HOME   »  渓流FF  »  仕事のち渓流釣りのち仕事・・・ってありだろうか?

仕事のち渓流釣りのち仕事・・・ってありだろうか?

6月7日(金)。

20130607_00.jpg

予定していた遠方の出張が延期。朝から電話会議などを終わらせつつ、しばらくSOHO。自宅に独り、好きな音楽を聴きながらのパソコン仕事も捗った。急ぎの仕事も大方片付けて昼食。先日コストコで購入した瓶詰トマトソースを使ったパスタを作りつつ、外の様子を見たところ、天気予報は雨だったが、曇天のままで何となく雨は降らなさそう・・・

『・・・となれば、行ってしまおうか・・・??』

しばしの葛藤の末、葛藤した割にはそそくさと身支度を整え、素早く愛車・緑チェロキーに荷物を詰め込んだ。目指すは、今年3回目の渓。高速道路も空いていて、あっという間に到着。道路脇にあった温度計は23℃。

夕まずめだけ狙った渓流釣行なんて初めて。これも比較的、安近短な場所だからこそできる技か。川沿いに遊漁券を販売していた雑貨屋を発見し日釣券を購入。店主曰く、『結構人が入った後だから厳しいのでは?』、とのこと。

『このあたりに車を停められる場所ありますか?』、と聞いたところ、『ウチの駐車場を使ってよ!』、とのこと。お店の裏には綺麗な丸太小屋風のトイレまで完備されていて、至れり尽くせり。駐車場で竿を繋ぎフライを結んだ後、30秒後には釣行開始。時刻は16時過ぎ。

小さなポイントが点在しており、狙いを定めてキャストするも反応なし。時折小さな反応があるのはアブラハヤかウグイだろうか・・・?

如何にも、というポイントにフライを狙うも、下手くそキャストでフライが端に逸れてしまった。もう一度、投げなおそうかな、とピックアップしようとしたところ、パシャっと反応。一瞬、魚の重さを感じたが、痛恨のバレ。再びキャストするも反応なし・・・。初のマトモな反応だったのに・・・残念。

その後も少しずつ反応があるもののスッポ抜けばかり。『あ~ぁ、下手くそだなぁ・・・』、と独り言をブツブツ言いながら、めげずに釣り上がる。しかし、空はだんだんと暗くなり、ポツポツと雨が降り出したと思ったら、結構ザアザア降りに・・・

『まだ一匹も釣ってないのに・・・』。

夕まずめ時でウハウハ、と勝手に妄想していたので、この現実とのギャップはかなり辛い。気が焦って草木にフライを引っかけるは、ほどいたりしている間にラインが撚れてしまうは・・・。『あ~、もう最悪!!』、とまた独り言。焦って汗まで滴ってきた・・・

降りしきる雨の中、それでもめげずに竿を振る。如何にも、という場所はなかなか反応がなく、小さなポイントをできるだけ逃さないように狙っていった。そして、何度目かの小ポイントにフライをキャストした途端に、明らかにウグイとは異なる大きな反応。すかさずアワセを入れたら、魚の感触がしっかりと竿に伝わってきた。

『やったー!』、と声に出してラインを手繰る。そして、念願のヤマメとご対面。この日もジョニー印・愛竿バンブーだったが、前回の渓流入魂はアマゴだったので、実は初ヤマメ。これにて、無事にヤマメで入魂。雨の中、愛竿と記念撮影に嵩じたが、補助光でのピント合わせ、なかなか難しかった・・・
20130607_02.jpg

決して大きくはないが(いや、むしろ小さいとも言うが・・・とりあえず、オイカワよりは大きい!!)が、一匹は一匹。しかも、嬉しい記念の一匹。あまりに暗くて、ストロボなしで撮影を敢行するも、どれもピンボケやブレばかり。やむなくストロボ使用。
20130607_03.jpg

撮影を終えて腰をトントンと叩きつつ、嬉しいことに雨も小降りになってきたので、このまま釣りあがった。川幅が相当狭くなっていて比較的水深がある場所にフライを投げ込むと、魚体が完全に水面から浮くくらいド派手なドルフィンジャンプでヤマメが飛びついたが、残念ながらフッキングせず・・・

辺りも相当薄暗くなってきたので納竿。結局、釣果はたった一匹だったが、急に思い立った夕まずめ釣行としては、そして、私にしてはまずまずの結果だろうか・・・

脱渓して川沿いの道を歩く。小さな工場に、湧水から水が引かれていた。こういう、『水のある光景』、は大好き。
20130607_04.jpg

道沿いの花。紫色の絨毯。薄暗すぎて綺麗な色が出ずレタッチ・・・
20130607_05.jpg

先ほど、ヤマメがドルフィンジャンプを決めてくれたポイント、を上から眺める。
20130607_06.jpg

ふいに見つけたSJ10(20?)ジムニー。暗すぎて手ブレ写真になってしまった。三重県在住の私の知人は、これを完全リストアして大事に所有している。私が初めて買った車はジムニー660の初期型。北海道中を走り回ったことが懐かしい。
20130607_07.jpg

今回は、急に思い立った、且つ、ちょっと中途半端な釣行だったが、私にはこのくらいがちょうど良いのかもしれない。ちなみに、この渓流の日釣券は1000円。年券は4000円。あと1回来ることができれば、年券と同じ金額になる。駐車場で帰り支度をしていると、地元のオジサンが煙草をくわえつつ話しかけて来た。

オジサン:『釣れなかっただろ? 魚居たか?』
私:『一匹だけ釣れましたよ。反応は何回かありました』
オジサン:『ここの漁協は詐欺だよ。放流なんかほとんどしないんだから・・・』
私:『いやいや、ちゃんと放流してくれていますよ。GWには良い釣りをしました』
オジサン:『もっと放流しなきゃダメだよな。さもないと釣り人も来ないよ』

『いやいや・・・私にとってはとても良い川です』。心の中で独り言を呟いた・・・

比較的涼しい日ではあったのだが、遡行する間にたくさん汗をかいてしまった。実は帰り道に会社に寄って少しだけ仕事をする必要があり、ならば汗を流しに・・・ということで、近くの温泉に立ち寄った。Fly Fishingを再開するよりかなり以前から、ここの温泉は良く通っていた。流れる温泉プールが屋外にあり、我が家の子供達が小さい頃のお気に入りの温泉だった。しかも、17時以降は料金が350円に下がる。温めの源泉かけ流しの浴槽に浸かり、適度に疲労感のある足を揉み解した。

既に時刻は20時。川の橋を渡ったところで車を停め、ホタルが出ていないか渓流を覗きこんだものの、見つけることができなかった。代わりに、街灯の下で、今年初のコクワガタとご対面。カメラを車の中に置き去りだったため、車内で記念撮影し、優しく道路沿いの木にリリース。
20130607_08_Kuwagata.jpg

そのわずか1時間後には会社に立ち寄り、二時間ばかり仕事して、帰宅したのは日付も変わった0:30。帰宅してから週末の楽しみである晩酌開始・・・

今年、この川には後1回来れるだろうか・・・? いずれにせよ、来年は年券買おうかな、と思っている。



スポンサーサイト
Comment
こんばんは。
すごい行動力ですねえ!
私も一昔前までは、土曜日に半ドンの仕事を終えてから、夕マズメ狙いで秩父まで走ったりしましたけど、今はもうそんな元気は無くなりました。(笑)
でも、わずかな時間でも水辺に立つ事で元気をもらえる。
釣りってやっぱり素晴らしいですね。
JICKYさん、再び、こんばんは。
そうなんですよね。わずかな時間でも渓流に立つことで、おっしゃる通り、元気をたくさん貰えました。全てのイベントの優先順位を調整して、可能な限り竿を振りたいなどと、真面目に思っています。
私より何倍も仕事が多忙な知人の釣り人より、”人生を浪費してはいけない”、と教えられました。実行していきたいと思います!
Green Cherokeeさん、こんばんは。
充実した一日を過ごしましたね。私はY川やK川のオイカワが精一杯でしょうか。羨ましいですね。素晴らしい1尾だと思います。
ドルフィンライズ…あそこで出ましたか…。私が先日釣行した際は、ただむなしくフライが水面を流れ下って行きました…。
Green Cherokeeさん、こんばんは

時間が空くとウズウズする感じわかります。
釣りしに行かないと逆に仕事が手に付かなくなったりします。
私の場合、釣りしても仕事ほったらかしのままですけど・・(笑
仕事のち渓流釣りのち仕事・・・ってありだろうか?
→ありでしょ!

じゃあいつ行くの?
→今でしょ!

頑張って短時間でも釣りに行けば、
ウェーダーと心の洗濯ができますもんね。

委託とはいえ売ってる側の人が漁協を詐欺呼ばわりってかなり面白いです。
カチーフさん、おはようございます。
はい・・・私にとっては貴重で嬉しい一尾でした。けど、カチーフさんなら絶対にもっと釣れてますよ! 反応はそれなりにありましたから。
ドルフィンライズ、まさにこの場所でした。この日は何となく小さなポイント(こんな場所やチャラ瀬)の方が反応がありました。
ナシオさん、おはようございます。
このウズウズ感、仕事が手につかなくなる感じ・・・どの釣り人にも共通なのではないでしょうか!!
私の場合、実はFFを始める前より仕事の量は減っているような気がします・・・ ちょっとほったらかしくらいの方がちょうど良い、ということに、お互いにしておきましょう・・・なんて! ^^;;
ダブルさん、おはようございます。
流行りの言葉でのコメント、ありがとうございます!! 本当に、いつ行くの?今でしょ!、だと思います。まさに心の(ウェーダーも・・・)洗濯ですよね。
帰りしなの会話はじつはもっと赤裸々で面白かったんです。詳細は書きませんが・・・ ^^;;
こんばんは。

夕マヅメだけやるためにちょこっと竿を出す・・・。
これはカッコイイ!(> <)/
一度はやってみたいランキング1位ですよ!僕の中では!!
この一匹は大変な価値がありますね(^^)
co-dropさん、こんばんは。
夕まずめの、ちょこっと釣行。こんなことができる素敵な環境に恵まれたい・・・というのは、きっと誰しもランキング一位の要望ですよね!
それにしても、何とか一匹釣れて良かったです! 一尾と『ボ』の差は大きすぎますから・・・ ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク