HOME   »  雑記  »  お気に入りの湧水 ~身近な川の源流の一部~

お気に入りの湧水 ~身近な川の源流の一部~

2月11日(水) 建国記念日。

朝から風もなく絶好のオイカワ日和。午前の野暮用を済ませ、愛車(この場合は自転車・・・)のカゴにロッドを載せて向かった先は、昔から大好きな湧水の一つ。
20150211_01.jpg

雑木林の間から滾々と湧き出ている。
20150211_03.jpg

夏にはゲンジボタルが舞う湧水。
20150211_06.jpg

湧水の解説がいくつか立てられている。
20150211_04.jpg

その一部。ご興味ある方はWEBで検索してみてください。
20150211_09.jpg

2つの湧水が集まり、川の原形のように変化してくる。
20150211_05.jpg

20150211_07.jpg

訪れる度に我が息子が乗って遊ぶ樹。こんな生え方をしながらも元気に生きている。
20150211_08.jpg

のんびり佇んでいたら、初老の方がやってきてバケツに水を汲み始めた。クーラーボックスの中は、すぐ近くを流れるO川で釣ってきた雑魚。かなり良型のカワムツも混じっている。アブヤハヤも釣れたよ・・・と掌に掬って見せてくださった。自宅で雑魚を飼育して愉しんでいるようで、『せっかくだから、川の水よりも綺麗な水を汲みに来てるんだよ。その方が魚も喜ぶだろうから・・・』、という印象的な言葉を残して、そのまま自転車で去って行かれた。
20150211_10.jpg

大好きな湧水を見てすっかりリフレッシュ。再び自転車にまたがり、すぐ近くのO川まではわずか2分。相変わらず豊富な水草の渓相に癒される。
20150211_11.jpg

先ほどの老人が堰堤の下で餌釣りの準備をしていた。川を跨いで釣り談義。何でも過去にこのポイントで5尾の鱒を釣ったとのこと。最大で40cm、最小で20cm。釣った魚はちゃんとお腹の中に収めたか聞いてみたところ、『鱒は全部食ったよ。この川にいちゃいけない魚なんだ。放した釣り人が自分で釣る前に俺が釣っちゃうよ』、と再び、印象的で、且つ、嬉しい御言葉を発せられた。
20150211_12.jpg

ここから下はO川らしい光景が続く。狭い河岸の至近に遊歩道。地元の子供達ならまだしも、こういう場所はFly Fisherは極力入るべきではないと個人的に思っている。以前、拙ブログの読者のお一人に、『そっとしておきたい絵本のような場所』、という素敵なコメントをされた超素敵な方がいらっしゃるが、まさにその言葉がぴったりだと思う。
20150211_13.jpg

さて、私も少しだけ竿を振ることにしよう・・・ 再び、自転車のペダルを漕いだ。

 ~ 続く・・・ ~



スポンサーサイト
Comment
そっとしておきたい絵本のような場所
本当に源流付近の最上流辺りは特に素晴らしい景観ですよね。
ここに鱒がいたとは驚きです。しかも40cm級まで。
身勝手なゲリラ放流は悲しいですね 。
退治したご老人ナイス!
 都会のオアシス!
 ありきたりの言葉ですがピッタリですね。
 どうしてこんなに素晴らしい環境が保たれているのでしょうか?
 静かに訪れたいところです。
 季節になれば蛍も飛ぶことでしょう。
 守るも壊すも人次第!
 大事にしたい素晴らしい所!
 
うおさん、こんばんは。
相変わらずアグレッシブに釣行されていますね。あの強風の日でも結果を出してしまうなんて本当に素晴らしいです!!
ここは素晴らしい湧水なので、是非訪れてみてくださいね。ちなみに、鱒を放した人ってきっと『自分だけ良ければ全て善し』的な身勝手な人に違いないです。夏場の水温ではきっと生きていけないはずで、山岳渓流に繋がる河川でもないですから逃げ道もないですよね。
けど、もしかして実際は既に環境に順応して増えていたりして・・・なんて少し危惧してます。事実、調査の刺し網で小型の鱒がかかった、と聞いたこともありますので・・・
文中に出てきたおじいちゃんには、がんがん釣り切ってもらいたいものです!! (^^ゞ
jetpapaさん、こんばんは。
まさに都会のオアシスですね。機会あらば是非訪れてみてくださいね。
守るも壊すも人次第・・・。この川が『地域住民と行政の頑張り』で復活したと、雑木林に立てられた看板に解説されています。その一方で地域住民がゴミを捨て、行政が川を壊している訳で・・・
皆が釣人(あくまでもマナーの良い・・・)目線で川を見ることができれば良いのでしょうけどね・・・
こんばんは。
鱒がいたんですか。あのサケ・マス系の鱒が。渓流の魚で回遊魚で正しいですか? 40cmの魚が泳いでいたら、まず鯉だと思い、魚の顔を見たら「あれっ」と声を上げ、大騒ぎになるでしょうね。O川で鱒が生きていく条件はありますか。他の魚を駆逐するようなことになるでしょうか。それとも、死に絶えてしまうでしょうか。回遊魚だから海に出て戻ってきてしまうことになるでしょうか。川に投げ込んだ人がいたから鱒がいたようですが、生態系を変えてしまいかねないことはやってほしくありませんね。鮎はいてもいいんですよね? ウナギがいたらもっといい! アカミミガメが減ってスッポンが増えたらさらにいい?
kuromeさん、こんばんは。
この『河川名』と『トラウト』で検索してみてください。ブラウントラウトが数尾捕獲されたいう記事が引っ掛かると思います。心底止めて欲しいですよね、こういう後先考えない放流は・・・
この川には鮎はしっかりと遡上して来ています。ウナギもきっと居るのでしょうね。モクズガニもそうですが、海から遡上できる環境であることが重要で、途中に人造物が無ければテクテクと遡ってくれる訳ですから・・・
スッポンはどうなのでしょうね。このあたりの池にはそれなりにたくさん居るようで、井の頭公園の池でも見たことあります。カミツキガメなんかには居て欲しくないですね。多摩川には居るようですが・・・。ちなみに、スッポンの仲間らしく食べたら美味しいらしいですよ・・・ (^^ゞ
Green Cherokeeさん、こんにちは
ゆっくりと着実に春が来ていますね。
いつもながら素敵な散策記と思います。
近いうちO川上流を散策してみるつもりです。
numassan(さん)、こんばんは。
今日もポカポカ陽気で、本当に着実に春が近づいて来ていますよね。我が身近な川の河岸が緑や黄色になる日が待ち遠しいです。
次回の記事は、For Numassan(さん)の内容を予定しています。しばしお待ちくださいね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク