HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  夕方の束の間のK川 ~親子Fly Fisherとの出逢い~

夕方の束の間のK川 ~親子Fly Fisherとの出逢い~

1月18日(日)。

早いもので高2の我が長女も本厄のお年頃で、近所の神社に家族で厄払い。その後、皆で近所のラーメン屋で昼食を取り、解放されたのは既に午後2時過ぎ。

それでも、つかの間のZacco FFを愉しむべく、いつもの我がHome Riverに向かった。風も弱く晴天、まさに真冬の釣り日和。自転車のペダルを漕ぐと少し暑く感じる程。

O川沿いに下りつつ、いつもの合流ポイントを目指すと、見慣れない青年がFly Rodを振っていた。声をかけてみると、反応は今ひとつとのこと。もう一人、Fly Fisherを見かけたよ・・・と告げると、『父です!』、との回答。

親子でFly Fishingなんて素敵だなぁ~、と思いつつ、K川上流部の釣行をお誘いしてみた。しかし、もう少しO川で釣りたいとのことなので、とりあえずK川上流部に先行するので後程良かったら合流しましょう、とお伝えしてお別れした。

午前中はカチーフさんがY川でツ抜けとのご報告を受けていたので、ルンルン気分で実釣開始。まずはドライを結んだ。しかし・・・、反応は極少。フライか、もしくは流し方の問題か、いや、もう陽も傾きかけた午後遅い時間帯だからなのだろうか・・・? ついつい弱気に『ボ逃れ』するべくウェットに結び換えた。

程なくして、一応、『ボ』逃れ。写真に残すべきか悩んだ極小サイズ・・・、撮影のモチベーションも湧かず、イイカゲンな構図でパチリ。小さくても一尾は一尾なのだが・・・
20150118_01.jpg

”今日は厳しそう・・・”、そう思いつつ、愛竿Blue Heronを撮影。先程の親子さんが来るかもしれないので、それぞれのポイントをサラッと試し振りして、どんどん下って行った。
20150118_02.jpg

ここぞと思うポイントでも反応は極小。アタリはあるにはあるがフッキングせず。先程のサイズを3尾釣り上げた時点で、”今日はダメだぁ~”、と独り言を言いつつ水温チェック。その時に、河岸から親子さんに声を掛けられた。この時点で既に16時過ぎ。
20150118_03.jpg

せっかくの機会なので、日没までの束の間、上流のポイントを御案内させて頂いた。ここぞと思うポイントにて竿を振る親子Fly Fisher。
20150118_04.jpg

CDCのドライで攻めていた息子さん。見事にオイカワをゲット。ガイド役としても安堵した瞬間。我がmihiro師匠と同い年の彼、ピースサインが可愛い。
20150118_05m.jpg

その後、我が愛竿Blue Heronを親子に振って頂いた。普段はAガーデンで愛用している#4の『鋼』ロッドと比べたら物凄い差だっただろう。元よりキャスティングが上手な息子さんはすぐにBlue Heronに慣れて、とても綺麗なキャスティングを披露・・・思わず、『巧い!!』、と叫んでしまった。その後、ちょっと遠慮がちだったお父さんにも強引に振って頂き、その差を愉しんで頂けたものと信じている。

さすがにフライも見えなくなるくらい暗くなってしまったので納竿。三人で河岸を歩きつつ色々とお話を伺ったところ、彼らをこの川に出向かせたのは、以前にこの川が掲載された某・フライ雑誌と、Fly Shopの店員のお勧めだったとのこと。この川に関するブログは一度も見たことがないとのことだったので、請謁ながら我がブログをお伝えさせて頂いた。そして、再会をお約束してお別れした。

その後、ビールのツマミ用にクレソンを摘んでから自転車に戻ったところ、なんと息子さんが缶コーヒーを持って私の下に歩み寄って来て下さった。彼らとお別れした後に下流にクレソンを摘みに行ってしまったので、恐らく彼は、寒空の下で私のことをしばらく待っていてくれたのではないかと思っている。

『今日はありがとうございました。どちらかお好きな方を・・・』、と両手で差し出してくれた缶コーヒー。遠慮なくTULLY'sブランドの方を頂戴し冷え切った身体に流し込んだ。缶コーヒーのCMでお馴染みの、まさにホッとするヒトトキ。
20150118_06.jpg

寒空の下、貧しい釣果だったものの、とても温かな気持ちになれた釣行。朗らかな気分で帰宅し、早速、クレソンをツマミに晩酌開始。今日は、クレソンと鶏肉のニンニク炒め、そして、毎度のクレソンの胡麻和え。湧水横に生えるクレソンには臭みも全くなく、さっと湯通ししただけで美味しく食べられる。
20150118_07.jpg

帰宅してから知ったことだが、numassan(さん)もこの親子さんに遭遇したとのこと。期せずして、この親子さんはnumassan(さん)と私のBlue Heronを振り比べできたことになる。もしかしたら、そのうちBlue Heron Userになる日が来るかもしれない・・・

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

埼玉県S市からお越しの親子Fly Fisherのお二人へ

今日は日没までの本当に束の間でしたが、お楽しみ頂けましたでしょうか? 何とか一尾釣って頂けて、私も安堵しました。普段はもっと釣れる川なのですが、今日はここ数年で一番厳しかったように思います。今後、暖かくなるにつれて、たっぷり楽しめる川に変化しますので、是非またお越しくださいね!! 
それにしても、親子でのFly Fishing。。。何とも素敵で微笑ましく、そして、羨ましかったです!!

追伸)
拙ブログのリンクの方々のブログは本当に知見に富んだものばかりです。是非ご訪問してみてくださいね。





スポンサーサイト
Comment
おはようございます。
意外とシャイなfarwaterです(笑)。
さすがTNK広報部長(^_^)。GCさんのお人柄ゆえのエピソードですね(^_^)
こんにちは。
そちらは、風の影響が少ないのですかね。
こちら、茨城県県南は、この所かなりの強風が続き、FFは厳しいです。
親子でFFしている人は、羨ましいです。
GreenCherokeeさん こんにちは

素敵な出会いでしたね。
思えば私も皆さんに出会い始めたZaccoFF
これからもいろんな方がK川やZaccoFFを楽しんで
仲間が増えていくといいですね。

S市の父です^^;
昨日は、初めてお逢いしたのにもかかわらずポイントまで案内して頂きありがとうございました。この川の美しさと、皆様の優しさにこの川のファンになってしまいました。また寄らせていただきます。よそ者ですがどうかよろしくお願いします。
Green Cherokeeさん、こんにちは。
お隣の川同士で釣りをして、同じ親子FFさんと遭遇し同じような会話をしていたのですね。すてきな出合いでした。
たぶん、またお目にかかることでしょう。
彼もお父さんもこれからもっと上手くなると思うな。そして、我々のお仲間になってくださいね!
GreenCherokee さんの「おもてなし」精神のこもったガイドは定評ありますもんね!親子FlyFisherさん達、さぞご満足いただけたことでしょう(^^)

親子でフライって羨ましいですね。うちの娘はエサ釣りにしか興味なくて。。。
 こうあって欲しいといつも思っているのです。
 趣味を通しての出会いですから楽しくせっかくですから釣ってもらいたい。
 G.C.さんの人徳です。
 仲間が増えますね。

 
farwaterさん、こんばんは。
私の人柄はさておき・・・、我が身近な川でFFをマナー良く愉しむ方々が増えるって、本当に素敵なことですよね!!
本当に素敵な親子さんでしたよ!!
kumaさん、こんばんは。
茨城県の県南・・・懐かしいです。実は、学生時代まで住んでいた埼玉県越谷市から、毎週のように筑波山や加波山周辺の林道をバイクで走っていました。当時はほとんど釣りをしておらず、今となっては、ロッド片手にツーリングしたかったな、と後悔しきりです・・・ (^^ゞ
改めて思い返してみると、親子で我が身近な川でFFを愉しまれていた方は、この親子さんが初めてでした。本当に微笑ましく、そして、羨ましかったです!!
ナシオさん、こんばんは。
ナシオさんのコメントを読み、私も初めてこの川でFFした日を懐かしく思い出しました。あの時は、mihiroさんのブログも知らない出向きました。通うようになってしばらくしてからmihiroさんに出逢い、Y川でお会いした釣り友の方々ともこの川にご一緒するようになり、そして、この川でナシオさんや様々な方々と出逢うことができ、今に至ります。
今後も、小さなオイカワが広げてくれる大きな輪を愉しんで行きたいと思います!!
鍋でご飯さん、こんばんは。先日は私の方こそ楽しませて頂き、本当にありがとうございました。
文中にも書かせて頂きましたが、親子のお二人の会話の全てが微笑ましく羨ましかったです。理想の親子って思って接していました。
そして、息子さんに良い思いをさせてあげたい、という父親としての気持ちもとても伝わってきました。我が愛竿Blue Heronを振っている時の息子さんの楽しそうな姿を一歩引いたところから微笑んで見つめるお父さん、素敵でしたよ!!
S市からもさほど遠くないですし、是非、今後もたくさん通ってください。一番厳しいと思われるような日を既にご経験されたのですから、後は釣果が良くなる一方ということで!!(と言っても、朗らかな冬の日限定ではありますが・・・(^^ゞ)
またお会いしましょう。是非、親子で連れだってお越しくださいね!!
追伸)
缶コーヒー、御馳走様でした。冷え切った骨身に沁みる素敵な一杯でした!!
numassan(さん)、こんばんは。
我々二人がこの親子さんに遭遇していた事実・・・、後から聞かされて何とも驚きました!! (^^ゞ
お父さんもコメントされていますが、”この川の美しさ、皆様の優しさでこの川のファンに”・・・なんて言って頂けると本当に嬉しいですよね。
この親子さんには、カラシナの花が満開になり、イタドリが芽を出すうららかな春に、是非、お越し頂きたいと思っています。この川を一気に大好きになって頂けると思います!! numassan(さん)も是非ご一緒してくださいね!!
Gran Lussoさん、こんばんは。
当日は何せ日没間際の超短時間で・・・、ろくな『おもてなし』は出来なかったのですが、何とか息子さんが一尾釣り上げてくれたので、ぎりぎり面目躍如って感じでした。(^^ゞ
GLさんのお嬢さん、お年頃なのに釣りに付き合ってくれるなんて素晴らしいですよ!!餌を平気で付けられるってあたりも偉いです!! 
我が家の娘は、家族での防波堤での釣り、ならたぶん喜んで付いて来てくれそうです。彼女、へち釣り、が大好きなんです!!(2013年8月の記事に載っていますので、宜しかったらご覧くださいね)
けど、私と二人の釣りだと、付いてきてくれないかも・・・ (ぐすん (T_T) )
jetpapaさん、こんばんは。
趣味の世界ですから『楽しく』は必須、そして、『ゼロとイチの差』は果てしなく大きいので何とか一尾だけでも釣って頂きたい・・・と思って、ちょっと急ぎ足でご案内させて頂きました。
この親子さんには、次回はもっと暖かい日中の時間帯にゆっくりご案内させて頂きたいと思っています。できれば、四季を通じて通って頂きたいと思っています!!
こんばんは。
GreenCherokeeさん
この日は超ニアミスでしたねっ!
知っていればモチロン、ご挨拶しましたが残念です。
numassanと風強いからか、誰もいませんねって話してたんですが、やはりKu川には必ずどなたか出撃してますね(笑)
次回お会いした際は色々とよろしくお願いします。
(´・ω・`)ノ
うおさん、はじめまして。
何ともニアミスでしたね。O川にいらっしゃると存じていたら、そちらに出向いたのですが・・・ (^^ゞ
お会いできる日が来るのは、もう時間の問題ですね。こちらこそよろしくお願いします!!
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク