HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  身近な川で早くも夏日の釣行

身近な川で早くも夏日の釣行

5月11日(日)。母の日。

前日のmihiroさんのブログで久しぶりに釣行予定であることを知り、farwaterさんと、『ならば我々も!』、ということに相成った。しかし当日、起き掛けに息子が、『今日は母の日だし午後に皆で何処かに行こうよ』、という流れになり、結局、午前のわずかの時間の限られた釣行になった。

いつものように息子をグラウンドに送り届けた後、一旦帰宅し、いつもの川に向かってペダルを漕ぐ。少々汗ばみながらいつもの栗畑を眺める。ハルジオンが満開で、ちょっとした心地良い雑木林に見えた。
20130511_01.jpg

程なくして川に到着。珍しく2人の餌釣師が先行。早速カワムツをかけて、『やっと食ったよー!』、と盛り上がっている。私よりは遥かに年配のお二人の微笑ましい光景。お二人の前を静かに通り過ぎ、少し上流側を目指した。

最近のお気に入りのポイントで、いつもより小さ目のドライを結び一投目。いきなり、写真を撮るまでもない小型のカワムツ。二投目、更に小型のカワムツ。そして数投目、更に更に自己最小記録のカワムツ・・・。 これじゃ、『幼児虐待』、だな・・・ということで、少し大きめのフライに結び変えた後、少し上流側の淀みから、こんな魚とご対面。
20130511_02.jpg

追星が少し見える。
20130511_03.jpg

まずまずの良型のオイカワ。
20130511_04.jpg

顔のアップ。やっぱり追星だった。
20130511_05.jpg


更に上流側の河岸の花が綺麗なポイントで小型を連発。やっと掛けた少しマトモなサイズの魚と共にパチリ。
20130511_06.jpg

水温はかなり高め。太陽もじりじりと照り付け、着実に腕や首筋が日焼けしている感じがする・・・
20130511_07.jpg

少し下流側に釣り下り、お気に入りのポイントで、愛竿Blue Heronが小気味良く曲がる。
20130511_08.jpg

そして、良型のカワムツとご対面。
20130511_09.jpg

河岸のオオカワジシャと愛竿Blue Heronの記念撮影。
20130511_10.jpg

着実に成長している桑の芽。早く1mを超えるくらいに育って欲しい。
20130511_11.jpg

茎もこんなに太くなってきた。
20130511_12.jpg

若芽の頃に美味しく摂取させてもらったカラシナも既に種子を付けていた。これが正真正銘の粒マスタード。
20130511_13.jpg

前回までは気付かなかったが、日当たりの良い場所の胡桃の木からも、しっかりと芽が成長していた。これは嬉しい発見!
20130511_14.jpg

若芽のアップ。クズのような産毛に覆われていた。
20130511_15.jpg

いつもの湧水にて水温測定。少し高めの15.6℃。
20130511_16.jpg

この時、橋の上から声が・・・。見上げると、帰宅途中のmihiroさんだった。思い返してみれば、竿不携帯のmihiroさんを初めてみたような気がする。いつもの釣行スタイルではなく、今時のお洒落な青年。『久しぶりなので午後から思う存分釣行したい』、と意気揚々としていた。少しおしゃべりしてお別れ。

さて、そろそろ時間切れ。工事エリア上流側のお気に入りのポイントで最後の一匹を・・・、と瀬尻にアップキャスト。数投目で派手な水しぶきが上がり、こんなカワムツとご対面。
20130511_17.jpg

この魚も、少し追星が出ていた。
20130511_18.jpg

この時点で納竿。太陽はほぼ真上に位置し、更にじりじりと照り付けていた。自転車の前でブーツを脱いでいるところに、farwaterさんがご到着。あまり時間が残っておらず、少しだけおしゃべりを楽しんでお別れ。

後日に farwaterさん から伺ったところ、午後から、 mihiroさんダブルさんナシオさん 、Nさんも合流され、野点コーヒーを楽しみつつ、和気藹藹のオイカワミーティングになった模様。その状況は、是非、皆様のブログをご参照ください。 生憎、反応はいまひとつだったとのことで、私が午前中に場を荒らしてしまった・・・という噂もあるが、その真意は如何に・・・?? 狭いエリアを控え目に釣行したつもりではあるのだが・・・?? (・・・ということで、一応、罪人逃れさせてください・・・)

皆様が釣行を楽しんでいらっしゃる頃、私は家族と共に入間のコストコ&アウトレットへ・・・。入間川が近いなぁ・・・などと独り言をぶつぶつ言いつつも、それはそれで久しぶりの楽しい外出になった。

帰宅していつもの晩酌。お気に入りのYou Tubeを見ながらの一杯は格別。ツマミは、前回にご紹介した、市販の“浅漬けの素”を用いた『クレソンの浅漬け』。良いツマミになるので、是非、お試しください。
20130511_19.jpg






スポンサーサイト
Comment
記事を開いて1枚目が目に飛び込んで来て、
どこの国の写真かと思いました。
水が透明で気持ち良さそうですね。
こんばんは^^。
やっぱり、Green Cherokeeさんに荒されてましたね・・・(笑)。
farwaterさん、こんばんは。
あっ・・・当日の釣果がイマイチだったのは、やっぱり犯人は私ですかね・・・ ^^;;
ごめんなさい・・・ <m(__)m> しばらく静かにしています・・・ <m(__)m> (←単にしばらく釣行できないだけなんですが・・・)
ダブルさん、こんばんは。
普段の何気ない風景も、写真にしてみると、意外に見返してしまう場所があります。四季を通じて束の間の瞬間なのでしょうけどね・・・ ^^;;
そして・・・あえてカミングアウトさせて頂きますと、実は、魚の写真を撮影する前に、川耕し、しているんです。綺麗な魚の背景に水苔だとイマイチですので・・・
けど、川耕ししている間は、ちゃんと魚を水に浸けています。そんなことしないでとっととリリースしなさい、というご意見もあるとは思うのですが・・・そこはすみませんがご容赦ください。<m(__)m>
オイカワがきれいです
こんばんは。オイカワが美しいです! もっと赤くなりますよね。それが釣れたら紹介してください。川の中から桑の木や胡桃の木を撮るのもいいですね。新芽がふいた胡桃の木にカワセミがとまると、いい絵になります。そのチャンスは来年なのか、再来年なのか。いまさらながら木を伐った東京都に怒り心頭です。
kuromeさん、こんばんは。
以前のkuromeさんの記事で、切り株から新芽が吹き始めた写真を初めて見た時、夕方遅くなってからだったのですが、その新芽を見るためだけに竿を不携帯で自転車を飛ばしました。
それ以来、釣行時には必ず新芽の成長具合を観察しています。胡桃よりは桑の方が元気良いみたいですが、それでも胡桃の芽も頑張って育っています。
果たして、桑や胡桃が結実するまで成長できるでしょうか?また東京都は無情にも伐採してしまうかもしれませんが・・・、とにかく温かく見守りたいと思っています。
婚姻色のオイカワ、早く出会いたいです。それにしても、何故あんなに綺麗な色になるのでしょう・・・渓流の魚も良いですが、里川の川魚にもすっかり虜になってしまいました・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク