HOME   »  酒場放浪記  »  東京神田でNK Night

東京神田でNK Night

12月13日(金)。Friday 13th ... 不吉な予感がする日にちと曜日の組み合わせ。

当初よりダブルさんから”飲み”のお誘いを頂戴していた。矢継ぎ早に入ってくる仕事の予定を全て闇に葬り、”しめしめ・・・”、とほくそ笑んでいた前日、どうしても行かなくてはならない札幌の出張が入ってしまった。不吉な予感は当たるもの。それでも、何とか仕事を早めに切り上げ、遅れてでも飲み会に参加するつもりでいた。

羽田空港のラウンジで搭乗便を待つも、新千歳空港が雪のため天候調査が入った。心の中で、”雪よ降れ降れ、もっと降れ~”、などと呟いてみる。しかし、あえなく新しい出発時刻のアナウンスが入り、溜息混じりにパソコンをカバンにしまった。そして、飛行機の搭乗口付近を目の前にして、突然、同行予定のメンバーから携帯電話が鳴り・・・、『ごめんなさいっ! 飛行機に乗らないで・・・急遽、延期に・・・』、との声。

天候調査で出発時間が遅れていなければ、確実に機内の人になっていた・・・あぶない、あぶない。そして、こんな出来事を経て、飲み会に最初から顔を出せるチャンスが突然やってきた!! 良いこともあるではないか、『13日の金曜日』!!

訪れたのは、かの有名な釣魚大全の著者であるIzzak Walton(アイザック・ウォルトン)の名前をあしらったお店。前情報では、フライマンが集まるお洒落なバーとのこと。

しかし生憎、経営者が代わってしまったみたいで、今はネパール出身の外国人夫婦が切り盛りしていた。フライ、いや、釣りには全く興味がない様子だが、店内は特に模様替えをしていないようで、前オーナーの形見(?)らしきものがたくさん残されていた。

Kanda_bar_Dec2013_Friday_13th.jpg

質感のある魚の置物、ジョニー印・愛竿バンブー、とても綺麗なシーバス用のフライが紹介されているジョニーさんの記事、そして、ウィスキーのソーダ割り・・・

この一枚以外には写真を撮らなかったのだが、ダブルさんのHPに、トイレに飾ってあった置物の写真等が紹介されている。ご興味ある方は、こちらからどうぞご訪問ください。

この後は、神田の名店である『浜貞』へ。サッポロラガーや熱燗をちびちびと、マテ貝焼きやマグロ赤身、ぎんなんなどをツマミつつ、楽しい夜はまったりと更けて行ったのだった・・・

T:釣って、N:飲んで、K:食う!、のT無しバージョンの神田NK Night。例え、Tの部が無くとも、馴染みのメンバーと話題の尽きない会話・・・、本当に楽しい時間を共有できた。こんな集まりも本当に最高!!

追伸)
ダブルさん、ご発声、並びに、幹事役、本当にありがとうございました!!










スポンサーサイト
Comment
良い感じでドタバタして面白かったですね。
うらやましいなあ・・・・


ダブルさん、おはようございます。
いや、まさに『確信犯』なのでは・・・、と思えるくらいのドタバタの楽しい展開でしたね。
”フライマンが集ま・・・バー”に入った時の、”シマった・・・”、というダブルさんの顔を思い出すと、今でも爆笑してしまいます。
とは言え、思わぬ展開で大いに楽しめましたね。本当にありがとうございました!!
リョウさん、おはようございます。
機会を見て、是非、リョウさんにもご参加頂きたいと思っていますので、よろしくお願いします!!
先日、大いにお世話になりました大和八木Night・・・ようやっと書き終えました。今夜にでもアップしたいと思います!! 
こんばんは^^
先週はお疲れ様でした。神田で飲み食いなんだからKNKでしょう!
先々週は、飲んで食ってカラオケだからNKK。(今はなき日本鋼管ですね。)
先々々週は、TRO・・・さてなんでしょう?
farwaterさん、こんばんは。
KNK,NKK(ここは仕事で行きました・・・)・・・何だかやたらKとNが多いですね・・・ ^^;;
けど唯一、TROは本当の釣りも含めてのイベントでしたね。
T:釣りして R:ラーメン食べて、O:お茶!(ファミレスで・・・)
これがもっともマッタリできたイベントだったかもしれません。という訳で、また行きましょう!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク