HOME   »  渓流FF  »  脚下照顧 ~天空の渓 2014~

脚下照顧 ~天空の渓 2014~

7月31日(木)。

49回目の人生の節目の日。そして、待ちに待ったfarwaterさんとのDuo釣行の日!!

AM3時に拙宅までお迎えに来て頂き、毎度のおしゃべりを楽しみつつ、天空の渓に向かった。コンビニに寄る時間ももどかしく、そのまま高速に乗り、そろそろ1時間近いドライブになる頃・・・、とんでもない忘れ物をしていることに気付いてしまった。

『あ”~っ・・・』

文字通り、頭を抱えて車内で固まる私。ショックで30秒くらい言葉が出ない・・・。なんと、ウェーディングシューズを車に乗せるのを忘れてしまった私。

『それじゃ釣りにならないじゃない・・・ 戻りましょう!!』。そうおっしゃって頂けたfarwaterさん。いったん高速を降り、再び、来た道を引き返した。 とんだ失態、痛恨のミス・・・、そして、何より貴重な時間のロス。ショックで口数が少なる私を、常にポジティブに励まして下さるfarwaterさん。まさに女神様・・・。

Uターンして間もない頃、farwaterさんが、『脚下照顧という言葉を知ってる・・・?』、とおっしゃる。生憎、知らなかった私は、手元のiPadで早速意味を調べてみる。

『脚下照顧』 ~goo辞書より~
自分の足元をよくよく見よという意。もと禅家の語で、他に向かって悟りを追求せず、まず自分の本性をよく見つめよという戒めの語。転じて、他に向かって理屈を言う前に、まず自分の足元を見て自分のことをよく反省すべきこと。また、足元に気をつけよの意で、身近なことに気をつけるべきことをいう。▽「脚下」は足元の意。転じて、本来の自分、自分自身。「照顧」は反省し、よく考える、また、よくよく見る意。「照顧脚下しょうこきゃっか」ともいう。

そして、farwaterさんがこうおっしゃった。

『誕生日の節目の日に、自分の足元を見て自分を見直すように、きっかけを作ってくれたに違いない!! 前向きに考えましょう!!』

顔色を変えずに、こういう言葉をサラッと口にできるfarwaterさん・・・ 女神様どころか超女神様。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
親愛なるfarwaterさん。
釣行記の冒頭ではありますが、その寛大な御心とご親切に感謝申し上げると共に、改めまして、心よりお詫び申し上げます。本当にごめんなさい・・・
‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その後、無事にウェーディングシューズをゲットし、つい先ほど見たばかりの道を再び走る。瞬く間に空が白み始めて来た・・・。せっかくのポイントに先行者が居たらどうしよう・・・、ネガティブなことばかり頭を過る。本当は朝マックでゆっくりするはずだったのだが、コンビニで買い物だけ済ませ、天空の渓にまっしぐらに向かった。

そして、入渓点に到着。何とか一番乗り。ここで車が止まっていたら、farwaterさんに何てお詫びしたら良いかばかり考えていたが急速に安堵。外気温は15℃。少し震えながら身支度を整え、いよいよ入渓。

すぐに出迎えてくれたヌメリスギタケ。この調子ならたくさん生えているだろう・・・と予測し、そのまま素通り。
20140731_01.jpg

farwaterさんと初の渓流釣行以来、ずっと頑なに守っていること・・・。それは最初の御払い。二人で塩を掛け合い身を清めながら、本日の無事な釣行を祈り合う。
20140731_02.jpg

早速、ポイントを攻める超女神様の後ろ姿をパチリ。
20140731_03.jpg

水温は12.4℃。ウェーダーを履いてきて良かった・・・。実は最初はウェットウェーディングするつもりだった私。farwaterさんから、『きっと寒いよ・・・』、とアドバイス頂き、出発の時に急遽積み込んだのだった・・・
20140731_04.jpg

渓流横には夥しい数の赤い点々・・・、シロバナノヘビイチゴが真っ盛り。イチゴの形や葉からもお分かりの通り、普通に我々が食べているイチゴの近縁のオランダイチゴ属。園芸店でワイルドベリー等の名で販売されている物も、この仲間だと思われる。野生のイチゴの中では味の良いイチゴ。時折、口に含みながら甘さを愉しみつつ釣行。無理やりfarwaterさんの口にも入れてしまったが、今回は、『甘い・・・』、と言って頂けた。前回のエビガライチゴの時は、『酸っぱっ!!』、だったのだが・・・
20140731_05.jpg

しかし・・・、肝心な魚の反応が皆無。まだ一時間も経過していなかったが、『早すぎるのかも? コーヒーでも湧かしましょう!!』、と超女神様の一言。今回、野点コーヒーを愉しみに、ジョニーさんからのプレゼントを持参した。ジョニー印・グルーブストーブ&DAISO100均マグ。ワクワクしながら、初の火入れ式を執り行った。
20140731_06.jpg

実は先日・・・、『誕生日なんだから、渓流でケーキ食べましょう!!』、とfarwaterさんからご提案頂いていた。しかも何と、farwaterさんにローソクまでご持参頂けた。そのローソクが仏壇に供える白いローソクだったことはさておき、謹んでローソクを立てることをご遠慮申し上げさせて頂いた。最近、富に美味になったコンビニのスィーツ、今回は型崩れを恐れてロールケーキにした。そのケーキの撮影に嵩じるfarwaterさんをパチリ。
20140731_07.jpg

野点コーヒーとケーキ。まだ朝8時前だと思うが、まさに至福のスィーツタイム。ジョニーさんからのアドバイスに従い、マグカップの錆び防止のために、事前に”お粥”を炊いておいた。本来はお米を炊くと良いらしいのだが、とりあえず、錆びは皆無だった。
20140731_10.jpg

ふと上を見上げると、快晴の空にカラマツの緑が眩しい。
20140731_09.jpg

天空の渓でDuo釣行の画。誕生日の釣行のために・・・と、お忙しいジョニーさんが無理をして緊急修理して下さったジョニー印・愛竿バンブー。ジョニーさんへの感謝の気持ちと共に、farwaterさんのバンブーと一緒に記念撮影。
20140731_11.jpg

コーヒーブレイクが功を奏したのだろうか・・・、最初のアタリを物にすることができた。小ぶりながら、2014年初の天空の渓で初イワナ。これにて、リョウさんのお手製渓流ネットにイワナ入魂完了。そして、修理だけではなく、ネームまで入れて頂けたジョニー印・愛竿バンブーにも再入魂!!
20140731_12.jpg

わずか数十秒の差でfarwaterさんにも初イワナ。私のイワナをネットの中に残したまま、farwaterさんの勇姿を撮影。
20140731_13.jpg

二尾目はサイズアップ。元気に竿を曲げてくれた。
20140731_14.jpg

顔のアップで撮影。この後、子供達が父の日にプレゼントしてくれたフライリール型のメジャーでサイズを計測しようと思ったら、見事なジャンプを決めて御帰還なされた・・・
20140731_15.jpg

三尾目はサイズダウン・・・
20140731_16.jpg

こんな小さなポイントにて。
20140731_18.jpg

背の模様が綺麗で思わず接写。眼の周りのラメも綺麗・・・
20140731_17.jpg

大場所にて、正座釣行されるfarwaterさんの勇姿。
20140731_19.jpg

その後、オイカワサイズのイワナを一尾追加したものの、雲行きが怪しくなってきたので納竿。納竿前の最終ポイントにて、目の前にこんな釣りの仕掛けがぶらぶらしていたので回収。手の届くところなのだから回収すれば良いのに・・・と心底思う。こういう輩には、こんな素敵な川には二度と足を踏み入れて欲しくない。
20140731_20.jpg

標高の高い天空の渓。空が怪しくなって来たな・・・と思った直後に雷鳴。そしてポツポツしてきたと思ったら土砂降りに。樹の下で雨宿りしていたが、全く意味を為さない・・・。既に濡れてしまったし雨も止みそうにないので、土砂降りの中、林道をトボトボと下り始めた。
20140731_21.jpg

林道脇の山で、稲妻の直後に激しい落雷の音・・・。一瞬、farwaterさんと共に林道にしゃがんでしまった。避難すべき洞穴みたいなものを探したのだが見つからず・・・、こんな時はどう対処すべきなのか、しっかりと学んでから来るべきだった。私が産まれる前の話だが、落雷で親族の一人を亡くしている記憶が蘇り、第二の犠牲者にならないかビクビクしながら、それでも少しでも安全そうに見えるルートを通った。しばらくすると、真上の空が明るくなりはじめ、何とか雷鳴が遠のいてくれた。相変わらず、叩きつけるような豪雨だったが・・・

雨の林道を歩き続け、ようやく駐車ポイントに戻ることができた。その場所に何と車が3台・・・、改めて、一番乗りできた幸運に感謝感謝・・・。橋の上から渓を覗くと、既に濁流の川に一変・・・
20140731_22.jpg

気温18℃程度の涼しい天空の渓を後に下界に降りてきたら、雨が降った形跡すらない。そして、再びの灼熱の大地に閉口・・・ お蔭でずぶ濡れの速乾パンツは瞬く間に乾いてくれたのだが・・・

その後もノンストップの楽しいおしゃべりで帰路のドライブを愉しみ、あっと言う間に帰宅。丁重にお礼を述べてfarwaterさんとお別れ。車を見送り、しばらく経ってから最後の失態に気付いた。豪雨でびしょ濡れになってしまった手縫いの竿ケース入りの愛竿バンブーで後部座席を濡らす訳にもいかず、そっと足元に置いておいたのだが・・・、我が子同然の愛竿をうっかり取り出すのを忘れ、farwaterさんの愛車の中に置き去りにしてしまった。

『脚下照顧』・・・ 最後の最後まで、『足元をしっかり見直さないこと』に起因する失態の連続・・・。極めて低レベルな単なる不注意によるものであることは明白だが、これはfarwaterさんがご指摘された通り、きっと人生の節目の日に、愚かな私への警鐘だったに違いない・・・、と前向きに考えることにしたい。

~信愛なる超女神様~
この度は、度重なる失態の連続で本当にご迷惑をおかけしてしまい、大変申し訳ありませんでした。忘れ物に端を発し・・・、雷雨にも見舞われ・・・、挙句の果てに愛竿の置き去り・・・、そんなこんなの大変な一日になってしまいましたが、そんな中でもfarwaterさんの豊かな人間性に包まれた至福の一日となり、そして、笑いの連続でした。
本当にありがとうございました!! 相変わらずの足手纏いではありますが、また是非、ご同行ください!!

追伸)farwaterさん
『岩魚幻談』(朔風社)の本の誕生日プレゼントもありがとうございました!! 雨で釣りに行けない日のお供にさせて頂きたいと思います。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

帰宅して早速の一杯。ヌメリスギタケの油炒め。半分以上、子供達に食べられてしまった・・・
20140731_23.jpg

当日、二回目のケーキ。一応、”仏壇用”ではないローソクと共に・・・ (^^ゞ
20140731_24.jpg





スポンサーサイト
Comment
八風吹不動天辺月
こんにちは^^
一昨日はお疲れ様でした。
これからも
「はっぷうふけども どうぜず てんぺんのつき」
で行きましょう!
こんにちは。
誕生日、源流岩魚、おめでとうございます^^

忘れ物、僕もよくあります^^;
WDシューズもリールもフライもやりました。
しかも、現地に着いて気づきましたから、その場で代用するのに苦労しました。
今回は、戻れる場所で気付いて良かったですね。

雷雨と増水はなにもなくて何よりです。
標高が高いところで雷に会うと、ほとんど雷雲の中のにいるようで怖さも倍増ですよね。
増水は、今いる場所が晴れていても、その上流で降られると一気に濁流が来て流されてしまいます。
そういうケースの方が、事故になっているようですね。

お互いに、安全に長く続けていきましょう。

超・超女神のfarwaterさん、こんにちは。
改めまして、先日は本当にお手数ばかりおかけしました・・・ <m(__)m>
なのに、『八風吹不動天辺月』、とおっしゃいますか・・・、という訳で、超・超女神様にランクアップさせて頂きました!! (^^ゞ
またご一緒くださいね。プレゼントもありがとうございました!!
しげさん、こんにちは。HBDメッセージありがとうございます!!
WDシューズの忘れ物・・・もう頭の中が真っ白になりました。けど、この経験がトラウマとなり、きっと二度と忘れないような気がします。(^^ゞ
高山での悪天候・・・初めての経験でした。山をなめてはいけない・・・心底そう思いました。これを機に、しっかりと対策をしっかりと学んでみたいと思います。
おめでとうございます。
こんばんは。
誕生日釣行。おまけに渓流でバースデーケーキ。。。
私にできる事はロッドを直す事くらいでしたが、いかがでしたか?
見事イワナをキャッチされたようで何よりでした。
山で豪雨と雷。。。さぞ恐ろしかったことでしょう。私も高校生のときに300メートルくらいのところに落雷したのを目の当たりにした経験があります。
釣りは一生楽しめるものだとおもいますので、是非とも安全に楽しんでいきたいですね。


イワナの入魂,ありがとうございました。
奈良はここ数日暑すぎたり,雨だったりで釣りにもいけません。
どこかへ行きたいなあ・・・・





ジョニーさん、おはようございます。
お忙しいにもかかわらず、緊急ロッド修理、本当にありがとうございました!! 調子もバッチリで、お陰様で大好きな天空の渓でイワナ再入魂できました!!
突然の雷雨は心底参りました。その場その場で正しい行動を目指し、末永く釣りを楽しみたいと思いました。
リョウさん、おはようございます。
お陰様で何とか渓魚で入魂できました。今期中にヤマメでも入魂を果たしたいと思っています!!
先日の奈良は暑かった・・・ (・・;) ちなみにまた来週も行く予定です。秋から行く機会も増えますので、少し涼しくなったらロッド持参で行ってみたいです。 (^^ゞ
誕生日おめでとうございます
「脚下照顧」。私も心に刻みました。
Green Cherokee さん こんばんは

お誕生日おめでとうございます。
渓流釣行時にバースデイケーキなんて粋な計らいの
farwaterさんの男っぷり・・いや、女神っぷりに
感銘致しました。
雷は恐怖でしたね・・・
でも何事もなくてホントによかったです。
おはようございます。
お誕生日おめでとうございます(^-^)

いろいろとあったようですが、何はともあれ、無事に帰れたのが何よりです。
雷、どしゃ降りはfarwaterさんにもお聞きしましたが、本当に恐いですね。

写真のヘビイチゴですが、その辺に生えている(一般の?)ヘビイチゴとは少し違うような気がするのですが、やはり別物でしょうか??
小さい頃、「ヘビイチゴは食べるな」と教わったので、ずっとその認識があります。
kuromeさん、こんばんは。メッセージありがとうございます!!
脚下照顧・・・、新しい歳を迎えた初日に、farwaterさんのお蔭で良い言葉を学ぶことができました。まさに私にぴったりの言葉・・・、しっかり心に刻みたいと思います。
ナシオさん、こんばんは。メッセージありがとうございます。そして、先日の渓流釣行ではお世話になりありがとうございました!!
farwaterさんの超女神っぷりは本当に凄かったです。私には決して真似できません・・・。もう絶対に足を向けて寝ることができません・・・ (^^ゞ
雷は本当に怖かったです。山奥では誰も助けてくれないので、自分の身は自分で守らないと・・・ですよね。
co-dropさん、こんばんは。メッセージありがとうございます!!
雷の話は、きっとfarwaterさんより臨場感たっぷりに聞かされたのだと思います。もう生きた心地がしませんでした・・・ (・・;)
さて、ヘビイチゴとはイチゴの姿形も葉も、そして、属する種類も異なります。ヘビイチゴはどれだけ眺めても決して美味しそうに感じませんが、シロバナノヘビイチゴは見ているだけでヨダレが出てきます。ぜひ、渓流脇の野山で探してみてくださいね!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク