HOME   »  雑記  »  Tさん、人生初Fly Fishingの記念すべき一尾

Tさん、人生初Fly Fishingの記念すべき一尾

5月30日(金)

月曜に家を発ち、あちこちに出向いて本日札幌より帰宅。今日の札幌も夏日で真夏並みの暑さだったが、水曜の室蘭の夜の気温は一ケタ(おそらく7℃くらい)で、身体がおかしくなりそうだった・・・

さて、先の記事の通り、身近な川でFly Fishingをご一緒させて頂いた仲間の訃報を受けて、帰宅して早速、外付けHDD内の写真を検索してみたところ、すぐに懐かしい写真を発掘できた。その日は、2012年3月11日。思い返せば、途中で黙祷を捧げた記憶がある。

当日、farwaterさんとmihiroさんと釣行していた。まだブログを始めていない頃だったのだが、写真だけはたくさん撮影していた。まだ高校生だったmihiroさんが魚を掛けたところ。背後にfarwaterさんのお姿。
20120311_2.jpg

当時、mihiroさんは携帯で魚の写真を撮影していた。
20120311_3.jpg

3人で楽しく釣行していた折、河岸から、“楽しそうだな~。何が釣れるの?”、と声をかけてくれたのがTさん。

“オイカワやカワムツですよ。何なら試してみますか?”、と答えたところ、是非やってみたい、とのことだったので、少し上流の今は亡き懐かしいポイントにて愛竿Blue Heronを振り、幸運にもTさんにとって人生初のオイカワを釣りあげることができた。その時の写真がこれ。あえてモザイクは入れないで掲載させて頂く。
20120311_1.jpg

様々なお話をさせて頂いたが、元よりウィンドサーフィンがお好きとのこと。ちょうど定年を迎えたばかりで、風が強い日はウィンドサーフィン、風がない時はフライフィッシングで一日も無駄にすることなく存分に楽しめますね!、と会話したことを懐かしく思い出した。

すぐにでも道具を揃えたいとおっしゃるTさん。farwaterさんがすぐに、まるかつさんに電話を入れてTさんをご紹介されていた。一方、私は帰宅してすぐにBlue Heronさんにメールを入れて、Tさんから相談が入る旨を伝えていた。

残念ながら、その後、身近な川でご一緒する機会には恵まれなかった。定年退職後なので平日釣行を楽しんでいらしたらしく、恐らく、Tさんに遭遇した方々もいらっしゃるのではないだろうか。きっと颯爽とBlue Heronを振っていたことと思う。

実はTさんは、同じく身近な川の釣り友でもあるNさんと同じ職場だった。Tさんにお会いした後に、私はNさんに出会うことになるのだが、Nさんは、独り身だったTさんのことを心配して機会あるごとにTさんのご自宅を訪ねていたとのこと。Tさんが体調を壊していたことはNさんから伺っていた。最近、たまたまNさんがTさん宅を訪ねた時、身内の方々がお葬式から帰ってきたタイミングだったとのことだった。

人生、いつ何時、何があるかわからない。私の周りでも、実にたくさんの仲間が突然他界した。その都度いつも思うことなのだが、やはり、人生を少しでも楽しんでおかないと・・・、とつくづく思う。

Tさんはその後、どれだけFly Fishingを楽しめたのかどうかはわからないが、少なくとも、Tさんの人生節目の年に、私の愛竿Blue Heronで人生初のFly Fishingで一尾を釣りあげることができた。そんなTさんの笑顔に出会えて本当に良かったと思っている。できれば、もう一回くらい同行させて頂きたかったが・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

Tさんのご冥福を心よりお祈り致します。現世で釣り足りなかった分、もしかしたら、天国で存分に釣りを楽しんでいたりするかもしれませんね・・・ もちろん、ウィンドサーフィンも!!




スポンサーサイト
Comment
こんにちは。
うんうん、そうでしたね(^_^)。初対面なのに飾らない、好奇心旺盛な方でしたねぇ。
私はその後、一度だけTさんにお会いしています。Bヘロンさんからライン、リールを含め一式買ったそうで、新しいタックルを見せていただいた記憶があります。
我々も、あと何年渓流釣りができますかね…。なんと言っても健康な身体がベースです。暴飲暴食にはお互いに注意しましょう!特にお酒ね(笑)。
 やれる時にやっておくってことはとても大事なことと思います。
 あの時行っておけばと後悔してもだんだん行けなくなってしまいます。
 人生も釣りも同じですね。
 ずーーと昔は身近に死を感じることがありました。
 でも自分だけは絶対大丈夫と思っているんです。
 以前、保険のコマーシャルでちょっとかがんだら頭のところを石が落ちてきたり、歩いた後に何かが落っこちたり、危機一髪で生きていることを表現して、保険の大切さを宣伝していました。 
 でも自分は大丈夫って思っています。
 毎日釣竿を握っています。
 できる時にやっておかなくっちゃね。
こんばんは。

Tさんとは一度だけお会いしたことがあります。
「ウインドやってるんだけど、けっこうたいへんだから、近くで楽しめるんなら釣りもいいなと思ってみてたんだ」
とおっしゃって、しばらくロッドやフライのことなどを話したのを覚えています。
スポーツマンらしい日焼けした顔とスリムな体が印象的でした。ご冥福をお祈りします。
Green Cherokeeさん こんばんは

Tさんとはお会いしたことは有りませんが、
k川の素晴らしさを共有した
ZaccoFFの面白さを知った釣り人が居なくなった
ことはとても寂しく思います。
そんな、仲間のご冥福を心よりお祈り致します。
天国でもきっと、キレイなオイカワが釣れますよね。
おはようございます。
初めてK川を訪れた時、お会いしたフライフィッシャーがTさんでした。
お名前は伺いませんでしたが、
『風の強い日はウインドサーフィン、風の弱い日はFF』
と仰っていたことを覚えています。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

人が生き物である以上、誰にもいつかはその日が来るのは仕方ありませんが、日々を悔いなく生きたいですね。
farwaterさん、こんばんは。お返事が遅くなり申し訳ありません・・・
Tさん、本当に好奇心旺盛な方でした。行動力もありましたよね。
その後、Tさんは何匹くらいのZaccoをかけることができたのでしょうか? 時期的に韋駄天さんには出会えなかったかもしれませんね・・・。けど、きっとたくさん愉しまれたことを願っています。
お互いに、健全な身体をベースに、できるだけたくさん釣りを楽しみたいですね。暴飲・・・、二日酔いの時だけはかなりしっかりと反省するのですが・・・ (^^ゞ
jetpapaさん、こんばんは。お返事遅くなり申し訳ありません・・・
やれる時にやっておく、できればとことんやっておく・・・ようにしたいです。特に釣りに関しては人生を浪費せずに!! (^^ゞ
自分だけは大丈夫・・・、実は私もそう思っています。自然とそう思ってしまうくらい、私の周りでは実にたくさんの身近な方達が突然亡くなりました。これが世間一般的に平均的な数字なのかどうかは定かではありませんが・・・
ちなみに私の場合、一番、”死”、を感じたのは、北海道で至近距離でヒグマに遭遇した時でした。今でも思い出すと身震いしてきます・・・ (^^ゞ
wind knotさん、こんばんは。お返事遅くなり申し訳ありません・・・
wind knotさんも遭遇されていたとは!! Tさん、かなり積極的に川に通われていたご様子ですね!!
日々を悔いなく、お互いに特に釣りに関しては・・ですよね!! (^^ゞ
ナシオさん、こんばんは。お返事遅くなり申し訳ありません・・・
身近なK川で楽しく素晴らしいZacco FFを始められたTさんには、もっともっと楽しんで欲しかったと思っています。私自身、Zacco FFを初めて3年経ちますが、飽きるどころかどんどん面白くなって来ていますし、未だに新しい発見が少なからずあります。できれば、自前のBlue Heronを手にするTさんと同行してみたかったです!!
天国で綺麗なオイカワですか・・・ (^^ゞ Tさん、安近短で素敵なポイントに恵まれていることでしょう、きっと!!
しげさん、こんばんは。お返事遅くなり申し訳ありません・・・
なんと、しげさんも遭遇されていらっしゃいましたか!!??
Zacco FFを始めてからたくさん仲間も増えて・・・、しかも何だか、在り得ないような人と人との繋がりを感じたりもします。我々の母親同士が知り合いだったなんて・・・ (^^ゞ おまけに我が実家の隣人がしげさんのお知り合いだなんて・・・ (^^ゞ 
釣りを通じてもっともっと交友関係を広め、人生を悔いなく楽しみたいと思っています!!
ありがとうございました
私も高橋さんと中村さんと同じ会社にいたものです
元々高橋さんとは先輩と後輩のなかでしたがプライベートでもウィンドサーフィンや釣りに一緒に遊んでた仲でありまして友達でもあり親父みたいな存在でした
生前も黒目川楽しいから行こ〜よって誘われてましたけど
なんせ地元の私は汚い時の記憶しかなく
ドブ川で釣りなんかしませんよなんて言ってました(._.)
で、亡くなってからなんとなく高橋さんが楽しいって言ってたなぁって思いフライセットを持って行ったら以外と楽しい事に気付き、今では近い事もあってしょっ中通ってます
( ´ ▽ ` )ノ
このブログの事は中村さんから今日聞きました、
ロンさん(高橋さん)と少しでも遊んで頂いてほんとうにありがとうござ来ました(^ω^)
飲みながら黒目川の話を凄く楽しそうにしてましたよ
長々とすいませんでした
川で会ったらよろしくお願いします
hiro3さん、こんばんは。
Tさんは”ロンさん”って呼ばれていて、しかも、hiro3さんの親父的存在だったのですね。好奇心旺盛で、初対面の相手でも物怖じせずに自然に声掛けできる素敵な方でした。お酒も好きだったのですね。できれば、TNK(T:釣って N:飲んで K:食う!)に参加して貰いたかったです!!
K川(私はイニシャルで呼ぶようにしています)がドブ川時代をご存知なのですね。そんなhiro3さんが、見事に復帰した都会の清流でのZacco FFにハマっているご様子・・・嬉しい限りです。
是非、川でお目にかかりたいです。こちらこそ、よろしくお願い致します!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク