HOME   »  雑記  »  安楽寺の大銀杏 ~2014夏休み~

安楽寺の大銀杏 ~2014夏休み~

2014年夏休み。

8/21(木)~23日(土)、広島に家族旅行。旅行・・・と言うと聞こえが良いが、実際は、墓参り、及び、叔父の見舞いを兼ねての訪問。

親戚とその祖先が眠る、広島市牛田にある安楽寺。ここに見事な大銀杏の樹がある。墓参りの度にその見事さに惚れ惚れするのだが、今回は初めて写真に収めてみた。
20140821_22.jpg

この大銀杏の樹齢は300年程度とのこと。原爆の爆心地からはわずか2.2kmの距離。想像もつかないくらいの熱風と衝撃波、そして放射線を受け、かなりの部分が焼失したらしいが、何とか奇跡的に生還した。当時はすっかり焼野原になってしまった中、息も絶え絶えに生き延びた方々の希望の樹になったことだろう。
20140821_23.jpg

寺の入口の門は、銀杏の樹の幹がすっぽり収まるように、作り変えられている。
20140821_24.jpg

原爆のこの世のものとは思えない超絶な惨状、そして、広島市の復興のための市民の努力を自らの眼で見続けてきた大銀杏。そんなことに色々と考えを巡らせると、毎回ごく自然に、『ご苦労様でした。もっと長生きしてください・・・』、と樹の幹を優しくポンポンと叩いてしまう自分が居る。

この寺に墓参りで訪れたのは滞在最終日。前日に広島平和記念資料館を家族と共に訪れた直後だったことも手伝ってか、原爆の悲惨さを再認識した上での訪問となった。訪れる度に感心する大樹ではあるが、前回以上に感慨深くこの大銀杏を見上げた。
20140821_25.jpg


‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

せっかくなので、夏休みの記録を少し・・・

今回は折しも、豪雨による土砂災害で毎日のように悲惨で悲しいニュースが飛び交う渦中での訪問となってしまい、滞在中も心が痛んだのだが、一方で広島の街中は特に問題なく、心配された雨も小降り程度で済んだ。

21日の初日は晴天の猛暑日。空港でレンタカーを借りて(Honda FIT Hybrid(なぜか緑色)の快適さに驚嘆する家族に少し笑えた・・・)まずは尾道へ。大林宣彦監督の三部作映画(『転校生』、『時をかける少女』、『さびしんぼう』)で超有名な尾道。仕事では訪れたことはあるものの観光は初めて。まずは尾道ラーメンを食し(別に狙った訳ではないが、有名店は長蛇の列で、列に並んで順番を待つことが何よりも嫌いなので別の店を探してみたら、たまたま先日の鉄腕ダッシュでTV出演している店だった)、その後は猛暑の中、坂の途中にある西國寺を訪問。何でも足腰の健康維持にご利益がある・・・と言われているようだが、これで私も少しは渓流を遡行できるようになるだろうか!? (そんな巧い話がある訳がない・・・)

続いて、しまなみ海道を通って因島へ。八朔(はっさく)の畑を見たり、村上水軍城を登ったり、集落を見つつ島を一周してみたり・・・長閑な瀬戸内の島の独特な風景を愉しむことができた。子供達の友人へのお土産はもちろん『はっさくゼリー』。

夜は美味しい海の幸に舌鼓・・・というか、パパは数切れだけで、残りをがっついて瞬く間に食べてしまう子供達が印象的だった。せっかくの『ハゲ』(ウマヅラ)の薄造りも物の見事に2分持たずに空き皿に・・・(-_-;) とは言え、しっかり堪能し、代行で(家族にとっては人生初の代行で楽しかったらしい・・・)ほろ酔い気分でホテルに帰った。

二日目は生憎、どうしても外せなかった電話仕事に邪魔されたりはしたが、親戚宅の訪問、叔父の見舞い、その後は家族で広島平和記念資料館を訪れたり墓参りしたり・・・、そして夜は親戚と楽しい宴会となった。

三日目は、ホテル横の海で少し遊んだりしたが、前述の安楽寺の墓参りを済ませた後は、どうやら子供達にとっては観光的にお腹いっぱいの様子。ショッピングモールで広島らしい物だけを少し買い物したりして怠惰に時間を浪費した。

こんな夏休みの全貌を語る写真を、フリーのソフトを用いてコラージュ形式に貼り付けてみた。せっかくなので貼っておきたいと思う。

写真①。観光の思い出。尾道、因島、そして広島市内。
Sightseeing_Hiroshima_2014.jpg

写真②。墓参りダイジェスト。お墓を撮影するのはあまり好まないが滅多にないことなので記念に残しておく。ちなみに、広島市内の墓石は原爆で焼けて白茶けたものが多い。
Hakamairi_2014.jpg

写真③。食べたもの色々。尾道ラーメン、瀬戸内の海の幸、そして、広島風お好み焼き。
Food_in_Hiroshima_2014.jpg

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

本日(8/30)、先ほど4泊5日の出張から帰宅したばかりだが、既に8月も最終日間際。そして、禁漁まであと一か月。あと2回くらいは渓流釣行に行けるだろうか・・・? 生憎、9月の土曜日はほぼ全滅。しかし、まだ夏休みが2日残っているので、何とか平日に無理やりでも休んで、渓流で竿を振ってみたいと思う。






スポンサーサイト
Comment
Green Cherokee さん、こんにちは!

オイカワ好き、チェロキー好きの組み合わせでも、かなりレアなのに縁のある土地が広島ってのも恐ろしくにお互い似過ぎますね。牛田は行ったことはないのですが市内を知っているだけに読んでいると実際に訪れたような感覚になりました。本当に立派な銀杏の樹ですね。三百年という長い時を風雪に忍びながらも人々の暮らしを見守り続け、そしてあの悲しい出来事にも堪えてきた。なにか生命の懐の深さと宇宙のような広がりを感じますね。ちなみに「牛田」の反対側の「中山」が妻がこどものころ住んでたところ。もっと下るとボクが産まれた「府中」です(ボクの場合は父の転勤で一年くらいで東京へ移ってしまいましたが)。

ご家族旅行楽しそうですね。いいなぁ。〝緑〟は運命の色なんですね(笑)。コラージュ形式は楽しさと時間の経過を一目で見る事ができ新鮮な見せ方ですね。参考になります。そしてまた食の写真が…(^^) いりこが効いてそうな尾道ラーメンは旨そうですね。でもなんと言ってもお造りの写真が。。。その小さく右隣に入った無惨にも変わり果てたお皿の姿(失礼!)がその美味しさを充分に堪能されたことがよく分かります。

今夏、広島では土砂災害に見舞われ被災された方々にはお見舞い申し上げます。実は広島には海以外にも素敵な川が数多くあるらしく、まだ実釣したことはないのですが、いつかぐりちぇろさんと一緒に竿を並べて魚と戯れ、夜は瀬戸内の恵みに舌鼓なんてできたらいいなぁと、こちらの記事を読みながら思うのでありました。駄文でコメント欄を汚してしすみません。今朝のY川行けなかったのが悔しくて(^^;)
お子様達が幼い内に・・・
できるだけ,いろんな経験をさせてやって下さい,
お子様達が幼い内に。
経験が子どもたちの心を耕してくれますから・・・


Gran Lussoさん、こんにちは。もう黄昏時だから、こんばんは・・・ですかね。(^^ゞ
オイカワ好き→緑チェロキー(XJスポーツ!!)→しかも広島・・・と益々色々と繋がって行きますね~!! (^^ゞ 中山も府中も近くを車で通りましたよ!! 機会があれば是非とも安楽寺も訪ねてみてください。そして樹の『幹』をポンポンと触ってきてくださいね!!
さて、甚大な被害をもたらした土砂災害で大変なタイミングで訪れてしまいました。被災者の方々には心からお見舞い申し上げる気持ちです・・・
雨男の私ですが、滞在中は何とか天候も持ってくれました。そういう意味では家族の良い思い出になったようです。
ラーメンも美味しかったですが、やっぱり刺身ですよね・・・相当美味かったです。このお店は二度目だったのですが、子供達たっての希望で再訪しました。前回のナマコをもう一度食べたい・・・というのが子供達のリクエストだったのですが、残念ながら冬じゃないと置いてないようでした・・・
川が多い広島。のんびり釣りしながら、夜は瀬戸内の幸に舌鼓・・・嗚呼、想像しただけで幸せになれますね。是非、実現しましょう!!
リョウさん、こんばんは。
いまどき勉強ができる子はたくさん居ると思いますが、勉強よりも、色んなことを実際に見て観て聞いて聴いて・・・たくさん色々と経験して感じることができる子の方が良いですよね。。。と言いつつ、勉強さぼっている我が家の子供達は論外かもしれませんが・・・ (^^ゞ
それにしても・・・最近良く思うことですが、今の子供達はスマホばかり触っていては心はなかなか耕せない・・・真面目にそう思います。
こんばんは。
広島…いたるところに、かつての戦争の傷跡を感じるエントリーでした。
爆心地からわずかな距離にもかかわらず、生き残った銀杏があるとは…まさに奇跡ですね!

僕は、20年以上前に当時の会社を退職したときに、溜まっていた有給休暇をまとめて取り、尾道で船舶免許取得の合宿へ参加したことがあります。
一週間ほどでしたが、瀬戸内での実技講習は素晴らしい景色で、今も心に残っています。
合宿後は、当時広島に勤務していたRyoshiさんと合流し、ここでも釣りを楽しんできました。
尾道ラーメンは、まだ有名になる前でしたね。
エントリーを読みながら、当時のことを思い出しました。
また行ってみたいですね〜^^
しげさん、こんばんは。
なんと船舶免許の合宿で尾道に一週間・・・!!?? きっと長閑で優雅で満ち足りた時間だったことでしょう!!
静かな海、いくつも浮かぶ島々・・・。会社の先輩の車で、今治からの仕事帰りに黄昏時のしまなみ海道を車で走ったことがあります。素敵な夕陽を静かに眺めて居たら、その先輩(根っからの広島人)に、”ここからの夕陽は最高だろう!!”、と言われました。絶句してしまう程、本当に素敵な夕陽でした。
しげさんも当時、こんな夕陽を感慨深く眺めていらしたのでしょうね・・・きっと!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク