HOME   »  釣り全般  »  ランディングネットの修理 + α in GW2013

ランディングネットの修理 + α in GW2013

5月3日(金)の出来事。今頃アップして、時系列的にぐちゃぐちゃだが・・・

朝から好天に恵まれたので釣行に・・・という気分だったのだが、釣りは午後からでも行けるし、せっかくだからゴールデンウィークにしかできないことをやろう、と思い立ち、最寄りのダイソーに向かった。購入したのは、エポキシ系接着剤とニス、そして、目の細かいヤスリ。

普段、愛用している、というよりは愛用させて頂いている・・・と言った方が妥当なランディングネット。実は以前、カチーフさんから譲り受けたもの。愛車・緑チェロキーの上で撮影。
20130503_1.jpg

少しひび割れてきている部分があり、それがきっかけでカチーフさんはネットを新調され、そのお蔭で私のところに巡ってきたネット。幾多の渓魚を優しく掬ってきたネットを私ごときにお譲り頂けたことに至極恐縮した次第だが、譲り受ける際に、カチーフさんから、『エポキシを埋めておくと良いよ』、とアドバイスされたことを、ずっと記憶していた。
20130503_2.jpg

渓流の岩等で削れた木枠の下側の部分、そして、ひび割れ周辺を、ヤスリでできるだけ滑らかに仕上げてみた。
20130503_3.jpg

そして、二材混合タイプのエポキシをしっかり混ぜて隙間に染み込ませ、表面を均等にヘラで伸ばし・・・
20130503_4.jpg

良い感じに固まったところで、仕上げのニスを3回塗り。素人作業ながら、なかなかの出来!、と自画自賛(←その道のプロから言わせれば、文句の付けどころはたくさんあるはずだが・・・)。
20130503_5.jpg

まだエポキシもニスもたくさん残っているし、この作業を繰り返せばかなり長く使えるかな・・・と、独りで嬉しく思った次第。

さて、無事に(?)ネット修理も終わり、『夕まずめを狙おう』、と心に決め、午後はだらだらと自宅で過ごしていた。そして、そろそろかな・・・と釣行準備を開始したところでハプニングが起きた。市のフットサル練習場に友達と遊びに行っていた息子が、片手で自転車を押しながら半べそで帰ってきた。帰宅するや否や、痛い痛い、と泣きわめいている。

少し落ち着いてから、よくよく話を聞いてみると、大人のチームとPK合戦をしていたらしく、強烈なシュートを右腕でモロに受けてしまったらしい。そのままゲームから離脱し痛がっていたようだが、大人達は、”家に帰ったら冷やした方が良いよ”、とだけアドバイスし、医者に連れて行こうとか、心配だから両親に電話してあげようか、とは誰も言わなかった模様。

このフットサル場は市役所の横にあるらしく(私は知らない)、拙宅から1kmくらい離れたところにあるのだが、息子は利き腕とは反対の左手で自転車を押して帰ってきた。

痛がり様と腫れ具合を見て、その時点で骨折であることを覚悟し、祭日に開いている整形外科を検索。幸い三鷹駅前の整形外科クリニックに電話をすると診てもらえるとのこと。すぐにX線撮影。電子カルテのモニタに表示されたCR写真上に、医者が告げるより前に、橈骨に走る淡い線状の信号が目に入った。

しかし、時代は着実に進化している。私が小学生の頃は、ギプスと言えば、鉄板を変形させ周りに包帯を巻いた手作りだったが、今では、ウレタンのような平たい棒状の物を水に濡らしてしばらく腕に当てておくと、数分後には腕の形状に合わせて固まってしまうタイプ。

結局、ギプスを当てて腕を固定して・・・というシンプルな手技だが、なぜか分類的には手術に入るらしく、診療報酬で約3500点(35000円)。しかし、お支払したのは腕を吊るための三角巾代として315円だけ。残りはすべて武蔵野市が負担してくれる。

祭日となると、開いている薬局を探すのも難しい。1駅離れた大病院前の薬局が一軒だけ開いていることをクリニック院長に教えてもらうものの、閉店まであと20分しかないよ・・・、と言われ、すぐさま車で急行。何とか事なきを得た。

帰路の車の中での会話。

父 :『おまえ、明日からの滋賀遠征試合はどうするの?』
息子:『当然行くよ!』
父 :『5人しか行かないのに、おまえが抜けて試合になるのかよ?』
息子:『・・・・』
父 :『だいたい、誰がおまえの腕の面倒見るんだよ?』
息子:『自分でやるもん!』
父 :『今からお尻を拭く練習しておいた方が良いよ・・・』
息子:『こんな時にそんなギャグ面白くないんだけど!』
父 :『ギャグじゃなくて、結構、まじめに言っているつもりなんだけど・・・』

こんな顛末の末、帰宅したのは既に17時過ぎ。翌日は登山も控えていたし、さすがに釣行は諦めた。それでも、気になっていた場所があったので、自転車で向かってみた。その場所は千川。
20130503_6.jpg

拙宅から約20mに位置する千川。元は多摩川の羽村堰から流れる玉川上水の支流の用水路。生活排水は流れ込んでおらず、水質自身は良好。なぜここに行ってみたかったのか、と言うと、拙ブログにコメントしてくれる中学生のnishiくんのHome Riverであり、ここがお気に入りのポイントとのこと。拙ブログで取り上げたところで、ここで釣りをしよう!、と思う人も皆無だと思われ、あえて実名でご紹介させて頂く。

それにしても、nishiくん、良くこんな場所で釣りしていたねぇ・・・ オジサンはちょっと感動しました。
という訳で、以降の写真は、Dedicated to Nishi-kun (nishiくんに捧ぐ)

20130503_7.jpg
20130503_8.jpg
20130503_9.jpg

記事を書き終えてみれば、タイトルとは違った内容が多々入ってしまったが、振り返ってみれば、こんなGWの一日もまんざらでもない・・・と思った次第でした。

ちなみに・・・滋賀遠征から帰宅した息子は、人から受ける親切のありがたみ、そして、思いやりの大切さ、をそれなりに学んできた模様でした。ということで、今回の骨折もポジティブに考えているようです。





スポンサーサイト
Comment
 ポジティブに行動されて何よりでした。

 具合が悪い時はいろいろ見えてきます。
 最近は釣りにっても後ろからなので良く判りますよ。
 息子さん、成長されましたね。

 子供と大人で力加減が全く違いますから、子供が動かなくなった時はかなりの重症となることを理解しないと困ります。
 キャンプ指導では自分の責任、怪我したら自分が悪い、自分を守れと教えていますが、子供から見えないところで安全確認を必ずしています。
 スポーツも同じ!

 記事のとおりの対応しかできないようでは、この方たちとは練習をするのはリスクが高そうですね。?

 自分の子供だったらどうしようと少し考えたらやるべきことができたと思いますが、そんな希薄なチーム構成だったのでしょうか?
こんにちは。

実は、先日の釣行でランディングネットを紛失しました・・・。釣りに夢中で全く気づかず(^ ^;

で、以前中古屋で購入したネットを引っ張り出してきたのですが・・・、ほったらかしてあったので、全体的にひび割れておりました!!
まあ、私のは安物でしたのでこんなものかと思っていますが。
しばらくバキバキのネットでがんばります。(^ ^;

お子様、早く良くなるといいですね。
jetpapaさん、こんばんは。
息子はフットサル練習場に遊びに行っただけで、たまたまそこで居合わせた大人のチームとPK合戦という流れになったようです。
ですので、怪我をしてしまったことは、まぁ息子自身の責任もあるので仕方ないと思っているのですが、やはり怪我をした子供を前に、その時に居合わせた大人が取るべき対応という意味では、非常に疑問を感じました。
私以上に、私の飲み友(登山の同行者)、そして、フラッグフットボールのチームのママ達が熱くなってしまい、”フットサル場で待ち伏せして文句言った方が良いよ!”、とまで言ってくれたのですが、そこまではやりません。
子供にとって、自分が怪我した時に大人がこんな行動を取ってくれて有難かった、という経験は大事だと思っていますが、そういう時に然るべき行動を取れる大人が意外に少なくなっているのかもしれませんね・・・
co-dropさん、こんばんは。
ネット紛失とのこと・・・何ともお気の毒様です。ネット探しに再釣行!、なんて簡単に言えるほど気軽に行ける場所じゃないのですよね・・・きっと。
けど、ちゃんとスペアのネットを持っているあたり、やっぱり流石です! エポキシ入れてニス塗って・・・でかなりイケてると思いますので、是非、お試しください。
ちなみに、子供の骨って瑞々しく瞬く間に治ってしまうようです。早ければ来週早々にはギプスが取れる見込みです。人間の治癒力って凄いですよね。
全く関係ないですが、草食動物(例えば豚)の血って、出血してもすぐに固まるんです。これも生き永らえるためにDNAに仕組まれた知恵なんでしょうね、きっと・・・
こんばんは。

お子さん、早く治ることを願っています。
それにしても、居合わせた大人たちは、痛がる子供を目の当たりにしてなぜ「骨折」ということが頭に浮かばなかったのでしょう???

スポーツって、楽しいけどリスクもありますよね。
骨折、脱臼、打撲、靭帯損傷や断裂・・・
自分のするスポーツには、どんな怪我が考えられるか、スポーツの技術やウデマエを学ぶのと同じくらい大切だと思うのですが・・・

ちなみに、うちのケンも去年の冬にアイススケートで手首を骨折しました。
2週間でついたのを見て、若いってすばらしいなと思いました^^;
お大事になさってください。
GreenCherokeeさん、こんばんは。
ランディングネット、可愛がって頂き、ありがとうございます。丁寧にメンテされた様子を拝見したら、何となくとてもうれしい気持ちになりました。これからも可愛がってやって下さいね。

息子さん、怪我を負いながらも滋賀遠征に参加とは、とても立派。早期完治をお祈りしています。
こんばんは^^
息子さん早く回復できると良いですね。
バタバタでゆっくり拝読できなかったのですが、経緯を知ればなんとも??の怪我だったのですね。
サッカーが好きで、同じように好きな子ども達を相手に怪我をさせておいて無責任な対応。。。たしかに疑問を感じます。
故意ではないのは誰もが分かることですからきちんとした対応をとるべきだったとおもいますね。
居合わせた人達も酷いなぁ。。。
息子さんは災難だったね。早く良くなりますように。
大人のチームねぇ。体格だけ成長しても中身が伴ってないんだな。哀れだね。

それにしてもギプスってそんな進化してるんだね。
知らなかったけど、知らない方がいいよね^^;
しげさん、こんばんは。お返事遅くなりごめんなさい。
周りに居た大人達は、目先の楽しみを優先したのでは、と思っています。見ない振りをするのは楽ですから・・・。
私はその場に居なかったのでどんな状況だったかはわからないのですが、その大人の子供達が万が一同じような状況に陥った時、この時の状況を思い出してくれれば良いなと思っています。
ところで、我が息子の骨もわずか2週間で繋がってしまったようです。若いって良いですね・・・!!
カチーフさん、こんばんは。
ネット、大事に愛用させて頂いています。念願の渓魚もわずか数匹ですが掬うこともできましたしね!! 改めまして、愛着あるネットを譲って頂き、本当にありがとうございました!
骨折した翌日なのに遠征に行く・・・、立派でも何でもなく、単にフラッグフットボールが大好きらしいです。小学生の時にこんな好きなものを見つけることができた、というのはきっと良いことなのでしょうね。
ちなみに、ロングパスをキャッチできるくらい回復してしまいました。我ながら、”え”っ???”、って感じの回復力でした・・・
ジョニーさん、こんばんは。
恐らくですが・・・息子曰く、それなりに良い歳をした大人達のチームだったらしいので、誰か一人くらい、真っ当な対応をして欲しかった、と思っています。故意ではないですから、相手に怪我のこと自身を攻めるつもりは毛頭無いですしね。
欲しかったのは、単に、事前の一報、だけなんですよね。それにしても、虫の知らせだったのか・・・つくづく釣行に出発した後の出来事にならなくて良かったです・・・ ^^;;
BroadBeanさん、再び、こんばんは。
そうそう、知らない方が良いよ、きっと。大人になって、怪我系の痛みに不慣れになってきているから、久しぶりに骨折ったりしたら超痛いよ。滋賀で山菜採っている最中に転んで肋骨を折った経験(わずか数年前・・・)は絶対に忘れない・・・いや、忘れられない・・・
あの時は、知り合いの病院に行き緊急でCT撮ってもらい、肺に骨が刺さって出血してないことを確認できて安心して、その夜に酒盛りしてしまった・・・翌朝、ベッドから起きることすらできず、それでも頑張って大阪出張したことが懐かしい・・・・ (←バカだよねぇ・・・つくづく・・・)
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク