HOME   »  出張ついでの釣り  »  飲み屋街を抜けたら、そこはオイカワ天国だった ~福岡・久留米にて~

飲み屋街を抜けたら、そこはオイカワ天国だった ~福岡・久留米にて~

8月17日(土)。

昨夜、福岡県久留米市内での仕事が予想外に長引き、結局、東京に戻るタイミングを逸してしまった。久留米市内のホテルに22時頃到着。コンビニ弁当とウィスキーのソーダ割りで独り夕食。

そういえば・・・、今春に久留米に来た際、ホテル至近に少々気になる流れを発見していた。夜中に橋の上から見ただけだが、比較的綺麗な水だったような記憶がある。今回は沖縄にて出動のチャンスを逸してしまったジョニー印・愛竿バンブーの出番になるかも・・・?

翌朝、シャワーを浴びてホテルを出発したのはAM5:30。いつもパソコンとiPadの電源を入れているケース(ダイソーの100円)にタックルを収め、いざ出陣。
20130817_01.jpg

虫よけの代わりなるかも・・・、と思い、いつも持参しているお気に入りの香水(Fragonard:フラゴナール)を多めに身体や髪に吹き付けた。ちなみにこの香水は、以前、名人釣り師であり名医でもあるM氏と一緒にParisのサンジェルマン・デュプレのお店で購入したもの。日本にはあまり入って来ていないのかもしれないが、香りの良さも去ることながら、実は値段がかなり手頃でがんがん使える気軽さが気に入っている。南フランスはグラース産。グラース(Grasse)は香水の都とも呼ばれ、香水の産地として有名。
20130817_02.jpg

ホテル前の久留米市六つ門の飲み屋街。早朝だから誰も居ない。
20130817_03.jpg

誰も居ないので、ちょっと悪ふざけ。丘釣りという言葉もあるにはあるが、本当の釣具とは究極のミスマッチ・・・
20130817_04.jpg

定番過ぎる名前のスナックと釣具のミスマッチコラボレーション。横の路地には、アフターで客と飲み明かしたスナック嬢が、セットが崩れた髪と露出の多い姿で、ヨレヨレとタクシーに乗り込んでいた。
20130817_05.jpg

さて、ホテルから歩くことわずか5分。到着したのはこんな場所。橋の上から流れを見ると、驚いたことに、思いのほか水が澄んでいた。
20130817_06.jpg

そして、河岸に居りたつ。写真の通り、スーツに革靴、上だけTシャツに着替えていた。水面を覗くと、かなり小型の魚ばかりだが、なんとライズの嵐!! これは、釣れない訳がない!!
20130817_07.jpg

河岸の石でできた椅子にタックルを置き、早速、フライを結ぶ。まずはドライで。ちなみに、青いケースに入れてきたのは、リール、フライ、老眼鏡、そして、ラインカッター用の愛用の爪切り。家を出る時、フロータントを入れるのを忘れてしまった・・・、ま、何とかなるはず。
20130817_08.jpg

第一投目。いきなりアタリがある。それもフライが着水前から。我が身近な川の魚達と比べると、ずいぶんと反応が速い。二投目も三投目も同じ・・・。ちょっと場所をかえて第四投目でやっとフッキング。意外にも小気味良くジョニー印・愛竿バンブーを曲げてくれたのはまずまずの型のオイカワ。九州のオイカワとは初対面。ちょっと紺色が強い魚体。
20130817_09.jpg

この後、小型も含め7-8匹程追加。爆釣、爆釣・・・、楽しいことこの上ない。

『そろそろウェットも試してみるか・・・』。

河岸の椅子の上に置き去りになっていたタックル。そのまま竿を置いてウェットを結ぶ。タックル置場&作業台まで完備された、革靴OKの究極の『安近短』ポイント。昨夜、もしも東京に戻れていたとしたら、このポイントを知ることはなかったと思うと、昨日の予想外のハプニング(私ではなくお客様の・・・)に感謝しなければならないだろう・・・
20130817_10.jpg

ウェット一投目は極小のカワムツ。ガサツに撮影したのでピントが甘い・・・
20130817_11.jpg

この後も5-6匹追加。途中で良型のオイカワも混じった。
20130817_12.jpg

すっかりお腹一杯。最後にジョニー印・愛竿バンブーと記念撮影。
20130817_13.jpg


上の写真に見える小さな橋を渡り、今しがた釣行していたポイントを反対側から撮影。
20130817_14.jpg

そして、川から再び、飲み屋街を眺めた・・・
20130817_15.jpg

ホテルに戻ったのはAM6:50。すぐに大浴場に浸かり、そのまま8時発の空港バスに乗り、空港で朝からプハッと一杯・・・。予定外の一泊ではあったが、究極の安近短ポイント発見、という思わぬオマケ付きの出張になった。





スポンサーサイト
Comment
 ここですか
 何処かの釣り場、飲み屋街の真ん中!
 岡山と同じですね。
 爆釣も一緒です。
 あれまー!
 釣りスタイルまで革靴履いて一緒ですねーー!
こんばんは。
繁華街のど真ん中で釣りが出来るのですねえ、驚きました。
しかも、そこで竿を出してしっかりと釣果を上げてしまうとは。
私は小心者なのでそこまで出来ないかも。。(笑)
あら
おはようございます^ ^
jetpapaさん見たい(^_^)
釣り人が一番のプレッシャーなんですよね。
まだまだ探せはあるのでしょうね。
はじめましてカワセミです。
いつも記事を楽しみながら拝見させてもらってます!!日高市の小畔川沿いに住んでますが仕事で身近な里川付近をよく通ります!!通るたびグリチェロさんを探してます!!最近記事がますますますます楽しくなり次号楽しみにしていますファンの1人としてついコメントをしました。記事の最後の朝から一杯、プファーにも涎が出ました(>_<)次号も
楽しく読ませていただきます!
この時期,関西は・・・
ずっと雨が降っていません。

ダムの水もあきまへん。

明日は8:30にはなんとかFreeになります。

10:30からの三重の溪にチャレンジします。

たぶんあかんやろけど,

動いてみたいです。


jetpapaさん、こんばんは。お返事遅くなりすみません・・・
ダメ元で行ってみたのですが、実は、オイカワ天国でした。何せ出張ついでですから、自然と恰好もこんな感じになってしまいますよね・・・
こんな場所があと何か所見つかるか・・・、これからもたくさん探索してみたいと思っています!!
JICKYさん、こんばんは。お返事遅くなりすみません・・・
繁華街のど真ん中の少しだけ際・・・って感じの場所でした。早朝だし、ギャラリーも皆無でした。こんな場所なのに、実は静寂の中で一人っきり釣行を満喫できてしまいました ^^;;
ジョニーさん、再び、こんばんは。
はい・・・ ^^;; まさに、jetpapaさん流・出張ついでの釣行でした。
この川でFly Fishingした人はきっと居ないんでしょうね。見たことがない毛ばりについつい飛びついてしまったんだと思います。
これからもこんな場所をもっと探索してみたいと思います!!
カワセミさん、はじめまして。そして、とても励みになるコメントを頂き、本当にありがとうございます!!
小畔川沿いにお住まいなんて、とても羨ましいです。自宅から徒歩で釣行できるなんて素敵ですよね!!
我が身近な川でカワセミさんにお会いできましたら、とても光栄です。見かけたら、是非お声掛けくださいね。この川にも可憐なカワセミが住んでいますので、その時に遭遇できると良いですね!!
この日は土曜だったので、思わず朝からプハーっとやってしまいました。朝から飲むのもとってもオツなんですよね・・・ ^^;;
リョウさん、こんばんは。
雨が降らなかったり渇水になったり・・・、でも、時は着々と進み、禁漁まで残り一か月となってしまいました。私は最近、渓流に全く行けていないので・・・かなり気持ちが焦ってきました。リョウさんを見習って、とにかく行かなきゃ!、って思っています。
こんばんは。
すごいところで釣りましたねぇ。
早朝とはいえ、かなり勇気の要る釣り場ですが、ニヤニヤしながらロッドを振るGreen Cherokeeさんの顔が目に浮かびました。
こんな楽しみもオイカワフライならではですね!
wind knotさん、こんばんは。
飲み屋街を抜けるとすぐに公園があり、その横をひっそりと流れる小川でした。
勇気が要るどころか、実は、ひっそりのんびり釣りできる場所でした。このギャップが素敵でしたよ。
だから、存分にニヤニヤできました!! ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク