HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  晩夏の激渋Home Riverで小規模オイカワミーティング

晩夏の激渋Home Riverで小規模オイカワミーティング

8月31日(日)の釣行記。

farwaterさん カチーフさん が、Home Riverに久しぶりに釣行されるとのことで、私も合流させて頂いた。

もう彼岸花が咲く河岸。夏は確実に終わろうとしている。
20140831_01.jpg

早速、綺麗なキャストで、如何にも魚が付いていそうなポイントにドライを流すカチーフさん。しかし、うんともすんとも・・・おまけに、フライを突く小魚すら居ない。
20140831_02.jpg

farwaterさんも同様のご様子。
20140831_03.jpg

私はウェットを流すも、時折の小さなアタリを除きほとんど反応ゼロ。開始早々、『ボ』を覚悟して既にまったりモードで、依然として頑張るお二人を撮影。その後、自転車でいらしたJICKYさんも、ロッドは竿ケースに入ったまま、河岸にしゃがんでお二人を見学されている。
20140831_04m.jpg

カチーフさんのご提案で上流側を目指すことに。K公園前の河岸はまさにBBQ銀座。終わりゆく夏を愉しむべく子供達が川の中で遊んでいる・・・正しき夏の光景を微笑ましく眺めた。ご両親の方々は、この川で遊ぶ子供達のためにも、どうかゴミだけは置き去りにしないで欲しい。
20140831_05.jpg

大好きな小路を抜け・・・
20140831_05_2.jpg

上流側でボケを見つけた。
20140831_06.jpg

写真を撮っていたらfarwaterさんが戻ってきて、毎度のこんな会話を・・・。

FW:なに撮ってるの?
GC:ボケですよ
FW:ボケがボケを撮る・・・
GC:それを言うなら、『大ボケがボケを撮るでしょ!!』
FW&GC:アハハハ!!

そんな会話でお互いに脱力感満載で、更に上流を目指す。
20140831_07.jpg

K橋付近でウェットを流すと、何とか一尾目のオイカワに出逢え、『ボ』逃れ達成。
20140831_08.jpg

何となく、この後は釣れないような気がしたので、小型のオイカワながら手のひらの上で撮影。
20140831_09.jpg

・・・と思ったら小気味良いヒキでまずまずのオイカワも追加し納竿。
20140831_10.jpg

少し涼しくなってきたせいか、かなりの蚊が居た。この時期の我が身近な川での釣りは、私はいつも蚊に刺されまくりなので、今回は蚊取り線香を腰からぶら下げて釣行。虫よけスプレーの効力も相俟ってか一度も刺されずに済んだ。デング熱の勢力が拡大しつつある昨今・・・、気を付けるに越したことはないはず。

鮎の猛攻でオイカワは端に追いやられているのか、『晩夏の修行・・・』と化してしまった小規模オイカワミーティング。JICKYさんは途中で帰宅されたので、残った3人でいつものパン屋にてアイスコーヒーで小休止。かなりまったりと『実の無い話』を楽しみ、お腹も空いたし昼飯でも・・・ということで、TNKで毎度お世話になっている中華屋で名物の担担麺に舌鼓を打った。
20140831_11.jpg

そして、そのまま午後遅くまで、『実の無い話』、はまったりと続くのだった・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

カチーフさん、farwaterさん、JICKYさん

当日はありがとうございました。カチーフさんのブログでの名語録 『実の無い話』 ・・・、このまったりとした時間が一番『実のある』ヒトトキだったのかもしれませんね・・・ (^^ゞ

きっと秋のZacco FFのシーズン本番にはオイカワも戻ってくることでしょう。またご一緒させてください!!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先程、北海道は千歳より羽田空港に帰着。そのまま羽田にてメール仕事の片づけついでにブログをアップ。今朝の朝練では、予想外にも良型の魚に出逢えることができた。追ってブログにアップしたいと思う。

20140907_top.jpg







スポンサーサイト
Comment
大ボケ小ボケ
いつものY川ですね。
O川にも彼岸花が咲きました。
秋ですね。
farwaterさんのブログにも大ボケの話がありました。楽しそうで何よりです。
そろそろ鳥が帰ってくる時期なので、時間をみつけてY川まで出かけてみるつもりです。セキレイが早いかもしれません。
ところで、オイカワはまだ婚姻色ですが、いったいいつまでこの色が続くんですか?

こんばんは。
Y川のこのあたりにはしばらくご無沙汰してます。
間もなく渓流も閉じてしまうので、また通い始めることになりそうですが。
こんにちは。当日はありがとうございました。
それにしてもシブかったですね。私はようやく2尾でした…。
秋色が濃くなればオイカワも戻ってくることでしょう。
それまで修行か…?
次回TNKが楽しみです。
kuromeさん、こんばんは。
梅雨が明けたのもつい先日のことのような気がしますが、季節は確実に動いていますよね・・・
毎度ながらのfarwaterさんとの爆笑珍道中は、我が人生をとても楽しく豊かなものにしてくれています・・・ (^^ゞ
韋駄天さんですが、拙ブログの記録によれば、2013年9月8日にバリバリの婚姻色オイカワが釣れています。けど、そろそろ終わりかな・・・と思っています。
K川とY川だと、鳥の種類も少しは異なるのでしょうか・・・? この記事の釣行時は数匹の愛くるしいカワセミにも出逢えましたよ!!
wind knotさん、こんばんは。
渓流が閉じる頃は、Y川も本格的シーズンスタートって感じになるのではと思っています。今はまだ鮎の勢力が強すぎて・・・って感じでした。
禁漁まであとわずかですね・・・ この期に及んでかなり仕事が多忙になってきてしまいましたが、あと一回は執念で本格的渓流(出張ついでではなく・・・(^^ゞ)に行きたいと思っています。
カチーフさん、こんばんは。
先日はありがとうございました。釣果は渋かったですが、とても『実のある』一日になりました!!
あっと言う間に秋色の濃い時期になってしまいそうですね。それまでにあと一回くらい渓流に足を運びたいものですね・・・??
さてさて、秋のTNK・・・ 何とか実現したいですね!!
Green Cherokee さん、こんにちは!
当日は行けなくてすみません。。。激シブだったご様子。行ってたらGLなら〝ボ〟でしょうね〜。秋がだんだんと歩んできている感じな最近、記載されてるいつものパン屋とタンタン麺が気になります。ほっこりしたい(^^)
Gran Lussoさん、こんばんは。
何とも激渋でしたが、ウェット流したらきっとボ逃れはできたと思いますよ~♪
お仕事が一段落したら一緒にほっこりしに行きましょう!!
ちなみに今朝、京都は鴨川で超短時間の朝練してみました。こっちの方こそ超激渋でした・・・ (・・;)
K川とY川
こんばんは。
お返事がすっかり遅くなってしまいました。
K川とY川とで鳥の種類はそんなに変わらないと思います。Y川には調整池があるので、それを含めると、Y川の方が圧倒的に鳥の種類は豊富です。
とくに渡りの時期になると、通過する鳥が調整池周辺に入ってくるので、珍しい鳥を見ることもできます。猛禽の種類も数も多いと思います。
kuromeさん、こんばんは。
隣接する同様の河川なのに、鳥の種類が微妙に違うあたりが面白いですね。渡り鳥も環境を熟知しているようで、不思議です。
釣行中、カワセミの姿を見かけるだけでとても幸せな気分になれます。もっと幸せな気分になれるよう、鳥の種類も覚えてみたいと思っています!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク