HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  カワムツOnlyのNK川釣行記

カワムツOnlyのNK川釣行記

7月14日(土)。蒸し暑い一日。

本日は兼ねてより、会社のメンバーとホタル観察の日、と決めてあった。花より団子ならぬ、ホタルよりBBQではあるのだが・・・

所用を済ませて、15時前に自宅を出発。時折、渋滞があったため、多々の裏道を抜けて向かったところ、16:30前には岩蔵温泉付近に来ることができた。

ならば、30分だけ・・・、ということで、そそくさとパラシュートを結び、いざ、NK川へ。ここは以前、息子を連れて、あんま釣り、を楽しんだ場所である。

渓相(?)は悪くない。水もクリアで、ここに流すと出そうだな、というポイントがたくさんある。

20120714_2.jpg

20120714_3.jpg

20120714_4.jpg

ちょっと大きめの#18のパラシュートを結び、いざキャスト。一投目から反応があるが乗らない。その後、数投目で、こんなカワムツをゲット。
20120714_1.jpg

ここぞ、というポイントに投げると、ことごとく反応があり、開始10分で7-8匹釣れたが、小さなサイズばかり。
20120714_5.jpg

ならば、ウェットだと反応はどうか?、ということで、#18のmihiro100均specialを結び、いざキャスト。しかし、思いの他、反応が悪い。どのポイントも水深が浅く、岩も飛び出ていたりで、流す場所もそれなりに選択が必要だった。

ここで釣れなければ駄目かも・・・、という場所で、しっかり狙って流してみたら、プルル・・・、と小気味良いアタリが。寄せてみたら、やっぱり同サイズのカワムツ。
20120714_6.jpg

さて、今日は釣りがメインではないので、このあたりで納竿。17時ちょうどだった。実釣20分の結果としては、まずまずだったと思う。

汗だくの身体でハンドルを握り、いざ名栗へ。既にメンバーは到着し、イタ長が作った美味しい燻製その他に舌鼓を打っていた。目の前は名栗川。まさに夕マズメ時で、本当なら竿を振りたいところだが、ここはぐっと我慢。
20120714_7.jpg

お腹もいっぱいになったところで、そろそろホタルでも・・・となり、皆で歩いてホタルポイントへ。ちなみに、ホタル観察の場所は、名栗川と有間川が合流するあたり。さわらびの湯、という温泉の真下のあたりで、何とも凄い人だかりだった。

しかし、予想とは裏腹にさほど飛んでおらず、ホタルの数の何倍も人が居るという感じ。対岸の遠いところを飛んでばかりなので、撮影は無理・・・とは言え、試しにシャッターを押してみたら、こんな写真が撮れた。トリミングしてズームした写真。
20120714_8.jpg

子供達はものの数分でホタルに飽き、蛍光ホタル?で遊びだした。我が家の子供達も昔そうだったが、いくつか繋げて輪っか状態にし、くるくると回し始めた。これを撮影したらどうなるのかな、と思ってシャッターを押してみたら、意外に綺麗な写真になった。嬉しくなって、子供達に見せたら、”惑星みたい・・・”、とのこと。なかなか適切な例えだな、と感心。
20120714_9.jpg

結局、21:30くらいまで名栗に居たが、会社メンバーを中央線の三鷹駅に降ろしたのは22:40。名栗は安近短な里川だと再認識。しかし、ここで真面目にFFで釣ったことはなく、そのうち、チャンスを見て、一度、Zacco狙いで1日竿を振ってみたいと思っている。

ちなみに、スモールマウスバスが居るらしい。このあたりは綺麗な渓流なのだが、こんなところにも居るのか・・・困ったものである。

もし釣れたら、そのまま歩いてイタ長の家に持参し、美味しいムニエルかカルパッチョでも作ってもらおうかな。
ちなみに、我が人生の今まで、霞ヶ浦で釣ったバス以外は、すべてお腹の中に収まっている・・・

蒸し暑く大汗をかいた一日だったが、短いながら釣果は悪くなかったし、仲間と楽しい一日だった。明日は早朝から息子の重要な試合でAway行き。

この三連休、もう一回くらい竿を振りたいと思っている。
スポンサーサイト
Comment
ホタルはもう時期外れだと思ったんだけど、まだみられるんだね。もう随分長い事ホタル見てないな。昔はいたるところで見られたんだけどね。
ところでバスって、美味しいの?
Sちゃん、コメントありがとう。
ホタルはそろそろ終わりかな。けど、少し見れてラッキーでした。

ちなみに、バスは美味しいよ。腹にセリを入れて焼くと美味しい、とカヌーイストの野田氏はウン十年前からおっしゃっています。琵琶湖周辺では、給食に出るって話も聞いたことがあります。全く関係ないが、僕は鮒寿し好き・・・

僕の経験からすると、捌いた時の身は如何にも美味しそう。それを見ると本当はお刺身にしたいところだが、淡水魚だし怖い部分もあるので(過去の実地検証によれば、名栗川のスモールマウスバスは大丈夫らしい by Jetpapaさん記事)、酢締めかカルパッチョで試してみたいところ。ちなみに、ムニエルも最高です!

酒飲みの我々には、そそるよなぁ・・・ ^^;;
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク