HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  2014年の初釣行&コーヒー片手に至福の時間

2014年の初釣行&コーヒー片手に至福の時間

1月5日(日)。

20140105_0_top.jpg

farwaterさん からお誘いを受け、体調も戻ってきたので、めでたく2014年の初釣行と相成った。当日は朝から気温も低く気持ちが怯みそうになったが、プラントFさん もお越しになられるとのことで、ハクキンカイロをポケットに忍ばせ、いざY川に直行。

つい先日、年末年始の長野旅行を共にした娘の幼馴染の父親であり、且つ、まるかつさんファミリーでもあるMさんから、こんなプレゼントを貰っていた。何でも、海の大物釣りに使用する竿の化粧用のスレッドとのこと。これがなんとも、Peacock herlをもっと煌びやかにしたようなマテリアル。
20140105_1.jpg

これを使って、オイカワ用ドライフライを巻いてみた。
20140105_2.jpg

このフライをケースに忍ばせて、いざ出発。途中、我が身近なK川の橋を渡る時に川を覗きこむとFly Fisherが数名。相手がmihiroさん達だということはわかっていたのだが、こちらはハンドルを握っている最中が故にお声掛けできず・・・

その後、Y川に到着するも、あまりに寒く風も強かったので、軟弱ながらまずはウェットで様子見。しかし反応は激渋。数度のアタリがあった以外は沈黙。それでも、farwaterさんはこの風の中をドライで数尾ゲット。冒頭の写真と同じだが、farwaterさんの勇姿を見守るプラントFさんと、当日ばったりお会いしたMonkey-siteさん
20140105_0_top.jpg

一方で私は、川の脇にあった湧水に自生するクレソンを発見。写真の奥には、オオカワジシャの大群生。
20140105_3.jpg

その更に上流側には夥しいクレソンが・・・。あちこちにクレソンが大きく成長する春先までは、時々ここから摘ませてもらおうと思う。
20140105_4.jpg

カラシナもかなり成長してきた。
20140105_5.jpg

さて、反応があまりに悪いので、皆で上流部に移動。私一人だけ出遅れて追いかけたのだが、途中の良さげなポイントにて前述のドライに結び替え試しにフライを投じたところ、ようやく2014年初の一尾に遭遇。ネット相対的尺には足りないがまずまずのサイズの綺麗なオイカワ。
20140105_6.jpg

いつものように手のひらの上で撮影。手にとても冷たく感じるY川の水。
20140105_7.jpg

この一尾を得た後に上流側の二人に追いつくと、そこにはカチーフさん の姿が。お決まりの年始のご挨拶をさせて頂き、しばし3人でカチーフさんやmonkey-siteさんのキャストを眺めたり・・・、そんな我々をカチーフさんが撮影して下さった。
カチーフさん撮影20130105  (カチーフさん撮影)

そして、あっと言う間にカチーフさんにも2014年の一尾目がヒット。
20140105_8.jpg

魚を手にして微笑むカチーフさん。『こいつが今年初に自分のフライに飛びついてくれた魚か・・・』、と愛情を込めておっしゃっていたのが印象的だった。
20140105_9.jpg

近くで、カチーフさんのバンブーを試投されるプラントFさん。
20140105_10.jpg

そのバンブーについて、カチーフさんから解説を受けるfarwaterさん。
20140105_11.jpg

その後、各々で気の向くままに下流側に移動。その頃はすっかり曇天となり、寒さも身に染みるようになってきた。farwaterさんと私は既に納竿モードだったが、午前中に反応があったポイントに再びフライを投じるプラントFさんと、それを見守るfarwaterさん。
20140105_12.jpg

カチーフさんは更に下流で、これだけ厳しい状況の中で貴重な一尾を得ていた。我々とお別れした後、カチーフさんは爆釣をご経験されることになる。詳細はカチーフさんの釣行記をご参照ください。
20140105_13.jpg

そして、駐車場にてプラントFさんとお別れ。farwaterさんと私は次の予定に向けて移動開始。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

次に訪れたのは、某駅近くのとあるカフェ。昼はカフェ、夜はお酒が楽しめるお店のようで、店内には様々な洋酒やビールが処狭しと並べられていた。その中には、私がこの世で一番美味しいと信じて疑わないハートランドビールのボトルも・・・

この素敵なカフェをご紹介頂いたのは、ご自身のブログで、いつも綺麗な野鳥や身近な川の写真を楽しませて下さるkuromeさん。寒い冬の野鳥撮影の折、ハクキンカイロにご興味を持たれ、そんな話題がきっかけとなり、兼ねてよりブログの上では交流があったfarwaterさんと三人での顔合わせが叶った。

豊富な湧水に恵まれ、都心近くとしては奇跡的に綺麗な我が身近な川。野鳥撮影とFly Fishing、目的は異なれど共にこの川を愛するもの同志、香り高いコーヒーを飲みつつ気が付けば3時間近く、朝靄が立つ我が身近な川、くちばしを使って櫛のように自らの羽を梳くコサギ、そのコサギとカワウの関係、カラシナの背丈が年ごとに異なること、我が愛するヒバカリの話、等々・・・、話題は尽きなかった。この時の様子をkuromeさんも記事にまとめられているので、是非ご覧ください。17時過ぎ、次回はフライを追うオイカワの撮影を是非!!、ということで、川での再会をお約束してお別れした。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

farwaterさん、プラントFさん、monkey-siteさん、カチーフさん、kuromeさん
お蔭様で、2014年の初釣行&カフェは楽しい会話が盛りだくさんの一日になりました。本当にありがとうございました。またご一緒しましょう!!









スポンサーサイト
Comment
寒い中・・・
おはようございます^^。
先日は寒い中お疲れ様でした。初釣りがボではなく良かったです(笑)。
なんかおんなじ写真が2枚使われているような気がしますが・・・?
こんにちは。先日はありがとうございました。
こうしてみると出だしは天気良かったんですね。
皆さんが帰られた後、再び天気が良くなりましたから、
私が合流した頃が最も天気が悪かったのかな…?
ま、釣れて良かったです。
やっぱり・・・
リョウです。
やっぱりうらやましい自然環境,
そして,人的環境・・・

今度の土曜日は仕事ですが,
日曜日,飛鳥川へ行ってみたいと思っています。


こんばんは

通りかかっていらっしゃったのですね!
全然気が付きませんでした。。。

今年は、Y川はあまり修行な雰囲気ではないみたいですね。
こんばんは。
あの北風の中、釣りをされるとはさすがですね。
私はすっかり日和って家にこもってました。(笑)
あの辺り、ずいぶんクレソンが増えましたよね。
私もぼちぼち摘みに行こうと思ってました。
farwaterさん、こんばんは。先日はありがとうございました。
おっしゃる通り、初釣りが『ボ』で終わらず良かったです。
同じ写真はあえて2回使いました。記念すべき2014初釣りの冒頭を飾るのは、やっぱりfarwaterさんですよね!!
カチーフさん、こんばんは。先日はありがとうございました。
ホント、我々が退散した後に、不思議なくらいに天気が回復しましたね。えっ?? 原因はやっぱり私・・・?? (^^ゞ
カチーフさんの2014年の最初の一尾を見届けることができて光栄でした!!
リョウさん、こんばんは。
本当に、他人から羨まれるくらいの自然環境で、ありがたいことだと思っています。
人的環境については、既に関西でもベースが構築できているような気もしますので、後はリョウさんが盛り上げ役になるだけ・・・でしょうか!! (^^ゞ
mihiroさん、こんばんは。
気付かなくて当然です。後ろにも車が居たので停止できず・・・、けど、川の真ん中に立ってキャストしていた”やまめ愛”さんの勇姿を見ることができましたよ。
Y川はいよいよ修行の時期に突入した様相でした。しかし、しぶとく粘っていると、束の間の爆釣タイムが到来したりするようで、カチーフさんが実証されていました!!
JICKYさん、こんばんは。
クレソンが点在する湧水・・・、外来植物ではありますが、とても癒される光景でした。まさに食べ頃でしたので、積極的に摘んで利用したいと思います。オオカワジシャも美味しい食べ方を研究してみたいと思っています。苦味が強いのですが、水にさらしたら少しは抜けますかね・・・? (^^ゞ
楽しいひとときでした
あっという間の3時間でしたね。
喫茶店のマスター、怒ってるかなあ?
せいぜい足を運んで、仲良くなっておきます。
またご一緒しましょう。
kuromeさん、こんにちは。改めまして、先日はありがとうございました!!
コーヒー一杯でかなり粘ってしまいましたよね・・・ (^^ゞ 私も今度、コーヒーだけでなくビールでも飲みに行ってみたいと思っています!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク