HOME   »  Zacco Fly Fishing  »  湧水散策後の束の間のZacco FF

湧水散策後の束の間のZacco FF

2月11日(水)の続編。

前記事の通り、大好きな湧水を訪れてすっかりリフレッシュ。湧水を後にして自転車でわずか2分後、豊富な湧水を集めるO川の橋を渡り、天然河畔林を眺めた。
20150211_P2_01.jpg

その後、初老の餌釣師としばし会話した後、お気に入りのポイントに到着。私は年に1~2回だけO川で竿を振らせてもらっているが、このポイント以外は入渓しないことにしている。
20150211_P2_02.jpg

その理由として、河岸の石段(写真右側)を降りて川にアプローチできること、そして、このポイントは遊歩道の通行人に危害を与える恐れが極力少ない、O川でも数少ないポイントの一つであること、が挙げられる。ただ、これはあくまでも私自身が勝手に考える理由であり、当然ながら他の釣人に強要するものではないことをお断りしておく。

実際に竿を振るポイント。
20150211_P2_03.jpg

この場所でFFを愉しむならソロ釣行に限られ、二人が入る余裕はない。川の左側に立ち入り、あくまでも川の上下流に向かってキャストすることで、遊歩道にフライが飛んでいくこともない。仮に強風にラインが煽られたと仮定しても、河岸の左側には適度に生垣が存在し、通行人も河岸の柵ぎりぎりまで来ることができる場所が限定される。右岸の柵までは距離があるからラインも届かない。

ポカポカ陽気に誘われ珍しくドライフライを結び、いざキャスト開始。わずか数投目でまずまずの型のカワムツ。極力、水草を踏まないように気を付けて歩きつつ記念撮影。このあたりはミズハコベが岸際に自生しているので、もちろん、入渓の時も細心の注意を払う必要がある。
20150211_P2_04.jpg

すぐに通行人のおじさんがやってきて色々と質問攻めを受ける。O川で釣りをする際には避けて通れないイベントだが、釣行される方は、決して通行人に無愛想にせず陽気にお付き合いして欲しいと思う。釣りに理解ある散歩の方々が増えることは、決して悪いことではないはず。

キャストする手を止めてお相手するものの一向に終わりそうにない。おもむろにキャスト再開して1投目。再び、良型のカワムツ。『さっきのより大きいね!』、と声をかけて、おじさんは去って行った。
20150211_P2_05.jpg

写真撮影を終えて、再び、キャストすること2投目。本日一番のサイズ。右岸の離れた場所から一部始終を眺めていたおじいちゃんとお孫さん。そのお孫さんから、『ねぇねぇ、あのお魚は大きいの? 小さいの?』、と聞かれて困惑しているおじいちゃんが可愛くて思わず、『この川にしては大きい方だよ!』、と代わりに答えてあげた。そして、撮影せずにリリース。

3尾を得て納竿を決意。キャスト数は恐らく20投に満たないだろう。しかし、私にとってのO川釣行では、この素敵な渓相の中で少しだけ竿を振ることができ、且つ、魚が居ることが確認できれば充分。次に来る時は春真っ盛りのミズハコベにオオカワジシャの花弁が落ちる頃。『水生オオイヌノフグリ』と勝手に名前を付けている。オオカワジシャは外来種なので微妙な気持ちでもあるのだが、『水生オオイヌノフグリ』は確かに美しい・・・
20130428_12_20150219212723b07.jpg (2013年4月28日撮影)

帰りしなに近くのジュズダマを撮影。冬枯れして、ドライ数珠玉とでも言うべきか・・・。『ハトムギ、ゲンマイ、ツキミソウ♪』の懐かしい”爽健美茶”のCMソングが蘇った。
20150211_P2_06.jpg

すぐ下流で餌釣りをしていた方と少し会話。練り餌で一投一尾の入れ食い状態。型は小さい魚ばかりだったが・・・。タナゴ用の短い竿で、この場所に腰かけつつ小型のカワムツばかり狙うのも、もしかしたら面白いかも・・・
20150211_P2_07.jpg

再び、自転車のペダルを漕ぎ、あっという間に大好きな湧水の小川に到着。『こぶし沢』という名前が付いていることを当日に初めて知った。ご興味ある方は是非WEBで検索してみてください。
20150211_P2_08_map.jpg

『こぶし沢』が大好きなO川に流れ込む。湧水が育むO川のO川らしい『そっとしておきたい絵本のような場所』の光景・・・前記事でも触れたが、実はwind knotさんの素晴らしい名言!!
20150211_P2_09.jpg

その後、O川下流でmihiroさん、すっかり御無沙汰のNさん、そして、新宿Tさんに再会。mihiroさんの釣りを学ばせて頂きつつ皆で会話を愉しみ、一足先にK川に行かれた新宿Tさんを皆で追った。合流地点にて、お得意のウェットで数尾のオイカワに出逢えたとのこと。
20150211_P2_10.jpg

いつものクレソンポイントで晩酌のツマミを採取。摘んでいるところをmihiroさんに撮影して頂いた。見苦しい私の姿はトリミングさせて頂いた。
20150211_P2_11_mihiro_san.jpg (mihiroさん撮影)

その後、うおさんも合流され、皆で緩く会話を楽しみつつも私は時間切れ。会話を続ける皆さんを撮影して、中座させて頂いた。
20150211_P2_12.jpg

振り返ってみると、竿を振っていたのは極々わずかな時間。ほとんどの時間は皆さんの釣りを見学しつつおしゃべりタイム。真冬のポカポカ陽気には、こんなスタイルで温かな陽射しを背中に受けつつ、緩く過ごすのが何とも言えず心地良い。

カラシナも成長し、日当たりの良い場所にはオオイヌノフグリも咲き始めた。あと少しで渓流も解禁になる。(そして花粉の季節本番もやってくるが・・・)春はすぐそこまで来ていると感じることができた一日になった。




スポンサーサイト
Comment
トラウト
こんばんは。検索してみました。以下のような記述を発見。
「シーズンオフに管理釣り場でヤマメを釣って、エアポンプで生かして運んで落合川に放す日を楽しみにしている」
「近場のキレイな川にブラウントラウト放流してるみたい」
「ブラウントラウト。ヨーロッパ原産の外来種。誰かが放流しているようだ」
「ブラウントラウトという外来種の魚が多くなってきている。70~80匹は確認している」「体長は15㎝位になっている。違法に放流している人がいるということである」「マスの仲間、イワナ、ヤマメも放流されている」
釣りを楽しむために放流する人がいるんですね。
「南沢湧水は深山渓谷の水質と全く変わりなく、他所で釣って来たヤマメやイワナを放流すれば十分増えると思う」なんていう記述を読むと、環境をなんだと思っているんだ、といいたくなりますね。むかついてきました。
こんばんは。うおです。
当日は短い時間でしたけど、お会いできてKu川行って見て良かったです。
記事を拝見しますと本当にロッド振ってる時間が短いですね(笑)
自分は今、時間さえあれば、ガシガシ、ロッドを振っていたいほどハマってます。
でもGreen Cherokeeさんのようにマタ~リ時間を楽しむのもとても素敵な釣行スタイルと気づかせれる良い記事でした!
勝手に「グリチェロスタイル」と命名させてもらいます(笑)
東京の小河川
東京の小河川、1970年代は酷いものでしたが、復活していますね。
南沢あたりにある学校の自然豊かなキャンパスも一役かっているかもしれません。
上京したおりには、僕も行ってみますよ。
おはようございます。
私の柄にもない迷言をご紹介いただいて、恐縮です。
この川に鱒がいたら・・・
なんてのもおとぎ話めいて楽しいですけどね。
心の中で想像して楽しむことと現実と区別することができないんでしょうね。
悲しい話です。
GreenCherokeeさん こんばんは
素敵なO川探索、是非後をつけていきたい(笑
今度フラフラといってみたいと思います。
そして、素敵な釣り人達に私も会えたら良いなと思いました。
Green Cherokeeさん、こんばんは。
お心遣い誠にありがとうございます。今回も存分に楽しんで拝読しました。このコメントを書いてるのは土曜日の深夜、正確には0時を過ぎて日曜日になりました。
今日はOch川を散策する予定で、教えていただいたWebサイトMapを参照しつつ上流へ歩くつもりでした…。
それが、天気予報では明日は雨。
弁当とコーヒー持って歩くのは…??
水生オオイヌノフグリも3月でしょうし、
ということで延期するかなぁ。
そういえば、私の宝物とも呼ぶべきモノが登場しておりました。数珠玉です。
実は私の枕はこの数珠玉を詰めたもので、小学校低学年の時に、頭が良くなるからと母親が近所の川原から集めてきて枕にしてくれました。実に50年以上も使い続けており(収納袋はたぶん3代目)、きっと死ぬまでこの枕で寝ることでしょう。こんなに長く肌身に寄せているモノは他には考えられません。
数珠玉を詰めた枕は夏も涼しく、そのつぶつぶ感と凹みが頭に心地よいのです。母親の愛情を感じます。
私の育った松山市郊外は地元でも名高い湧き水の里が近く、マブナ釣りをしていた小川の岸にはジュズがたくさんありました。春はツクシとタンポポ、菜の花、一面のレンゲ田で実にのどかでした。今はそれらは開発されて一面びっしり住宅街、もう脳裏に残る風景は二度と見られないのです。

長々と書いてきましたが、そんなことも思い出させる素敵な散策記でした。
kuromeさん、おはようございます。
色々と検索されたのですね。なるほど・・・そんな記載をしている人も居るのですね。知りませんでした。
今から20年以上も前、私が札幌に住んでいた頃、千歳近郊の素敵な2河川にはブラウンは居ませんでした。拙ブログにも昨年アップさせて頂きましたが、今ではブラウンの宝庫。調べてみると、ブラウンは北海道の低水温はもちろん、比較的水温が高くても大丈夫らしいです・・・となると、我が身近な川でも生息できてしまう可能性も十二分にあり、しかも、個体が増えているという情報も無きにしもあらずみたいですね・・・
我が釣友でもあるjetpapaさんは、『放すは一時、駆除は永遠』、とおっしゃっています。密放流は『特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律』の違反、すなわち犯罪です。ここまで考えて、そんな記載をした方々はメッセージを発して欲しいですよね・・・
うおさん、おはようございます。
ははは、GCスタイルですか・・ (^^ゞ 
春の気持ち良い時期になると野草に、秋にはキノコまで眼が行ってしまい、これまた釣りが散漫になります・・・ (^^ゞ
感化されないように、くれぐれもお気を付けくださいね!!
なみ平さん、おはようございます。
おっしゃる通り、その自然豊かなキャンパスを湧水の川が流れており、きっとキャンパス内からも湧いているような気がします。
上京される際には是非お声掛けください。ご案内させて頂きますので!!
wind knotさん、おはようございます。
『そっとしておきたい絵本のような場所』という名言に続き、『心の中で想像して楽しむことと現実との区別』なんて・・・再び素敵なコメントを本当にありがとうございました!!
もしもこの川に鱒が居たら・・・、きっと釣人がわんさか来て、すぐに地域住民とトラブルになり、即・釣り禁止!!、って状況になりそうですね。
O川に鱒が戯れる光景は、私も心の中だけで想像したいと思います!!
ナシオさん、おはようございます。
ご近所ですし、是非ともフラフラと行ってみてください!!本当に素敵なところですよ。
春真っ盛りになったら私も再び訪れてみたいと思っていますので、是非お付き合いくださいね。
numassan(さん)、おはようございます。
ジュズダマを何の気なしに撮影したのですが、期せずしてnumassan(さん)の郷愁に繋がったようで、撮影した甲斐がありました!! その枕は、numassan(さん)の身体の一部のようなものですね。素敵なお話を本当にありがとうございました!!
さてさて、今日は生憎のお天気・・・、残念ながらちょっとお弁当とコーヒーには不向きな日のようですね。
眩い陽射しの春真っ盛りには私も再訪するつもりです。その時も是非ご同行くださいね!!
こんにちは!
きめ細やかな思いやりをもっているGreen Cherokee さん。いつ記事を読んでいても身近な川をはじめ、そこに住む魚たち、植物たち、近隣にご住まわれている方々にも配慮されている姿勢が伝わってきて、いつも深い感銘をうけ感動します。だから自然と友が集まり愉しい時間を過ごすことができるのでしょう。春になったらGLも加わらせてくださいね!
kuromeさんのコメントに反応してしまいました。

 横から失礼します。
 記事のサイトを覗いてみました。
 コメントに国内種でも生息していないイワナ、ヤマメの放流は絶対にしないで下さいとありましたが、返信をしていません。

 この川を守るのは人次第ということを先のコメントとして入れさせてもらいましたが、無知の罪?知ってはいるけれども知らないふりをする罪?ほかの方も喜ぶだろうと迷惑違法行為を自己満足でする方が多いのです。
殺すのはかわいそうだから、魚には罪がないから。
家で飼えなくなったので放しました。
いろいろな理由があると思いますが、放された一匹のために何十、何万という生き物が生死の境を彷徨う、食われてしまう。
 そこまで考えている方は絶対にしません。
 
 一般河川の放流事業も再考の時期を迎えています。
 漁協の放流にも問題があります。
 渓流部に生息しない種のマス類を放流し続けた結果、交雑、居付きなど環境が変化して在来種が居無くなってしまったところもあります。

 この川を守るのは人です。
 釣り人が川の状況を一番知っていると思います。
 節度ある釣りをしたいと思っています。

 エラそうなことを書いてしまいましたが、こうあって欲しいと思っています。

 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Gran Lussoさん、こんばんは。
温かなメッセージありがとうございます!!
O川上流部はまだGLさんは訪れたことないですよね? 『春の小川』という言葉はこの川のためにあるのでは・・・と思えるくらいの素敵な光景が広がります。是非ご同行くださいね!!
jetpapaさん、こんばんは。
とても重要なコメントを頂け感謝です。本当にありがとうございます!!
無知の罪・・・確かにこのパターンは少なく無さそうです。都心近くでも湧水豊富な綺麗な水質なら鱒も住めそう、と思ってしまうことはごくごく自然なことかもしれません。自然発生的に鱒が居てくれたら、それこそパラダイスですよね!!
けど、鱒を放す前に、なぜこの川には鱒が居ないのか、って立ち止まって考えて欲しいものですよね・・・
『この川を守るのは人です。 釣り人が川の状況を一番知っていると思います。 節度ある釣りをしたいと思っています』・・・素敵なメッセージをありがとうございます。都心近くの川だからこそ、節度ある釣りを心掛けたいと思っています。そういう釣人が増えれば末永く釣りを楽しめますものね!!
2015.02.23 ( Mon ) 18:05:35にコメントを頂けましたNさん、こんばんは。
是非、ご参加頂きたいと思いますので、一度、私にメールをお送り頂けますでしょうか?詳細をご説明させて頂きます。 
実は貴ブログでメッセージを送ろうと思ったのですが、ログインの設定が必要のようでお送りできませんでした・・・ <m(__)m>
よろしくお願い致します。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク