HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  小さな手で感じたZacco FFの感触は・・・?

小さな手で感じたZacco FFの感触は・・・?

12月15日(日)。

20131215_00m.jpg


飲み会が二日間続き、胃も肝臓も疲れた日曜日・・・。久しぶりに長時間の惰眠を貪り目覚めた遅い朝。

この日の午後は、以前、コメントを下さった“栃木の親子さん”が我が身近な川に遠征されるかも・・・という日。再会できるかどうかの確証はなかったのだが、小学校6年生のKくんにプレゼント予定のフライなどを巻きながら午前中を過ごした。

いつもの川に到着したのは13:30頃。上流下流と見て回ったがどうやら来てないご様子。もっと遅くに来るかもしれないので、釣り場を荒らさないよう、魚の気配だけ確かめるべく竿を振ってみた。
20131215_01.jpg

今日は、久しぶりのジョニー印・愛竿バンブー(1号)。ジョニーさん工房に入院中だったのだが、名医ジョニーさんの処置の後、短期間入院で私の元に返ってきた。戻ってきた時に思わず、『おかえり・・・』、と声をかけてしまった我が愛竿。
20131215_02.jpg

早速、ウェットで試すも反応は今ひとつ・・・。しかし、まずまずの良型のオイカワとご対面。
20131215_03.jpg

同じポイントで連続ヒット。どうやら、魚が溜まっている場所と溜まっていない場所の違いがはっきりしている模様・・・
20131215_04.jpg

水温チェック。
20131215_05.jpg

いつもの湧水も水温チェック。やはり安定した水温。流れの脇に砂がたくさん溜まっていたので、ブーツで少し掘り、湧水らしく改善しておいた。
20131215_06.jpg

再び、上流側を偵察。すると、馴染みある親子の姿が・・・。少し遠くから、“こんにちは!”、と声をかけた。
20131215_07m.jpg

Kくんの竿の先には、前回にプレゼントした我が(ゴミ)フライが結ばれていたが、リーダーが接続されておらず、30cm程度のティペットが付いているのみ。手持ちの7Xリーダーを進呈しその場でスプライスして、ティペットも接続。そして、今朝製作したばかりのウェット(mihiro師匠の最新ウェットに似せて巻いたもの)を結んだ。

Kくんの小さな手に重ねて竿を握りキャスティング。そしてわずか3投目から小気味良いアタリを感じたがフッキングせず・・・。そして、今度こそ強いアタリがあり、めでたくKくんの記念すべき人生初 Zacco Fly Fishingでの一尾をゲット。この貴重な瞬間を撮影したかったのだが、魚を陸に上げてからフックが外れてしまい、そのまま急いでバケツに魚を移すことに・・・

その後、私が場を離れたわずかな間に、完全に自力だけで2匹追加。そして、冒頭に貼った写真と同じだが、4匹目のオイカワでの記念撮影となった。
20131215_00m.jpg

少し下流側に移り、再び、魚をかけるKくん。上手に魚を寄せてきて・・・
20131215_08.jpg

そして、見事にキャッチ!!
20131215_09.jpg

なんと、イワシサイズの綺麗なオイカワ!! 『やったね、Kくん!!』、とKくんの頭をポンポンと叩く私。
20131215_10m.jpg

お父さんはフックを外したり、魚をバケツに入れたり・・・と大忙し(笑)。
20131215_11.jpg

この時点で7匹目。時刻は15:30、残念ながら私は時間切れ。別れ際に『ツ抜け』という言葉を教えてあげたのだが、無事にツ抜けできただろうか・・・

小学校6年生が人生初のZacco FFで手にした一尾。#5の硬い竿とは言え、Kくんの小さな手に感じた感触は、きっと大人になるまで忘れないだろう。この感触、彼にとってはどんな味がしたのだろうか・・・? 管理釣り場のニジマスに比べれば比較にならないような小さな魚の引きだが、きっと、ほんのり美味しい味がしたに違いない、と信じている。

栃木の親子さん
Sさん親子にとって、良き一日になったことと思います。また実家にお越しの際は、是非、竿を振ってみてくださいね。


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後、郡山に移動。移動中はずっとパソコンを見ていたのだが、郡山到着の車内アナウンスが流れて、改めて車窓からの景色を見てみると、なんと雪景色・・・

今年初の雪景色なので、駅舎から記念撮影。
20131215_12.jpg

20131215_13.jpg

明日も雪だろうか・・・









スポンサーサイト
Comment
子どもって・・・・
子どもって,すごいですねえ。
吸収が早い,早い!!
きっと心や体に余計な物を持っていないからでしょう!
だからこそ,初心者用ルアーセットのような安価なフライセットを作ってほしいのですよ。
それでまずは,オイカワを・・・・
夢ですねえ。


そういえば、オオフサモらしき物が生えてましたよ。
確証は無いですが・・・
リョウさん、再び、おはようございます。
子供って、本当に吸収が速く、無垢なスポンジにどんどん吸収してしまいますよね。だから、最初からできるだけ楽しい体験をさせてあげたいと思っています。
Fly Fishingも気軽な道具で、もっと身近に体験させてあげたいですよね!!
nishiくん、おはよう。
どのあたりかな・・・? 次回、注意して見てみるね。
何なら、対応の仕方を学校の先生にも相談してみてはいかが・・・?
こんばんは。

このあたりの川から次世代のフライマンたちが次々と誕生しているようですねえ。
管釣りから始まって自然渓流に移行するのが通常パターンだと思いますが、対象魚がZACCOとはいえ自然河川でスタートするというのはなかなか素敵なことですね。
日曜日はお世話になりました (*^^*)
また、頂き物までして。
私も、少し見ていたんですが用事があったので帰ってしまいました…

やっぱり、素人が何も分からずやってるときより、アドバイスを受けたら何匹も釣れたので、「流石だな~!」と話してまた。
息子も、「釣れたことが嬉しかった」と笑顔で話してくれました。

厳選して持ち帰ったオイカワは、水槽で飼育します。
今回は参加できなかった甥っ子も、羨ましそうにオイカワを見てました。
また、22日にお会いできたら、よろしくお願いします。m(__)m
wind knotさん、こんばんは。
子供にとっての釣り場の理想は、やっぱり身近な自然河川に限りますよね。Kくんにとって我が身近な川は遠い場所にあるのですが、栃木県の小山周辺には、きっとZacco FFを満喫できる素敵な河川がたくさんあるのでは思っています。流石に冬の間は厳しいのかもしれませんが、来春になったら栃木の身近な川でZacco FFを楽しんで貰えたら嬉しいと思っています。
この子が大人になって、もしかしたらフライマンになったりして、”そういえばK川が懐かしいなぁ・・・”、なんて思い返したりしてくれることを想像すると、何だかニヤニヤしてしまいます・・・ ^^;;
Kくんのお母様、こんばんは。
”息子も、「釣れたことが嬉しかった」と笑顔で話してくれました”・・・、これが私にとって一番嬉しいことです。ご同行させて頂いた甲斐がありました!!
お別れした時点の釣果は7匹だったのですが、無事に『ツ抜け』できましたでしょうか? ちなみに、一つ、二つ・・・九つ、十(とう)、とツが無くなるので、10匹以上釣れることを、『ツ抜け』、と言います。
次回は、甥っ子くんにも魚を触らせてあげられれば良いですね。もう既にKくんは、黙々と一人でも魚を釣り上げることができると思いますよ!!
22日(日)はまた午後からでしょうか? 私も是非、都合を付けたいと思っています。このコメントのGreen Cherokeeの部分をクリックするとメルアドが表示されますので、もしご予定が確定しましたらご連絡を頂けましたら幸いです。
では、当日大活躍だったKくんパパにもよろしくお伝えください!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク