HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  梅雨明け初日の釣行記 ~地元小学生との触れ合い~

梅雨明け初日の釣行記 ~地元小学生との触れ合い~

7月6日(土)

一つ前の記事に書いた通り、突然訪れた週末休み。早過ぎる梅雨明けで、とにかく暑い・・・。外は強風で、”今日は釣りは厳しいかなぁ・・・”、と思っていた矢先に、我が新兵器が到着。それは、リトルプレゼンツの速乾パンツであるリバーパンツ

こうなると、早速試したくなる、というのが釣り人の性。風が強くて釣りにならなくても、夕涼みにちょうど良いか・・・というくらいで、我が身近な川に向かってペダルを漕いだ。

今回は、夕まずめの短時間釣行。川に到着したのは17時前。梅雨明けの気持ち良い空。
20130706_01.jpg

釣りが目的のメインじゃない・・・となると、気持ちにも余裕が生まれる。釣行前に、もう一本の川の様子を見に行ってみた。水草は生え放題だが、相変わらず、見惚れてしまうほどの綺麗な流れ。
20130706_02.jpg
20130706_03.jpg

早速、いつもの川で記念すべき初入水。ペダルを漕いで汗ばんでいた身体に清涼感が走る。いやはや、これは気持ち良い!!
20130706_04.jpg

そして、いつもの湧水の近くに向かって歩いてみた。ミズハコベを踏まないようにそっと足を湧水に近づけると、瞬く間に清涼感が強くなる。圧倒的な温度差を感じた。
20130706_05.jpg

それもそのはず、水温は18.8℃。
20130706_06.jpg

さて、イベントも終わったので、そろそろ釣行開始。餌釣りの親子が居たため、一声かけて下流側に入らせてもらった。

まずは数投目でアブラハヤ。
20130706_07.jpg

良型のカワムツ。今一つ光量が足りず、思わず日中シンクロ。
20130706_08.jpg

こんなお腹でっぷりのカワムツも。
20130706_09.jpg

しかし、釣れども釣れどもカワムツばかり。オイカワは何処に・・・?と思っていた矢先、本日、一番の強いヒキ。
20130706_10.jpg

ストロボを用いて、『なんちゃって水中写真』、を撮影してみた。初めてみるような写真だが、何となく面白い。
20130706_11.jpg

こんな感じで、目玉おやじ風になったりもする。
20130706_11_2.jpg

相変わらず綺麗な腹の色と鰭。
20130706_12.jpg

この辺りまで好調に釣り下がって、再び、上流側へ・・・
20130706_13.jpg

すると、地元の小学生の兄弟が釣り&川遊びをしていた。良く見ると、何だか不思議な釣りをしている。リール竿の先に結ばれていたのはフライ。それを何とかポイントに向かってキャストしていた。
20130706_14.jpg

話しかけてみたところ、Y川からの帰りとのこと。Y川でもフライマンに遭遇したらしい。普段はY川でバスを釣っているらしく、”えっ?釣れるほどバスが居るの?”、と聞いてしまった・・・

ラインの先に結ばれていたフライとタックルボックスを見せてもらうと、これまた、#14程度のフライ。”それだとオイカワには厳しいよ”、と教え、拙フライをいくつか贈呈すると・・・

兄T:もらっちゃって良いんですか? ありがとうございます!
弟H:お兄ちゃん、お母さんに怒られないかな・・・ 大丈夫?

かわいい兄弟トークを聞くことができた。

これも何かの縁。あと30分くらいは大丈夫、と言うので、せっかくなのでフライ講座を開催。下手くそな私が講座を開くのは100年早いかもしれないが、この子達に魚を釣らせてあげるくらいのことはできる。

ジョニー印・愛竿バンブーを手渡し、ロッドの持ち方を教え、左手でラインを持たせ、子供の手の上から竿を握って一緒にキャスト。すると、数投目で見事な反応が。早くラインを手繰って!、と告げると、右手にラインをひっかけていないので、ラインを手繰ることができない・・・

それでも、何とか無事に取り込むことができた。記念撮影で並んでもらったら、弟Hくんが妙にかしこまっていて面白い写真になった。
20130706_15.jpg

『魚が火傷しちゃうから・・・』、と言って、いったん手を濡らしてから魚を触る兄弟。決して、私が教えた訳ではない。このことを彼らに教えたのは誰だろうか? 過去に良い人との出会いがあったようで、良かったね、
君たち!!
20130706_16.jpg

続いて、弟Hくんにバトンタッチ。これまたすぐに派手な反応があり、頑張ってラインを寄せ、何とか良型のカワムツを釣り上げたHくん。魚がフライラインと竿の間を通ってしまったが・・・まぁ良いじゃないか! 今度は、妙にかしこまる兄Tくんが面白い。
20130706_17.jpg

『フライって面白い!!』、兄弟が叫んだ。そうそう・・・、その一言を待っていたのだよ、おじさんは・・・

私:そろそろ薄暗くなってきたね。もう帰ろうか?
兄T:いま何時ですか?
私:老眼で見えないや。携帯のここを見てみて。(17:38だった・・・)
兄T:18時まで大丈夫です!
私:ならば、TくんとHくんであと一匹ずつだけ釣ろうか?
弟H:うん!

そして・・・・兄Tくんに再びFish on !!
20130706_18.jpg

ご満悦の兄Tくん。
20130706_19.jpg

写真は撮らなかったが、弟Hくんも18時ぎりぎりに再び良型のカワムツをゲット。

『さて、帰ろうか!』。私の掛け声で、3人で橋の袂の自転車に向かって歩いた。兄Tくんはフライを始める気まんまんで、私に質問攻め・・・ 針のサイズ、竿やラインの番手、等々を教えてあげた。

帰りしな、ミントが群生している場所でプチっと千切り、”お母さんが好きかもしれないから、持って帰ってあげたら?”、と言って渡してあげた。弟Hくんの鼻先にミントを持って行ったところ、『うぇっ!!』、と顔をしかめている。『これ、ハッカかぁ!』、と兄Tくん。
20130706_20.jpg

梅雨明け初日の釣行。思わず小学生兄弟と釣りを楽しんでしまった。彼らとの別れ際、『ありがとうございました!』、と言って自転車に跨り、橋に差し掛かってまた、『ありがとうございました!』、そして、橋を渡り終える頃にまた、『ありがとうございました!』、と言って、夕暮れの空の下で姿が見えなくなった兄弟。

きっと、彼らにとって、人生初フライフィッシングの日。生涯記憶に残る一日になってくれたら・・・と思っている。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

仲良し兄弟のTくんとHくんへ

君たちはこのブログの存在を知らないと思うけど、もしや、もう少し大きくなった時に、いつか見る機会があるかもしれないから、メッセージを残しておくことにします。

ちゃんと手を濡らしてから魚を触っていたね。感心感心! きっと、良いマナーの釣り人との出会いがあったのかな?

『フライって面白い!!』、って言ってくれた時は、おじさんはかなり嬉しかったです。この日をきっかけに、フライを始めてくれたりすると、もっと嬉しいです。

またいつの日か、今度は一緒にフライで楽しみましょう!

 2013年7月7日七夕 Green Cherokee より



スポンサーサイト
Comment
数年後、川で溺れたぐりちぇろさんを偶然通りかかった2人組のフライマンが救出。
その2人こそ実はこの時の兄弟だったのです。

というオチだったら胸が熱いです。


冗談はさておき、きっと彼らの一生の思い出になったと思います。

それと10枚目の写真、下腹部が透けてて超綺麗ですね。
良いですね
夏ですね。
しばらく行かない間に夏景色。
魚もコンディションも良さそうですね。
リトプレのこれ。私も愛用してますが普段履きでも良いですし、これからはこれにウエットゲーターが最高に気持ちよいです。できれば購入を勧めますよ。
さて、この光景。
子ども達の表情が観られないのが残念ですが私も嬉しくなりました。これからも沢山作っていろんな人に使ってもらえるようになれればいいなぁと感じます。
がんばろっと(笑)
ダブルさん、こんばんは。
胸が熱くなる架空のオチシリーズ、相変わらず流石ですねー!
光量が足りない時はあえてストロボ使って撮影してしまいます。夜釣りみたいな雰囲気になってしまいますが、色は綺麗に出るような気がします。
お仕事忙しそうですね・・・ 程々にして、たまには釣行しましょう!
ジョニーさん、こんばんは。
ウェットゲーター、気持ち良さそうですね。私はこれに似ているリトプレのサポーターは持っているので、この足回りの安心感は容易に想像できます!
この子供達、人生初FFで竹竿ですからね・・・。それもジョニー印!! この子達がいつか拙ブログを見てくれて、”おぉ、あの時は手作りの竹竿だったんだ!”、って感激してくれたら最高ですよね!!
おはようございます^^
いい話しだな~^^。感動しました。

実はこの兄弟、逢魔が時に現れた、O川とK川の化身。
親切にしてくれたgreen cherokeeさんを忘れず、
今後この川でフライを投げるたびに、特大の韋駄天が釣れる・・・
ってのはどうでしょうか?(笑)。
Green Cherokeeさん

お久しぶりです♪

K川での子供たちとの出会い・・・そして、最後の子供たちに向けたメッセージ・・・未来の彼らに向けたタイムカプセル!

何か胸の奥がキュン♪

ところで・・・私はここ最近、Y川(最下流域)オンリーとなりK川でお会いする機会が減ってしまいましたが・・・Y川のバス目撃(生息)状況の報告。。。

Y川での朝練(早朝の薄暗い日出時刻)で、オイカワが付きそうな浅瀬でバスのボイルがあちこちで起きています。

そのボイルの数と大きさと考えても相当数のバスが生息しているのは確かだと思われます。

まあぁぁ~~Y川の最上流域でのバスの目撃情報もY川の釣人から聞きますし・・・数年後には・・・Y川も普通にバスが釣れる川になるんでしょうねえぇぇ~~。。。

※今後のY川での私のオイカワ釣りはどうなることか???
こんばんは。

フライっておもしろい!
大人も子供も夢中にさせる、フライフィッシング最高ですね。
私も今日ちょっと行ってみようかと、支度を始めたらゴロゴロ・・・
やがてものすごい夕立に、短パンでジャブジャブはTNKまでお預けでした。
こんばんは。
感動のエントリーですね!
子供達の、素直な性格も写真に現れてますね^^
「生涯忘れない思い出の一日」どころか、「二人の人生を変えてしまう一日」になることと思います(^^)
きっと、Green Cherokeeさんが夢にも出てきたのでは???

思えば、37年前に鳩川へ初めて釣りに行き、釣れない僕に“キジ”を下さったおじさんがいました。
練り餌からキジに変えたら…なんと真鮒が爆釣(^^)
それが幸いして?、今や釣りバカまっしぐらの僕がいます^^;
 こんばんは。
いいですね~、子供達との出会い。
きっと、その子達は毛鉤釣りにハマってしまいますよ。(笑)
でも、フライの道具は子供の小遣いではキビしいかな?
farwaterさん、こんばんは。
オウマガトキ・・・難しい言葉で思わず調べちゃいました・・・ ^^;; まさに綺麗な黄昏時でした。
化身の力に頼らず、特大の韋駄天さんにいつもご対面できる腕と幸運を、何とかモノにしたいものです!!
もりもりさん、こんばんは。
そうですね! タイムカプセル、いつか掘り出して貰えたら何とも嬉しい話です!!
ところで。。。バス、そんなに居るんですね。バスバスター出動必要な状況でしょうか・・・? 近く調査釣行に行ってみたいと思います。
wind knotさん、こんばんは。
フライって面白い!!って子供達に言って貰えた時は、本当に嬉しかったですし、何だか達成感もありました。
さて、週末はお互いにジャブジャブを楽しみましょう!! もちろん二次会も!! 
しげさん、こんばんは。
そうですか・・・しげさんを釣りキチにしたのは、そのキジのオジサンでしたか!!
この子達といつかFFを一緒に楽しめる日も本当に来そうですね!! その時は、しげさんも是非お付き合い頂き、ご自身の生い立ちも直接話してあげてくださいね!!
JICKYさん、こんばんは。
この子達は、そのままタックルベリーに行っちゃうかも、って勢いでした!!
ちなみに、最近の子供達は結構お小遣いが貯まっているみたいでした。弟Hくん曰く、”俺、○○万円持ってる!”、って発言に、思わず絶句した私でした・・・
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
そうですか、やっぱりY川のフライマンはAさん(仮名)だったのですね!! 嬉しいコメントありがとうございました!!
・・・ということは、彼らは終日釣りをしていたということになりますね。お昼をちゃんと食べたのかな・・・? ^^;;
半べそでコイを釣って、AさんにY川で婚姻色オイカワ釣らせてもらって、そして、K川でカワムツ二匹ずつ・・・、きっとあの兄弟にとって絶対に忘れられない一日になったことでしょう!! Aさんと共にフライの面白さを伝えることができて、私もとても光栄でした!!
貴ブログは時々拝見させて頂いています。写真がとても素敵で(プロに対して失礼ですが・・・^^;;)、楽しく拝読させて頂いています。今後とも、よろしくお願いします!!
こんにちは。
私も貴ブログを参考に釣り場開拓しておりました。(笑)

今日も午前中あの兄弟に鯉を釣った時の記念写真が渡せればと思い行ってきましたが、兄弟には会えずしかも、う〜ん。
オイカワサイズのバスらしきものが掛かりました。

郡司蒼さん、こんばんは。コメントありがとうございます!! 
貴ブログ、拝見致しました。オイカワサイズとは言え、確かにバスでしたね・・・ あのクラスがかかるということは、既に繁殖が進んでいて、相当数の個体が居るという証拠ですよね・・・
都心を流れ、美しいZaccoを育む貴重な清流、いつかはバスで埋め尽くされてしまう運命なのでしょうか・・・。まずは、自らバスを釣り上げることから始めて、色々と考えてみたいと思っています。
あの兄弟、また会ってみたいです。高確率でまた会えるような気がします!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク