HOME   »  釣り全般  »  少年時代を過ごした故郷の川との再会 ~冬のTNG・前編~

少年時代を過ごした故郷の川との再会 ~冬のTNG・前編~

1月10日(土)

『冬のTNG』の決行日。あえて、“冬の”、が付くのには理由がある。TNGと言えばテナガエビなのだが、冬にはもう一つのTNGがある・・・、そう、T:タ、N:ナ、G:ゴ!!
20150110_01_TOP.jpg

タナゴ釣りは決して冬だけのものではないが、私個人的には何となく冬の釣りのイメージが強い。先日のfarwaterさんとの初Zacco FFの日に、“タナゴ釣りに行きたい!”、と私が申し出たところ、farwaterさんも何故か大いに盛り上がって頂き、あっという間に、タナゴの仕掛けだのタナゴ釣りの本などを仕入れる程まで・・・。そして、私が言い出したわずか翌週にいざ釣行という段取りになった。しかも、ジョニーさんまでご同行頂けると言う。これは愉しくない訳がない!!

しかし、3人共に“冬のTNG”初心者。ポイントをWEB検索してみたが、タナゴ関連のブログの数はたくさんあるものの詳細ポイントまで記載されているものは皆無。それだけ、皆苦労してポイントを発掘しているのだろう。

当日はAM9時過ぎにはfarwaterさん宅で合流。すぐにジョニーさんとも合流し、しばし3人でポイントに関しての討議。全く確証はなかったが、私が幼少から物心付くまで過ごした田舎町のホソを目指してみよう、ということになった。20年近く経過しているので既に宅地に変わってしまっているかもしれない。しかし、たまたま偶然、大昔に同市にお住まいだったジョニーさんもいくつかお心当たりがあるとのことで安堵しながら向かった。

小学校1~2年までは兵庫県の西宮、3年生の2学期までは東京は世田谷、3学期からこの市に移り住み就職する1989年春まで過ごした我が故郷の街。すなわち、私の原形が作られた街。その後、実家は1995年に埼玉県鳩山町に移ってしまい、それ以降はこの街を訪れる機会に恵まれていない。

farwaterさんの車で楽しい道中、毎度ながら会話が途切れることがない。徐々に近づく我が郷愁の街。かなり道路自身も変わってしまっていたが、懐かしい駅横を通過し、何度も通った釣具屋を通り、お世話になった肉屋やクリニック、近所の米屋、公園など・・・。運転手ではない私はあちこちキョロキョロ・・・、思わず会話もそぞろになる程すっかり強烈な郷愁に浸ってしまった。何とジョニーさんも当時は新設だった中学校(我が妹が通っていた)に試合に来たことがあるとおっしゃる。

そして、幼少の頃に何百回も通った懐かしいFTN川に到着。感涙に咽ぶかと思ったものの、当時の流れに富んだ川がただののっぺりとした川に様変わりしており、それほどでもなかった。当時あれほど居た釣師はただの独りも居ない。河岸に自生していた木々もほとんど無かった。それでも、要所要所は記憶にしっかり残っており、目的の小川を目指して皆で歩いた。
20150110_01.jpg

それでも、歩き初めてすぐに、懐かしい記憶と光景がこの眼に加速度的に飛び込んで来た。この川、この光景・・・やっぱり懐かし過ぎる。私の釣り人生が始まったのは他でもないこの川。ここで様々な魚に出逢った。

父親と予め釣りに行く約束をしていた日のこと。突然親戚が遊びに来てしまったのだが、父親に無理やりせがんで、親戚を家に残したまま釣りに連れて行ってもらい良型のマブナに出逢えたことが初釣りだったように記憶している。その後、頭の中は釣りばかり。中学生になってからは仲良しの釣り友ができ、この川や周辺の川に通いまくった。学校から帰宅したらすぐに釣り。中学生時代は班で強制的に回覧され書かされていた日記には釣行記ばかりで担任の教師に呆れられた。

婚姻色のオイカワの美しさに子供心に一目惚れし、大型の鯉やハスに出逢ったのもこの川。ルアーというものに初めて出逢い、ナマズやライギョ、ニゴイと戯れた日々。最初のナマズは赤いスプーンだった。ライギョやニゴイは小遣いを貯めて購入したクランクベイトだった。雨後の増水ではレンギョが跳ねる横にルアーを投げていた。

この写真の右側のポイントは初めてライギョを釣った場所。カエルのポカン釣り(カエルを針に尻掛けするだけの簡単な仕掛け)だった。小学生時代に初めて感じた、安い竿をぎしぎし撓らせる60cm超えのライギョの手応えは、未だに一部始終を思い出すことができる。
20150110_02.jpg

強風の北風の中、程なくして目的の小川に到着。
20150110_03.jpg

ホソという程のポイントではないが、近所のホソや小さな流れ込みで釣りをした経験があったので、“まぁ、ここならきっと大丈夫だろう”、的な感覚で訪れてみた。
20150110_04.jpg

3人でワクワクしながら、それぞれ気になるポイントを探して彷徨う。
20150110_05.jpg

ジョニーさんのTNGバンブー。もちろんkawagarasu工法!! 激写しているfarwaterさんをパチリ。
20150110_06.jpg

しかし、あろうことか生命反応ゼロ・・・まさに全くのゼロ。せめてクチボソやマブナくらいは絶対に・・・と思っていたが見事に玉砕。晴天だったものの北風の強風・・・、我慢できずコーヒータイム。ジョニーさんお手製のストーブで愉しむ野点コーヒー、毎度ながらホッとできるヒトトキだった。
20150110_06_2.jpg (farwaterさんのiPhoneで撮影)

この後、この場所は早々に諦め、隣町に移動。そこで、ウン十年振りにタナゴに出逢えることになる。

(後編に続く)




スポンサーサイト
Comment
 昨日は風もなくポカポカ陽気に誘われて近くの細を回ってきましたが、生命反応全くなし。
 昨年、亀岡市を案内していただいた京都のタナゴ釣りが懐かしいです。
 真冬でも沢山いまして結成も高くビックリしました。
 僕の人生初のTNKでした。

 自宅付近は厳しいです。
おはようございます。
タナゴ釣り、楽しそうですね!
こんな繊細な釣りは、大物を求めるのとは違った楽しみがありますね^^
続編も楽しみにしています。
jetpapaさん、再び、おはようございます。
TNG...きっと安近短なポイントがたくさんあると思っています。たんぼがあればホソがある訳で、要は魚が集まってくれるホソを見つければ良い訳ですものね。けど、ここが結構難しそうでした。
マブナ、クチボソ、タナゴ・・・、少年時代の私にとっては身近な雑魚で、釣るのもさほど難しくなかったのですが、思い返してみると、こんな真冬には釣りに行っていなかったのかもしれません。
TNGもかなり面白かったです。Fly Rodが振れなくなるくらいの歳になっても続けられるよね・・・と当日もfarwaterさんやジョニーさんと話していました。どうでも良い話を楽しそうにしゃべっているおじいちゃん達を見て、我々もあんな風になるかなぁ~、なんて話していました・・・ (^^ゞ
しげさん、おはようございます。
これ以上の繊細な釣りは無いのでは・・・と実感しました。周りのおじいちゃん達の道具は繊細そのもの、練り餌まで秘法が含まれ・・・親ウキにはアタリが見えない程の繊細さ。名人は40尾以上釣っていました。
後編もお楽しみに~♪
Green Cherokee さん、おはようございます。
時代は変わっても景観が様変わりしても、
こころのなかの風景は変わらないでいるのですね。
ボクも父にせがんで連れっててもらったので
自分のことのように読まさせて戴きました。

ステキな記事ですね、後半も楽しみにしております(^^)
初めまして。
前から、オイカワのFFで拝見させて頂いてました。
タナゴ釣りなので、思わずライズしてしまいました。(^_^;)
タナゴのポイントは、釣り人からの情報がいちばんです。
後編を楽しみにしています。
Green Cherokee さん こんばんは。

タナゴ釣り!!!いいですね~
新しいブーム到来ですか!?

実は、先日K川でお会いした次の日、一人でタナゴを釣りに行きました(笑
あの繊細な当たりが寒さを吹き飛ばします。。。

今年ははずれ年のようですが、そこそこタナゴの釣れるポイントが練馬区にもありますよ~(笑
Googleマップにも載ってないかわいらしい池ですが・・・

後編も楽しみにしています!
面白そう
タナゴですかぁ💛
これも楽しそうですねぇ。
“取り子”と呼ばれる人が居て、場所がわかると根こそぎ浚(さら)って行っちゃうそうで、ポイントは秘匿されがちですよね。
確かに冬の釣りな感じがしますね。
実はタナゴポイント、心当たりがあるんですよ。
今度調査して来ます!∠( ̄へ ̄)

それにしても読ませる前篇です。
まるでGC少年がそこに居るかの様です。
後編、期待です♪
遅ればせながら,謹賀新年
正月2日から4日までスキー,
7日から今日13日までインフルエンザの僕ですから,まだ初釣りはできていません。カナシイ……
「関東のタナゴ釣り,関西のモロコ釣り」と言われますが,残念ながらぼくはまだどちらも経験していません。暖かくなったら,ちょっとやってみたいと思います。
こんにちは。
もったいぶらせ感満載の前編、楽しく読ませていただきました^^。かっしーさんに情報もらってください!週末行きましょう!!
Gran Lussoさん、こんにちは。
素敵なコメント、嬉しいです。心の中の風景、そのものなのですね、きっと。子供の頃の懐かしい川のそばで空気吸えただけでも嬉しかったです!!
とても小さい頃なのに、当日の記憶は凄く鮮明なんです。それだけインパクト強かったのでしょうね、きっと!!
kumaさん、こんにちは。
初コメントありがとうございました。こんな辺境のブログを訪れて頂き、本当にありがとうございます。
貴ブログも拝見させて頂きました。タナゴも凄い釣果ですし、オイカワのフライも似たようなものをお互いに活用しているようですね!!
どこにお住まいなのかはわかりませんが、機会があれば、是非、我が身近な川で一緒に竿を振りましょう!!
ヤマメ愛くん、こんにちは。
タナゴもやるんだね~!! 是非、ノウハウをおじさん達にご教授ください・・・ <m(__)m> もちろん、もれなく緑チェロキーでの送迎付き、お昼ご飯付き・・・で!!
よろしくね!!
かっしーさん、こんにちは。
子供の頃の郷愁があまりに強く、1つの記事には収まりそうになかったので、前編・後編にさせて頂きました・・・ <m(__)m> 子供の頃の経験でも、インパクトの強い記憶はかなり鮮明に覚えているものですね~。当時の父親にせがむ時の、低い位置からの目線まで思い出しました。(^^ゞ
こんな記事でも、愉しんで頂けて何よりでした!!
リョウさん、こんにちは。
そろそろ体調も復調されましたか? 関西のモロコ釣り・・・楽しそうですね。
暖かくなったら是非行ってみてください・・・・と言いつつも、暖かくなったら、ついつい渓流に・・・ですよね~♪
farwaterさん、こんにちは。朝からFBでは色々とどーもです!!
『もったいぶらせ感満載の前編』と感じて頂けて、書く側としては、”してやったり!!”、です。(^^ゞ
今週末行きたかったのに・・・・、なぜか新千歳空港でコメント書いている私が居ます・・・。まだ飛びそうにありません・・・とほほ・・・
Green Cherokeeさん、遅コメ失礼します。
タナゴはやったことも見たこともありませんが、あの空気感は充分にわかります。きっと私も好きだと思っています。
少年期のマブナ釣りは小さなバケツぶら下げて、ミミズ掘って、立ちウキでやってましたが、そんな釣りに郷愁を覚えます。うららかな春がぴったりですね!
numassan(さん)、こんばんは。
タナゴは、そのまったり感とは裏腹のかなりの奥の深さと言いますか、独特の世界観と言いますか・・・
何はともあれ、私自身も”超久しぶりの”一尾を釣りたいです・・・ なにせ当日はマブナだけだったもので・・・ (^^ゞ
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク