HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  沈黙のY川・・・ Zacco達は何処へ?

沈黙のY川・・・ Zacco達は何処へ?

5月25日(日)

午後に空いた時間で束の間釣行。毎度ながらmihiroさんに携帯メールを送ったところ、これまた毎度ながらK川での釣行中とのこと・・・それでも、前回のリベンジを果たすべく同行して下さるとのこと。

Y川に到着したのは15時頃。相変わらず、どのポイントも鮎師が多いので、あえて鮎師が少なそうな下流のポイントを訪れてみた。この場所で竿を振るのは初めての経験。ラインを繋ぎつつ川面を眺めると、時折、ライズが見られる。これなら、リベンジを果たせるかも・・・と期待が膨らむ。
20130225_1_2014052721514886d.jpg

しかし・・・沈黙の嵐。それらしいポイントに何度もフライを投入するものの状況は改善せず。さすがのmihiro師匠も同様の状況とのこと。

しばらくして、小さなアタリがあった。小型のオイカワだろうか? しつこく投げるとようやく魚信が・・・。ヒキは強くないのだが、走り方がオイカワやカワムツと全く異なる。もしや・・・?

予感は的中。再び、釣ってはいけない魚が釣れてしまった。この時点で竿を振るのを止めた。
20130225_2_201405272151500fa.jpg

mihiroさんに退散の提案をしたところ快諾を頂戴し、mihiroさんにとっては再びとなるK川に戻った。途中でmihiroさんを車から降ろし、いつもの100円パーキングに車を置いてから川に戻った。橋の上から眺めると、なんとmihiroさんは私の愛竿Blue Heronを脇にはさみ釣行中。しかも、既に魚を数尾かけた後とのこと。う・・・ん、やはり師匠は違う!!
20130225_3m.jpg

さて、私に残された時間はわずか30分強。『ボ』では終われない。mihiro師匠の目の前で、まずはウェットを流すとすぐに2バラシ。その後、なぜか沈黙・・・。ドライに替えてみたがイマイチ・・・。そうこうしている時に、河岸から、”お久しぶり!、との声。なんと、本当にお久しぶりのNさんが竿を不携帯でご登場。最近、息子さんのアメフトで色々とご多忙とのことで、なかなか竿を振ることができないらしい。

その後、しばらく会話を楽しみつつ、Nさんの前でハックル付きウェットに結び替え、ようやく一尾のオイカワと出逢えた。
20130225_5_20140527215154b7d.jpg

もっと粘って婚姻色オイカワに出逢いたかったが、家族の野暮用が予定されており、あえなく時間切れ。一方、mihiroさんは私とは異なり爆釣。既に釣りに飽きて、近くの桑の実をもぐもぐして指を真っ赤にしていた。身近な川を存分に満喫する彼は、真のRiver Keeperであり、本当にNich guy!!

結局、2週連続でY川では撃沈。鮎が勢力を誇示している間はダメなのだろうか・・・? きっと、Zaccoが戯れている場所は必ずあるはずなのだと思うのだが・・・、そんな場所を見つけてみたいと思っている。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

当日、Nさんから残念なお知らせを頂戴した。人間である以上、これはいつかは誰にでも来ることで仕方のないことなのだが、我が身近な川でFly Fishingを愉しむ友が一人他界された。

実は、彼がこの川でFly Fishingを始めたのは私との出会いがきっかけだった。あの日、私の愛竿Blue Heronで彼にとっての最初の一尾のオイカワをかけることができ、本当に嬉しそうな顔をしていたことを懐かしく思い出す。その後、すぐにフライのタイイングセットやBlue Heronも発注し、これから楽しいFly Fishing Lifeを迎えるはずだったのに・・・、きっと心残りだったに違いない。

彼の写真を探してみたのだが、私がブログを始める前の釣行だった模様。今週は月曜から出張に出てしまい金曜まで帰宅しないので、帰宅したら自宅のハードディスクから懐かしい写真を発掘してみたいと思う。





スポンサーサイト
Comment
おはようございます。
そうですか、Tさんアクティブな方でしたよね…、お亡くなりになっていたとは…。この場をお借りしてご冥福をお祈り申し上げます。

さて、Y川。オイカワはどこに行っちゃったんでしょう?そんな時はテ・ナ・ガです。行きましょう!
あと3日で・・・
いろんな自然に出会うって,大事ですよね。

それを誰かが教えてあげなくちゃあかんわな。

ええ仕事,したはりますやん。

そうそう,あと3日でランディングネットが

完成しますよ。



 知り合いが亡くなるのは寂しいですね。
 ちょっとしたつながりの方でも心に残る出会いがあります。
 ご冥福をお祈りいたします。

 さて、オイカワですがそろそろ韋駄天も活躍しだす時期になっていますが、さっぱりですね。
 y川の厳しさに比べてk川は天国のようですね。
 小畔川も少し良くなってきました。
 足で、ライズを探しながらの釣りですが、朝夕は活性が高く跳ねています。
 さらに凄いところは越辺川。
 入間川も良いですよ。
 今年は小河川よりも主たる河川の瀬が活況です。

 オイカワの気持ちがわかればいつでも大漁なんですが、この別嬪さん意外と移り気で何を考えているのかわかりません。

farwaterさん、こんばんは。
先程、追悼記事をアップしました。本当にアクティブな方だったのに、人生あっけないものですよね・・・
farwaterさんと渓流釣行の度に、あと何回渓流に行けるかな・・・って話題になりますよね。二人で掛け算して溜息つきましたよね・・・
お互いにもっともっと存分に楽しみたいですよね!! もちろん、テナガも行きましょう!!
リョウさん、こんばんは。
同じ場所に何度も通うことで、あれっ?昨年とは違うな・・・ってことに気付かされます。それもブログが良い備忘録となり、改めて振り返りつつ比較できたりするので良いですよね!!
ネット、ものすごく楽しみです!! ありがとうございます。私は本当にシアワセ者です・・・!!
jetpapaさん、こんばんは。
『ちょっとしたつながりの方でも心に残る出会いがあります』・・・Tさんとは、まさにそんな出会いでした。追悼記事なんて本来は書きたくないのですが、Tさんとの出会いを記録に残す意味でも記事をアップしてみました。
別嬪さんは移り気・・・素敵な表現ですね。永遠に謎の移り気なのでしょうけど、釣れない状況の中でそれなりに何かを新発見しながら、釣りを続けたいです!!
実家最寄の越辺川にも行ってみたいです・・・都幾川や、もちろん小畔にも!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク