HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  実り多き一日

実り多き一日

1月25日(土)。

穏やかで暖かい一日に・・・、という天気予報だったが期待外れの曇り空。確かに寒くはないが陽射しが無く暖かくもない・・・。とは言え、いつもより薄着で自転車のペダルを漕ぎ、いつもの川に向かった。

ポイントに到着したのはAM11:30。曇天とは言え、風も無く釣り日和なので先行者が居ると思いきや、誰も居ない。とりあえず、定番ポイントより開始。まずは一尾を、と思いつつ実験的に巻いたウェットを流すが、ことごとく反応がない。早々に諦め、『ヒキモノ狂』スタイルの釣りで用いた”すっぴんウェット”(←シルバーのハックルを巻いただけのドライにもなり得るフライ)に結び替えた数投目でようやく水面に波紋が広がり、心地良いヒキを手元に感じた。

良い型のカワムツ。至るところに傷を負っていたが・・・
20140125_01.jpg

今度は少し上流側に少し歩いたところでライズが散見される場所を見つけ、フライにフロータントを付けてドライに変更。そして、こんな綺麗なオイカワを2尾追加。
20140125_02.jpg

更に上流のいつものお気に入りのポイントで中型のオイカワを一尾。あと一尾だけで納竿・・・と心に誓ってから数投目、派手な水しぶきと共に強めのヒキ。そして、ネット相対的・泣き尺オイカワとご対面。やはり鳥に啄まれた跡がある。大型の魚は狙われ易いのだろうか・・・
20140125_03.jpg

良型なので、手のひらの中で顔のアップ。
20140125_04.jpg

farwaterさん との待ち合わせ時間が近くなり、合流地点の橋に戻った。まだ少し時間が余っていたので、いつもの湧水のチェック。ジョニー印・愛竿バンブーと共に撮影。
20140125_05.jpg

やはり安定した水温。
20140125_06.jpg

本流側は少し高めの水温。なるほど、渋めとは言え、ドライに出てくれる訳か・・・?
20140125_07.jpg

カラシナも着々と成長中。
20140125_08.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ここで、仕事帰りのfarwaterさんがご登場。車に便乗させて頂き、近くのファミレスで一緒に昼食。ドリンクバー付きにして、毎度のおしゃべりタイム。

ちょうどその頃、ダブルさん も川に居らして、『強制連行メール』を送信後、超短時間釣行の後で合流頂いた。それでもしっかりと釣果を得ていたらしい。

ここからfarwaterさんと二人で、『ダブル教授のハンドクラフト講座』を直々に受け、極めて有意義な時間を過ごすことになる。farwaterさんが長期拝借中のジョニー印・お手製カーボンロッド(スーツでバシっと決めて、片手にロッドを持つfarwaterさんはかなりキマっていました!!)、そして、ダブルさんお手製の『Double Tail Ⅵ for Zacco platypus』を眼の前にしてダブル教授に質問攻め。
20140125_09.jpg

今まではハンドクラフトにあまり興味を持っていなかったのだが、いざ自分が作ることを想定して色々と考えてみると、様々な疑問が自然に湧いてくる。それを矢継ぎ早にダブル教授に伺うと、時折、『来ましたね、その質問!!』、という感じで惜しまず教えて下さるダブル教授。

ダブル教授が積年の思いで試行錯誤の上で得たノウハウを矢継ぎ早に教え・・・いや、最初からダブル教授にお茶を飲む暇すら与えないくらい質問攻めにして無理やり引き出してしまったfarwaterさんと私。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ダブル教授
farwaterさんと私で、『今日の授業料は○万円に相当するよね!』、なんて言いつつも、その割にはお茶すら奢らず申し訳ありませんでした・・・(笑)。
お陰様で頭の中に”霞み”のように漂っていた疑問が、やっと”雲”の状態になりました。もしかしたら、いつの日かハンドクラフトに手を染める日が来るかもしれません。その時が来たらまた質問攻めにしてしまうかもしれませんが、よろしくお願い致します。

farwaterさん
仕事帰りにわざわざお越し頂き、そして、『釣り無し』で○時間もお付き合い頂き、本当にありがとうございました。 お陰様でとても実り多き一日になりました。次回は共に竿を振りつつ、また楽しい時間を過ごしましょう!!






スポンサーサイト
Comment
こんにちは。
ダブルさんの講座を受講したとあっては、Green Cherokeeさんもいよいよハンクラに参入ですね^^
お待ち申し上げます!
傷が…
鳥に啄ばまれた跡とは、背中の白くなった部分でしょうか。痛々しい。
魚の上から嘴がおりてきたのでしょうね。コサギかな。「うまく魚を銜えろ」と念じて写真を撮っている身としては、複雑な気持ち…。
おはようございます^^
土曜日は長々とお疲れ様でした。
あっという間の4時間でしたね~。
さあ、では一緒にロッド作りを始めましょうか!
こんにちは。

ダブル教授のハンクラ特別講座ですかー、
私も受講したかった。
ぐりちぇろさんももう足首くらいまでは泥沼にはまり込んでますね。
farwaterさんにも早く進めるようにいってあげてきださいね(笑)。
僕なんかまだまだ経験が浅い未熟者ですから、
教授だなんて持ち上げすぎです。

でも、自作のハードルを下げることに一役買えたなら
本望でございます。ホモではございません。>farwaterさん
この時期に
この時期にオイカワが釣れて,
その後,仲間とだべられるなんて,
うらやましいなあ。
しげさん、こんばんは。
はい、気持ちだけはハンクラに参入って感じになりました・・・・ (^^ゞ
日曜日にカミさんの実家に行ったら、何とドリルにマスキングテープにエポキシ数種類・・・おまけにパイプカッターと旋盤まで!! 思わず、”虫ピンは?”、って義父に聞いちゃいました・・・ (^^ゞ
”こんなのもあるぞ”、と言いつつ義父の手には合成漆が・・・しかも、何と釣具屋で購入したとのこと。義父曰く、ヘラ師がウキ作るのに使うそうです。
後は、ヤル気と何より器用な腕が必要なようです・・・私の場合。
kuromeさん、こんばんは。
傷跡は、私の手のひらの写真の一枚上、魚の尾に近いところでウロコが剥げて見える部分です。この時期の魚には結構たくさん傷跡が付いているような気がします。
ちなみに、私も鳥の捕食シーンを見る時は、”よしイケー!”、とか、”惜しいっ!”、とか、”やったね!”、とか心の中で呟きながら温かく応援していますよ!!
けど、カワウさんだけは、できれば立ち去って欲しいなぁ・・・と、ついつい思ってしまいます・・・ (^^ゞ
farwaterさん、こんばんは。
まさにあっという間の4時間でしたね!! ありがとうございました!! いやはや・・・何とも有意義過ぎる時間でした!!
前記のコメント通り、身近なところで道具がほとんどすべて揃いました。後は、私のヤル気・・・ここが二番目の問題のような気がします。えっ、一番目・・・? それは間違いなく腕のような気が・・・ (^^ゞ
wind knotさん、こんばんは。
う・・・ん、確かに足首まで泥沼に突っ込んでいるような気がします・・・ (^^ゞ
ダブル教授の特別講座は物凄かったです。受講生を、あたかも自作中の気分にさせちゃうんですよね。だから、次々と自ら疑問が湧いて、ダブル教授を質問攻めにしてしまいました。
farwaterさんは、既に片足をずっぽり泥沼に突っ込んでしまったようです。私なんかより数馬身は先に進んでいらっしゃるようですよ!! (^^ゞ
ダブル教授、こんばんば。先日は超中身の濃い特別授業、本当にありがとうございました!!
いやいや、あれだけ百戦錬磨の御経験をされて見事な10pcまで製作してしまうくらいですから、やっぱり教授クラスは間違いないでしょう!!
もちろん、自作のハードルを下げることにも大いに寄与する特別講座でした。改めまして、ありがとうございました!!
講義中に3回くらい気を遣って、教授の隣にfarwaterさんに座って頂くように仕向けたつもりなのですが・・・せっかくなので『本望』な世界もついでにって思って・・・アハハ!!  (^^ゞ
リョウさん、こんばんは。
先日の猪名川はポカポカ陽気でも工事の影響等でイマイチだったみたいで・・・残念でしたね。
我が身近な川は真冬でもまだまだ楽しめるようです。おまけに、周りには気軽にお茶できるところもたくさんあり、そして何よりも釣り友にも恵まれ・・・ ^^v
リョウさん地元の奈良の川でもオイカワの輪が広がると良いですね!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク