HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  遠方より来客 ~Blue Heron ”余裕の心” Special 入魂~

遠方より来客 ~Blue Heron ”余裕の心” Special 入魂~

7月19日(土)

拙ブログでは数回登場しているM氏が、仙台より我が身近な川に遠征。M氏は脳血管内手術において日本を代表するSuper名医であり、世界にもその名を轟かせている。そして、大の釣り好きでありイトウ釣りの名士・・・、更に、私と同じ昭和40年生まれでもある。

昨年の釧路遠征・アメマス&イトウ釣行の際、時間があれば近くの小さな川でヤマメでも・・・、ということで、M氏たっての希望で、Blue Heronさんに一本のロッドをオーダーした。Fly Fishing初心者のM氏が故に、そのロッドの仕様決定を全面的に私が任された。M氏からは、彼の座右の銘である、”余裕の心”、という文字を入れて欲しい、というのが唯一の希望であり、後は見てのお楽しみ状態。M氏が無類のベガルタ仙台のサポータであることから、最初からカラーリングはほぼ頭の中で決めていた。Blue Heronさんにとっては厄介な注文だったかもしれないが、さすがのBlue Heronさん、無理難題をあっさり聞き入れて下さった。
20140719_00_top.jpg

こちらは、ロッドが完成した折にBlue Heronさんに撮影頂いた写真。M氏のREMOWAのカバンに竿を忍ばせることができるように7pc仕様。オレンジ色のかわいいリールもセットでオーダーした。
20140719_01.jpg

残念ながら釧路では登場の出番を逸し、そのままM氏の自宅でお蔵入り状態だった、BH”余裕の心”Special。この度、”是非、Zacco FFを経験したい!!”、との要望を受け、愛竿持参で東京にお越し頂いた。

早朝にM氏が宿泊しているホテルに緑チェロキーにてお出迎え。前夜は遅くまで飲んでいたが、目覚ましアラームより先に目が覚めた、というノリノリのM氏を乗せて、一路、我が身近な川を目指す。心配された雨は上がっており、梅雨のこの時期にしては涼しい朝。いつもの100円パーキングに駐車し、身支度を整えて共に川まで歩いた。

早速ポイントに到着。ドキドキしながら竿を繋ぐM氏。まずはウェットを繋いで、私が一投目のデモをさせて頂いた。いきなりアタリがあったが私が先にフッキングしてしまってはまずいので、アワセを入れてフライを逃がしてM氏に交代。根っからの釣師であるM氏は最初はぎこちないキャスティングだったが、徐々にラインが伸びるようになり、すぐに待望の一尾目が。

”ネットに入らない~っ!”、と叫びつつオイカワと格闘中のM氏。
20140719_02.jpg

そして、M氏の笑顔!! ロッド完成から約8か月・・・、目出度く愛竿に入魂達成!!
20140719_03.jpg

その後、同ポイントで数尾追加。引き続き、苦労しつつオイカワのネットインを愉しむM氏。
20140719_04.jpg

ウェットで様々なポイントを探るM氏。その後は、期待とは裏腹に少し渋めの反応だったが、それなりに魚をかけていた。
20140719_05.jpg

ようやく私も竿を繋ぎ、数尾のオイカワと戯れた。残念ながらM氏も私もこのサイズばかり・・・
20140719_08.jpg

せっかくなので、M氏の、BH”余裕の心”specialを振らせて貰った。#2-3という仕様なので、私の#1よりはシャキっとしていてキャスティングがとても楽しい竿に仕上がっていた。
20140719_06.jpg

オレンジ色のリールと共に。こちらもBlue Heronさんが海外で発掘したもので、日本国内ではレア物だと思われる。
20140719_07.jpg

その後、反応も遠のいてしまい、”上流部を独りで探索してくる!”、と釣りに精力的なM氏。私は下流に残り、ドライを試してみたが激渋・・・。すぐに諦めて、上流のM氏の下に戻った。橋の上から声をかけると、”韋駄天さんが釣れたよ~!!、何度も電話したのに~っ!!”、とのこと。大変失礼しました・・・ けど、良かった!! 

カメラに収めることができたか聞いたところ、”ポケットからカメラを出そうとしていたらネットから飛び出ちゃったよ~”、とのことで残念・・・。 ”あんなに綺麗な色をしているんだな。。。素敵な魚だった”、とM氏がポツリ・・・。思わず嬉しくなってしまった。
20140719_09.jpg

ポツポツと雨が降り出したが、果敢に攻めるM氏。立ち位置を右に左に動き、”湯加減”、の調整も愉しんでいた。K川、O川、そして、湧水のバランスにより温度がかなり異なる。まさにウェットウェーディングならではの愉しさ。
20140719_11.jpg

そして、お決まりの湧水にも足を浸けてもらった。”全然温度が違う!”、と喜んでいたM氏。写真を取り損ねたので、私のシューズで撮影。
20140719_10.jpg

結局、当初の予定よりもオーバーして11時前に納竿。M氏には5時間近く釣行を愉しんで頂き、期待とは裏腹の渋い反応だったが、それでも軽くツ抜けはして頂くことができた。カメラには収まらなかったが韋駄天さんも一尾加わり、人生初Fly FishingのM氏にとってはまずまずの結果だったと思われる。

帰り道、”この釣りは俺に合っているかもしれない・・・”、とポツリと発したM氏。その言葉を待っていました!! 次回は宮城の渓で共に竿を振ろう、と誓い合いつつ、M氏をホテルまでお連れした。

この後、お台場で大規模な学会に参加するM氏。重要な講演の演者であるにもかかわらず、”まだ発表資料、完成してないんだよなぁ・・・”、とのこと。最初から予想していたことなので釣行中に何度か納竿を促したのだが、”いや、まだ大丈夫!”、の連発だったM氏。M氏とは長年のお付き合いであり、且つ、彼のプレゼンテーションの上手さを良く知っている私なのであえて強要はしなかったのだが・・・、まさに、”愛すべき釣り○カ”、のM氏・・・ (^^ゞ 

梅雨明け間近の曇天の朝に、こんな素敵なM氏と素敵な釣行を愉しむことができて本当に幸せだった。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

親愛なるM先生
この度は遠路遥々、我が身近な川までお越し頂き、本当にありがとうございました。 M先生の人生初のFly Fishingに同行させて頂き、そして、”余裕の心”specialへ無事に入魂が果たせることができて、本当に良かったです!!
今回はウェット主体の釣りになってしまいましたが、次回はドライの楽しみも是非お伝えしたく。仙台から身近な素敵なポイントもたくさんあると思いますので、Zaccoに渓流に、また是非お付き合いくださいね!!





スポンサーサイト
Comment
また一人が・・・・
あの川でオイカワを経験したら,
はまるでしょうね。
北海道のイトウやニジマスは手のひらで,
オイカワやカワムツは指先で,
と全く違う感覚でしょうね。
ほんまにM氏がZACCOにはまらはったら,
ぼくの出番ですね。




こんばんは!

今回もステキな釣行となりましたね!
Green Cherokee さんのこの上ないアテンドと、
身近な川のオイカワと。

Mさんもご満足なご様子。よかったよかった。

これだからZacco Flyは止められません。
来週も楽しみです(^^)
リョウさん、おはようございます。
昨夏のリョウさんに続いて、M氏に御遠征頂き愉しんで頂きました。もちろん、あの時のリョウさんと同様に、”湯加減調整”、も・・・ (^^ゞ
超超超多忙な先生なのですが釣り欲は旺盛!! M氏とは、「アメマス→イトウ→ワカサギ→オイカワ、という流れで釣行してきました。次はZacco FFをドライで愉しんで頂きたいと思っています!!
Gran Lussoさん、おはようございます。
釧路に琵琶湖に八郎潟に岩洞湖に・・・遠征釣行の多いM氏ですが、今回の釣行を終えて、『自宅からこんな近くに通える素敵な川があるなんて・・・』、とちょっと羨ましそうに話していました。
仙台はZacco FFも渓流釣行も、もっと環境的に恵まれていると思っており、後はポイントを探すだけです。出張ついでの釣行をTryしてみたいと思っています。
とは言え・・・真冬にドライでZacco FFを愉しめることは、この川唯一のAdvantageでしょうけどね・・・ (^^ゞ
おはようございます。

大物釣師も虜にするZacco Fly Fshing あらためてこの川の懐の深さに感激しました。

Mさんの笑顔がモザイク越しに輝いてみえますね。
 こういうことだったんですね。
 19日はだめってやっとわかりました。
 雑魚FFの楽しさ、何処でも遊べる手軽さを知っていただき、オイカワフリークが一人増えて嬉しいことです。
 全日本雑魚FF協会を本気で立ち上げないといけないかもしれませんね。
 安近短ですからね。
こんにちは^^
「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」を地でいってますね。
楽しそうな写真の数々、Mさんにzacco釣りを楽しんでいただけて
何よりです^^。
wind knotさん、こんばんは。
そうですね・・・我が身近な川は懐も深く、Zacco FFは奥が深い世界だと思っています。
M氏も、アタリがあるのに乗らないもどかしさ・・・に熱くなっていました。 (^^ゞ
jetpapaさん、こんばんは。
そうなんです、この日はずっとずっと前から決まっていたイベントでして・・・そんな訳で(加えて他の方々のご都合もあり)TNKは次週に決定させて頂きました次第です <m(__)m>
全日本雑魚FF協会ですか・・・!! All Japan Zacco Fly Fishing Association(AJZFFA)か・・・カッコいいですね!! 呼びにくいから、Japan Zacco Fly Fishing AssociationでJaZaFFAなんていかがでしょうか・・・?
ともあれ、その元祖であるjetpapaさんがこの世界の愉しさを率先して広められてから、随分と裾野が広がりましたね。もう既に協会ができているようなものですよね!!
安近短で、且つ、モラルを持って楽しめる釣り・・・、これこそ一生の趣味になり得るものだと思っています!!
farwaterさん、こんばんは。
そうですね・・・まさにその世界を地で行っていますね!! (^^ゞ
M氏は拙ブログをずっと読んでくれていて、Zacco FFの世界にも興味を持ってくれていました。とは言え私自身も、”やっぱり大物の方が良いや・・・”、って言われるような気もしていたのですが、初釣りを終えて更に興味を持って頂けたようで嬉しかったです。(^^ゞ
是非、渓流FFの愉しさも味わって貰いたいと思っています!!
こんばんは。

日本を代表するような先生に、Green Cherokee さんが素晴らしい時間を提供されているんですから、凄いなぁと思います。
是非リラックス(興奮??)していただいて、今後も益々ご活躍されることを、心からお祈りいたします。

Green Cherokee さんも相当お忙しいでしょうから、どうぞご自愛ください(^^
こんにちは

最近の渋め?の黒目でそれなりの釣果を上げられたようでよかったです!
遠方はるばるから来ても裏切らないのはK川のいいところですよね!
おはようございます。
Mさんにとって、素晴らしい出張になられたようですね。
タックルプレゼントから現地の案内まで、Green Cherokeeさんの完璧なコーディネート、さすがですね!

仙台在住とは、これまたヤバイです!!!^^;
ちょっと車に乗り、少し歩けば、そこには山女魚、岩魚のパラダイスが…(; ̄O ̄)
山形、秋田、岩手、福島も…
#2〜3ならそのまま渓流に使えますね!
co-dropさん、こんばんは。
私も仕事柄、色々なところでオペを見るのですが、M氏はどうやら手のひらから何か不思議なパワーが出ているみたいです。 (^^ゞ
私と一緒にフランスから帰国したその足で、ご友人の結婚式の二次会に参加され、さらにその足で寝ないで厳冬の岩手に釣りに行ってしまうような超タフな先生です・・・
仕事にPrivateに大活躍過ぎですよね・・・ (^^ゞ
mihiroさん、こんばんは。
遠征して頂いて『ボ』じゃ洒落になりませんものね・・・。けど、決して裏切らないK川は本当に素敵な川ですよね。
ところで、ハス爆釣、凄いじゃないですか!! 私も続きたい~~~っ!!
しげさん、こんばんは。
M氏には何とか愉しんで頂けたようでホッとしました。(^^ゞ
昨日も福島~仙台をドライブしていたのですが、しげさんがおっしゃる通り、気になる川がたくさんありました。事務所がある泉IC(仙台から少し北に行ったところ)の川にはFly Fisherの姿を見つけました。以前知り合った釣人は、車で30分走ればイワナの渓が・・・って話していました。
今度、仙台市内のFly Shopに立ち寄り情報収集してみたいと思っています。 (^^ゞ
素敵なお話しでした
Green Cherokeeさん、こんばんは。
遡って貴ブログを拝読していてこの記事を読ませていただきました。
いいお話しで、ちょっと感動。
オイカワ初心者マークの私ですが、美しい魚体に魅了されつつあります。来年は韋駄天さんと巡り会いたいものです。
是非ともご一緒させて下さい。
^_^)./‾‾‾‾‾‾‾˘〜
素敵なお話し
Green Cherokeeさん、こんばんは。
以前の記事に遡って貴ブログを拝読しておりましたら、この記事に巡り会いました。
いいお話しでした。
オイカワ初心者マークの私ですが、魚体の美しさに魅了されております。
是非ともご一緒させて下さいね。
^_^)./‾‾‾‾‾‾‾˘〜
Numassan(さん)、こんばんは。
何でもBlue Heronを既にオーダーされたとのこと。さぞや、お手元に届くのが待ち遠しいことでしょう!!
是非、我が身近な川でお会いしましょうね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク