HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  釣竿持参で安近短な湧水巡り ~後編~

釣竿持参で安近短な湧水巡り ~後編~

1月25日(日)の釣行記。後編。

20150125_20.jpg

既に20km近くの距離をいわゆるママチャリで移動、日頃の運動不足が祟り膝が少し笑ってしまう状況で、ブーツに履き替える時もちょっと怪しい足取りだった。前記事の通り、橋の向こうで老人と話しているFly Fisherを眺めつつ、河岸のコンクリートに寄りかかりしばし休憩。程なくして、そのFly Fisherはこちらに向かってきてペコリと頭を下げた。やはり予想的中、ヤマメ愛くんだった。

若干・中学二年生とは思えない落ち着きを見せる彼(我が息子より一歳だけ上なのだが、この差はいったい・・・??)。日頃は部活が忙しい彼だが、最近、ブログを開設し微笑ましい釣行記を綴っていて、私も愛読させて頂いている。

部活やイベントの日々からようやく解放されて、やっとZacco FFに来ることができた、と嬉しそうに語る彼。しかも、同日夜に海にも出向くとのこと。『ならば時間勝負、思う存分釣ってから帰らないとね!!』、と声をかけて、私は上流側で休憩継続。Fly Fishingのテクニックはmihiroさん直伝、綺麗なループでピンポイントにフライを投じる姿を惚れ惚れ眺めていた。

そして、あっと言う間に、良型のオイカワを二尾ゲット。思わず記念撮影。
20150125_01_20150201102710129.jpg

反応は悪く無さそうだったので、私も橋の上流側に移動し釣行開始し、まずまずの型を一尾ゲット。
20150125_02_201502011027115dd.jpg

この一尾で気持ちは納竿モード。再び、ヤマメ愛くんのところへウェットを流しつつ下って行くと、釣りする手を止めて水底の大きなゴミを回収しようとしていた。彼もmihiroさんと共に、この川の立派なRiver Keeperに成長することは間違いない。
20150125_03_20150201102713ae5.jpg

反応も今一つになったところで、二人で上流側を目指した。途中、モクズガニの亡骸を発見。生きている姿にお目にかかりたいもの。この小さな生き物が、海から一歩ずつここまで遡上してきたことを考えると、とても愛おしく感じる。
20150125_04_20150201102714712.jpg

一級ポイントでフライを投じるヤマメ愛くん。しかし、どうやら反応は激渋の模様。
20150125_05_20150201102715c7b.jpg

順調な成長を遂げるカラシナ。既にトウが立っているものも一部存在した。
20150125_06_2015020110364041e.jpg

更に上流側で二人のフライマンが河岸でおしゃべりしていた。近づいていくと、永谷園お茶漬けカラーBlue Heron Rodの持ち主のもりもりさん。本当にお久しぶり!!もう一人はお初の顔合わせ、新宿からお越しのTさん。正統派Fly Fisherの装備で知識の泉のような方だった。

お二人に伺うと、どうもこの辺りのポイントは厳しそうとのこと。もりもりさん曰く、川鵜が増えすぎてほとんど食べつくされてしまった、とのご意見。ならば、まだ下流側の方がマシですね・・・となり、Tさんは下流に下って行かれた。残った3人は更なる上流側をチェックしようということになり共に遡上した。

写真では分かり難いが、竿を振るもりもりさん。
20150125_06_2.jpg

しかし、完全なる沈黙・・・。諦めて下流側のTさんのところに向かうべく来た道を戻った。ここで、ヤマメ愛くんは時間切れで帰宅。別れ際もしっかりと挨拶ができる好青年。

もりもりさんと二人になり、懐かしい話を愉しみつつ歩いていると、下流側から一人のFly Fisherがこちらに向かってくる。numassan(さん)の釣行記に載っていたFly Fisherに風貌が似ていることに気付いていたが、リールに巻かれたリリアンラインの色を見てうおさんだと確信。(うおさん、出会いがしらにいきなり手元を凝視してしまい大変失礼しました・・・)

既にnumassan(さん)やカチーフさんのブログを通じて存じあげていたうおさん。とはいえ、生身のうおさんとは初対面。いつも思うことだが、“初めまして”、のご挨拶への違和感。“初めまして”、の後にすらすらと過去の話題を語り合える関係・・・ブログの縁とは不思議なものだと思う。その後、うおさんにとってはお初となる上流側を探索したいとおっしゃるので、後程の再会を約束して、しばしのお別れ。

その後、合流ポイントでもりもりさんはフライを投じるも結果は出ず。
20150125_07_2015020110364379c.jpg

Tさんとも再会するも結果は今ひとつとのこと。3人ですっかりおしゃべりモードに突入。ここで思いがけないことが・・・なんとTさんはタナゴ釣り名士でもあることを大発見。フライだけではなくタナゴに関しても知識の泉だったTさんに、たまたま所有していたタナゴ仕掛けも見て頂き、いろいろとご教授頂いてしまった。思わぬところでタナゴ情報に出逢えてしまう・・・これも不思議なご縁。

ここでもりもりさんも時間切れ。電車でお越しのTさんは、帰りしな、駅の近くの上流ポイントで納竿したいとおっしゃる。うおさんもなかなか下りて来られないので、様子見を兼ねて2人で再び遡上。先程、沈黙の反応だったあたりでうおさんに再会。結果を伺うと、まずまずの型のオイカワが釣れたとのことで、良かった、良かった!! 既に日没直前だったが、うおさんもお誘いし、3人でTさんのポイント(私自身も初のポイント)を目指した。

ポイントに到着し、お手製のリリアンラインで綺麗なキャストを繰り返すうおさんを撮影。残念ながら魚には出逢えず終い・・・。
20150125_08_201502011036448d0.jpg

Tさんは慣れ親しんだ一級ポイントにてウェットでオイカワをゲット。私は川沿いの遊歩道から見学しつつ、釣れた瞬間を記念撮影。
20150125_09_2015020110364502e.jpg

遊歩道でぼんやりしていると、一人のFly Fisherが遠くを歩いていた。下流側で3人でおしゃべりを愉しんでいる時も一人のFly Fisherが釣りを愉しんでいる姿が目に入った。小春日和のおだやかな一日だったことも手伝い、午後からの釣行だけで7名、午前はmihiro師匠も釣行していたらしいので総勢8名のFly Fisherが居たことになる。

Tさんともお別れし、すっかり暗くなった遊歩道をうおさんと共に歩いた。直前に初対面した相手とは思えない会話を愉しんだ。光栄にもずっと拙ブログも読んで頂けていたとのこと、numassan(さん)同様、最近、Zacco FFを始めて以来、物凄いハマリっ振りのご様子。今後もたくさんご一緒できる機会があることだろう。

それにしても、我が身近な川も有名になったものだ・・・としみじみ思う。渓流とは異なり、マナー良く適度に散らばれば皆でまったりと釣りを愉しむことができるZacco FF。

都心近く、且つ、真冬でもFly Fishingが楽しめる湧水豊富な奇跡の川。この川の貴重さと有難さを皆で共有しつつ、共に末永くZacco FFを愉しみ続けたいと思う。


スポンサーサイト
Comment
もりもり
久々にお会い出来て楽しかった永谷園カラーのもりもりです。
先日は久々のK川での川遊びだったのですが、想定外の鵜害?・激シブ?
非常にスッキリしないモンモンとした思いでした。
・・・って事で・・・
昨日、2月3日(火曜日のド平日)に仕事を遊休してO川へ先日のリベンジに行って来ました♪
早朝からO川は絶好調♪・・・お昼までに数え切れない程のお魚に遊んでもらいましたぁっ♪
そうそう、昨日のO川で新宿FFMさんと再会(ビックリ笑)。。。
・・・久々のO川の感想・・・
●水草が減った?
●オイカワの型が小さくなった?
★O川にも数匹の鵜が飛来チュウ(目撃)!食事チュウ(目撃)!(O川も鵜害の影響?)
まだO川はK川に比べてお魚が水草で守られているようですね♪
でわでわ。。。
Green Cherokee こんばんは!

湧水めぐりby bicycle,おつかれさまでした(*^_^*)
私も暖かい季節は交通費削減のためですがs並区からチャリでk川まで行ったりしてます(笑

先日は、zacco FFを通してゆっくりお話ができて
楽しい時間が過ごせました。
ポイントを譲っていただいたり・・・
ありがとうございました<(_ _)>

私以外に総勢7名のFly Fisherさんがいらしていたとは。。。
驚きです\(◎o◎)/!K川も有名河川ですね(笑

しばらくは昼の釣行のチャンスはありませんが
また川でお会いできる日を楽しみにしています!

Green Cherokeeさんのところから私のブログへお越しいただいた皆様にも末永く御愛読していただけるように
国語の勉強も頑張りますッ(^^)v






Green Cherokeeさん

Green Cherokeeさんのスペルに気を取られて「さん」
を落としてしまいました(汗)
大変失礼いたしましたm(__)m
英語も頑張らないといけませんね(-_-)
GreeCherokeeさん
こんばんわ。うおです。

いやいや~嬉しいですね!
自分の話題が盛りだくさん!

本当にありがとうございます、光栄です!
この日、以前から一読者っだ自分と初めてお会いしたのに親切に色々お話し頂けてとても楽しい一日になりました。
職場でも興味無い同僚に自慢する始末です(笑)

また「愛しき身近な里川と自然」に出演させて頂きたいので、今後ともよろしくお願いします!
(図々しくてスイマセン)
もりもりさん、こんばんは。
当日は久しぶりの再会で嬉しかったです!!
K川激渋の後、O川では爆釣でしたか!! やっぱりO川はパラダイスですね。(^^ゞ この環境、大切にしたいものですね!!
ところで、水草が減った理由に興味あります。以前、カワウが水草をかき回してい潜水している姿を見たことはありますが・・・勝手に責任を押し付ける訳にもいかず・・・ (^^ゞ
ヤマメ愛くん、こんばんは。
今までは超束の間しかご一緒できなかったけど、先日はやっと二人でゆっくりできたような気がします。一緒に居て微笑ましく清々しい気持ちになれた釣行でした。こちらこそ本当にありがとう!!
以前、北海道の超ベテラン釣師(拙ブログにも登場するT氏)と面白い話をしました。ドリフトボートで下っている時、河岸からルアー投げている釣師が居て、僕が『こんにちは。お疲れ様です!』って声をかけたんです。するとT氏から、『楽しいことやってるんだから、お疲れ様ではない!!』、って注意されたんです。なるほど~って思いました。それ以来、釣師や何か趣味に没頭している人にはお疲れ様と言わないようになりました。
そんな訳で、身体への疲労はあれど楽しいサイクリングでした。珍しく筋肉痛になった情けないオジサンでしたが・・・ (^^ゞ
しばらくは学業と部活で忙しいみたいだけど、川も魚も逃げないので、良い時期になったらまたご一緒しよう!!
ヤマメ愛くん、再び、こんばんは。
英語ね・・・ (^^ゞ これは今からの時代を生き抜く人にとっては必須です。
ヤマメ愛くんみたいに何でもすぐに吸収できてしまう柔らかい頭なら、数か月勉強するだけで日常英会話の基本はしゃべれるようになると思います。
オジサンは応援しています。頑張ってね!!
うおさん、こんばんは。先日は本当にありがとうございました!!
先日は、うおさんと一緒に竿を振れなかったので写真は極少でしたが・・・束の間の割には色々とお話できてとても光栄でした!!
うおさんもnumassan(さん)も、極めて最近Zacco FFを始めた割には物凄くハマりまくっていらして・・・、そのハマリっぷりが本当に嬉しいです。
私もZacco FFを始めた頃、数か月の間は完全ソロでしたが、やっぱりうおさんみたいに毎週通っていて、今の安近短な頻回&束の間Zacco FFのスタイルの基礎が出来上がりました。
ですので、うおさんスタイルの15時からのZFF、大いに共感できます。色んなことが両立できるZFFって本当に素敵ですし、愉しめるFieldが身近にあることに感謝です。
うおさんには春の爆釣を早くご経験頂きたいです!!またご一緒くださいね!!
Green Cherokeeさん、おはようございます。
総勢8名…すっかりZFFの名所になっていますね!^^
実は職場の上司の一人(釣りはしません)が、近くに住んでいます。
先日、『最近、フライフィッシング?をしてる人がたくさんいるよ。』と話していました^^;
豊富な湧水で四季を通してFFが楽しめる、まさに貴重なフィールドですね^^

それにしてもヤマメ愛くん、礼儀正しく、文章力もしっかり、素晴らしい少年(青年?)ですね!^^
うちのヒロとの差は…と思ってしまいます^^;
フライフィシャーが集まる河川なのですね。
僕の所では、オイカワ釣りは餌が多く、FFをする人はめったに居ませんので羨ましいです。
ただ、毛鉤(和製毛鉤)で、オイカワ釣をしている人は、数名います。

Zaccoと言う事は、対象魚は全てなのですね。良いですね。
訪れみたい川になりました。
Green Cherokeeさん、こんばんは 。
先日は、部外者の私に気さくにお声をかけていただきありがとうございました。
私も、まさかタナゴの話題になるとはビックリしました。
思わず、嬉しくて私のつたない体験談を語ってしまいました、お付き合いしていただき痛み入ります。
また、Green cherokeeさんを通じ、お仲間のブログ楽しく拝見させていただいております。
こんなに沢山のお仲間と楽しんでいらしたのですね。


では、川辺での再会を楽しみにしております。
GreenCherokeeさん こんばんは

素敵な出会いがたくさんあったようで
充実した湧き水巡りになりましたね。
私がK川に行ってもなかなかフライの方とは会わないのですが
こんなにたくさんの方々と出会えるのはGreenCherokeeさん
の人を寄せる人柄だと思います。
そんな皆さんにこれからもK川を楽しんで頂けると嬉しいなと思いました。
しげさん、こんばんは。順調な回復振りで良かったです!!
我々はしげさんの上司さんに目撃されているかもしれませんね・・・ (^^ゞ 春になったらリハビリついでに是非お越しくださいね!!
ヤマメ愛くん、なかなかの好青年です。しかも、FFでは私なんか既に負けてます・・・ (^^ゞ これからが楽しみですね!!
kumaさん、こんばんは。
3年前はRiver Keeperのmihiro師匠しか居なかったのですが、今は”銀座”と呼ばれるくらいに人が集まるようになりました (^^ゞ 
今の時期はなかなか渋いですが、シーズンになれば、これだけ人数が集まっても皆で楽しくFFできる貴重な川です。良い時期になったら是非お越しください。ご案内させて頂きますので!!
Zacco FFですが、あくまでもオイカワやカワムツがメインで時折ウグイ、後は季節限定でハスにマルタ、という感じで愉しんでいます。期せずしてアユ・・・というハプニングもあるにはあるのですが、もちろんリリースしています (^^ゞ
タナゴ迷士さん、こんばんは。初コメントありがとうございます。そして、先日はありがとうございました!! しかも、FFの最中にいきなりタナゴの仕掛けなんか取り出してしまい大変失礼しました・・・ <m(__)m>
先週末も強風の中でお越しになられたと伺っています。素晴らしいハマりっぷりのご様子ですね。また川辺でお会いしましょう!!
ナシオさん、こんばんは。
私の人柄よりも真冬の貴重な釣り日和に恵まれ、たくさんの方々がFFを愉しまれたようでした。けど、この真冬に8名のFly Fisherって何だか凄いことですよね!!
皆さん共にマナー良く愉しんでいらっしゃいますよね。そんなことも手伝ってか散歩の方々も楽しげに声をかけて下さる方も増えたような気がします。都心近く&住宅街の近くであることを留意して、お互いに気持ち良く愉しみたいですよね!!
モクズガニ
こんばんは。ご無沙汰しております。
モクズガニの写真を見てびっくりしました。あの川にいるんですね! ちっとも知りませんでした。ということで調べてみると、市役所の情報にモクズガニが載っていました。生きている姿を見てみたいです!
こんにちは。
なんとまあ、K川に8人ものフライマンとは、驚きです。
Y川ではフライの方に出会うことはごくまれ(平日が多いこともありますが)なので、K川の人気振りがうかがえますね。
私もみなさんにお会いしてみたいです。
kuromeさん、おはようございます。
私も数年通っていて初めて見ました。kuromeさん同様にググってみたら、河岸の自然を綴っている素敵なブログに出逢えたり、たくさん発見がありました!!きっかけを作って頂き、ありがとうございました!!
モクズガニや鮎が海から上がって来れる川って良いですよね。Y川とKB川の合流地点には雑魚が越えにくい堰堤があるのですが、ここの落差を改善する計画があるとか・・・。改善されればモクズガニももっともっと上流側に遡上できるのでしょうね、きっと。
wind knotさん、おはようございます。
K川に8名、それも真冬のこの時期に・・・って考えると凄いですよね。(^^ゞ
良い時期ならTNKの時のように8人並んでそれなりに愉しめるのですが、さすがにこの時期は厳しいようでした・・・ (^^ゞ
今月終わり頃からポカポカ陽気も徐々に増えてきますよね。お休みには、是非、釣行されてみてくださいね!!
 凄いですね。
 オイカワ銀座、FF通りとでも名付けましょうか?
 今日もポカポカ陽気、プロムナードになっているんでしょうね。
 出会いは貴重です。
 もっともっと広げていきましょう。
 
 今日は午後から陽気に誘われて付近の細を探索してきました。
 目星を付けていたところは工事が入っていました。
 小畔川も下流で工事中。
 埼玉県は予算が沢山あるようです。
jetpapaさん、おはようございます。
当日は、ZFF銀座だね、って皆で盛りあがっていました。 (^^ゞ
K川の下流でも大規模な工事が入っていました。Y川では堰堤の落差を改善する工事計画があるそうで、そういう方向性なら是非お願いしたいところですが・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク