HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  素敵な里川で小規模OMA ~numassan(さん)入魂記念・後編~

素敵な里川で小規模OMA ~numassan(さん)入魂記念・後編~

11月15日(土)の釣行記・後編。

Gran Lussoさん(以下、GLさん)のHome Riverで極上のヒトトキを過ごしたメンバー。充実のお昼を食べて、次に向かった先はT川。公営の駐車場脇にはコスモスが咲いていた。
20141115_HMR_01.jpg

皆で竿を繋いで河岸に降りる。
20141115_HMR_02.jpg

前回よりは少し下流で竿を振ってみたが、底が岩盤のためか生命反応ゼロ。メンバー全員も同様だった模様。
20141115_HMR_03.jpg

そこで、いつもの上流側に移動。傾いた陽の光を受けてススキの穂が見事に輝いていた。
20141115_HMR_04.jpg

大河川の割には至るところに細い流れの筋が存在し、皆が仲良く並んで釣りできるのが、この川の良いところ。ウェーダーのGLさんとnumassan(さん:以下、(さん)は省略させて頂きます)は深場へもずんずんと進み、長靴のカチーフさんと私は岸際でキャスト開始。
20141115_HMR_05.jpg

幸先良く良型のオイカワをかけたが、手元でバレてしまった私。隣のBBQチームが、『オイカワですよね?』、と聞いてきた。魚種指定で聞いてくるとは、彼らも釣り好きなのだろう。残念ながらその後は反応ゼロ・・・
20141115_HMR_06_numassan.jpg (numassan撮影)

かなり渋めの状況。それでも、numassanは無事にこの川での入魂も終えた模様で安堵。限られた時間の中、皆、思い思いのポイントに散らばる。
20141115_HMR_07.jpg

私は『ボ』を諦めかけつつ、水温チェック。この川の水温はいつも低め。上流側のダムのせいだろうか・・・?
20141115_HMR_08.jpg

いよいよ納竿間際の夕暮時、ようやく小気味良いヒキで、まずまずのオイカワとご対面できた。同じく苦戦されていたカチーフさんが最後の最後にロングキャストで対岸の岸際で良型をかけて、納竿と相成った。
20141115_HMR_09.jpg

『ロッドを並べて記念撮影しましょう!』、と私が提案し、こんもりとした雰囲気の良い草の山に皆でロッドを並べて記念撮影。GLさんがそっと水槽入りの良型のオイカワを差し出してくれた。記念撮影を想定してそっと準備してくれていたなんて・・・、何ともニクイ心配り!!
20141115_HMR_10.jpg

皆でワイワイと撮影している光景を後ろからパチリ。仲間とのこんなヒトトキが本当に楽しい。
20141115_HMR_11.jpg

夕暮のススキの道を帰る。極上の一日が終わってしまう名残惜しさが皆の背中に感じられるのは私の気のせいだろうか? きっと、numassanも同じような気持ちでシャッターを押したに違いない・・・
20141115_HMR_12_numassan.jpg

最高に気持ち良い天候の元、気が置けない仲間とのOMA。記念すべきnumassanの入魂式を皆で無事に見届けることができ、最高の里川で釣りも語らいも愉しみつつ、美味しいラーメンで物理的にも腹が満たされ・・・、文句なしの極上の一日になった。

この釣行をご発声頂きましたカチーフさん、素晴らしいガイド役で皆を盛り上げて頂いたGran Lussoさん、そして、見事な“入魂の儀“をご披露頂いたnumassan(さん)、お蔭様で最高の一日を過ごすことができました。本当にありがとうございました。またご一緒くださいね!!

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

帰りの車中・・・、numassanの選曲でMiles Davisが流れてきた。ミュートを利かせたトランペットが、皆の名残惜しさを刺激するかのように聴こえてきた。この日の釣行に向けて、入念な選曲で皆を愉しませて頂いたnumassan(さん)に感謝の気持ちを込めて返歌です。

『Time after time』 Miles Davis, Live at Montreux 1988



これからも、『何度も何度も・・・』、お付き合いくださいね!!






スポンサーサイト
Comment
リョウ
こんなブログを読まされる奈良県民はツライ・・・
jetpapaさんも素敵な川で小春日和を満喫してはる。

こうなったら,来夏も関東ローム層を流れる川へ行くしかないじゃないですか!!

あああああああ


こんばんは。
どっちへ行きたい?と問われたら、H川と答えるであろう私ですが、T川で後ろを気にせずロッドを振るのもいいですね。
きょうのY川はTもMもたんのうできましたよ。
Green Cherokeeさんがいないのが残念でした。
今年最良の一日に感謝!
ブログ全編、光栄の極みでした。
ありがとうございました。m(_ _)m
マイルスの返歌、楽しませて頂きました。
円熟期のトランペット、まさに至宝の音色ですよね。ちなみに私の車でお聴きいただいたのは、Relaxinでした。
学生時代はJazz喫茶でアルバイトしておりまして、今だに私の脳裏に焼き付いている音は50年代から70年代の音です。
っていうかそこで停止状態、以降のJazzシーンに関心を持てないのです。それほど青春時代に叩き込まれたモノって一生なのでしょうね。
脱線しました、グリチェロさんの空気を感じるといろんなことが湧いてくるのです。
だから楽しい。次回もよろしくお願いします!
リョウさん、再び、こんにちは。
先日のリョウさんの釣行記での川の光景、とても素敵でした。下手するとアマゴも釣れてしまうくらいに綺麗に見えました。下流域も興味あります。是非探検してみてくださいね!!
関東ローム層の河川へも、年に一度くらいは是非!! 本当はGWや今頃が気持ち良い季節ですが、こちらの川は大らかですので真冬でも(ちょっと修行モードかもしれませんが)楽しめますので、いつでもどーぞ!!
wind knotさん、こんにちは。
昨日はドタキャンで大変申し訳ありません。私自身は心底行きたかったのですが・・・、来月の法事に家族(子供達が)が参加できない見込みとなり、ならば急遽お線香だけでも今日済ませてしまおう・・・という流れになってしまいました。 <m(__)m>
さて、H川、T川は既に私の中では1セットになりました。どちらも愉しんで初めてGLさんHome Riverに行ってきました、って言える感じでして・・・ (^^ゞ
と言う訳で、両方をご堪能頂くべく、是非ご一緒させてくださいね!!
こんにちは
Greencherokeeさん
こんにちは。
釣りは良いですね。
天気もよく気持ち良さそうですね。
numassan(さんは無しで良かったですか?笑)
Gran Lussoさんにも近くお会いできそうで楽しみです。
numassan(さん)、再び、こんにちは。
前編へのコメントもありがとうございました。
楽しい釣行を終えてしばらくしてから貴ブログを読ませて頂き、当日を迎えるまで、numassan(さん)の気持ちの高揚が一週間前に遡っていたことを知りました。
今回の釣行で私が一番嬉しかったのは、numassan(さん)の入魂を見届けた時はもちろんですが、実はそれ以上に、西武線での某・駅での別れ際、『長年ずっとソロだったのに仲間との釣行がこんなに楽しいなんて・・・』、という一言と共に握手した瞬間でした。
そして、その瞬間に、返歌が浮かびました。これから何度も何度も繰り返し繰り返しZacco FFを一緒に愉しみたい・・・、ならば、Milesの『Time After Time』しかないだろう・・・と!! Cyndi Lauperの歌をMilesがカバーなんて、当時は、え~っ!?、って思いましたが、元より素敵なメロディーですし、Milesにとっても何か特別な思い入れがあったのかな、と想像したりしています。釣行の一週間前に遡って、仲間のために選曲して貰えることなんて滅多になく、同行させて頂いた我々は幸せ者です。
numassan(さん)の新境地・・・Zacco FFを通じて、今後もお互いに、大いに楽しみましょう!! もちろん、良いシーズンには渓流も是非よろしくお願いします!!
ジョニーさん、こんにちは。
超ご多忙な時期を乗り越え、何とか平穏な日々がやってきたとのこと、良かったです!! しかも、超久しぶりのfarwaterさんとのツーショット!! やっと竿を振りに来ることができたジョニーさんと楽しく語らいながら黄昏時に釣りをしている姿を想像したら、何だか感激しちゃいました。
さてさて、TNK楽しみですね!! この週末は好釣だったようですし、後は好天を祈るのみ・・・ですね!! (^^ゞ
こんにちは。
当日のことが昨日のことのようによみがえっています。
天気にも恵まれ(→これが最もうれしかった!)、素晴らしい1日でした。
でも私はT川をまだ満喫したとは言えませんので、また機会を作ってみたいと思っています。
その際はまたぜひお付き合い下さいね。
Milesの『Time After Time』なるほど、そこまで頭回ってませんでしたw。
私の選曲Milesの『Relaxin』は、釣行前の高ぶりを落ち着かせて欲しいと考えました。テンポのいい曲で肩の力を抜いてくつろげるかなと…。
まぁ、良いものは何時も気持ちいいってこと。ですねアハハ
カチーフさん、こんばんは。先日は本当にありがとうございました。
当日、あれだけのピーカンの朝でも、思わず暗雲を呼び寄せてしまわないか・・・と心配してしまうカチーフさんと私。さぞやnumassan(さん)も不思議に思われたことと思いますが、それだけ我々二人にはおテントウ様はいつも遠い存在でしたね。その原因が私にあるであろうことはさておき・・・!? (^^ゞ
だからこそ、当日の晴天は本当に嬉しかったです。な~んだ、やっぱり雨男は他の誰かじゃん!!?? (←どの口が物申す・・・ですね (^^ゞ )
まずは来週のTNKですが、もちろん、GLさんHome Riverでもたくさんご一緒させてくださいね!! もちろん、雨降らさないように頑張ります(←って何を!?)
numassan(さん)、再び、こんばんは。
せっかく追加コメントも頂戴できましたので、更なる脱線を・・・ (^^ゞ
実は、私のiPodの中も古い曲ばかり。絶対に新しい楽曲にも素敵なものがあるはずなのですが、そもそも昔よりアンテナが高くなく、且つ、情報入手も乏しく、そんな訳で、音楽好きの方々がFBにアップされる音楽が貴重な情報源になっています。そんな私ですので、ついつい古いものばかり聞いてしまいます。けど、いつの時代も、良いものは良い、んですよね。
昔は、”ぴあ”、の新譜情報とかLive House情報とか、穴が開くほど読み漁っていました。中古レコード屋も良く通いました。渋谷のDiskland Jaroとかご存知でしょうか・・・?  実は身内が働いていました・・・ (^^ゞ
1980年代初頭はLive House通い。何と言っても六本木のPIT-INNは何度も通った最高の場所でした。ここで歴史的な演奏も食い入るように観ていました。六ピの狭いトイレでJohn Scofieldと”連れション”したのは、素敵な思い出です。 (^^ゞ  故・大村憲司さんの○周年記念Liveをじっくり観たのも良い思い出です。思えば、あれが憲司さんの演奏を聞いた最後になりました。その後、高円寺の蕎麦屋で遭遇したりしましたが・・・ (^^ゞ
コメント欄だけでは書けないくらいたくさんあり過ぎて・・・このくらいにしておきますね。続きはTNKでお話しましょう!!
そうそう・・・GLさんの選曲も私のsweet spotにハマリまくりで・・・ (^^ゞ いつもどのCDからかけようかGLさん愛車のピカソの中で悩みまくりな私です・・・ (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク