Au revoir(ありがとう、さようなら)”、とご挨拶申し上げたところ、”ありがとうございます”、と日本語で返される・・・

”えっ?何で?”、と聞き返したところ、何でも、Castingのコーチ?として、あしざわあつしさん、という方がこのお店で仕事をしていたとのことで、彼から教わったとのことだった。

さて、ホテルに戻って、着替えもせずに、すぐにパソコンに向かい、Abeletteを検索してみたところ、何とか引っ掛かってきた。

9_Abelette_1.jpg

”えっ・・・?” ・・・・・・ これって、もしかして、Daceなのでは・・・? ウグイとオイカワを混ぜたような魚・・・

これが、セーヌ川に居たのか・・・ ならば、先日訪れたカフェオーレの小川にも居たかもしれない・・・
今頃後悔しても遅いのだが、次回に楽しい課題が持ち越しとなった。

いやはや、今回の出張は、Privateもかなり充実させることができた。これも、FFを始めたお陰だと思っている。

Paris滞在中、ブログにアップしようと思って、実はたくさん写真を撮ったのだが、結局、急いででも載せたい内容って、釣りか魚関係のネタ、だと言うことが、自分自身で良く分かった。

他はどうでも良いのであるが・・・?、とは言え、今後、Parisに行く方にはお勧めしたいお店があることだし・・・、後日、B級グルメ、Paris郊外に自生していた野草なども載せてみようと思う。どのみち、帰国してからになるのだが・・・

スポンサーサイト
Comment
farwater
こんにちは^^。おフランスのフライショップはやっぱりお洒落ですね~。私も覗いてみたかったです^^。
フランスのZaccoマニア・・・いるんですね、どこの国にも。
気をつけてご帰国ください。週末は川でお待ちしています(笑)。
farwaterさん

コメントありがとうございました。

今から搭乗で、明朝6時に羽田に着く予定です。

帰宅してから川に繰り出す元気が残っているかどうか、、、ですが、釣行した方が疲れが取れたりして、、、(笑)

では、後ほど、、、!?
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク