HOME   »  釣り全般  »  国際フィッシングショー 2014

国際フィッシングショー 2014

3月23日(日)

20140323_1.jpg

早朝より気持ち良い快晴。絶好の釣り日和だが、生憎、仕事・・・ということで、朝から東京フォーラムで開催されている某学会併設展示会に向かった。学会最終日とあって客足もまばらで、向かいのブースで油売り。3D-CTで撮影したモデルを元に3D Printerで製作された心臓モデルなどを見て束の間の休憩。大動脈弁に付着する石灰化など、なかなかリアル・・・。歯に詰める金属なども型を取ってから製作されるのは普通だが、体内に留置するデバイス等も、将来的にはこのようなモデルを用いて事前検証されて、個々の患者にベストマッチなデバイスを留置することが一般的になる時代が到来するかもしれない・・・
20140323_2.jpg

さてさて、14時前に仕事を後輩に無理やり交代させ、向かった先はパシフィコ横浜の国際フィッシングショー。実は、この手の展示会には、観客としては生まれて初めての参加。人ごみが嫌いな私は、モーターショーやねずみのオバケが出る某エリア等は大の苦手。しかし、ここでは、我が敬愛するカチーフさん工房渡辺さんにて頑張ってお仕事をされているということで陣中見舞。

会場到着は15時過ぎ。TNKバッチを胸に付けたカチーフさん。お客様を相手に工房渡辺さんのバンブーロッドの魅力を語る御雄姿をパチリ。
20140323_3.jpg

工房渡辺さんのブースの真横で、キャスティング講座が始まった。フライ雑誌等を愛読していない私は、この道の著名人に関してとんと疎いのであるが、檀上の女性にアドバイスされているのは、某有名Fly Fisherとのこと。
20140323_4.jpg

その後、もう一人の某・有名Fly Fisherによるキャスティング講座が始まった。24feetのリーダー・ティペットを繋いで、遥か遠くのポイントに的確にフライを投入する凄技を間近で拝見。う~ん・・・素晴らし過ぎて到底真似できないが、色々とヒントを頂くことが出来たような気がする(実演できるかどうかは別として・・・)。
20140323_5.jpg

せっかの機会なので会場を半周(全周する時間は無かった・・・)。来月中旬、VARIVASさんが位置する場所で超多忙な日々を過ごすことになる私・・・
20140323_6.jpg

それにしても、会場は人・人・人・・・。Fly Fishingをはじめ、ルアー、餌、エギ、ヘラ、はたまたタナゴやアカメまで・・・、ありとあらゆる釣りをそれぞれ愉しむ人達で埋め尽くされていた。この会場のすべての人達が永遠に釣りを愉しめるようなフィールドであり続けることを願いたいような気持になった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後、羽田空港に移動し今は大阪。先程、マレーシアから来日したメンバーとミーティングを済ませた。明日からまた怒涛の日々・・・。日増しに春らしくなってきた今日この頃、また週末に竿を振ることを夢見て、今週も慌ただしい日々を過ごそうと思う。





スポンサーサイト
Comment
ありがとうございました。
おはようございます。
フィッシングショー最終日、ブースにお越し頂き、ありがとうございました。
正直を申し上げると、最終日最大のイベントである昼のキャスティングタイム(デモ)を終えて渡辺も私ももうヘロヘロになってまして(泣)、ちゃんとした対応も出来ず申し訳ありませんでした。
来訪者にああした形で商品の魅力を説明するのは、簡単そうでいて実はなかなか難しいですね。
私のキャスティングは実は完全なる自己流なんですが、キャスティングデモを見ていた某プロから直接お褒めを頂けたのが「意外な収穫」でした(笑)。
カチーフさん、こんばんは。
先日はありがとうございました。ちゃんとした対応が・・・なんてことは一切なく、とても親切にして頂けて感謝感激でした!!
キャスティング講習会は凄かったですね。なんであんな風なキャストが実現できるのか未だに良く解りませんが、なるほど、あんな風に気を付ければ釣果も増す・・・ということも良く解りました。いつも気を付けつつ、後は修行あるのみでしょうか・・・!? (^^ゞ
カチーフさんのキャスティング、いつも惚れ惚れと眺めていますよ。正直言って・・・プロとの違いが全く解りません・・・ (^^ゞ
おはようございます^_^
GreenCherokeeさん
最終日でしたね。キャスティングデモはすごいですね。
24ftのリーダーですか?7m超え。
未体験の世界です^_^;

初日に時間外に隣の空き時間に少し振らせて頂きました^_^
苦手なイベントでしたが楽しく見てまわれました。
ジョニーさん、こんばんは。
7m超えのリーダー&ティペット、何だか凄いことになっていて、フライラインの先端からフライが遥か先に落ちていました。そして、ティペットがぐるぐる巻きになっていて、このぐるぐる巻きがフライにドラッグがかかるのを防ぐそうです。何度キャストしてもティペットが撚れていなくて凄いなぁ・・・と思ってみていたのですが、私の場合は真似しようとは思いませんでした。なにせ釣りが楽しくなくなりそうですので・・・ (^^ゞ 
けど、速い瀬の先にある流れの巻きなんかを狙う時は確かに効果を発揮しそうですし、やっぱりプロはここぞと思うところにフライを如何に逗留させるか・・・で釣果に差をつけているんだな、と思うことができました。
人生初の観客として参加の大展示会、私も楽しく見て回れました!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク