HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  『大人の遠足』 ~南信の渓~

『大人の遠足』 ~南信の渓~

6月13日(木)の釣行記。

以前よりfarwaterさんと予定していた平日釣行の日。先日、まるかつさんにお邪魔した際、たまたま、まるかつファミリーのariさんもお休みだったことを知り、急遽、3人で釣行という運びになった。

早朝4:20。farwaterさんに拙宅でピックアップ頂く予定が・・・、目覚ましをしっかりとセットしたのだが、前夜も遅くまで仕事に追われ(いや、先日の飲み疲れ?)、一旦、目が覚めたのだが、不覚にも二度寝してしまった。『はっ!?』、と気づいたのは、なんと4:20。『ヤバいっ!』、と思って携帯を見たら、とっくに到着されたfarwaterさんから何通かのメールが・・・と言う訳で、冒頭からお詫びも何ですが、farwaterさん、ariさん、当日は寝坊してしまい、大変申し訳ありませんでした・・・

釣行当日は未明から生憎の雨模様。梅雨だから仕方ないのだが、お二人と相談し、ariさんには複数サイトの天気予報もチェック頂き、何とか天候が持ちそうな南信の渓に行くことで決定。早速、ariさんの車に乗り換え、一路、南信を目指す。笹子トンネルを抜けた頃には狙い通りに雨も上がってきて、お二人の判断が正しかった(実は私だけが別の渓に行こう、と意見した・・・)ことに早速感服・・・

さて、今回のテーマは、『大人の遠足』。釣り以外にも色々と楽しんじゃいましょう!、という魅力的な企画。遠足のバスの中・・・ではないが、皆、寝不足なはずなのに、朝から様々な話題で車中は大盛り上がり。諏訪湖SAで朝食を取り、あっという間にポイントに到着。

まだ雪渓を残す山々。そして、スケールの大きな渓流。3人で同時並行して釣りあがることができる。
20130613_00_Top_Page.jpg

早速、竿を振るfarwaterさん。
20130613_01.jpg

ariさんと雪渓。今回はスタート時点からガイド役に徹して下さっている・・・感謝感謝。
20130613_02.jpg

約1時間くらい経過しただろうか・・・? 気づくと、farwaterさんの竿が弧を描いていた。記念すべき一匹目のイワナをゲットされたfarwaterさん。大きな渓流なので声をかけても届かない。やむなく、クマ避けの笛を吹いて、こちらを向いて頂いた。
20130613_03.jpg

しばらく別の筋を狙っていたariさんも、既にイワナを釣ったとのこと。どうやら、生命反応すら見ることができていないのは(毎度ながら)私だけの模様・・・

そんな状況なので、ariさんがマンツーマンでご指導下さった。立ち位置の取り方とストーキングの考え方、岩の隙間や際を狙ったキャストすべきポイント、フライの流し方とピックアップするタイミング等々。教わった通りにキャストを試みて、たまに一発で然るべきポイントにフライが届いたりもするのだが、やっぱり反応なし・・・

そのうち、ライントラブルとなり・・・ティペット交換を余儀なくされたため、ariさんに先行頂き、再び、二手に分かれて釣行。その後、本流脇の小さな流れに狙いを変更しキャストを繰り返すと何とか2回だけ反応があり魚体が見えたりもしたのだが、残念ながらスッポ抜け・・・

そうこうするうちに、時刻は昼を過ぎ、脱渓ポイントの近くに来てしまった。再び、ariさんと合流して遡上。そして、本日最大と思われる好ポイントに到着。先行されていたariさんが人差し指を立てて、『シー!』、とこちらにサインを送っている。そぉーっと近づくと、チラっと魚影が見えたとのこと。再び、立ち位置をアドバイス頂き、どのポイントをどの順番でキャストし、どこの流れにフライを載せるか、等について綿密な作戦会議。

その後、私は立ち位置に移動し、ariさんは別の角度からフライが見える立ち位置を取り、まさに二人三脚での釣行。そして、第一投目、『追った!』、とariさんの声。しかし、フライに食いつかず・・・。

ariさん曰く、『今のはフライに気付いたけど、あーぁ、餌が流れちゃった・・・ってくらいにしか思ってないはず。再び攻めてみましょう!』、とのこと。こちらも勇気づけられて、再び、キャスト開始。私には見えなかったが、魚は、再び、フライを追ってくれたものの、どうにも飛びついてくれない。

『次の流れを攻めましょう』、とのアドバイスで、同じ立ち位置から別の流れにフライを流すと・・・、今度こそ、しっかりとした反応が!! しかし、残念ながらスッポ抜け・・・。二人で、『あ“~っ!』、と叫ぶ。ariさんに至っては渋い顔をされて”文字通り“頭を抱えている。そして、一言・・・、『合わせが早かったですね・・・』。

そして、三度目の正直。今度も確実な反応が・・・。今度はゆっくり目に合わせを入れたつもりが、フッキングせず・・・。『今のは合わせが遅すぎでした・・・』、とariさんがポツリ・・・

この時点で、いよいよ『ボ』の予感が濃厚になってきた。長野まで来て、『ボ』かぁ・・・と私の背中にはかなりの悲壮感が漂っていたに違いない。そんな心を見透かされ、『残りの一番奥のポイントにフライを流してダメなら先に行きましょう・・・』、と慰めのようなアドバイスを頂戴する。

ということで、四度目の正直?で、フライをキャスト。私にとってはちょっと遠投だったのだが、何とか狙うべきポイントにフライが着水。きっとダメだろうなぁ・・・などと不謹慎にも思いつつ、それでもフライを見つめていたところ、かなり分かりやすい反応。私なりに合わせを決めてみたら、今度こそ着実に魚の反応が!!!!!

まだ魚をネットインする前なのに、『やったー!』、と叫ぶ私。横では、『バレないで・・・』と心の中で叫ぶariさん・・・。そして、ようやく魚とご対面。イワナとばかり思っていたら、何とアマゴだった。
20130613_04.jpg

ようやく得ることができた一尾。ジョニー印・愛竿バンブーと、カチーフさんから譲り受け修理を施したネットと共に、記念撮影。
20130613_05.jpg

いつの間にかfarwaterさんも傍らに立っていらして、3人で最後の小さなポイントを少しだけ攻めるも、皆、無反応・・・。私は後ろから着いて行き、キャストもそこそこに水温チェックしたり・・・
20130613_06.jpg

愛竿を記念撮影したり・・・
20130613_07.jpg

写真を撮ってみたり・・・
20130613_08.jpg

そして、程なくして、3人で脱渓。ここまで実釣約4時間強。
20130613_09.jpg

3人でおしゃべりしながら車に戻る道すがら、こんな巨大なオブジェを発見。
20130613_10.jpg

愛竿と一緒に記念撮影。
20130613_11.jpg

車に到着した途端、おもむろにfarwaterさんがストーブにケトルをセット。3人でウェーダーを脱ぎ終えた頃には、既にケトルの水も沸騰していた。
20130613_12.jpg

そして、楽しいコーヒータイム。綺麗な景色を愛でながら飲むコーヒーの味は格別! そして、コーヒーを飲み始めた頃からぽつぽつと雨が降り出した。何とも絶妙なタイミング・・・
20130613_13.jpg

ポイントから車でわずか3分。遅めの昼食を開始。南信と言えば、やっぱりソースかつ丼。有名店の一つ、明治亭。
20130613_14.jpg

渓流横のテラス席に陣取り、待つことしばし・・・。運ばれてきたのは、度肝を抜く姿をしたかつ丼。お椀の蓋が全く閉まらない状態でカツの上に載っているだけ。 『蓋の意味ないですね・・・』、と店員に話しかけたところ、『蓋に一旦、カツを載せてから、量を調整して食べてください・・』、とのことだった。なるほど・・・お皿の代わりなのか・・・。 釣行の後でお腹も空いていて、しかも、すこぶる美味。あっという間に平らげてしまった。
20130613_15.jpg

その後、近くのお土産屋を物色。おまけに、おっさん3人で並んでソフトクリームなんかも食らいつつ・・・、如何にも遠足らしい流れに・・・。
20130613_16.jpg

釣果は寂しい結果だったが、私はめでたく(!?)『ボ』も免れ、釣り以外のイベントも盛りだくさんで、私的にはすっかり満足。きっと、farwaterさんもariさんも、もう少し釣りを・・・という気分もあったはずだが、雨脚にも背中を押され、『遠足』としてはこのくらいが程良いだろう、とも思っていたはず(と思っているのだが・・・?)。

帰りの道中のおしゃべりも盛り上がり、瞬く間に諏訪湖SAに到着し休憩。諏訪湖の景色を眺めつつ、ふいに到来したテナガエビの話題などですっかり盛り上がる。その詳細は、farwaterさんのブログの番外編をご覧ください。最近、テナガエビにハマりまくりのfarwaterさんがわざわざ諏訪湖まで連れ込んだネタだと、私は信じて疑わない。
20130613_17.jpg

ふいに3人の前に突然やってきた羽蟻(?)。ロイヤルコーチマンは、これがモデル、と教えて頂く。
20130613_18.jpg

この頃、まるかつのT師匠より、『お店でお待ちしています!』、と携帯メール。笹子トンネルを抜けた頃には霧雨も本格化。雨の中、19時過ぎにお店に到着。様々なご報告をしつつ、まるかつさんの釣行記でお馴染みの賑やかな御二人も加わり、結局、お店を出たのは閉店間際の21時。

早朝4:30~21時近くまでの長い一日。釣り、おしゃべり、コーヒータイム、名物ソースかつ丼、ソフトクリーム、テナガエビ、まるかつさん・・・。『遠足』としてもちょっと盛りだくさん過ぎるくらいの充実した一日だった。南信まで遠征して釣りの配分が少ない・・・!? まあ、『遠足』、なので善しとしたい。

farwaterさん、ariさん
終日お世話になりっぱなしで、本当にありがとうございました。お蔭様で、実りが大きく、且つ、楽しい一日になりました。また、是非、『遠足』、に行きましょう! 次回は、お互いにもう少したくさん、魚が釣れますように・・・

※おまけ ①
まるかつさんで出会ってしまった超素敵なリール。我が愛車の緑チェロキーのカラーにそっくり・・・出会った瞬間にライズしてしまった私。今年は珍しく、サンタさんにプレゼントでもお願いしてみようか・・・。冗談はともかく、年末にプレゼントを快く頂けるくらいに色々と努力しよう、と思った一日の終わりだった。
20130613_19.jpg

※おまけ ②
噂のオイカワロッド、インファンテ・オイカワスペシャル、を見せて頂いた。我が愛竿Blue Heron Zacco Specialとは全く趣が異なる竿のよう。
20130613_20.jpg

※おまけ ③
昨日、何気に本屋に立ち寄り、いつもは読まないような雑誌(Lure magazine River Vol.18 2013年 08月号)を手に取ってみたら・・・なんと・・・同じタイトル!!
130621_141718.jpg (携帯で撮影)

タイミング的にはこの雑誌が先のようですが、決して、パクった訳ではありません。むしろ、パクられた気分で、悔しいです・・・ ^^;;

やたら文字の多い記事になってしまいましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました。





スポンサーサイト
Comment
こんにちは。

先日の『大人の遠足釣行』お疲れ様でした<(_ _)>
釣果には恵まれなかったものの、雨にも降られず楽しい時間を過ごせました。

いろいろとアドバイスをしてしまい、green cherokeeさんのペースを乱してしまい申し訳ありませんでしたm(__)m
ご迷惑でなければ、またご一緒させて頂けたら幸いです。
こんばんは^^。
先日はお疲れ様でした^^。楽しかったですね~遠足^^。
雑誌は『オトナの遠足』我々は『大人の遠足』。こっちの方が正統派っぽいですよね(笑)。
こんばんは。
早朝からリールにイブニングライズまで、本当に盛り沢山な一日でしたね!
あの水量で、あの水温、渓相…行ったことはありませんが、いい川ですね(^^)
ariさん、こんばんは。改めまして、先日は本当にありがとうございました。
迷惑だなんてとんでもない!! しかも、ariさんのアドバイスがなければ、私は確実に『ボ』でした・・・
また是非ご指導頂きたいです。よろしくお願いしますね!!
farwaterさん、こんばんは。そして、先日はありがとうございました。
確かに、こちらの方が正統派っぽいですね。 ^^;; そういうことにしておきましょう!!
それにしても・・・テナガが諏訪湖までfarwaterさんを追いかけてきたのは、本当に驚きで最高のオチでしたね。farwaterさん、ヒキ強いですね~!!
しげさん、こんばんは。
朝から夜まで本当に盛りだくさんで、終日、頬が緩みっぱなしでした。こんな歳になっても、こんな楽しみ方ができるなんて、私はシアワセ者です!!
ariさん曰く、午後に陽が強くなると、山の雪が解ける量が増えて返って水温が下がるのかも、とのことでした。台風の影響で暑い一日でしたが、冷たい水温の気持ち良い渓相でした!!
こんにちは。
首を長~くして、このブログアッブをまっていました(^-^)

あそこは、解放的で気持ち良いですよね!
ストレスなく、ロッドを振り回せたのではないでしょうか(^-^)

イベント沢山で、楽しい釣行記でした。

co-dropさん、こんばんは。
首を長~くさせてしまい申し訳ありませんでした。実はかなり以前に途中まで書き終えていたのですが、加筆修正する時間がなく、結局、週末のアップになってしまいました・・・ <m(__)m>
『釣れない・・・』というストレス以外は全く無く、本当に気持ちの良い場所でした。^^;; 上流側は良いポイントが続くと聞いています。いつの日か行ってみたいです!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク