HOME   »  雑記  »  我が身近な川の雪景色

我が身近な川の雪景色

2月9日(日)の記録。

記録的な大雪から随分と時間が経過してしまったが、jetpapaさんの記事を読んで、やっぱり、我が身近な川の素敵な雪景色と共に、この大雪に纏わる出来事を自身のための備忘録も兼ねて記事に残しておこうと思った次第。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

前日夕方はシンガポールより帰国。成田空港に近づいてきた頃に機内に急病人発生。揺れが酷かったのでパニック発作だろうか・・・
20140209_top.jpg

その後は更に酷くなり、床に倒れこみ泣きわめく中年女性の乗客。結局、CAさんも席に着くことなく着陸を迎えた。目の前の壁の先での出来事なので光景を目にすることはなかったが、この時のCAさんの対応振りには素晴らしいものがあった。きっと乗客の嘔吐物等で汚れていたに違いないのに、医者でも看護師でも無いのだが乗客に付き添い、常に呼吸の指示やその他の声掛けを忘れず・・・、やはりプロの世界は凄いものだと感心した。

そんな光景に感心しつつ無事に着陸したのは良かったが、救急隊員の派遣に伴いゲート前で機体が止まってしまった。そこで間もなく救急隊員が駆け付けたのは良いが、保健所の検査が入り、更に足止め・・・。結局、機内で1時間近く待たされることに・・・。その間、外の雪はだんだん激しくなってきた。

さて、成田空港に降り立ったは良いが、NEXも京成ライナーも高速バスは完全ストップ。しばらく空港で様子見していたが、京成線(ローカルな特急)が動くというアナウンスを受けホームに向かうも入場制限で足止め。それでも何とか鮨詰め状態で電車には乗れたのだが、わずか一駅先の成田駅でスタック・・・。この先、電車が動くかどうかもわからない状態だったので、意を決して人をかき分けて電車を降りた。

その後、駅前のホテルに駆け込むも当然満室。しばらくは空いているホテルを探し続けたが早々にギブアップ。周辺にあるスーパー銭湯にでも、と思ったのだが、同行の若者が愛妻予定の彼女との引越準備のためにどうしても帰宅したいとのこと。ならば・・・試しに駅前のレンタカー屋に電話をかけてみたところ、なんと一台だけ車が余っていると言う。この大雪の中で車が動くとも思えなかったが、とりあえず借りてみて、ダメなら途中のどこかのホテルに宿泊する、という前提で、夏タイヤ+金属チェーンという装備で東京方面に向かってみた。

レンタカー屋の少し先にある国道に出たものの、ノーマルタイヤでスタックした車の為に全く動かない。高速道路も開通しているらしいのだが数珠繋ぎの超大型駐車場と化しているらしい。ならば・・・ということで、田舎道を迂回しながら帰ることにした。

しかし、坂道の至るところで車がスタックしている。どうしても車で帰宅したい気持ちはわかるが、冬タイヤでも厳しい状況で何故に夏タイヤのままで走るのか・・・? そのうち、道路は雪による倒木が激しくなり、倒木を縫って走ったり、所々、木々のトンネルを潜ってドライブするハメになった。

そんな田舎道もどうにか通り過ぎ、日本医大千葉北総病院近くの住宅街を走っていた時のこと。目の前が見えない程の吹雪で道路には新雪が30cmほど積もっており轍も深くなってしまい、とうとう平地で車がスタックしてしまった。たまたま50mくらい先にスタックしている車が2台あり、道路の雪を一生懸命スコップで掘っていた。我々も参加しお互いの車を押し合うことで何とか3台ともに窮地を脱出。

その後は国道464号線に出ることができ、圧雪状態で後はスタックの心配もなく、東京都内まで走ることができた。しかし、この国道ですら、枝道や交差点に入ろうとしてスタックしている車を発見。何とか救出してあげたのだが、その時は40cm以上積もっていたと思われる。

都内環七もオーバーパスでスタックする車が夥しく、ノロノロ運転。結果的に帰宅できたのはAM2:30、実に成田駅を出発してから約6時間後だった。ちなみに、自宅前の路地には車は入ることができず、スーツケースを持ち上げて一歩踏み出した瞬間、膝下まですっぽり埋まってしまった。自宅までの約50m、息を荒げながら途中休憩して、何とか自宅にたどり着いた。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

こんな出来事の後で疲労困憊。泥のように眠ったのだが、今度は自宅前の除雪のために家族に朝遅くに叩き起こされ・・・汗ばみつつ労働開始。更に疲労困憊したのは確かだが・・・、雪に喜ぶ息子を見ていてそれなりに楽しかったので、そのうちこの光景でもブログにアップしたいと思っている。

何とか一息ついた頃、疲労困憊でも、やっぱりどうしても見ておきかった我が身近な川の雪景色。という訳で愛車・緑チェロキーで向かってみた。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

雪景色のいつものポイント。川は濁流と化している。
20140209_01_2014022211501227b.jpg

合流地点。
20140209_02_201402221150143de.jpg

試しに水温チェック。湧水の上に夥しい雪シロが流れ込み、何と8.8℃。
20140209_03_20140222115016a71.jpg

本流側は何とか10℃超え。濁りさえ無ければ釣りになるかも・・・
20140209_04_20140222115017905.jpg

橋の下の湧水はいつもの透き通った水。水温は11.8℃。
20140209_05_20140222115018f08.jpg

早速、積雪の河岸を歩いてみた。
20140209_06_201402221152310c5.jpg

私が最初の入渓者・・・!?
20140209_07_2014022211523292a.jpg

一応、ジョニー印・愛竿バンブーをセットしてみたのだが、この濁りと低水温では釣りにならないだろう・・・。数投振って早々に諦めた。
20140209_08_201402221152340ba.jpg

今回の大雪の前にも積雪があったはずだが、この足跡はもしかしてmihiro師匠ナシオさん のものだろうか・・・!?
20140209_09_20140222115235b0e.jpg

胡桃の木の芽が膨らんでいた。
20140209_10_20140222115237a7a.jpg

我が足跡を再び・・・
20140209_11_201402221154445c4.jpg

上の写真を撮影している時に、何とも予想外の一人のフライマンに声をかけられた。その子は“ヤマメ愛”くん、Y2k(2000年)生まれの中学1年生。阿佐ヶ谷に住む彼は路線バスでY川まで行き、この悪条件の中で数尾を釣った後に、何と歩いてK川まで来たらしい。片手にはBlue Heron。そして、綺麗にキャストしていた。中1にして既に『獣偏』入りしている将来が楽しみな少年Fly Fisher、もっともっと川に通って欲しいと思う。
20140209_12_20140222115446747.jpg

帰路の途中、O川にも立ち寄り写真撮影。湧水豊富なO川ですら、雪シロのため、濁りが出ていた。
20140209_13_20140222115447266.jpg
20140209_14_2014022211544813d.jpg

さて、綺麗な雪景色でリフレッシュもできたし、そろそろ帰ろうか・・・
20140209_15_2014022211545019d.jpg

何だか、雪景色の川より”成田駅難民”になった話の方が長くなってしまったが・・・、これも自身の備忘録の一つなのでお許しください・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、この週末の我が身近な川の状況はどうなっているだろうか・・・? 濁りが無ければそれなりに釣れそうな気もするのだが、とりあえず、光景だけでも見に行ってみたいと思っている。






スポンサーサイト
Comment
大変でしたね
奈良はたった14cmの積雪で,
大雪警報がでてしまいました。
その雪もすっかりなくなり,
明日の日曜は,暖かくなるそうです。
プラントFさんのロッドを持ちだし,
芥川管理釣り場で入魂したいと思います。
jetpapaさんもお誘いしたのですが,
福島からの友人が来られるとのこと,
しかたありません。
「みんなの毛鉤倶楽部」のメンバーに,
振ってもらいます。



こんばんは。

大雪からの脱出行、大変でしたね。
私はあの雪の後は川に行く気にもなれず渓流の解禁も遅れそうとテンション下がってます(笑)。
リョウさん、こんばんは。
こちらはまだまだ道路脇に雪がたくさん残っていて、明日もまだまだ寒そうです・・・
入魂、楽しみですね!! ブログアップ、楽しみにしています!!
wind knotさん、こんばんは。
脱出劇、かなり大変でした・・・ あんな危険な真似は二度としたくありません、いや、するべきではないですよね・・・(汗)
渓流沿いの雪もしっかり残ってしまいそうですね。私は経験ないですが、雪見釣行で爆釣なんて旨い話はあまりないのでしょうか・・・? (^^ゞ
Green Cherokeeさん こんばんは

あの大雪の中、強行突破されたとは・・・
お疲れ様でした。ご無事で何よりです。

積った後の川辺の風景は美しいのですが、
車で動いているので、帰宅前の雪景色は恐怖です。
今年はもう雪景色はカンベンしてほしいですね・・・
こんにちは

あの日は初Y川釣行でした!
期末試験前の釣りおさめと決めていたので
欲張ってK川、O川まで足をのばしたことで
Green Cherokeeさんとお会いできてよかったです!

底の見えないK川はいつもの穏やかな清流とは違い
少し怖かったです(汗)。


追伸:僕は2000年生まれの中1です(笑)
   もう少し近くに住んでいたら
   毎日でも通っていたと思います!
ナシオさん、おはようございます。
同行者が居なければ間違いなく強行突破せず、成田付近で泊まっていました。結婚目前の彼は、どうしても彼女に会いたかったようです... (^^ゞ
まだまだ裏通りはアイスバーンの道が多いですよね。運転、お気を付けて!!
ヤマメ愛くん、おはよう。
こちらこそ、先日は初対面できて嬉しかったです。あの濁りの中でその後は釣れたのかな・・・? それにしても、あの悪条件のY川での当日の釣果はお見事でした!!
学年を間違ってしまいごめんなさい。早速、訂正させて頂きました。
では、また川でお会いしましょう!!
こんばんは^^。

あの雪の中、良くぞご無事で・・・^^;。
結婚直前の彼の気持ちは分かりますが、無謀すぎですよ。
むしろ結婚前の大事な体。反省してもらわねば・・・。
ぐりちぇろさんも部下を預かる上司として、失格です。

なーんて、私も2度目の雪の中、ジョニーさんと中野から
3時間かけて帰りました。それもノーマルタイヤで・・・^^;。

私も反省しております^^;。
こんばんは。
雪の中でスタックから脱出できて何よりでした。
あの雪の中、車中で夜を明かすのは、かなり厳しいですよね。
鳩山は、未だ雪が残ってます。
もうすぐ解禁ですが、山はどうなんでしょうか???
 難行でしたね、
 雪の怖さを知らない方が多いのが怖いです。
 秩父はまだ雪に埋もれていると報道があrました。
 解禁はどうなるのかなーと伊丹から思いを募らせています。
すごい!
久しぶりにおじゃましたので、コメントが遅れてしまいました。
あの雪の中をよく帰ってこられましたね。
Green Cherokeeさんは、攻めのタイプですね。
私だったら、たぶん空港から動かなかったと思います。ご無事でなによりでした。
翌日は雪かきをして、釣りに行って…。
すごい!
黒目川はまだ濁りが残っていますが、落合川は透明度が高くなっています。いずれも上流部分です。合流点付近まで行っていないのでなんともいえませんが、落合川は濁りはほとんどないと思います。
farwaterさん、こんにちは。
おっしゃる通り、若手メンバーの熱意に負けて、つい無謀なことをしてしまいました・・・ 反省します・・・ <m(__)m>
farwaterさんもご無事で何よりでした!! 運転は大変だったと思いますが、ジョニーさんと一緒で心強く、そして、釣り談義をしつつ、案外に楽しい雪道ドライブになったのでは!? (^^ゞ
しげさん、こんにちは。
スタックしてしまった時は、とうとう諦める時が来たか・・・、と思いました。たまたまあの時、助け舟を差し出して下さった方々には感謝しきりです!!
山も大雪で雪シロが入り込みコンディション悪いのでしょうね・・・。今年は少しゆっくり目の解禁でしょうか・・・?
jetpapaさん、こんにちは。
東京近郊に住む人達にとっては記録的な大雪・・・そもそも夏タイヤで雪道を運転したことが無い人がほとんどでしょうから無理もないのかもしれませんが、北海道在住だった私からすると、やっぱり信じられないです。
秩父や奥多摩も凄いことになっているみたいです。昨日、山梨上空から見下ろしましたが、どこもかしこも真っ白でした・・・
今年はゆっくり目の解禁でしょうかね・・・
kuromeさん、こんにちは。
あの時、成田空港では私は攻めのタイプとは反対の超コンサバだったのですが、若手メンバーの熱意に負けて、つい無謀なことをしてしまいました・・・ (・・;)
確かに疲れてはいましたが、滅多に見ることができない大好きなフィールドの雪景色を見たい・・・、これは大きなモチベーションになりました。
kuromeさんも雪の中を出かけたことが功を奏し、超レアな鳥をカメラに収められましたしね!! Hard work pays off ですね!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク