HOME   »  海外FF事情  »  続・Abeletteという魚 その①

続・Abeletteという魚 その①

7月17日(火)。

今朝の東京も、日中の三重も、晴天でとても暑かった。あまりに暑いと思ったら、どうやら東海地方は梅雨明けの模様。

さて、Blue HeronさんのHPの、”Daceという魚”、という記事に端を発した、世界のZaccoへの私の興味・・・本日、新たな情報を入手することができたので、少しだけご紹介したい。

Abelette ... 私がParisのFly Shopで入手できた魚の名前。この名前で検索しても、なかなか魚の写真が出てこない。

しかし、どうやら同じ魚がEnglandにも居るらしい。その名前は、”Bleak"。 試しに、"Bleak"、という名前で検索すると魚の写真がたくさん出てきた。なるほど、これなのか!、と超ご機嫌の私。ちなみに、Daceとは違う種類だった。

bleak 9oz a


では、Daceは・・・というと、こちらは、”Leucisus”、とも言うらしい。こちらの魚の場合は、Dace、という名前で検索すると、色んな写真が出てくる。"Bleak"の大きな従兄弟みたいなものだ・・・情報提供してくれた方のコメントにも納得。

その方はBlue Heronさんの竿の愛用者。彼によると、Englandでは6週間ずっと雨で増水し釣りにならなかった模様。雨季が明けたら愛竿でDaceを釣って写真送るよ!、とのことだった。ちなみに、私のBlogの写真や風景も楽しんでくれたようである。

Englandの梅雨明け(というのだろうか?)が、本当に本当に楽しみ・・・

追伸)
その方が、いくつか写真を送ってくれたり、面白いネタを教えてくれました。彼の許可が下りましたら、後日、ご紹介させて頂きます。
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Green Cherokee

Author:Green Cherokee
東京都武蔵野市在住。S40年7月生まれ。
元より雑魚(Zacco)が大好きでちょくちょくミャク釣りを楽しんでいましたが、ひょんなことからFly Fishingに転向。安近短の里川で2011年夏よりZacco Fly Fishingをスタート。
釣りだけでなく野草やキノコも大好き。身近な里川の四季の変化を愉しみつつ、水面や地面に眼を走らせています。
愛車は、2000年式の緑色のJeep Cherokee。極めて非経済的な車で、あちこちガタが来ていますがそれでも偏愛しており、他に魅力的な車が見つからず困っています・・・

最新記事
最新コメント
カテゴリ
# Visit
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク