HOME   »  出張ついでの釣り  »  岡山での究極の安近短 Zacco FF ~詳細編~

岡山での究極の安近短 Zacco FF ~詳細編~

6月11日(火)の釣行記。詳細編。予告編の通り、短時間ではあるが、とても楽しい釣行になった。

20130611_top_page.jpg

前夜は、19時過ぎにはホテルに到着していたが、電話会議が2つセットされており、結局、仕事から解放されたのは22時前。それから釣行しても良かったのだが、明朝の天気予報もまずまずだったので、“お楽しみは翌朝に・・・”、ということで、晩酌しつつ仕事を片付けることにした。

そして、翌朝5時に起床。カーテンを開けて外を眺めたら、頃合い良く道路は乾いている。『よしよし!』、と呟きつつ、まずはササッとシャワーを浴びて、髪も乾かないうちにジョニー印・愛竿バンブーを片手に部屋を出た。約1分後には、ポイントに到着。まさに、究極の安近短!
20130611_02.jpg

早朝のN川。先日のソウルの清渓川(チョンゲチョン)ではないが、大都市岡山市の中心部(というか飲み屋街)を流れる清流。
20130611_01.jpg

梅雨とは言え、少し陽も挿しそうな予感。
20130611_03.jpg

早速、お決まりのドライフライを結び、第一投。予想通り、いきなりの反応で小気味良い感触が手に伝わる。一尾目はこんなオイカワだった。このまま魚を触らず、川にポチャンと(申し訳ない・・)リリース。このポイントはこれでひとまず終了。なぜなら、魚リリース用に手を濡らすための水の持参を忘れてしまったため・・・
20130611_04.jpg

続いて、階段状になっていて簡単に水面に手が届くポイントに移動。移動と言っても10秒くらいなのだが・・・。そこで第二投。再び反応があり、こんなオイカワとご対面。増水気味で階段状の最下段のステップが水面下になっていたため、そこに魚を休ませて記念撮影。
20130611_05.jpg

岡山のオイカワの顔のアップ。前回記事にジョニーさんからコメントを頂戴したように、確かに、普段見慣れないフライなんてものを安易に咥えてしまい、後悔しているようにも見える。
20130611_05_1.jpg

第三投目も小型のオイカワを連続ヒット。その後、少し間を置いて、それでも第七~八投目に小型のオイカワ。ここで、小休止のために水温チェック。
20130611_06.jpg

その後も、すぐにまた小気味良い感触。写真を撮ろうと思って魚を触ったら、針が外れてしまったが、幸いなことにじっとしてくれていたので撮影。
20130611_07.jpg

光が反射して綺麗に撮影できなかったので、手をかざしてみた。私の手の影にくっきり浮かび上がる魚体。
20130611_08.jpg

このポイントもこれにてお腹いっぱい。愛竿バンブーと共に記念撮影。
20130611_09.jpg

そして再び、川の上の手すりのあるポイントに移動。たまたま近くに落ちていたペットボトルに川の水を汲んで持参した。そして、このポイントで竿を振ること第一投、こんなオイカワとご対面。ペットボトルの水で手を濡らしてから、魚を手のひらに置いた。
20130611_10.jpg

その後、本日で最強(と言っても対象はあくまでもZaccoなのだが)のヒキ。愛竿Blue Heronほどではないにしろ、愛竿バンブーもそれなりに楽しく曲がる。
20130611_11.jpg

そして、こんなオイカワとご対面。愛竿バンブーと記念撮影。
20130611_12.jpg

釣行開始は5:20。正午より東京で会議があったため、6時前には納竿。実釣40分未満の短時間釣行だったが、20尾以上は釣れたと思う。最後に、N川と愛竿バンブーで記念撮影。
20130611_13.jpg

まだ朝も早いし、ホテルでは宿泊客の誰にも遭遇しないと確信できたので、竿を繋いだままエレベータに乗り、部屋に戻った。そして、片付け開始。
20130611_14.jpg

トップの写真に使用した、愛用カバンであるREMOWAに、すっぽりと収まる愛竿バンブー。ジョニーさんは、REMOWAの寸法を測ってから竿を作って下さったのでは、と思えるくらいにシンデレラフィット!!
20130611_top_page.jpg

再びシャワーを浴びて、朝食を食べ終えても、まだ7:10。名残惜しく外を眺めたら、毎度のBlue Heron(アオサギ)がお出ましに。この鳥は、このポイントの常連とのこと。たまに来る釣り人のおこぼれを頂戴しているらしい。
20130611_16.jpg

チェックアウトして岡山駅に徒歩で移動。最後のN川を撮影。20130611_17.jpg

そして、7:36発ののぞみで一路東京へ。朝練釣行で適度な疲労はあれど、むしろ身体は覚醒し、3時間の道のりも一睡もせずパソコン仕事が捗った。しかし、その後がイケなかった。夕方の茨城県土浦の仕事の後、土浦駅前で終電まで深酒で結局帰宅は午前1時。この疲れが、後日の渓流釣行に響くことに・・・

ホテルの部屋からわずか1分でポイント到着、という、究極の安近短Zacco FF。次回の岡山出張でも、きっと、愛竿が紛れ込んでいるような気がする・・・


スポンサーサイト
Comment
 今年もポイントは健在ですね。
 茶色の外壁のホテルに来月泊まります。
シンデレラフィット
こんにちは。
ははー。。。お見事フィットしていますね。
竿と使い手がマッチした様子で何よりです。
渓流からぎりオイカワを意識した竿をテーマに仕上げましたが。。。次は渓流メインのロッドがあるとよいのでしょうかね。なんて営業活動でした(笑)
>小休止のために水温チェック。

これ凄くよくわかります。

僕は第1投の前に測っているように釣行記では書いてますけど、
実際にはしばらく竿を振ってから測ってます。
1秒でも早く投げたい衝動を抑えてデータ班を呼ぶのなんて僕には無理なんです。^m^
jetpapaさん、おはようございます。
はい!ポイントは健在でした! 私も来月また行きますよ。日程が合うと良いですね!
ジョニーさん、おはようございます。
シンデレラフィットという言い回しは、ジョニーさんお手製のマグカップの蓋をきっかけに学びました。 ^^;;
もう信じられないくらいにぴったりのシンデレラフィットで驚いてしまいました!
そうなんです!次は渓流専用ロッド、良いですね~!! 先日の渓流釣行の帰り道でも、まさにそんな話をしていたところでした・・・。今のWaku-Doki Special Rodと場所に応じて選択しつつ・・・楽しいだろうなぁ!
ダブルさん、おはようございます。
私の場合はまさにその通りで、まだ水温に応じて作戦を考えるという域に達してなくて、とにかく何でも良いから竿を振り始めたい・・・という衝動にいつも負けてしまいます。
しかも、一尾を釣り上げるまでは心に余裕がなくて、検温(?)はいつも先送りになってしまうんです・・・
いつになったら、心に余裕が生まれるのかなぁ・・・生まれる日が来るのかな・・・なんて。 ^^;;
Green Cherokee さん こんばんは

音楽に精通していない私はこちらにコメントさせていただきます。
出張先に爆釣ポイントが有るのはとてもうらやましいですね!
私もせっかくブルーへロンさんの6ピースを持っているのだから、これからは
心にいつもゆとりを(サボる気
かばんには釣竿を
忍ばせて行きたいと思います。
ナシオさん、こんばんは。
Blue Heronさんの竿は良いですよね~! Zacco FFをこよなく愛する方が製作された独特で唯一無二の竿だと思います。
今回はジョニー印・愛竿バンブーで初の国内出張釣行でしたが、今後も状況に応じて双方を楽しんでみたいと思います!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク