HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  ほんの束の間だけど充実した釣行+α ~初冬のいつもの川で~

ほんの束の間だけど充実した釣行+α ~初冬のいつもの川で~

遅ればせながら・・・12月7日(土)の釣行記。

朝から穏やかな晴天。午後から仕事だったのだが、絶好の釣り日和となると、例えそれが短時間とわかっていても、やっぱり足はいつもの川に向かってしまう・・・という訳で、自転車でいつものポイントに到着したのはAM10時前。

自転車を川辺に置いている時に、北海道で馴染みの虫が胸にとまった。その名は『雪虫』。コンデジではこれが限界。できることなら、マクロ付きのデジイチで撮影してみたい(生憎、所有していないが・・・)・・・
20131207_01.jpg

実際にはアブラムシの仲間。北海道の雪虫はこちらをご参照。このリンクでは北海道の虫のように書いてあるが、東京周辺でも良く見ることができる。

さて、いつもの胡桃の樹から入渓し、釣りあがるが今一つ渋い。小型がフライを突くのみ。そのまま上流域までずんずん歩き、手元ポチャンを一尾決めた時に、更に上流側に居た二人の釣り人に気付いた。良く見てみたら、なんとmihiro師匠が見慣れない釣り人と同行中・・・。話を聞いてみるとmihiro師匠の中学の同級生とのこと。完全自作のフライロッドを振っていた。
20131207_02m.jpg

そんな仲良し二人組を撮影。今日は愛竿Blue Heron_#1,7pc。
20131207_03.jpg

mihiroさんは、新たなストーブを持参。Blue Heronさんがご自身のHPでご紹介されていたものと同じ。折りたたむと芸術的にコンパクトに収まる逸品。
20131207_04.jpg

すぐ横には、夏の間、綺麗な白い花をたくさん付けていた野ばらの実。
20131207_05.jpg

実は、お茶を沸かしてくれている間、すぐ上流側で良型のオイカワにご対面でき、mihiroさんのデジイチで撮影してもらった。鰭が水に浸かって、ふわっ・・・、と開く感じを写して!!、と思わず注文を付けてしまった。なかなか良い感じで撮影してくれたmihiroさんに感謝。
20131207_mihiro.jpg mihiroさん撮影

コーヒーが苦手なmihiroさん、ほうじ茶を沸かしてくれた。ポカポカ陽気ではあるが、それでも初冬。温かい飲み物は嬉しい。3人でお茶を啜りつつ、しばしの会話を楽しむ。

そして、あっと言う間の時間切れ。二人にお別れを告げ、独りトボトボと下流に下る。そして、いつもの湧水で水温&水量チェック。相変わらず安定した温度。水温計に照りつける太陽が眩しく、思いっきりフレア気味・・・
20131207_06.jpg

その後、限られた時間で小型ばかり数尾を追加。
20131207_09.jpg

そして脱渓。お気に入りの風景をパチリ。
20131207_07.jpg

ススキと、水面に反射する冬の陽射しを眺めながら納竿。
20131207_08.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

この日の午後は埼玉県大宮で仕事。ここで面白い話を聞くことができた。『宇宙飛行士に見られる、うっ血乳頭』、という演題の講演を拝聴したのだが、宇宙に長く滞在すると頭蓋内圧に変化を来たし(簡単に言えば、地球上でずっと逆立ちをしているような感覚)、その影響で視神経をやられるのだとか・・・。人類が宇宙に滞在するためには、このあたりも克服しない限り長期滞在は厳しいらしく、頭を陰圧にキープするための特殊なズボンとかも開発中らしい。まだまだ障害は多いのだろうが、そう遠くない将来には技術的に克服してしまう日がきっと来るのだろう・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、仕事も終えて、向かった先は埼京線戸田駅前のカラオケ店。ひょんなことで、farwaterさんダブルさん、と3人で3時間熱唱・・・という楽しい時間を共有できた。写真は一枚もないのだが、farwaterさんとダブルさんの美声に酔いしれてしまった・・・。

ちなみに、ここで大発見。エレキギター1本をぶら下げていけば、ギター専用のカラオケがあるらしい。エフェクターも持参不要らしく、曲ごとに合わせて音色まで調節してくれるらしい。なるほど・・・これはこれで楽しそう!!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんな感じで、午前釣り、午後仕事、夜はカラオケ・・・、という非常に充実した一日になった。

mihiroさん、Oくん、farwaterさん、ダブルさん
楽しい一日になりました。本当にありがとうございました!!








スポンサーサイト
Comment
当日はありがとうございました。

でも釣り仕事カラオケのコンボは完全にケモノヘンですね。(苦笑)
こんばんは

まさかGreen Cherokeeさんにお会いするとは思いませんでした。
普段はあり得ないメンバーでの釣行だったのでなかなか面白かったです!

もう少しご一緒できればよかったのですが。。。
またご一緒しましょう!
ダブルさん、こんばんは。
こちらこそありがとうございました(そして昨日も!!)。
昨日も話題になりましたが、獣偏・・・ジュウヘンって読むんですね。私もケモノヘンって読んでました・・・ ^^;;
ダブルさんは、ジュウヘンのロッドビルダー&ハクキンカイロコレクターですね!!
mihiroさん、こんばんは。
まさか上流の釣り人がmihiroさんだったとは・・・こっちこそ驚きました。本当に束の間だったけど楽しかったですね~
そして、お茶、ご馳走様でした!!
気になったので調べたのですが、
やっぱりケモノヘンで合ってませんか?
ジュウヘンが正解というソースはありますか?

部首名は普通は訓読みですよね。
キヘンであってモクヘンではないし、
シメスヘンであってジヘンではないし、
クサカンムリであってソウカンムリではないし。

ケモノヘンだけ音読みでジュウヘンって違和感あります。
こんばんは。

雪虫はアブラムシの仲間でしたか!
リンクされたウィキを見たところ、「しろばんば」の別名。久しぶりに聞き(見)ました!
「国語の授業で井上靖のしろばんば、やったなぁ~」なんていろいろと昔を思い出してしまいました。

宇宙滞在では視神経をやられる・・・。
これにも「へぇ~」でした(^^)
こんにちは。
あの虫が雪虫だったのですか!
私が名前だけは知ってましたけど、北国でしか見られないと思ってました。
いつも自然を楽しみながら竿を振っておられていいですね。
私ももっとゆっくりと釣りを楽しまなければいけませんね。
ダブルさん、こんばんは。
う~ん、どっちなんでしょう・・・ 何せ私もケモノヘンって読んでましたので・・・ ^^;;
けど、何と言いますか、『偏』、って字は結構、コダワリ、を感じて好きです。まさに、エキセントリック・・・ ^^;;
co-dropさん、こんばんは。
co-dropさんも、しろばんば=井上靖、でしたか!! 以前、良くコメントを下さるkuromeさんも同じことをおっしゃっていらっしゃいましたよ。雪虫には、しろばんば、って呼び名もとってもマッチすると思います。
宇宙滞在の件、人間の身体って不思議ですよね。頭蓋内圧に変化が起きると静脈と脳脊髄液の流れが変わるそうで、それが起因して視神経(軸索)に異常を来すのだとか・・・。
私も、”へぇ~っ!!”、でした。 ^^;;
JICKYさん、こんばんは。
雪虫って呼び名が北海道の人に馴染みがあるのは、きっと、その数と、雪虫が飛び始めたら雪が降る・・・という、全道民が知っている前兆だからなのだと思います。私も北海道から東京に戻ってから、雪虫が東京にも居ることを知りました。
私の場合、釣るペースが異常に遅いので、その分、いろいろと眼に入ってきてしまうのかもしれませんね・・・アハハ ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク