HOME   »  酒場放浪記  »  嬉しい反面、疑問を投げかけた京急蒲田の飲み屋

嬉しい反面、疑問を投げかけた京急蒲田の飲み屋

6月28日(木)。

今日は、京都 → 山口宇部 → 羽田、と移動した1日となった。明日は朝から北陸なので、このまま羽田近くのホテルに宿泊するべく、今しがた、京急蒲田のホテルにチェックインした。新しいホテルのようで、まずまず快適な部屋。

京急蒲田からホテルまで歩く途中、気になる立ち飲み屋を発見し、吸い寄せられるように入ってみた。デジカメはカバンの奥底に入っていたので、iPod Touchで撮影・・

2012_0628_0.jpg

当然、何かカラクリがあると信じつつ(例えば、酒だけ高い、ツマミはレトルトものをチン・・・)入ってみた。しかし、メニューを見て更に驚き。ビールの中ジョッキ200円以外は、本当にすべて100円。

2012_0628_3.jpg
2012_0628_2.jpg
2012_0628_1.jpg

とりあえず、中ジョッキと、ツマミ3種を頼んで、しばし待つ。お通しとビールはすぐに出てきたが、その後が続かない。お通しをツマミに次にオーダーしたハイボールを飲みきったあたりで、やっと、1品目が出てきた。どうせ、レトルトをチンしただけかと思いきや、なぜか揚げたてのコロッケ。それなりに美味しい。

その後に出てきた唐揚げは、これまた揚げたて。黄色い看板でお馴染みのチェーン店・鳥○族と同じ胸肉使用なのだが、味は鳥○族より上かも。
2012_0628_4.jpg

結局、ビール1杯、ハイボール4杯、ツマミ3品で、しめて税込945円也。食べ物が出てくるまでそれなりに待ったが、その間、気になるブログもすべて確認でき、それなりに有意義な時間を過ごすことができた。

しかし・・・、大きなお世話かもしれないが、これで良いのか、このお店。せめて、酒くらいは値上げしておかないと、真面目な話、潰れてしまうのではないか? 労働賃金の安い国ならまだしも、日本でこのスタイルは長続きできないのでは、と複雑な気持ちになった。

つい最近、北京に出張に行った会社の先輩から聞いた話だが、日本は今や60分3000円のマッサージ店が出現する時代、北京の値段と変わらないらしい。 働いても働いてもなかなかお金が稼げない貧乏大国になるのでは・・・と、その先輩は憂いでいたが、その一端を垣間見てしまったような気がしてならない。

つい先ほどまで友人と長電話していたが、そんな思いをついつい話してしまった京急蒲田の夜だった。

読んで頂けた方、つまらない話ですみません・・・
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク